雪が降りしきる銀河鉄道

2011年の総務省・家計調査によると、家庭での水道光熱費は、最も低い7月が1万7800円、最も高い2月が2万8500円で、その差が最大1万円以上あるそうです。特に暖房代が多くかかる、冬の暖房費節約は寒い北国地方にとって必須条件のようです。会社からの暖房補助費が支給されるところがあるとはいえ、個別に節電、節ガスする必要があるようですね。
100円ショップにはこんな節電グッズがあるそうです。
窓から入る冷気をカットするエアーシート。水を塗るだけでガラスに簡単に貼れます。貼っても太陽の明るさはさほど変わらないそうです。窓の隙間にテープを貼るだけで外の冷気をシャットアウト。エアコンなどで暖めた温度が持続します。コタツの敷き布団や電気カーペットの下にアルミシートを敷いておくことも効果的だそうです。アルミシートはお湯の上に浮かしておくだけで、お風呂の節ガスにも効果的。2時間放置で4.5度下がるお風呂の追い焚きを防止することもできます。あるいはトイレの便座にカバーをかけることでも節電に繋がります。
他にもいろいろなグッズがあるようで、賢い皆さんは既に実行されていると思います。先日ホームセンターを覗いてみたら売っていました。が、100円ショップより少々お高い。安い100円ショップのグッズとは言え、冬の節電、節ガスには大いに役立ちそうですよ。

SL銀河(リス)

動物も冬眠に入る時季!!
さてさて季節は冬本番となりました。12月12日からの七十二候大雪の次候で第六十二候「熊蟄穴(くま、あなにこもる)」に変わります。
熊が冬ごもりの時期に入り、穴にこもる頃。春になるまで、穴の中で過ごします。熊だけではなく、シマリスや蛙、こうもりも冬ごもりを始めます。
数日前、車を運転していたら、雪がショボ降る前方を横切る少動物がおりました。夕方で薄暗く明確に判別できませんでしたが、大きさ、形から見るとリスのような感じでした。冬ごもりのための食料を探し求めているのでしょうか。この時季お忙しそうですね。というか雪が降り積もった中で食料見つけられるんでしょうか。

見放された宮沢賢治銀河鉄道の夜
復興支援と地域活性化のために今年4月から運行されたJR東日本のSL銀河。毎週末、釜石線(花巻、釜石間)を運行していたSL銀河は11月で運行を終了。12月6日には釜石線の花巻、遠野間に「SL銀河ナイトクルーズ」を特別運行しました。
ツアー参加者を乗せたSLは宮沢賢治の童話「銀河鉄道の夜」を復元。花巻駅を出発したSL銀河は雪の降りしきる遠野駅に向って走り抜けました。夕刻6時前、宮守駅近くのめがね橋を通過した黒煙上がるSLをライトアップ、大勢の撮り鉄ファンや見物客は幻想的な宮沢賢治の世界に誘われていました。
にわか撮り鉄ファンとなった私もこの4月から撮り溜めたSL写真をまとめてみました。

SL銀河①
上の写真は10月5日、宮守のめがね橋で撮影を終えた後、車でSLと並走。宮守駅を過ぎたあたりでとらえることができました。時速40㎞位かもしれません。急遽路肩に止めて撮った写真は2枚しかありません。

SL銀河②
SL銀河③
冒頭に書いたように12月6日は「SL銀河ナイトクルーズ」の特別運行。
気負って出かけました。SL通過時間の1時間前に撮影現場のめがね橋に到着。ところが近くの道の駅やコンビニの駐車場は既に満車。いかにSLファンが多いことか思い知らされました。
陽が落ちてさらに雪が降りしきります。撮り鉄ファンや地元住民ら1200人(新聞発表)がベストポジションを探して撮影準備をしていました。取り敢えず私もポジションを決め、準備完了。さあ、後はSLを待つだけ。
が~、思いがけないアクシデント。なんとなんと、バッテリーの電池切れ。バカバカバカバカ、なんで充電しておかなかったんだ。基本的なミス、ドジ。泣いても泣き切れない。
そんな訳でライトアップされたSL銀河の写真は撮れませんでした。代わりにSL通過前のライトアップされためがね橋と過去に撮っためがね橋通過中のSLをアップしてごまかします、ハハハッ(アセ)。

SL銀河④
始発釜石駅を出発するSL銀河。7月13日撮影。基本的には土曜日、花巻駅始発、遠野駅経由、釜石駅到着です。日曜日はその逆コースで花巻駅にて次週の出発を待ちます。

