新酒ボジョレーに迫る山梨ヌーボー

高倉健さん死去」のニュースに衝撃が走りましたね。
寡黙なヒーローを演じ続けた高倉健さん。その評価は年を重ねてさらに磨かれていったようです。「死んでもらいます」の流行語やテレビCMの「不器用ですから」など、男は黙って……のイメージが強く印象に残っています。悲しみ、喜び、不条理、不公平。その不満をやたらにこぼす事のない真の男の姿。異性はもとより同性にも憧れの人として多くのファンを惹きつけてくれました。
大好きな映画でもあった「幸福の黄色いハンカチ」で、武田鉄矢さん演じる欽也と健さんの勇作が最後に別れるとき、泣けなかった武田さんのもとに寄り、長期間の撮影に感謝する話をしたら武田さんは感激して涙ボロボロ。この瞬間に別れのシーンが撮影されたというエピソードも聞きます。寡黙だった反面、時には雄弁だったその真摯な姿勢は共演者をも惹きつけたんですね。冠婚葬祭には一切顔を出さなかったそうですが、元妻江利チエミさんの命日には欠かさずお墓参りをしていたそうです。男は黙ってお墓参り、ですね。
健さんの命日、11月10日が奇しくも平成21年に96歳で死去した俳優の森繁久彌さん、平成24年に92歳で死去した女優の森光子さんと同じとは、日本の名優を物語っているのでしょうか。戦後を代表する映画スターがまた1人世を去りました。心よりご冥福をお祈りします。

ワイン①

冬の入り口「小雪
さてさて悲しみに打ちひしがれている間にも季節は容赦なく進み、日本の二十四節気は11月22日より「小雪(しょうせつ)」に変わります。
木々の葉が落ち、山には初雪が舞い始める頃。冬とは言えまだ雪はさほど多くなく、冬の入口にあたります。標高の高い頂上付近は冠雪し、道路は来年春の雪融けまで通行止めになるところを多く見受けます。
先日温泉地に行く途中、標高800m位の峠で今冬初めての雪に歓待されました。一時的ではありましたが、路面には1㎝位の積雪。紅葉も落葉し、冷たい風が肌を吹き抜ける冬の入り口を体験しました。これから本格的な冬がやってきます。風邪など召さぬようお気を付けください。

11月20日はボジョレー・ヌーボー解禁
本日11月20日は、ワイン新酒の解禁日で、各地ではボジョレー・ヌーボーを飲む催しが開かれているようです。お酒好きな方には待ちに待った解禁日ですが、皆さんは今年のボジョレー・ヌーボーお飲みになりましたか。
なだらかな丘陵地帯が続くフランスのブルゴーニュ地方で生産される新酒ボジョレーですが、読売新聞によると「20日解禁のボジョレー・ヌーボー、人気に陰り」という見出しが躍っていました。今年のボジョレー輸入量(推定)は前年比で8%ほど減り、約60万ケースの見通しだそうです。ピークだった2004年の104万ケースから4割以上少なく、今後もボジョレーの輸入量は減るとの見方をしているようです。
そういえば解禁日を賑わすニュースもあまり見かけませんね。それもそのはず国産ワインの産地、山梨では新酒ワインとして「山梨ヌーボー」を11月3日に解禁日として発売しているようです。国産ワインも各種豊富に生産され、これが一般にも浸透してきたのか、ボジョレー・ヌーボーに陰りが見えてきたようですね。

ワイン②
ワイン③ワイン④


ワイン⑥ワイン⑦
ワイン⑨ワイン➇
岩手の地元ワイン SHIWA(赤)※写真上左  メルローロゼ(ロゼ)※写真上右 シルバーロースラー(赤)※写真下左

以前私が勤めていた会社では、販売促進として取引先に贈っていました。それはともかく、これからはスーパーの店頭にもボジョレー・ヌーボーを見かけることができると思います。酒屋さんに行ったらありませんでした。日を改めてスーパーに行って見ましょうかね。


