復興を祈願 寒風跳ね返す裸詣り

1月6日の小寒から1月20日の大寒までの約15日間と、大寒から節分(立春の前日)までの約15日間の合計約30日間は、1年で最も寒い時期ということで、「寒(かん)」と呼んでいます。この季節になることを「寒の入り(かんのいり)」といい、小寒の日を「寒の入り」、「寒」が終わって立春になることを「寒明け(かんあけ)」と言います。
寒中のこの季節には武道の特別練習などをする「寒稽古」、このくそ寒いのに川や海で泳ぐ「寒中水泳」などがおこなわれます。北海道では「寒中みそぎ」として厳寒の津軽海峡に飛び込んで豊漁、豊作の祈願を行うところもあります。

この厳寒の時季に難行苦行することで無病息災、家内安全、五穀豊穣を願い、神仏の加護を得ようとする裸参りは、古くから各地で行われております。ここ地元でも大寒の前の1月18日、下帯姿で市内を練り歩き防災と商売繁盛を祈願する「祈願祭裸詣り」が行われました。

裸詣り⑩
今年38回目となる裸詣りは市内の消防団が中心となって繰り広げられ、屯所から八幡宮までの約1㎞をゆっくりと練り歩きます。裸詣りに参加した団員は19名。胴巻の上に注連縄(しめなわ)、足には草鞋(わらじ)掛け、額の中央で結ぶ鉢巻。悪霊が入らないようにと口紙をくわえた姿からは勇ましさが漂ってきます。
行列の先頭を行く幟旗には「復興祈願裸詣り」の文字が描かれています。団員は背筋をピーンと伸ばし、練り歩きます。

裸詣り⑪
続いて130年の歴史を持つ団旗。脈々と使われてきた団旗には今までの消防団の活動が染み付いております。こうして後輩、そして後世へと引き継がれていくのでしょう。

裸詣り②
行列は米や酒、餅、魚、野菜などを供えた三宝を持ち、防火防災、商売繁盛、無病息災、五穀豊穣、交通安全を祈願。

裸詣り③
最後尾は「ハサミ」と呼ばれる神の依代となる白紙を挟んだ板状の験竿を振りかざし、商店街を練り歩きます。

裸詣り⑥裸詣り⑦裸詣り➇
左右に大きく踏み出す独特の歩調を取り、一歩踏み出すたびに鈴を振りながら、行列は奉納する神社へ。

裸詣り④裸詣り⑤
口に咥えた紙を噛み締め、震える寒さに耐えます。消防団の長老が参加者1人1人を紹介する口上は、見学者への優しい労わりです。

裸詣り⑨
神社での奉納には神官が1人1人に祝詞をあげてお祓い、地域の安全や無病息災、五穀豊穣などを祈りました。

201301202136449bc岩手県の八幡平市には約280年前、岩手山の噴火を恐れた村人たちが、山の神を鎮めようと始めたとされる平笠裸参りが行われています。戦争中に出征した夫や息子の無事を祈る女性たちに受け継がれたことから、全国でも珍しい女性が中心の裸参りとなっているようですね(詳しくは過去記事2013年1月20日「大寒に見られるダイヤモンドダスト」を参照)。

いや~、それにしても気温2度のこの寒空、指先の出る手袋をして撮影していたのですが、手が冷たいというより、あまりの寒さに指先の感覚がなくなっていました。皆さん良く頑張りましたね。地元市の商売繁盛や無病息災を祈るその格好よさに思わず拍手喝さいです。まさに裸一貫の復興祈願祭でした。


二十四節気 大寒(だいかん)◇
二十四節気二十四番目最後の節気。1月20日および立春(2月4日)の前日まで。
暦便覧は「冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也」
最も寒い頃。大雪が降り、氷がはりつめる。
◆大寒の七十二候は次の通り。
第七十一候(大寒次候)1/25~1/29 水沢腹堅(さわみずこおりつめる)
沢の水が氷となり、厚く張りつめる頃。この時期に、一年での最低気温の記録がでることが多く、氷点下に達する地域も多くみられます。


今日の独りごと

今日の独りごと0125深堀圭一郎さんと金谷嶺孝さんのプロゴルファーお2人によるトークショーを聞いてきました。金谷プロは怪我で現役引退後、故郷の盛岡でゴルフビジネスを手掛けております。同年代の深堀プロは現在も現役で、2003年には日本オープン優勝。その後選手会長を務めるなど、日本プロゴルフ界の発展に尽力。2013年9月には宮古市の子供たちへスナッグゴルフの寄贈と指導をいただきました。今回も2組の用具を寄贈されたそうです。
成長した子供たちは昨年全国大会で健闘。この日は特別出場した小学生3人のスウィングを見ていただきました。プロをも唸らせるきれいなフォームはしなやかで、力強さが見られます。
「子供は成長が早い。呑み込みが早いですから」。技術もさることながら、ゴルフは礼儀が大切、とプロは力説。ゴルフの全体人口が減少しながらも、子供のゴルフ人口は増えています。石川遼君や宮里藍ちゃんに刺激されていると思います。
ゴルフに「はまる」ことは大切なことです。ゴルフで何を学ぶのか、それを皆に早く見つけてもらいたいと思います。


