北風を遮ってくれるか!? 吉田レスリング教室

大相撲九州場所は白鵬が昭和の大横綱大鵬と並ぶ、歴代最多32回の優勝で千秋楽を閉じましたね。
優勝インタビューでは「角界の父の偉大な記録に並び、約束と恩返しが果たせた」と語っていたようですが、その強さは無類のものですね。角界の父と尊敬する大鵬から、横綱道を教え込まれたそうです。まさに心技体が備わった平成の大横綱だと思います。モンゴルの問題児、先輩横綱とは違いますね。
それにしても3横綱ともモンゴル人。いつの間にか横綱の地位をモンゴル人が占めました。幕内、十両の関取が17人、幕下以下に9人の計26人。モンゴルフィーバーですね。
日本人力士はどうしたんでしょう。アマチュア横綱出身の遠藤、今場所は8勝とやっと給金を直したようですが、期待とは裏腹に鳴かず飛ばずが続いているようです。もうそろそろ日本人の土俵入りを見たいものですね。

日本海の海

焼き芋が懐かしくなる!?  「朔風払葉」
さてさて、九州場所の頃はいつも寒さを感じる季節だと思っていますけど、11月27日からの七十二候は第五十九候「朔風払葉(きたかぜ、このはをはらう)」となります。
冷たい北風が、木々の葉を落とす頃で、朔風とは北風のことをいいます。地面いっぱいに広がる落ち葉と、葉を落とした木々は冬の景色の象徴であり、季節の移り変わりが感じられます。
冷たい北風が吹き抜けると決まって、小さな庭の吹き溜まりに落ち葉の山ができます。昔は落ち葉を掻き集めて焚き火をしたものですが、今はそれもできず、ゴミ袋に入れて処分しております。焚き火にさつま芋を投げ入れて焼き芋を食べていた昔が懐かしい。今はそんな情緒がなくなりましたね。

五輪3連覇の吉田沙保里選手が「レスリング教室」
裸のお相撲さんが活躍した九州場所。こちらでも寒さをものともしないチビッ子たちを相手に五輪3連覇を成し遂げた女子レスリングの吉田沙保里選手が、23日に市民総合体育館でレスリング教室を開きました。
県レスリング協会が主催したもので、2年後の岩手国体に向けた選手育成強化と同国体から導入が予定されているレスリング女子のPRが狙いだそうです。当日は県内でレスリングを習っている多くの児童生徒が参加。吉田選手の世界最高峰の実力を体感していました。

レスリング教室①
挨拶を終えた吉田選手と全日本女子レスリングの栄和人ヘッドコーチの指導で教室がスタート。ランニングや柔軟体操で身体を慣らした後、ヘルパーの高校生を相手に実演を交えて基本技を指導。さすが世界覇者とあって動きは俊敏で無駄な動きがないといった感じです。

レスリング教室②
小学生女の子2人に手に手をとってアドバイスしたりしていました。

レスリング教室③
習いたての技を練習する男の子。子供は技を身に付けるが早い。

レスリング教室④レスリング教室⑤
約2時間の教室のフィナーレはチビッ子たちとの触れ合い。憧れの吉田選手との対戦で、果敢に立ち向かうチビッ子たち。

レスリング教室⑥レスリング教室⑦
最後は7~8人束になってかかっていました。屈託のない子供たちに、さすが世界覇者吉田選手もマットに倒れ込んでいました。

「吉田選手と生で会えてうれしかった」と笑顔の小学生。
地元では最近できた草野球チームのゼネラルマネージャーに就任した、大リーガーの岩隈久志投手やゴルファーの宮本勝昌選手など、スポーツ選手の来訪が多く見受けられます。子供に限らず、大人も十分楽しんでおります。これも被災地の特権でしょうかね(笑)。


二十四節気 小雪(しょうせつ)◇二十四節気二十番目の節気。11月22日および大雪(12月7日)の前日まで。
暦便覧は「冷ゆるが故に雨も雪と也てくだるが故也」
高い山に初雪が降って、白く輝く。朝、息が白くなる。
小雪七十二候は次の通り。
第五十九候小雪次候)11/27~12/1 朔風払葉(きたかぜ、このはをはらう)
朔風(さくふう、北から吹いてくる風)が木の葉を払いのける時季。
第六十候小雪末候) 12/2~12/6  橘始黄(たちばな、はじめてきばむ)
ようやく橘(たちばな)の葉が黄葉しはじめる時季。


