狐と油揚げと初午

2月11日は建国記念の日でありますが、同時に今年の初午にあたります。初午は雑節の一つと捉えることもあり、2月最初の午の日で各地の稲荷神社や会社、自宅の稲荷社などでお祭りが行われます。代表的なのは京都伏見の稲荷神社や愛知県の豊川稲荷などです。

初午(稲荷社)
ある風土記によれば「イネが生った」ことから稲荷と名付けられた稲荷神社。親しみを込めて呼ばれるお稲荷さんといえばというイメージですが、キツネは神の使いの霊獣であって決して神様そのものではありません。キツネが選ばれたのは、稲荷大神が農業神であることと深く結びついているようです。日本人には古くから神道の原形として「山の神、田の神」の信仰があります。春には山の神が里へ降り、田の神となって稲の生育を守護し、収穫を終えた秋に山へ帰って、山の神になると信じられていました。 初午の頃から収穫の終わる秋まで人里に姿を見せ、田の神が山へ帰られる頃に山へ戻ります。
このように「田の神、山の神」と同じ時期に姿を見せるはその昔、御先稲荷(おさきとうが)と言い、その後は眷属(けんぞく)と呼ばれる一員として、稲荷神の神使いとされるようになったのです。

平和が長く続いた江戸時代には、経済的にゆとりのあった商人が、自前で神社を持つほどになりました。本来穀物の神だった稲荷神社は、それに関連して五穀豊穣、商売繁盛、家内安全を司る神として選ばれ、商業地に広がったのです。いまでも都会などの会社では事務所に神棚を設けたり、ビルの屋上にお社を移し、信仰しているところもあります。

初午(狐)ビジネス時代、企業の本社ビルを訪ねたとき、屋上の稲荷社を拝見したことがあります。総務部が中心となって毎朝手を合わせているそうです。やはり商売繁盛の神様なんですね。
そうかといえばある年の寒い時季、笠間稲荷神社に商売繁盛の祈願をしていただいたことがあります。当時は初午に関心がなかったので何で神社に行ったのか分かりませんでした。今思い返せば境内は縁日を開いてました。それが初午祭だったんですね。
先日訪ねた遠野市の商家千葉家の氏神として稲荷社(写真上)が敷地内に建てられておりました。1849(嘉永2)年、建設当時の時世の流れに乗り、家の守り神として大切にお祀りしてきたのでしょうね。

初午(稲荷寿司)といえば油揚げといわれていますよね。
これは寒の時季に野生の動物に餌を施し与えることを寒施行といい、田の畦、山の際などに、豆腐や油揚などを置く野施行とや狸などの穴らしいところに置く穴施行があります。この江戸時代に始まったといわれる穴施行という民間信仰が原点になっているようですね。
昔豊作を祝うため狐の巣穴に油揚げで包んだおむすびをお供えしたところ、それだけは食べてくれたんだそうです。それが評判となり、習慣化したのが狐と油揚げの関係のようです。稲荷寿司はそこから来ているみたいです。一説には巣穴の油揚げは山犬か狸が横取りしたんだろうともいわれていますけどね。

この初午の由来は京都の伏見稲荷大社の御祭神が和銅4(711)年2月壬午(みずのえうま)の日、伊奈利山の三箇峰に来臨されたという故事から来ているようです。旧暦の2月頃は田畑の耕作が始まる時期ですので、農耕の神としてお稲荷さんのお祭りが行われるようになったと考えられているようですね。
当日は大きな神社から小さなお社に至るまで赤い幟が立ち並び、油揚げ等が供えられ賑やかに行われます。町内によっては子供達にお菓子を配ったりして大変賑やかに行われる初午祭ですが、時代と共に移り変わっていくようです。古き良き伝統はいつまでも受け継いでいってほしいものですね。

初午の早い年は火事が多いとの俗信があったり、この日を蚕や牛、馬の祭日とする風習もあるようです。私の地域のように初午の日に消防団員が各家庭を回って火の用心を呼びかけ、火の用心のお札を配るところもあります。また、江戸時代にはこの日に子供が寺子屋へ入門したんだそうですね。

