ひな祭り終わったら人形供養

3月3日は「上巳(じょうし)」といわれる五節句の一つ「桃の節句」です。
女の子のいるお家ではもうひな人形飾りましたか。だいたい立春が過ぎたら飾る準備をし、遅くとも節句の1週間前までに飾るのがベターなんだそうですよ。まだの方は急ぎましょう(笑)。

桃の節句(雛飾り)

なんで桃の節句におひな様を飾るかというと、昔はふりかかる災厄や穢れ(けがれ)から身を守るため、田植えの時期に海や山に出て穢れを洗い流す農村儀礼が行われていました。年齢や性別に関わらず、田の神を迎えるため草や藁(わら)で作った人形(ひとがた)をなでて穢れを移し、健康を願いながら海や川に流していたんですね。
今でも地方によっては「流し雛」の風習が受け継がれているところもありますが、昔は3月上旬の巳の日に行われていました。江戸時代になって「人形」は紙で作るようになり、川に流していましたが川が汚れるというので現在のようにひな壇を飾るようになったんですね(詳しくは過去記事2010年3月1日「3月3日は無病息災を願った桃の節句」)を参照。

生まれて初めて迎える節句を「初節句」といいますが、女の子の場合は3月3日に初節句を祝うため、新しく買ったひな人形を飾る風習があります。生後1か月以内の場合は翌年に祝うようですけどね。
贈り主は母方の実家から贈るのが一般的なようですが、地方によって慣習の違いもあるでしょうからご両家で話し合って決めてください。一般的には七段飾りといわれていますが、近年の住宅事情を考えると、ガラスケース入りの親王飾りでも十分でしょうね。

桃の節句(お雛様)桃の節句(吊り雛)
祈願を済ませたらそのまま海や川に流していた人形も、どんどん豪華になり捨てずに大切に保存するようになったひな人形。そこには「降りかかる厄災の身代わりになってくれる」という、根本的な考えはなくなっていません。しかも 「災いを移してしまうので、ひな人形は、もらったりあげたりするものではない」 「女の子の数だけ、別のひな人形を与えるべきだ」という考え方が根強く残っております。

3月3日のひな祭りが終わったらなるべく早めに片付けないと、その子はお嫁に行けなくなるとよく言われますが、これは俗信で子供に片付ける習慣を持たせるためもあるようです。
お子さまが成人、独立されて不要になったり、壊れたり引っ越しなどの様々な事情で役目を終えたひな人形は、感謝の気持ちを込めて丁寧に供養してあげたいものですね。各地には御魂を慰めて昇魂をし、障りや祟りが起こらないように祈願してくれるお寺や神社があります。
思い切って処分したいけどゴミとして出すのは忍びない、という方はこちらの日本人形協会を利用してみるのもいいかもしれませんね。同協会では不要になった人形類をお引取りし、毎年10月頃に行われる東京大神宮の「人形感謝祭」において供養(有料)してくれるそうです。

桃の節句(人形供養)桃の節句(供養人形)
私も以前勤める会社で「人形供養」を執り行ったことがあります。お近くにお住いの方々にお声を掛けましたら、不要になったひな人形だけでなく五月人形、市松人形、フランス人形、ぬいぐるみなど数多くの人形が集まりました。この時はお近くのご住職にご供養いただき、その後お焚き上げをしていただきましたよ。やはり皆さん不要になった人形の処分にお困りだったようですね。


二十四節気 雨水(うすい)◇
二十四節気二番目の節気。2月19日および啓蟄(3月6日)の前日まで。
暦便覧は「陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となればなり」
雪やあられが雨に変わり、 氷や霜が融けはじめる頃。
雨水七十二候は次の通り。
第五候(雨水次候)2/24~2/28霞始靆(かすみ、はじめてたなびく)
霧やもやのため、遠くの山や景色がほのかに現れては消え、山野の情景に趣が加わる頃。春に出る霧を霞(かすみ)と呼び、夜の霞は朧(おぼろ)と呼ばれます。


今日の独りごと

今日の独りごと0220毛ガニ漁が最盛期を迎えているようですね。県内有数の水揚げを誇る宮古市魚市場では19日、約700キロの毛ガニが水揚げされたそうです。
2月はしけが続いていましたが、数日ぶりのまとまった水揚げとなりました。トラックで運び込まれた毛ガニを職員が慣れた手つきで大きさごとに選別。1キロ当たり2千~6千円で取引されたようです。毛ガニの漁期は12月から3月頃まで。同魚市場では「徐々に大きいものも出てきており、天候が良くなれば。これからに期待したい」と語っているようです。
とはいえ、魚市場から見ればまだまだ足りない状態のようで、漁師さんは魚市場が休みの土曜日も漁に出ているそうです。ありがたいことです、感謝です。これで22日の同魚市場特設会場で行われる「毛ガニまつり」も何とか格好がつきそうですね。今から楽しみです。