二十四節気 小雪(しょうせつ)◇
二十四節気二十番目の節気。11月22日および大雪(12月7日)の前日まで。
暦便覧は「冷ゆるが故に雨も雪と也てくだるが故也」
高い山に初雪が降って、白く輝く。朝、息が白くなる。
小雪七十二候は次の通り。
第五十八候小雪初候)11/22~11/26 虹蔵不見(にじ、かくれてみえず)
陽気もおちて虹もみえなくなる時季。
第五十九候小雪次候)11/27~12/1 朔風払葉(きたかぜ、このはをはらう)
朔風(さくふう、北から吹いてくる風)が木の葉を払いのける時季。
第六十候(小雪末候) 12/2~12/6  橘始黄(たちばな、はじめてきばむ)
ようやく橘(たちばな)の葉が黄葉しはじめる時季。


今日の独りごと

今日の独りごと1120先日18日、出張先からの帰り道。標高800m程の峠越えで今冬初めての雪に見舞われました。あられのような雪で極短時間でしたが、道は薄っすらと雪化粧。水分を吸ってないだけに、降った雪は車を弾くように路上に積み重なっていきます。紅葉も落葉し、水墨画のように色彩のなくなった原風景は、殺伐とした冬の訪れを予告するようでした。
スタッドレスタイヤに交換して置いてよかった。急激に冷え込んだ雪の中でのタイヤ交換、厚手の服を着ていたとはいえ、嫌ですからね。既に北海道では白い雪原が展開されているそうですが、こちらは平年より5日程遅い冬の到来のようでした。秋を楽しんでおられる方は今の季節を思う存分楽しんでおいてください。冬の寒さは急激に押し寄せてきますよ。







参考サイト:暮らし歳時記、読売新聞、サントリー


人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ
↑あなたのお気持ちを有難く頂戴します。
関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

こんばんは

山梨ヌーボーって言うものがあるのですね。
そう言えば、山梨に10月18日に行ったのですが、石和のワイン工場で、今年の白ワインを頂いて買ってきました。
赤はもう少し後になると、その時に工場の方がおっしゃっていたんです。
ヌーボーと言うと赤ワインですから、それが山梨ヌーボーになるのでしょう。
  • |2014.11.20(Thu)
  • |カミさん
  • |URL
  • EDIT

代替画像

ボジョレー・ヌーボー、昔、一度飲んで渋かったことを覚えています。以来飲んでいません。
たぶん、安物だったからだと思ってはいますが、飲む気はないな~。
  • |2014.11.21(Fri)
  • |和 八葉
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: カミさんへ☆彡

山梨ヌーボーってあったんですね。もっともブドウの産地ですから、新酒って意味から山梨で製造されたワインのことを指しているのかもしれません。山梨ヌーボーの解禁日が11月3日だそうですから、ちょっと時期的に早かったですかね。
10月18日の時点ではまだ赤ワインはできてなかったんですか。解禁日に合わせて醸造してるのかもしれません。国産ワインが浸透してくればボジョレーヌーボーに負けないワインが飲めるかもしれませんね。今は名前負けしてるだけで、品質的には大差はないように思うんですけどね。


  • |2014.11.21(Fri)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 和 八葉さんへ☆彡

第一印象があまり良くなかったんですね。確かに名前が先行しているところもありますよね。品質的には国産のワインの方が美味しいのもあるかもしれません。
自分はウィスキー党ですのであまりワインを口にすることはありませんが、1度だけワインをがぶ飲みしたことがあります。悪酔いしましてね。飲み方が悪かったんでしょうね。以来ワインはたしなんで飲むようにしてますけど、1年に1回新酒の出回る頃はいいかな、と思ってます。


  • |2014.11.21(Fri)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

山梨ヌーボー飲んだことないかな。
ワインは滅多に飲む機会がなくて。
もっぱらビールです。
その後は焼酎わり。
安いお酒ばっかりだー。(^^;)
  • |2014.11.22(Sat)
  • |さくら
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: さくらさんへ☆彡

ビール党ですか。ビールは気楽に飲めていいですよね。
並々と注いだジョッキ片手に、泡ごとゴクゴクと飲み干す最初の一杯、たまらないですね(ゴク)。
安く、気持ちよく飲む。これが嫌なことを忘れ夢の世界に入り込む最良のお酒の飲み方ですよ。1人物思いに耽るお酒にはウィスキー、レストランで2人だけのひと時を過ごすときにはワイン、な~んてね。勝手にシチュエーションを創り上げてます。
さて日本酒や焼酎、どんな場面が相応しいでしょう(笑)。
  • |2014.11.22(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