ところで神社は全国に約8万社あるといわれますが、その中で大別すると主に5種類の神社があるということをご存知ですか。
1つは皇室とゆかりの深い由緒ある神社につけられる格式がとても高い「神宮」、代表的なものは伊勢の神宮を指します。伊勢神宮は通称で正式には「神宮」と呼びます。
2つ目は天皇や皇族を祀っている「宮」です。東照宮、水天宮、天満宮、八幡宮のように伝統的な神社が多いようです。
3つ目は地域信仰の中核をなす大きな神社を指す「大社」。出雲大社・諏訪大社・春日大社・日吉大社などに使われています。
4つ目は最も一般的な「神社」。その略称である「社」とともに一般の神社に対する社号として広く用いられています。
5つ目は「社」。比較的小さな神社の社号として用いられ、大きな神社から御祭神を勧請した神明社、天神社などがあります。
皆さんの地元にある氏神様は4つ目の神社が多いと思います。一般的に神社は神様が住む場所、お寺は僧侶が住む場所、と考えられているようですね。


二十四節気 立春(りっしゅん)◇
二十四節気最初の節気。2月4日および雨水(2月19日)の前日まで。
暦便覧は「春の気立つを以って也」
暦の上で一年の始め、春の始めとされ、暖かくなりはじめる。
立春七十二候は次の通り。
第三候立春末候)2/14~2/18 魚上氷(うおこおりにあがる)
春の暖かさで湖や川の氷が割れ、氷下で泳いでいた魚が氷の上に跳ね上がる頃。温かくなった水の中に、ゆらゆら泳ぐ魚の姿がよく見え始めます。


今日の独りごと

今日の独りごと0210 2月14日はバレンタインデーです。私のような年寄りが取り上げるような話題ではないですけど、世間はこの話題で盛り上がっているかもしれません。数十年前まではこのイベントで楽しませていただきましたが、当然ながら今は全く恩恵に預かっていません(笑)。
当時の職場では義理チョコが主流を占めていました。人によっては何個もらえたと自慢している男性社員もいたんですよ。数少なかった私らは羨望と僻みの目で見ていたもんです。ホワイトデーのお返しチョコが大変なんですよね。3倍返しといわれており、この時ばかりは数少なくて良かった、などとホッとしていました。
友チョコ、マイチョコ、ファミリーチョコなどもあるようですが、女性からの贈り物って日本だけなんですよね。世界ではバレンチノ司祭を祀る記念日として恋人同士プレゼント交換するのだそうです。日本はチョコレート業界の商戦に巻き込まれてしまったようですね。


参考サイト:暦生活Yahoo知恵袋NAVERまとめ、笠間稲荷神社Key雑学事典


人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ
↑あなたのお気持ちを有難く頂戴します。

関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

建国記念日って、名前が感心しないね~。
若い人は、何なのと思っていることでしょう。

狐に油揚げやったら食べるかな~?
  • |2015.02.11(Wed)
  • |和 八葉
  • |URL
  • EDIT

代替画像

今日はゆっくりで、、
そうか、、初午だった、、お稲荷さん。
それとお参りに行かないと、、

伊勢丹の地下は、むんむんする熱気で行列の女性が一杯。
もっと前に見繕っておけばいいのに、、
とおもったら、
一人も好みの女性がいない、、と、友人はのたもう、、
はいはい、、でした。(^_-)-☆
  • |2015.02.11(Wed)
  • |hippopon
  • |URL
  • EDIT

代替画像

昔は神社参りをするのは初詣くらいでしたが、今では子供家族の
幸せを願って、月一回のお参りは欠かせなくなりました。
バレンタインデー、良い響きの言葉ですね。
今は家内からも貰えませんし、寂しく感じる時もあります。
遠い昔の想い出の一つになりましたが、数を競ったりした当時が
懐かしいです。
  • |2015.02.11(Wed)
  • |南の風
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 和 八葉さんへ☆彡

世界各国には独立記念日とか革命記念日とか国慶節なんてのもありますけどね。
どこの国でも史実に残る日を記念日として指定してあるのに対して、日本の場合の建国記念の日って、日本書紀にある神武天皇が即位した日となっております。神話上の人物が建国したという事実は受け入れがたいというところもあるんでしょうかね。