参考サイト:暦生活日本文化いろは辞典All about日本人形協会廣田神社


人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ
↑あなたのお気持ちを有難く頂戴します。

関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

お雛様だしたら、毛蟹を買いにゆこう!
いいですね~♪。
春と美味しいものが一度に、、
日曜日はちょっと気張って、、、

真っ赤な毛氈に真っ赤な蟹、何か目出度い気分ですね。
  • |2015.02.20(Fri)
  • |hippopon
  • |URL
  • EDIT

代替画像

亡くなった祖母が買ってくれたひな人形をふと思い出しました
ショーケースに入ったミニサイズの人形達でしたが、電気やオルゴールもついていて気に入っていました
ミニチュアの嫁入り道具やぼんぼり、食器、並べるのが楽しかったなぁ

ここへ来ると、つい懐かしくなる事が多いな(笑)
  • |2015.02.21(Sat)
  • |mokoko
  • URL
  • EDIT

代替画像

生まれてから8回の引っ越しをしております
同様、引っ越しの多い方は
雛人形や鯉のぼりなど処分してしてしまった話を聞きます

伝承されている古い雛人形を見ると感嘆符が口をついて出そうです
  • |2015.02.21(Sat)
  • |FREUDE
  • URL
  • EDIT

代替画像

娘が小さい頃は人形を飾っていましたが、その人形も
娘孫のために使っていると聞いています。
鯵も鯖も水揚げが少なくて、庶民には手の届かない
価格になっています。
アジフライも食べたいし、鯖の刺身もと思っていても
手が出ません。
毛ガニ美味しそうですね、堪能されてください。
  • |2015.02.21(Sat)
  • |南の風
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: hippoponさんへ☆彡

季節は相変わらず寒さから抜けきらないでおりますが、周りの生き物と伝統の風情が春のそよ風を運び込んでくれているようです。
雪をも融かしてくれそうな赤い毛氈に赤い甲羅。夢と希望がいっぱい詰まった雨水です。季節はもうすぐ啓蟄。今日行って見た、まだ雪の残る盛岡のつるし雛と一緒になって春の味覚を楽しみたいものです。

日曜日は毛ガニ三昧の一日を堪能してきます。味を伝えられないのが残念です。
  • |2015.02.21(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: mokokoさんへ☆彡

お祖母ちゃんの贈り物、ギッシリ思い出が詰まったひな人形。いつまでも大切にしたいですね。
電気やオルゴールの付いたひな人形でしたか。曲は「うれしいひな祭り」でしたか?
あかりをつけましょ ぼんぼりに……、懐かしいですね。おはなをあげましょ もものはな(笑)。
飾るとき、一つひとつの小道具に思い出が甦ってきますよね。それが毎年毎年積み重なって、3月3日に思い出が花開く。女の子にはかけがえのないひな祭りですね。

お祖母ちゃんから貰ったひな人形、mokokoさんに女の子のお孫さんができたら同じように贈ってみましょうか。

  • |2015.02.21(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

近年、段飾りをする家は少ないのでしょうね。
我が家はありません。
  • |2015.02.22(Sun)
  • |和 八葉
  • |URL
  • EDIT

代替画像

matsuyamaさんへ!!

御無沙汰でした。汗)
本道も「雨水」以来少しは気温も上がりましたが、日が落ちると零下の寒さです。汗)
私の家庭は女性が7人もいてひな祭りが盛んでしたが、古くなって頭髪が抜け怖い思いが残っています。誰もかたずけることをしないので、母親がしていて親父が怒ったものでした。
そのいわれが分かり参考になりました。!
  • |2015.02.22(Sun)
  • |荒野鷹虎
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: FREUDEさんへ☆彡

8回引越されてますか。もっとも自分も6回目で現在の郷里にUターンしましたけどね。
独身の頃は荷物も少なかったですけど、結婚すると急に所帯道具が増えるんですよね。さらに子供ができたとなると、いつの間にか部屋が狭くなってしまいます。
自分の場合は男の子でしたから兜飾りを用意しました。おひな様のように場所は取らないですけど、物置はいっぱいでした。最後の引越しをするまでは取っておいたんですけど、子供が大きくなると不要になってしまうんですよね。会社で実施した人形供養で処理しました。
昨日盛岡で見た旧家のひな祭り。伝統ある人形は趣きがありますね。由緒ある人形はいつまでも大切にしたいものです。

  • |2015.02.22(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 南の風さんへ☆彡

自分の子供は男の子だったので兜飾りでしたが、これも飾ったのは数年だけでしたね。その後は物置の肥やしになっていました。娘さんは代々使っているんですね。おひな様も本望じゃないですか。

自然を相手にした食べ物はその年の季節の変動に一喜一憂しますよね。昨年のサンマもそうでしたが、ギリギリまで不漁が続き、一昨年においては北海道からから買って「目黒のサンマまつり」に出展したようです。今年の毛ガニに関しても寒さで水温が低く、なかなか水揚げできなかったようです。
今日の「毛ガニまつり」は何とか無事開催できました。来場者も予想以上に多く、盛況だったようです。


