晩秋を色濃く映す霜降のポエム

地方から東京、大阪、名古屋の3大都市圏に転出する人が転入する人を上回る「転入超過」が昨年まで18年続いていることが、国土交通省の調査で分かったそうです。13年の転出超過は9万人と前年より2万人増えており、地方の人口減少に拍車をかけているようです。「これからは地方の時代だ」と言いながら、地方への機能分散を進めようとしている政府の思惑はうまくいってないようですね。
実際東日本大震災で被災した岩手県沿岸市町村も人口減少は続いており、最も減少率が高い市町村では震災前から22%も減るなど深刻な状況です。人口15000人の小さな町から22%の人が流出したら過疎化は免れません。被災地では仕事がない、復興を待っておれないと各地に転出しているようです。例え国の復興予算が組まれているとはいえ、人口流出に伴う税収減少は、市政の再建にも波及してくるでしょう。 
「流出人口の帰還や復興需要などで、長期的には震災の影響はなくなるだろう」と分析している関係機関もあるようですが、果たして阪神淡路大震災と同じような復興経過を辿れるのかどうか…。

紅葉①

時雨雲の切れ間に見事な時雨虹
さてさて人口流出に歯止めが効かない震災被災地の愁いとは別に、10月28日からは七十二候の第五十三候「霎時施(こさめときどきふる)」に変わります。
短時間で降ったり止んだりする雨や雪を時雨(しぐれ)といい、秋から冬にかけておこります。時雨雲の切れ間などに陽光が射し込むと、次の時雨雲の雨脚に見事な時雨虹(しぐれにじ)がかかることもしばしばあります。
時雨は冬の季語で、旧暦10月の異名です。「しぐるるや 田の新株の 黒むほど」(新しい稲の刈り株がみるみる黒ずんでいくほど、降ってきた時雨が新株を濡らしていく)など、芭蕉が好んだ句材でもあったため、芭蕉の忌日である10月12日は「時雨忌(しぐれき)」と呼ばれています。
秋晴れが続く中の時雨どき。一時的な雨とはいえ、最近の時雨は豪雨を伴うこともあります。十分注意したいものですね。

岩手の高原は今が錦秋の頂点
二十四節気霜降に入って列島の紅葉前線は足早に南下しているようです。先日数回にわたって巡った高原には3色の美しい色彩が錦秋の風景を織りなしていました。
岩手は今が紅葉の見頃です。秋を染める赤、黄、橙。萌えるような自然の変化に心を奪われました。

紅葉②
紅葉⑤ 紅葉⑥
萌えつくす岩手の大地を走り抜ける列車の影はメルヘンに誘ってくれます。まるで宮沢賢治のポエムの世界に吸い込まれるように。
ブナやシラカンバの黄葉を水面に映し出す大峠ダム。その畔には誰もいない落ち葉の絨毯を敷いた遊歩道が続きます。ひらひらと舞い散る楓の葉を肩に受け、10月22日の深まりゆく秋のひと時を感じることができました。

紅葉③
紅葉⑦ 紅葉⑧
岩手の山々に上り詰めると四方に北上山地を見渡せます。冬は雪に覆われる頂上付近。10月12日、市道川内夏屋線の頂にひっそりと佇む峠の茶屋「楓」では、冬支度を前にした「紅葉まつり」で賑わっておりました。
鮎の塩焼きや秋野菜で盛り上がる中、ゲストの歌声やサックスの鳴り響く音色は、真っ赤に燃えるカエデやヤマツツジの葉にリズムを整えてくれます。

紅葉④
紅葉⑨ 紅葉⑩
まだ早いかなと思いながら行った10月3日の早池峰山麓。思っていたより山の紅葉は早い。9月後半には中腹まで下りてきていたようです。残念ながらこの日は雨。頂上付近は煙っていて何も見えませんでした。
写真は1200m付近の河原ノ坊登山口付近。ダケカンバやブナなどが色づいていました。頂上まで後約700m、ここからは車は入れません。この日は花巻方面から県道25号線を上って行きました。途中早池峰神社、清廉の滝などを見ながらさらに上ると、車が行き交うこともできない狭い道を黄葉のアーチがお出迎えでした。10月20日には初冠雪もあったようで、早池峰山はもう冬ごもりです。