今日の独りごと

今日の独りごと1125先日の23日、地元の田老町において「鮭あわびまつり」がありました。そこで行われた鮭のつかみ捕り。抽選で権利を取得した60名が、10m四方位の大型水槽に放された鮭のつかみ捕りに挑戦しました。20名づつ、3組。つなぎの合羽を着た幼稚園児から大人まで、激しく泳ぎ回る鮭を追い掛け回し、生きた鮭をゲット。
水槽の隅に追いかけ、逃げ場を失った鮭を捕まえるのがコツのようですが、幼稚園児にはちょっと難しそう。逃げる鮭も必死ですから、勢い余って水槽の外に飛び出してしまうものもあります。
鮭の体表はヌルヌルして滑りますし、軍手をしてますからなかなか捕まえにくいんですよね。2分間の挑戦時間で最初にゲットしたのは30代くらいの男性。捕まえた体長80㎝位の鮭を、誇らしげに片手で高々と掲げていました。
毎年恒例になっている鮭のつかみ捕り。海の町に伝わる冬の行事でした。





参考サイト:暦生活yahoo!ニュース岩手日報Web news、読売新聞


人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ
↑あなたのお気持ちを有難く頂戴します。
関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

吉田選手は根性の塊、後いくつ勝つのだろう。負けてから辞めると言うのは避けてほしいな~。

白鵬、横審から態度が悪い(ダメ押しや懸賞の受け取り)と注意を受けていましたよ。
  • |2014.11.26(Wed)
  • |和 八葉
  • |URL
  • EDIT

代替画像

おはようございます♪
五輪3連覇の吉田沙保里選手が「レスリング教室」
指導を受ける児童生徒の皆さん、生き生きしています。
未来のオリンピック選手が誕生するといいですね。。。v-425
  • |2014.11.26(Wed)
  • |ouna
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 和 八葉さんへ☆彡

子供の頃、レスリング大会で負けたとき、優勝者を見て父親に「お父さん、あのメダルがほしい」とおねだりしたそうです。「あれはお金で買えるものじゃないんだから、ほしかったら強くなりなさい」と父親に諭され、それから猛練習に励んだという話をしてました。子供の頃のイメージを壊さないでほしいですね。

白鵬、横審から品格の件で問題視されてましたね。優勝や勝敗の強さは別にして、横綱としての品格を疑われるのはこれまでも数多くありましたね。国の品格に対する考え方の相違なんでしょうか。過去に朝青龍という問題児もおりましたが、角界から追放されました。外国人の入門に当たっては日本の国技を勉強してもらうよう、義務付けたらどうなんでしょうかね。

  • |2014.11.26(Wed)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: ounaさんへ☆彡

やっぱりオリンピック3連覇の肩書は強いですね。もち論それ相当の力量はあるんですが、世界一の看板は光り輝いていますよ。
成長著しい子供たちへのアドバイスは素直に受け入れられますし、すぐに自分に吸収してしまうようです。偉大な指導者の下で偉大な選手が誕生するのも理解できますね。

プロ野球選手の「野球教室」も全国津々浦々で開催されていますが、その効果は十分発揮できてると思います。岩手から未来のオリンピック選手が誕生することを期待してます。


  • |2014.11.26(Wed)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

私の若い頃は大鵬と柏戸の時代でしたが、大鵬には敵いませんでした。
それにしてもモンゴル出身の力士の多い事、日本人の横綱の誕生を
願ってますが、今のところは期待できそうもないですね。
  • |2014.11.28(Fri)
  • |南の風
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 南の風さんへ☆彡

柏鵬時代はテレビにかじりついてました。剛の柏戸に柔の大鵬、よく比較されてましたね。
巨人、大鵬、卵焼きとはよく言われてました。3つとも大好き人間でしたから誇らしげに思ってましたけどね。
モンゴル人力士の第1号でもあった旭天鵬以来、増えました。四股名だけ見ていると日本人力士かと思っちゃいますよ。
モンゴル相撲として人気のある国技が日本の相撲と共通してるんでしょうね。きっと腕っぷしが強いんでしょう。日本人も腕力を鍛えないと、当分横綱の座は遠い存在かもしれませんね。


  • |2014.11.28(Fri)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top