  • |2015.02.22(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 和 八葉さんへ☆彡

近年では住宅事情も絡まって、段飾りを飾る家は限られているようですね。
アパートやマンションで飾るとしても、お内裏様とおひな様の対になった親王飾りが主力でしょうね。三人官女や五人囃子などが揃った飾りは大きなお家か旧家位じゃないんですか。七段飾りを見ようとしたら人形店や大型店舗に行かなければ見れません。
昨日盛岡に行ったときお店を覗いたら、七段飾りを展示してました。今やひな祭りも商店のイベントになったんでしょうかね。


  • |2015.02.22(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 荒野鷹虎 さんへ☆彡

いえいえご無沙汰しているのはこちらも同じです。申し訳ございません。
雨水といっても北国ではまだまだ冬ですよね。一度履いた股引きは手放せません(笑)。

女性天国だったんですね。ひな祭りに荒野さんは居場所がありましたか(笑)。
人形ですからどうしてもね、手入れが悪いと傷んできますからね。それにしても頭髪が抜けてしまうとお岩さん状態ですよね。長い間姉妹の災厄や穢れを守ってくれたのですから、修理をするとか人形供養をした方が良かったかもしれません。


  • |2015.02.22(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

こんばんは

この辺りは、一ヶ月遅い4月3日を女の子のお節句として、お祝いする家庭がほとんどですね。
男の子も6月のお祝いをする家庭が多いんです。
でも、男の子の居る家庭は、女の子のお節句の時に、男の子のお雛様の天神様のお人形を一緒に飾る事もするんですよ。
面白いですよね。
他の地方の方が驚きます。
  • |2015.02.22(Sun)
  • |カミさん
  • |URL
  • EDIT

代替画像

こんばんは

早いものでもうひな祭りが来ますね。
うちも次の土曜には出そうと思っております!段飾りなので出すのもひっこめるのもそれなりに大変ですがその大変さを楽しみたいと思っています。
明日の東京はずいぶん暖かくなるらしいですがさあ本当にそうでしょうかw、そうなるとまた寒くなったとき嫌なんですが…ねw。
  • |2015.02.22(Sun)
  • |見張り員
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: カミさんへ☆彡

1ヵ月遅れのひな祭りですか。旧暦のひな祭りとはちょっと違うようですしね。月遅れのお盆と同じような考えなんですかね。こちらの一部の地方では旧暦で行われるところもあるようですよ。旧暦ですと4月21日がひな祭りにあたるようです。その10日位前には代々伝わるひな壇を飾り、着物を着てパレードしたり、木遣りがあったり、人力車が出たりするそうです。ちょっとショービジネス化された面もあるようですけどね。

女の子のお節句に男の子のお人形を一緒に飾るんですか。おもしろい慣習ですね。ということは端午の節句には女の子のお人形も一緒に飾るんですかね。地方によっていろいろ違った習慣があるんですね。

  • |2015.02.23(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 見張り員さんへ☆彡

段飾りですか。準備したり片づけたりするのが大変ですね。
でもそれも楽しいひと時なんでしょうね。お人形さんを1体1体箱から出して並べていくとき、それぞれの思い出が甦ってくるそうですね。自分のところでは女の子がいなかったから、思い出に浸るようなことはありませんでしたけどね。

こちらの昨日今日は暖かな日和が続いてます。このまま春になってくれればいいんですが、そうもいかないでしょうね。三寒四温を経て暖かくなると思います。もう少しの辛抱ですね。

  • |2015.02.23(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • |2015.02.24(Tue)
  • EDIT

代替画像

matsuyamaさんへ!!

おばんです!
私の実家は一関だったので、古い風習が強かったようです。
其れでも鯉幟も上げていましたが、男尊女卑の時代がまだ、残ってましたからね^^。
いとこの陸前常陸の酒屋は震災で新聞に出たこともありましたが、親父が次男坊でしたので北海道の炭鉱の技術者として来てから付き合いが無くなりました。

寒いと手術の後遺症が傷みますが張る街草を待っています。笑い)
ではお元気にて。!
  • |2015.02.24(Tue)
  • |荒野鷹虎
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re:荒野鷹虎さんへ☆彡 

こんにちは。
一関でしたか。一関には叔父が住んでますが、いいところですよね。古くから開けた町ですから旧い慣習は今でも根強く残ってるかもしれません。女の子より男の子が生まれると一家して喜んでいた時代もありましたからね。
北海道へ移住された経緯はそういうことだったんですね。昔はこのすぐ近くにも宮霞という酒造り問屋がありましたが、今は千両男山という酒問屋しか残ってません。
寒さももう少しの辛抱です。暖かくなったらお好きな酒を飲みながら、健康回復に努めてください。


  • |2015.02.25(Wed)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top