参考サイト:暦生活盛岡・八幡平ワイド観光エリアこころ通信ブログ


人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ
↑あなたのお気持ちを有難く頂戴します。

関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

参加者は皮下脂肪がみんな厚いんだろうね。
じゃなきゃ、寒くて風邪ひいちゃって、風邪ひき祭りになっちゃうよ。
  • |2015.01.26(Mon)
  • |和 八葉
  • URL
  • EDIT

代替画像

伊達騒動に興味を持ち、宮城県柴田町の学芸員を訊ねたのち
仙台のクリスロードを歩いていると後ろが何やら賑やかです
銀行のはっぴを着た女性も肌の露出が多く、男性はふんどし姿

神戸でもコートを着る冬季、東北の裸祭は凄まじい気がしました
震災の前年に訪れた時の記憶です
  • |2015.01.26(Mon)
  • |FREUDE
  • URL
  • EDIT

代替画像

地方によって色々な行事が行われていますが、南国では裸になっての詣りは
少ないようです。
ゴルフ好きな一人ですが、現役を離れてからプレする事も少なくなって
クラブは錆びが出始めています。
南国では冬になると韓国からのツアーが多くなり、マナーの悪さには定評が
あるみたいですよ。
  • |2015.01.26(Mon)
  • |南の風
  • |URL
  • EDIT

代替画像

極寒の地で見られる裸参り、
期限は何なのでしょう?
しかし 勇壮ですね。
  • |2015.01.26(Mon)
  • |hippopon
  • |URL
  • EDIT

代替画像

裸詣りに参加している皆さん、寒さに負けず気合の入った面持ちですね。
震災以前と以降では、東北の人たちの祭りに対する想いって違っているのでしょうね。
  • |2015.01.27(Tue)
  • |カノッチ
  • URL
  • EDIT

代替画像

さ、寒そう…
手のかじかみが伝わってきます
街の安全を守って下さる消防団の皆さん、かっこいいですねっ

北海道の親が、横浜の我が家に来ると、寒い寒いといいます
節約癖があるせいか、部屋の中がやや寒い(笑)
私からすると北海道はどこへ行っても室内が暑くて、いまだに着るものに悩みます
  • |2015.01.27(Tue)
  • |mokoko
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 和 八葉さんへ☆彡

返事遅くなりました。

幟旗持ちの先頭の青年はご覧のように……ですが、肌は寒さで赤くなってましたね。
今年は見られませんでしたが、去年は小学生の子供が参加してましたよ。子供は風の子だとはいえ、大人と同じような格好はちょっと見るに忍びなかったですね。隣に消防団員のおじさんが付きっきりで、乾いたタオルで背中や腕をさすってあげてましたけど、どの程度の効果があるんでしょうかね。Tシャツくらいは着てもいいということにしたらいいのにね。
案の定、今年は参加してませんでした。


  • |2015.01.27(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: FREUDEさんへ☆彡

返事遅くなりました。

寒い地方なればこそ、寒さに打ち勝って健康に過ごそうという生活の慣わしなんでしょうかね。北国のあちこちでこのような寒中みそぎみたいな行事がありますよね。昔から受け継がれてきているんでしょうが、特に震災後は復興祈願を前面に打ち出すケースが多いようです。
こちらの裸詣りはまだ水がついて回りませんが、岩泉町ってご存知でしょうか、あちらでは薄氷が張る池に褌一丁の姿で飛び込むみそぎがあるそうです。まだ見たことはないんですが、これこそ壮絶ですよね。飛び込むときの飛沫がかかっただけでも飛び上がって寒さを感じるのに(笑)。


  • |2015.01.27(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 南の風さんへ☆彡

遅くなりまして申し訳ありません。
寒い北国だからこそ、その寒さに立ち向かう姿が健気なんですよね。神様もその姿に感動してくれるんじゃないんですか(笑)。
現役時代はゴルフをされていましたか。当時はサラリーマンですと、猫も杓子も接待ゴルフという時代がありましたね。自分は接待ゴルフの経験はないんですが、先輩に誘われてゴルフ練習場に通っていました。その先輩からクラブ一式をもらい、はまってしまって毎週打ちっぱなしでした。コースには出たことないんですが、聞くところによると、バンカーの足跡も消さずに行ってしまうなどのマナー違反の方もいるそうですね。ゴルフは紳士のスポーツといいますからね。マナーだけは守りたいものです。


  • |2015.01.27(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: hippoponさんへ☆彡

遅くなりまして申し訳ありません。

見ているだけで風邪を引いてしまいそうですが、寒冷の地ならではの健康維持も含まれているんでしょうね。
北国で受け継がれているみそぎという伝統行事は、山の神様のお怒りを鎮静化させるためとか、その年の豊漁豊作を祈願することで神様と一体になるというのが起源のようです。それぞれの地方の寒中みそぎ、壮絶ですよね。
こちらの裸詣りは今年で38回目ですから、100年200年続いている伝統行事ではありませんが、今後も恒例化し地元の伝統行事に名を連ねてほしいもんですね。