健さんは私たちの時代のヒーローでした、授業をサボって
映画館へ行ったものです。
喋らない健さんが好きで、昔の日本男児の気質を見るよう
でした。
私は酸味のあるワインが苦手で、滅多に口にする事は
ありませんが、お好きな方は多いですね。
  • |2014.11.22(Sat)
  • |南の風
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 南の風さんへ☆彡

健さんって福岡出身ですよね。南国の方は割と饒舌な方が多いと聞きますが、健さんは寡黙だったんですね。
子供の頃は虚弱体質だったそうで、「この子に物をあげないでください」と、母親に首からプラカードを吊り下げられていたそうです。いじめにあったその頃、一念発起し、中学生か高校生になって、武道を始めたそうなんですね。その一念が健さんの基礎作りになったんじゃないんですかね。
当時数少ない地元の映画館で番外地シリーズを見てました。大人になってからは野性の証明や幸福の黄色いハンカチなどを見てましたよ。番外地の頃のイメージがガラッと変わりましたよね。
一時ワインブームがあった頃から女性の愛好者が増えましたよね。自分は一途にウィスキー党です(笑)。


  • |2014.11.22(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

こんにちは!

私の今は亡き祖母の実家は山梨の作り酒屋で、今では代替わりしてワインを作っています。
ブドウの産地ですからワインへの情熱は半端ないみたいですよ^^。
ボンジョレヌーボーも飲んだことはありましたがそれほどおいしいと思いませんでした(安いものだったから??)。
おいしい山梨ワインを飲みたいと思っています♪

雪が降りだすようになったのですね、急激に気候が変化して振り回されるような感じですね。東京も気温が低い日が多くなりました、どうぞ御身大切にお過ごしくださいませ。
  • |2014.11.24(Mon)
  • |見張り員
  • URL
  • EDIT

代替画像

昭和の名優が亡くなり寂しいですね。代わりに山梨ヌーボーのような次世代の若い俳優が日本の映画界を盛り上げてくれると良いですね。
  • |2014.11.25(Tue)
  • |カノッチ
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 見張り員さんへ☆彡

本場山梨でワインを作っておられるんですか。葡萄への拘りは並々ならぬものがお有でしょう。日本人の舌にあったワインづくりは日本人でなければ作れないですからね。
ボジョレーヌーボーも知名度だけはありますが、果たして日本人の体質にあったワインなのかどうかは分かりません。値段が安いからうまくないというだけではなく、日本人の舌に合わないということも考えられますよね。だからボジョレーヌーボーの輸入量が減ってきているのも頷けるんではないのかな。ウィスキーでもそうです。自分はウィスキー大好き派なんですけど、飲むのは国産ウィスキーです。外国産ウィスキーは高いばかりで舌に合いませんからね。
ちょっと峠に行くと真っ白い光景を見ます。もう冬が山を覆い尽くしているようです。日増しに寒さが強くなると思います。どうぞお風邪を召さぬようお気を付けください。
  • |2014.11.25(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: カノッチさんへ☆彡

転換期にきているのはやむを得ないことですけどね。昭和を生き抜いてきたものにとっては淋しい限りです。
代わって平成の映画界を盛り立ててくれる俳優が表れてくれることを願うだけです。今の若い俳優女優も歳を重ねるごとに円熟味を増してくれるよう期待しております。
今も活躍している女優さんは吉永小百合さんだけかな(笑)。

  • |2014.11.25(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

そろそろ こちらもタイヤ交換しないと
仕事用の車 トラックのタイヤとか重いし~
結構大変・・・毎年腰痛が・・・
やっぱり早めにゆっくりが良いようで



  • |2014.11.25(Tue)
  • |こん☆
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: こん☆さんへ☆彡

タイヤ交換、ご自分でなさるんですか。偉いな~。もっともバイクの修理など自分でなさる位ですから、タイヤ交換なんか簡単なものでしょうね。
自分は人任せですよ。時にはGSだったり、時には自動車修理工場だったり。その度お金がかかります。この間はディーラーで交換してもらいましたが、3,000円かかりました。いろんな情報を得たり、他のメンテナンスも見てもらえますからいいんですけどね。
今年は早めに交換しました。いつもなら12月になってから慌てて車を持ち込んでるんですけどね。今月半ばに初雪があったから、混んでましたよ。


  • |2014.11.26(Wed)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top