標高1917mの早池峰山には1度登って、特別天然記念物でもあるハヤチネウスユキソウや高山植物を見てみたいと思っていましたが、登山口を目の当たりにして「山を甘く見てはいけない」と感じました。年寄りは自分の体力をわきまえ、無理をしないことです(笑)。


二十四節気 霜降(そうこう)◇
二十四節気十八番目の節気。10月23日および立冬(11月7日)の前日まで。
暦便覧は「露が陰気に結ばれて霜となりて降るゆゑ也」
北国や高地では霜がおりはじめる。刈り入れの光景がみられる。
霜降七十二候は次の通り。
第五十三候霜降次候)10/28~11/1霎時施(こさめときどきふる)
秋も終わりとなる頃で、霎(そう・こさめ)がしとしとと降って、わびしい時季。
第五十四候霜降末候)11/2~11/6 楓蔦黄(もみじつたきばむ)
紅葉や蔦が黄葉する時季。


今日の独りごと

今日の独りごと1025JR東日本盛岡支社では12月6、7日、JR釜石線の蒸気機関車「SL銀河」を夕方から夜間にかけて団体専用列車として運行する「SL銀河ナイトクルーズ」ツアーを実施するそうです。
東京や仙台からの団体客と個人客計150人が対象で、花巻市の宮沢賢治童話村や遠野ふるさと村などを見学する1泊2日のコースです。遠野市の宮守駅では途中下車して撮影スポットでもある「めがね橋」を通過する「SL銀河」を見学。「銀河鉄道の夜」の雰囲気を味わえるように企画されているようです。
私も何度かめがね橋を渡るSLを撮影に行ったことがありますが、なかなか絵になります。夜のSL銀河はまだ撮ったことがないので、ぜひ今度挑戦してみようかと思っています。お時間と興味のある方はナイトクルーズにご参加してみてください。詳しくはびゅう予約センター(0570-04-8950)へ。
寒いだろうな~、冬支度は必須です(笑)。





参考サイト:水と生きるサントリー岩手日報Webサイトほしがらす通信


人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ
↑あなたのお気持ちを有難く頂戴します。
関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

安倍さんのリップサービスの地方創生は名ばかり、結局は金のバラマキになるんじゃない。
  • |2014.10.26(Sun)
  • |和 八葉
  • |URL
  • EDIT

代替画像

東日本大震災の半年前、私も眼鏡橋を撮影させていただきました

そののちにNHKのAM放送で、すぐ近くの道の駅が取材され
眼鏡橋の高さを訊かれた女性店長が知りませんと答えたのは
とても残念に思えた記憶があります
  • |2014.10.26(Sun)
  • |FREUDE
  • URL
  • EDIT

代替画像

こんにちは!

人の世界の憂い悲しみその他に構うことなく自然はその姿を季節の装いに換えてゆきますね。
しかしこの先、被災地の人口問題はどうなるのか気になりますね。人口が減れば必然的に復興は遅れ、取り残されていってしまうのは必定です。
たくさんの問題がそこにあることは事実ですが何とかしないと産業などにも大きな影響を与えてしまいますものね。
大きな天災は後々まで影響を与えてしまいますね…。
  • |2014.10.26(Sun)
  • |見張り員
  • URL
  • EDIT

代替画像

働き口の少ない地方と比べ、都会は若者にとつて魅力が
あるのですかね。
私が中学時代も集団就職で大阪や愛知へ多くの友が出て行きました。
既に一家を構え、故郷は遠くにありて思うものへ変わったみたいです。
何十年先かは分かりませんが、私の田舎も消滅するかも知れません。

