• 2014
  • 10/05
  • Sun

つるべ落としに日暮れが早い寒露

2014年10月8日の19時25分頃から20時25分頃にかけて、日本全国で皆既月食を見ることができるそうです。皆既月食とは、満月が地球の影によって刻々と欠けていき、完全に影に入って「赤銅色」となり、その後また復円する現象です。肉眼でも見ることはできますが、双眼鏡や望遠鏡で観察すると、より変化していく様子が分かります。日本で見られるのは3年ぶりだそうです。
国立天文台では、「皆既月食を観察しよう 2014」キャンペーンを行っているそうです。詳しい情報は、こちらのンサイトをご覧ください。「皆既月食を観察しよう 2014」
カメラをお持ちの方はぜひ撮影し、記録に残して見てください。ただしキャンペーンでは撮影した写真は受付けてないようです。あくまでもご自分の趣味として撮影してください(笑)。

フルーツの秋①

寒さで露も凍てつく「寒露
さてさて皆既月食が見られる10月8日、二十四節気は「寒露(かんろ)」を迎えます。
寒さによって露が凍りそうになる頃という意味です。秋の長雨が終わり、ぐっと秋が深まります。稲刈りが終わり、その他の農作物の収穫もたけなわとなる頃で、北の方から紅葉の便りが届きはじめます。
夕暮れから急激に日没を迎えるようになり、「秋の日はつるべ落とし」とも呼ばれます。夕方5時半頃には薄暗くなり、車の運転にはヘッドライトが欠かせませんよね。その速さがうまく表現されています。
先日赤くなりかけた木々が鬱蒼と生い茂る街灯のない山道を走っていたら、4時過ぎには薄暗くなっていました。初めて走る交通量のほとんどない暗闇の道で、エンジントラブルでも起こしたらどうなるんだろうなどと、不安になってくるもんですね。

フルーツの里で秋を満喫
先日四季の移り変わりを肌で感じようと出かけ先が「フルーツの里」紫波町でした。県の中央部に位置し、豊かな自然に恵まれた人口33000人の小さな町、紫波は、多くの果樹園でりんごやぶどう、ラ・フランスなどが栽培され、生産量・品質ともに県内有数の産地です。住民1人あたりの借金が県内最低の町は、農園で生計を立てる人々の生活が裕福なのでしょうか。
国道396号線の道の駅「紫波」には産直の秋のフルーツがいっぱいでした。フルーツ王国の収穫した秋の味覚を写真だけでもご堪能ください。

フルーツの秋②
豊かな自然と昼夜の寒暖の差、水はけの良さがフルーツの生産に適した紫波町のぶどうは、さっぱりした飽きのこない甘さがあります。一口ほうばりたい気持ちになりました。1箱600円。

フルーツの秋③りんごの美味しさは日本一だと自負する紫波町のりんご。見てください、このみずみずしさと熟しきったこうりん。
こうりん 1箱1800円前後。
















フルーツの秋④優良ななしの生産に向いているのが大きな寒暖の差と美味しい水。生産地には冬の強風と豪雪、さらに近くの神社境内に湧く水が紫波のなしを美味しく育て上げてくれます。サクサクと食べれそう。
豊水1箱(8玉)2100円













フルーツの秋⑤紫波産の西洋梨「フロンティア」。味は西洋梨の代表格ラ・フランスにも劣らないそうです。味はというと、さっぱりとした甘さで果汁も多く美味だそうですよ。
フロンティア 1箱(6玉)2000円













他にもプルーンや栗、茸、食用菊など産直の秋の味覚が所狭しと並んでいました。この秋を味わえる旬のフルーツでした。


二十四節気 寒露(かんろ)◇
二十四節気十七番目の節気。10月8日および霜降(10月23日)の前日まで。
暦便覧は「陰寒の気に合つて露結び凝らんとすれば也」
農作物の収穫がたけなわになり、山野には紅葉も目立ち始める頃
寒露七十二候は次の通り。
第四十九候寒露初候)10/8~10/12鴻雁来(こうがんきたる)
冬鳥が天を渡って飛んでくる時季。青森県には、雁風呂(がんぶろ)という珍しい風習がある。海上での休息用に木片をくわえて飛来した雁は、春になると再び木片をくわえて旅立つと信じられていた。雁が飛び立った後の残っていた木片は、日本で死んだ雁のものだと考えられていた。その雁の供養のため、流木で焚いたお風呂を旅人などに勧めていた。これが雁風呂の由来です。
第五十候寒露次候)10/13~10/17菊花開(きくのはなひらく)
大輪の花が開いて秋を彩る時季。
第五十一候(寒露末候)10/18~10/22 蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)
秋虫たちの声が耳に届く時季。


今日の独りごと

今日の独りごと105先日、県内では2番目の標高を誇る国定公園の早池峰山(はやちねさん)の麓まで行ってきました。鬱蒼と生い茂りブナ林が続く山道は色づき始めていました。萌えるような紅葉になるには少し早かったかな。
それでも道の両脇には落ち葉が積み重なり、秋の様相を見せていました。残念ながらこの日は曇り空で、登るほどに雨が立ち込め、早池峰山の頂(1914m)は霞んで見えません。
早池峰山にはおもしろい神話があります。岩手山と早池峰山は仲が悪く、姫神山を取り合っていたといいます。岩手山が姫神山を憎んでおり、送り山という山に頼んで、姫神山を遠くへ送らせようとしましたが、送り山がその役目を果たさなかったため、怒った岩手山が剣を抜いて、首をはねたんだそうです。
早池峰山はどんな気持ちだったんでしょうね。晴れた日にもう1度近くまで行って確かめてみたいと思います(笑)。

本日の記事は予約投稿です。勝手ながらコメント欄は閉じさせていただきました。





参考サイト:Wikipedia水と生きるサントリー、暮らし歳時記、TEPOREレター Vol.591


人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ
↑あなたのお気持ちを有難く頂戴します。

関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

日めくりカレンダー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top