SL銀河⑤SL銀河⑥SL銀河⑦SL銀河➇
遠野駅舎とホーム。JR釜石線を通常運行されているディーゼル車と新旧のご対面です。力強く走り抜けるSLも遠野駅では点検があります。C58 239の蒸気機関車と4両編成の客車はJR東日本盛岡機関区が管理しており、交通公園に静態保存していた同型機をSL銀河として復元したものです。

SL銀河⑨
稲刈りの終わった田園地帯を走り抜けるSL銀河です(10月5日撮影)。


二十四節気 大雪(たいせつ)◇
二十四節気二十一番目の節気。12月7日および冬至(12月22日)の前日まで。
暦便覧は「雪いよいよ降り重ねる折からなれば也」
平地でも霜が降り、すっかり冬景色となる。枯葉が木枯らしに舞う。。
大雪七十二候は次の通り。
第六十二候大雪次候)12/12~12/16 熊蟄穴(くま、あなにこもる)
熊が冬眠のため自分の穴に隠れる時季。
第六十三候大雪末候) 12/17~12/21鮭魚群(さけのうお、むらがる)
鮭(さけ・さけ、あきあじ)が群がり、河川をさかのぼって行く時季。


今日の独りごと

今日の独りごと1210記事でも書きましたが、撮り鉄ファン凄いですね。普段80台収容できるめがね橋近くの道の駅は満車、通りを隔てたコンビニの駐車場も満車でした。さすが路上駐車はできないので、徒歩5分位のドライブインに駐車。
SL銀河の通過時刻にはマスコミや撮り鉄ファン、地元住民でアリの這い出る隙間もない位ギッシリでした。中には「そこだと写るから下がれ」などと口論する場面も。お互い殺気立っているようです。
雪が降りしきる中でのブルーのライトアップなど、幻想的な演出はいいんですが、列車が通過するまでの1時間半、とにかく寒かった。予想して防寒着にマフラー、手袋は準備していったのですが、膝がガタガタ震えてました。その上、撮影失敗で寒さが一段と身に堪えましたね。真の撮り鉄ファンには成りきれそうにありません。2時間半かけて遠出した撮影は何だったんでしょうか。





参考サイト:暦生活岩手日報Web NewsAll About

人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ
↑あなたのお気持ちを有難く頂戴します。
関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

エアーシート、初耳です。
百均は週2~3回は行きますので、どんなのか見てきます。
  • |2014.12.11(Thu)
  • |和 八葉
  • |URL
  • EDIT

代替画像

撮り鉄のmatsuyamaさま♪
おはようございます♪
お写真たくさん撮られていますね\(^o^)/
「SL銀河ナイトクルーズ」特別運行。。。
思いがけないアクシデント!残念でしたね。
寒い中、お疲れさまでした。
次の機会には、ぜひ・・・(*^^)v
  • |2014.12.11(Thu)
  • |ouna
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 和 八葉さんへ☆彡

いわゆる簡単に言えばプチプチですよね。片面は凸凹ですけど反対面は滑らかな平面です。こちら側を水に浸したガラス面に貼り付けるんだそうです。ガラス面も平面でないとくっつかないようですね。その時は専用の両面テープで貼らなければなりません。
ガラス一面に貼りつけますから、宅配便の梱包にあるようなプチプチの緩衝材は小さくて不向きでしょうね。
  • |2014.12.11(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: ounaさんへ☆彡

穴があったら入りたい位です。バカさ加減を曝け出してしまいました。
来年あるかどうか分かりませんからね。あったにしても先日のような天候には恵まれないと思います。

撮影会が終わって家路に帰る頃は雪もどんどん降り積もり、サラサラの雪が国道のアスファルトを舞い上がっていました。よく雪国地方ではブリザードが発生しますが、そのミニチュア版に襲われたような感じでしたね。やはりドライバーの皆さん安全運転でスピード控えめでした。撮影失敗で精神的に落ち込んでましたから、慎重に運転しなくちゃ、と気持ちを新たにして帰路につきました(笑)。

  • |2014.12.11(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

バッテリー切れは残念でしたね。
しかしせっかくのSLを殺気立たずに楽しむことはできないんですかね~撮り鉄さんたち。
  • |2014.12.12(Fri)
  • |カノッチ
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: カノッチさんへ☆彡