南国は常緑樹が多くて紅葉とは縁遠いですが、たまに見る銀杏で
季節の移り変わりを実感しています。

  • |2014.10.26(Sun)
  • |南の風
  • |URL
  • EDIT

代替画像

こんにちは

いえいえ、静岡県も深刻です。
静岡県は転出者が転入者を6892人上回り、北海道に次いで2番目に悪い数値となっているんですよ。
ビックリでしょう。
また、転出者の状況を見ますと、 20代と30代前半の若者の流出が目立ちます。
東海地震が来ると言われ、浜岡原発が人口密度が高い土地にあるので、企業がどんどん静岡県から他県に移っているので、若者の働く場所がないのです。
わたしの住む街も若者が働く場所がなくって、わたし達の子供達は東京や名古屋に行ってしまっています。
  • |2014.10.26(Sun)
  • |カミさん
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 和 八葉さんへ☆彡

自分たちの掲げた理想像に対して目標数値が届かなくても理想を追い求めようと躍起になってるんですよね。末端の暮らしは理想とはかけ離れてるんです。中央のいいとこばかり見てないで、生活の苦しい地方の現状を正しく把握すべきです。その意味では軌道修正も必要でしょう。
地方議員は中央に実態を報告してないんですかね。もっとも地方議員の取り巻き連中も不利な実態は切り捨て、握りつぶしているのかもしれませんね。我々庶民のつぶやきは、犬の遠吠えかもしれませんけどね。
ある意味、総理は裸の王様かもしれません。人気取りのための女性大臣登用も辞任騒ぎで化けの皮がはがれてきているようです。総理に誰がなっても政治は変わらない、という不信感がますます募るばかりです。

  • |2014.10.26(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: FREUDEさんへ☆彡

めがね橋も季節よって彩を添えてくれるんですよね。
先日秋の収穫期にはめがね橋の前にある田圃に刈り取った稲が干されてありました。秋色が漂うSLには人気があるらしく、周囲には俄かカメラマンを含めて撮影ラッシュでした。

そうですね、めがね橋を売り物にしている近くの道の駅なら、橋の情報位は念頭に入れておいてほしいものです。立ち寄ったドライバーに聞かれることがあるかもしれませんからね。

  • |2014.10.26(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 見張り員さんへ☆彡

自然は人間がそれまで積み重ねてきた歴史や小さな幸せをも簡単に洗い流してしまうものですね。この先同じものを作り出すまでは何十年も何百年もかかるかもしれません。
人間は1人では生きて行けません。大勢の方が集まって1つのものをみんなが手分けして築き上げていきます。そこには知識も必要ですし、労働という力も必要です。働きたくても労働する場がなければ、離れていきます。それが自然でもありますよね。
その傾向に歯止めをかけるためにも早急に施策を取らなければならないんでしょうが、復興は遅々としてすすまず、人口流出にはブレーキがかかりません。少子化による小学校の統廃合、高齢化の問題など1つの町が廃墟化する懸念さえいだきます。
  • |2014.10.26(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 南の風さんへ☆彡

定年退職と共にUターンした自分は田舎暮らしに一抹の不安がありました。当面の収入を考えたら再就職をしなければならないとハローワークに通いましたが、求人先は年齢制限と肉体労働ばかり。幸い親の財産を相続することで田舎生活を凌ぐことができたのです。
仕事にいとめをつけないのなら若者にも就職先はあります。しかし仕事に理想を持つ若者には物足りないのですね。結局都会に出て自分の理想の仕事を追い求めるのでしょう。結果田舎は高齢者が残り、生産年齢層が減少しています。さらに震災の影響で廃業している企業も多くあります。住みやすい都市づくり、安定した町づくりのためには当面復興が第一でしょうね。
中越地震も先日10年を迎え「おおむね望ましい形で復興できた」という報告もありますが、東北はこれからです。


  • |2014.10.27(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: カミさんへ☆彡

そうなんですか。富士山の世界遺産登録などで湧いてるから転出など少ないのかな、と思ってましたが全国で2番目に多いとはね。びっくりしました。どこも深刻な悩みなんですね。
やはり東海地震の予測が大きくて影響しているんですかね。企業の移転などは若者の就職にも影響しますし、税収の減少で市政にも影響しますよね。
大都市圏への一極集中は地方の発展を妨げます。ますます都市との格差が広がりますよね。人口流出に歯止めをかけるには就業環境もそうですが、若者の子育て、教育環境、福祉医療などの整備も必要だと思います。
自分の子供も今横浜で家庭を持っておりますが、田舎に戻る気はないようです。
  • |2014.10.27(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

matsuyama さんへ!!