  • |2015.01.27(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: カノッチさんへ☆彡

一に復興、二に復興、三四が無くて五に復興ですよ(笑)。
何かと言えば祭りには復興が結び付いてますね。それだけに復興への気持ちは祭りに対する期待感が大きいんでしょうね。というか、祭りをだしにして落ち込む気持ちに景気づける機会を設けてるのかもしれません。現に被災者の皆さんは気持ちも前向きになってきているような感じも見受けられます。


  • |2015.01.27(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: mokokoさんへ☆彡

北海道ご出身のmokokoさんでしたら、この寒さお分かりいただけると思いますが、ともかく寒い。手袋をしていてもその冷たさが指に伝わってきます。体温はほとんど奪われ、神経が麻痺してしまいます。冷たいというより痛さで顔が歪んでしまうんですよね。
そんな寒さの中でほとんど裸同然。いくら肉襦袢が厚いからといっても差すような寒さには耐えられないでしょうね。ちっとも寒さを感じさせない団員たちには頭が下がる思いでした。
北海道は寒いようですが、意外と室内はあったかいんですよね。スト-ブ、ガンガン焚きますから。厳寒対策は施されてますよね。そういう意味では逆に都会の方が寒い位です。まさに「賢者ひだるし伊達寒し」ですね。
  • |2015.01.27(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

私はずっと横浜なので、痛いぐらいの寒さ、あまり体感したことはないかも
うちの母、50過ぎて再婚して北海道にお嫁(?)に行ったんですよ!(笑)
そのぐらいパワフルな母ですが、北海道暮しを楽しんでおり、私も田舎ができた感じでうれしい☆

ご報告遅くなりましたが、お気に入りブログに登録させて頂きましたので、ご都合悪ければご一報下さいね
  • |2015.01.28(Wed)
  • |mokoko
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: mokokoさんへ☆彡

横浜生まれの横浜育ちでしたか。それは失礼しました。
お母さんはお元気なんですね。再婚されて横浜から北海道へ行かれたんですか。大英断でしたね。寒さを除けばいいところのようです。自分も北海道は憧れの地でした。高齢になった今は住めませんけどね(笑)。
自分も横浜に約40年住んでいて、Uターンして郷里に戻ってきました。横浜生活の方が長いですね。都会と田舎生活のレベルにギャップを感じています(笑)。
北海道にはお母さんのお身内少ないでしょうから、たまにはお孫さんの顔を見せてあげてください。喜びますよ、きっと。
お気に入り登録の件、了解です。自分も登録しておきます。


  • |2015.01.28(Wed)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

こんばんは

極寒の中を練り歩く姿は神々しささえ感じますね。
神様に近い感じがします。
後世まで残して欲しい伝統行事ですね。

明日は東京も雪とか。積もっても積もらなくても混乱必至の東京、そちらから見たら噴飯ものかもしれませんねw。
  • |2015.01.29(Thu)
  • |見張り員
  • URL
  • EDIT

代替画像

こんばんは

消防団の方達なんですか?!
この極寒のなか、すごいですね。
はだか祭等は、おしくらまんじゅう的な事をしているから良いですけど、これは寒いでしょう。
地元の復興と、厄除けを願っての裸詣り、ありがたいですね。
とても良いものを見せていただきました。
ありがとうございます。
  • |2015.01.30(Fri)
  • |カミさん
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 見張り員さんへ☆彡

大変遅くなりまして申し訳ありません。

こちらも昨夜から降り始めた雪が今朝には5㎝程の積雪となりました。朝から雪かきで奔走しています。見ている分にはロマンあふれる景色にうっとりするものがあるんですが、生活のことを考えるとうんざりしますね。
極寒の中を練り歩く裸詣りの参加者は大変だったと思います。スタートからラストまでの約1時間半、肌を寒風にさらしての行進ですからね。しんどかったでしょうね。終わった後は屯所に帰って打ち上げをしたのだろうとは思いますけどね。聞いていると20数回参加されてるという方もいました。真似はできないですね。
  • |2015.01.31(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: カミさんへ☆彡

遅くなりました。
3分団によるということになっておりますけど、実際参加されてる方々は各分団から強者たちが寄り集まっているようですね。
今年は子供の参加者がいなかったようですけど、去年は小学生の参加者がいました。ハッピを着た消防団員が付きっきりで子供の面倒は見ていたようでしたが、見ていて可哀そうでした。やはり訓練されてない子供には無理があったんですかね。
言っちゃなんですけど、激しい動きがあるならまだしもただ歩くだけですと寒さが一層身に応えますからね。それでも市民のために復興や五穀豊穣を祈願してくれているのですから、感謝しなければなりませんね。
  • |2015.01.31(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top