昔村人が豊作のお礼に狐の穴におにぎりをお供えしたけど食べてくれず、油揚げを巻いて供えたら狐が食べたそうです。昔の油揚げは植物油ではなく、おそらく鯨などの動物性ではなかったかとの説もあります。肉食動物の狐だから動物性の油揚げを食べたのかもしれませんね。ちなみに雑食の人間は狐うどんも食べます(笑)。

  • |2015.02.11(Wed)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: hippoponさんへ☆彡

お稲荷さん、商売繁盛を願って初午のお参りに行かれるんですか。日枝神社や穴守神社、鬼子母神にもお稲荷さんがあるようですね。
お稲荷さんとは関係ないですが、正月明けには東五反田にある会社近くの雉神社に初詣のお参りをしてました。

伊勢丹って新宿ですよね。地下っていうと食品売り場ですか。そこなら女性が多いですよね。行列ができてたって、セールでもしてたんでしょうか。好みの女性がいないって、行列に並ぶ女性のことを言ってたのでしょうか、女子店員のことを言ってたのでしょうか(笑)。
伊勢丹も数年前大改装工事をしたと聞いてますが、昔の面影がなくなったのでしょうかね。


  • |2015.02.11(Wed)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 南の風さんへ☆彡

そうですね。会社勤務時代は個人的に初詣に行くことは滅多にありませんでしたが、会社の仕事始めの時は毎年社員全員で初詣してましたね。商売繁盛も絡んで数ヵ所の神社とお付き合いがありましたからね。
帰省してからは逆に懇意にしている神社はありません。ですから神社にお参りすることは滅多にないですね。
お孫さんができると初宮参りとか七五三で神社にお参りするケースが増えてくるでしょうね。
バレンタインデー、楽しまれましたか。自分の会社では義理チョコがほとんどでしたけど、義理チョコを渡す女子社員もいろいろ苦労してたみたいですね。聞いてみたら女子社員の代表が参加希望者からお金を集め、男子社員の数だけチョコレートを買い、女子一同として男子社員一人一人に配っていましたよ。
こんな時ホワイトデーでは男子社員代表が取りまとめて、女子社員一人一人にお返しチョコを贈ればいいんですかね(笑)。

  • |2015.02.11(Wed)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

女性はどちらもお気に召さない。ww

今夜は、たくさんお稲荷さんを作りましたよ。
お参りは出来ませんでした。今日は、家の中の事が多すぎました。
教えて下さったところ、ゆっくり、、行ってみたいです。

  • |2015.02.12(Thu)
  • |hipopon
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: hippoponさんへ☆彡

お稲荷さんは日本の食文化ですよね。気軽に食べれて、しかも満腹感を得られます。
何かと田舎での集まりにはお稲荷さんとおにぎりとお新香がでます。遠足にもお稲荷さんは欠かせませんでしたし、子供たちとのピクニックの弁当にも彩を添えていました。お稲荷さんやお新香の評価をしあいながら、話が弾むんですね。日本人には切っても切れない食べ物です。

お参りにはお稲荷さんを供えろと言いませんが、お参りした後お稲荷さんの脇でお稲荷さんを一緒に召し上がるというのもオツなもんですよね。二の午は2月23日。ぜひお時間を取ってお参りしてみてください。

  • |2015.02.12(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

お稲荷さんが無性に食べたくなりました
最近作ってなかったので、明日のメニューはお稲荷さんで☆

そういえば、氏神さまに出産の報告もしていませんでした
ダメですね〜こんなんじゃ(笑)
  • |2015.02.12(Thu)
  • |mokoko
  • URL
  • EDIT

代替画像

matsuyama さんへ!!