今年一番の悔いが残るチョンボでしたね。
同じ目的で集まった集団とはいえ、撮影に対する考え方の相違がありますからね。
より最高のシャッターチャンスを収めたいという願望があるんじゃないんですか。
そういう自分のカメラの前にも、画面を塞ぐような気遣いのないカメラマンが出現してましたよ。
  • |2014.12.12(Fri)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

寒い地方にお住いの方は、光熱費が半端ではないのですね。
私の所の水道費は、二月で三千円もかかりません。
県内でも安く、水瓶になっている九州で一番大きな池田湖の
お蔭です。
今月の電気代も七千円弱で、年金暮らしには助かっています。
  • |2014.12.12(Fri)
  • |南の風
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 南の風さんへ☆彡

光熱費で一番かかるのは電気代ですね。エアコン使わずで、月3万円以上はかかるでしょう。あとは石油ストーブの灯油代。各部屋と風呂湯沸し用で月2万円はいきますね。極寒地方だと少なくとも8万円以上はいくようです。年金だけの収入だととても間に合いません。
総務省発表では夏と冬の格差が1万円ということですが、北国の家では4~5倍の開きがあるところもあるようです。年金者泣かせですね。今日も暖房費節約に奔走してます。

  • |2014.12.12(Fri)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

こんばんは^^

寒い中お疲れさまでした。まさかのアクシデントもありましたがでも、いい思い出になったのではないでしょうか。
蒸気機関車って本当に人気ありますね、そういえば私の実家のある千葉、総武線も昭和44年ごろまでは蒸気機関車が走っていたと、昔から千葉に住んでいた友人から聞きました。私が千葉に住み始めた45年には完全電化され、総武線は電車になっていました(・・;)。

それにしても撮り鉄さんたちってすごいバイタリティーをお持ちですね、真似できない(-_-;)…
  • |2014.12.13(Sat)
  • |見張り員
  • URL
  • EDIT

代替画像

こんにちは^^
はじめまして。

「SL銀河ナイトクルーズ」
素敵ですね♪

僕は関東なので少し遠いですが、
いつか見に行きたいと思いました。
別のサイトでも、
動画をアップしているサイトがありましたが、

カメラのシャッター音がすごかったです(笑)

それだけ鉄道ファンが多くいたんですね^^

僕は鉄道マニアというわけではないですけど、
このSLは見に行きたいです!
寒さには弱いですが(笑)

良い記事をありがとうございます^^
また寄らせてもらいます。

応援していきます!

代替画像

Re: 見張り員さんへ☆彡

自分の場合、何かをする時、アクシデントが付き物なんですよね。いいことじゃありませんけど。基本的なミスでトラブルが起こるってことは、注意力散漫なんでしょうね。よくあるミスの中でも大きな痛手でした。
撮り鉄ファンって多いですから、撮影のマナーとか心構えなどを作っておけばいいんですよね。とはいえ、自分のようなにわか撮り鉄には周知徹底されないでしょうけどね。
こちらも昭和35,6年頃までは蒸気機関車が主流で走ってました。その後ディーゼル機関車の導入でSLは姿を消してしまいました。子供の頃は毎日見かけてたものですから、つい懐かしさが甦ってきました。そのSLも今では観光用に期間限定で走ってますが、ローカル線の悩みで赤字線が続いています。現実に一部の路線は廃線され、住民の唯一の足を奪われているんですよね。


  • |2014.12.14(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: ヒロタロウさんへ☆彡

こんばんは。初めまして、ご訪問コメありがとうございました。
プロのWebライターさんのご賛辞、身に余る光栄です。
自分も若い頃は編集デザインで堅苦しい記事を書いてました。その癖が抜けきらないのかもしれませんが、今だに商品PR的記事になってしまいます。結果、アクセス数に伸び悩んでいるのは自分でもわかっています。個人のブログの場合、日常茶飯事の感情を表現することが一番ですよね。
今回の記事で初めて自分の感情を表現してみました。アクセス数は1割くらいアップしたんでしょうかね。
今回の撮影場所には大勢の撮り鉄ファンが集まっておりました。列車の走る音より近くのシャッター音を拾いますからね。耳障りな動画だったと思います。動画をご覧なって感動された方もおられたと思いますが、雪の中を走る生のSL銀河を見ると、宮沢賢治の銀河鉄道の夜に引きこまれるようで、幻想的な世界に入り込んでしまいます。
寒さには弱いかもしれませんが、童話の世界を体験されるのもたまにはいいかもしれません。機会がありましたら是非寒い北国をご覧になって見てください。
  • |2014.12.14(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top