おばんです!
少子高齢化の歯止めもなく出生率と高齢者の自然減が続き人口減少は愈々将来の日本を破滅的状態に招きかねませんですねー。
地方再生でも金をつぎ込むだけでは人口増とはならず、政府機関の地方移転でもしない限りは無理と思いますね^^。

早く言われていた通り分権化が求められると思います。!
  • |2014.10.27(Mon)
  • |荒野鷹虎
  • URL
  • EDIT

代替画像

おはようございます。

秋を染める赤、黄、橙・・・
まさに「錦秋の頂点」といったところですね。
長い冬を迎える前に、色様々な葉がダイナミックに
かつ繊細に織り成す景色を目に焼き付けておきたいものです。


  • |2014.10.28(Tue)
  • |茶々
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 荒野鷹虎 さんへ☆彡

こんにちは。

逆ピラミッド型の人口構成はもう何年も前から言われており、近い将来高齢化社会になると指摘されておりました。女性の結婚年齢も高く、平成24年の合計特殊出生率は1.41になっております。まさに現代は少子高齢化時代になってきました。この現象は早くから指摘されながら、国は効果的な対策を講じておりません。
また一極集中型の都市計画も各地方へのゆがみとして出ております。分散化も呼び声だけでは前へ進みません。アクセスの確率、地方分権など人を地元に滞留させる対策が早急に必要でしょうね。


  • |2014.10.28(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 茶々さんへ☆彡

こんにちは。

ヒラヒラと舞い散る落ち葉を見ていると何故か心淋しくなります。まさに感傷の秋ですね。と同時に積雪に閉ざされる長い冬を思い浮かべると、嫌悪感を抱いてしまいます。
四季の巡りとはいえ、暖かみのない薄墨色の世界には共感が得られません。深緑と紺碧、紅葉と紺青の自然色は活気に満ちあふれるようです。
残り少ない秋を存分に堪能したいものですね。


  • |2014.10.28(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

東北の美しい秋の風景ですね。九州と違って見えるのは空気感や深い山の姿だからでしょうか。今朝の冷え込みでまた一段と山が鮮やかに燃えることでしょうね。
北海道や青森では雪も。駆け足の秋を感じています。
時節柄どうぞご自愛ください。
  • |2014.10.28(Tue)
  • |まろゆーろ
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: まろゆーろさんへ☆彡

自然が売り物の東北にとって、今が一番の見頃でしょうね。
行くところ山また山には工場から吐き出される煤煙もなく、車からの排煙も限られており、清澄の大気は木々の成長を健やかに助成してくれるようです。
この辺り一帯も間もなく雪に覆われるでしょうね。美しい紅葉も落葉し、歩く道にはもみじの絨毯が敷き詰められ、もうすぐ冬支度に勤しむ頃となります。自然界は季節の巡回を毎年狂いもなく我々人間社会に身をもって教えてくれるようです。
冬将軍の目標とする北海道や東北は先陣を切って敵軍を迎え打ちます。どうぞご安心してこの冬はお過ごしください。


  • |2014.10.29(Wed)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

SL銀河ナイトクルーズ、いいですねえ~ 本当に銀河鉄道の世界を堪能できそうですね(^o^)
  • |2014.10.29(Wed)
  • |カノッチ
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: カノッチさんへ☆彡

客車のデザインも銀河系を想像できるように、青く塗り替えてるんですね。車内も名前忘れましたが、外国人のデザインで改装してるそうです。まだ見たことないですけど、きっと宮沢賢治をイメージした車内なんでしょうね。
撮影ばかりではなく、1度乗ってみたいです。

  • |2014.10.30(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top