おばんです!
紀元節は最大の行事でした。!国史という教科があり神話で神武天皇を崇敬させられていましたがなんにも疑うことはありませんでした。
教育改革で「昔に戻そう」と内閣は思っています。「建国記念の日」はあくまで紀元節を祝うことですねー。初代即位といっても他国の独立や革命で国を新設したこととはちょっと違うように思います。

大阪では京都伏見の稲荷神社の祠を祭り商売繁盛を祈りましたが、これほど、道理的なものも他国には無いと思い素晴らしいと思っています。日本は八百万の神を容認してますので、あらゆる神仏を祭る傾向がありますねー。

立春は本道には無関係のようで、最強の寒波に襲われていて大雪もあり、ヒグマが羨ましいと思う時があります。笑)
  • |2015.02.12(Thu)
  • |荒野鷹虎
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: mokokoさんへ☆彡

のり巻きと並んでお稲荷さんは日本の食文化ですよね。子供の遠足や運動会、家族のピクニックなどには欠かせない料理です。自分も母親手作りのお稲荷さんで育ちました。懐かしい思い出です。普段の食卓でもいいと思います。お子さんの思い出に残るお稲荷さんを作ってあげてください。
人生の通過儀礼としては子供の成長に伴ういろんな儀式がありますね。忙しい現代ではなかなか神社までお参りに行けませんけど、お宮参りや七五三には神社にご報告がてらお参りした方がいいかもしれません。お七夜やお食い初め、初節句などの行事もありますが、これら子供の通過儀礼は生存率の低かった頃の子供の成長を願ったものです。現代でも通用しますよね。
機会がありましたらブログで取り上げたいと思いますが、過去にも記事を書いてます。お時間がありましたら左サイドのカテゴリ「冠」をご覧なって見てくださいね。
>
  • |2015.02.12(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

神社の格付け記事を
心躍らせて拝読させていただきました
参拝するより撮影することが多く、反省しております

一応、独身ですのでバレンタインデーには複数、
チョコレートや服飾が送られて来ます
ホワイトデーにきちんとお返しするから、でしょうね^^
  • |2015.02.13(Fri)
  • |FREUDE
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 荒野鷹虎さんへ☆彡

こんにちは。
紀元節は自分が生まれた年に廃止されたようで、どんな祝日だったのかはわかりません。戦後紀元節を復帰させようとした「建国記念日」の法案は何度か廃案になったそうですね。結局「建国記念の日」と「の」を入れ、妥協しての成立だったということですが、もともと日本は侵略とか統治されることのなかった独立国ですから、逆に建国の時期が不明瞭ですよね。神話の神武天皇即位日を建国記念としたのは苦し紛れの制定だったような気もするんですがね。
仰る通り日本には八百万の神が存在しますからね。それぞれの神社で祀る神をもってして五穀豊穣、商売繁盛を祈願しております。七福神などはその最たるもので、それぞれが仲たがいすることなく、自分の才量に沿った福をもたらしてくれてますよね(笑)。
北海道の立春はこれから真冬のピ―クを迎えるという意味ですよね。十分体調にお気を付けください。
  • |2015.02.13(Fri)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: FREUDEさんへ☆彡

神社やお寺の独特の建物。写真としては絵になりますものね。
外国を起源とするお寺と違って、神社の起源は日本ですからね。仏教より歴史が長く、日本独特の宗教ですよね。とはいえ、各神社には八百万の神が寄り合っていますが、参拝時にご神体を拝み見ることが出来ません。
神様にも神階があったり、神職にもランクがあったなど、調べてみると神道もおもしろいですね。

バレンタインデーにはいろいろプレゼントをいただいた方ですか。今でもいただくんですか。羨ましいですね。お返しをきちんとするとか、心細やかな気配りをされてるからなんでしょうね。自分のようなガサツな者には贈ってくれるような人はいません(イジイジ)。

  • |2015.02.13(Fri)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

狐と農業の関係、古くから伝わる野生動物への功徳の施しが結びついての、お稲荷さんの狐と油揚げの関係が分かりました。なるほど~
  • |2015.02.14(Sat)
  • |カノッチ
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: カノッチさんへ☆彡

お稲荷さんと狐の関係は神道の世界から発生してますから、神話の部分も多々ありますね。いろいろ説はありますけど、宗教とかが絡んでくるとやたらと否定するわけにもいきません。
その中でも信ぴょう性のある話を取り上げたつもりです。信じる信じないはご覧なった方の判断でお願いします。
神と人間を仲介する狐は正直で賢くて、優れた霊力を持っているのだそうです。ですから無理な願いをしたり、威厳を傷つけたりすると狐もお怒りになり「狐にばかされた」という結果になってしまうのだそうです。お気を付けください。


  • |2015.02.14(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top