10月は芸術、食欲、スポーツ盛沢山の秋

東海道新幹線が1964年に開業してから10月1日で50周年を迎えるそうです。「夢の超特急」といわれてもう半世紀になるんですね。「団子っ鼻」だったデザインも面長のイケメンへと進化しました。
開業時の東京~新大阪間約4時間も、今や2時間25分で結ばれています。1975年に全線開通した東京~博多間は最短で4時間55分です。身近になった新幹線も遠距離恋愛をテーマにした「シンデレラ・エクスプレス」、「そうだ 京都、行こう」といったCMが話題を呼びましたね。
開業当初東海道新幹線の1日の平均輸送人員約8万5000人が、現在では全体で90万人を超えている新幹線。来年3月にはJR東日本とJR西日本が共同運行する北陸新幹線の開業を控えています。さらに今秋からは2027年の品川~名古屋間40分の走行をめざし、リニア中央新幹線の工事が始まります。
凄いですね。新幹線はどこまで進化するんでしょう。反面廃業を迫られているローカル線とのギャップが大きいですね。

盛沢山の秋

稲刈りも始まった農繁期
さてさて10月3日からは七十二候の第四十八候「水始涸(みずはじめてかるる)」に変わります。
降雨量が減るこの時期は、川幅が狭くなったり水無川のようになったりするところもありますが、土中にはたくさんの水が蓄えられています。不用になった田んぼの水を流す落し水により田水が無くなると、農家はいよいよ稲刈りの時期に入ります。とはいうものの各地では既に稲刈りが始まっており、早い所では終わっているところもあります。
10月1日は秋の衣替えの日です。空気が乾燥しているこの時季、虫干しに最適です。秋から冬の服や靴はこの時季陰干しし、風を通しておきたいものですね。

動物愛護週間に冥福を祈るフェスティバル
もう過ぎてしまいましたが、9月21日から26日までは動物愛護週間でしたね。動物を愛し、動物と人間の絆を深めることを目的として定められた記念週間です。
ここ宮古でも9月23日、県獣医師会が中心となって動物愛護フェスティバルが行われました。会場となった地区合同庁舎前の駐車場には、愛犬家に連れられた各種犬約120匹が参加。動物慰霊祭、犬のしつけデモンストレーションやワンワン運動会など、愛犬と一緒になって愛護週間を過ごしておりました。

盛沢山の秋②
不幸にも亡くなった動物の冥福を祈る「動物慰霊祭」。参加者は自分の愛犬と共に手を合わせ、亡くなった動物たちを供養しておりました。

盛沢山の秋③ 盛沢山の秋④
インストラクターからは犬のハウストレーニングや避難所での犬のしつけ方などのデモンストレーションがありました。この日参加した犬をモデルに首輪の付け方や「お座り」「待て」の指示の仕方などを説明。抱っこを迫る犬と戯れていた一幕も。

盛沢山の秋⑤ワンワン運動会では「お座り」の指示に従った犬がパンを食べれる「パン喰い競争」。なかなか指示通り座ってくれない愛犬に飼い主も大慌て。ゴールへとはやる気持ちが犬には通じないんですかね。




盛沢山の秋⑥愛犬と一緒に「椅子取りゲーム」。音楽が止まったところでご主人が「お座り」の指示。空いてる椅子の前でお座りした方が有利ですね。






盛沢山の秋⑦トンネルをくぐり、小さな橋を渡ったらマットの上でお座りする「障害物競走」。最初のトンネルがネックのようでした。避けるとかトンネルの前で踏みとどまるなど、穴をくぐるのは犬にとって難関なのでしょうか。





動物愛護週間行事。人間界でいえば先祖を供養するお彼岸。動物たちも先祖や仲間たちをフェスティバルで供養しておりました。動物たちが虐待されるケースも多く見られますが、愛護週間に限らず弱い立場の動物を守ることは飼い主にとって大事なことですね。

二十四節気 秋分(しゅうぶん)◇
二十四節気十六番目の節気。9月23日および寒露(10月8日)の前日まで。
暦便覧は「陰陽の中分なれば也」
秋の彼岸。暑さもおさまり、みのりの秋を迎える頃。
秋分七十二候は次の通り。
第四十八候秋分末候)10/3~10/7 水始涸(みず、はじめてかるる)
水田の水がなくなる、即ち実りの時季。


今日の独りごと

御嶽山噴火の惨状は日を追うごとに犠牲者の数が拡大しているようですね。噴火はまだ続いているようで、救助にあたっている自衛隊も、時折り発生する火山ガスで救助が難航しているようです。これ以上の被害拡大は回避されることを願うだけです。と共に犠牲になられた方のご冥福をお祈りします。
そんな時、事実経過を報道しなければならないマスコミのTwitterが炎上しているようですね。噴火に遭遇した被害者の生の声を取り上げることも取材方法の1つかもしれません。が、生死が危ぶまれている人に対しての取材申し込みは「非常識すぎる!せめて無事が確認されてからの連絡でもよかったのではないか」という声が上がっているそうです。
記者の取材に対してはこれまでにもヒンシュクを買うようなケースが多くあります。特ダネを書いて他紙を出し抜きたい気持ちは分からないでもありませんが、生死が危ぶまれる場合の取材は少し控えてもらいたいものですね。





参考サイト:水と生きるサントリー、grape岩手県獣医師会


人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ
↑あなたのお気持ちを有難く頂戴します。

関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

こんばんは

我々世代にとっての新幹線はやっぱりあのまるい鼻の新幹線ですね。歌もありましたよね、びゅわーんびゅわ―ん走る 青い光の超特急…ってw。なつかしい。

いよいよ10月、収穫の秋ですが御嶽山の噴火で多くの登山客の人が亡くなってしまい、悲しい秋の始まりとなりました。自然災害への対応の難しさとともに、マスコミの取材のあり方に一石を投じた今回の噴火です。
  • |2014.10.01(Wed)
  • |見張り員
  • URL
  • EDIT

代替画像

稲の天日干し風景はほとんど目にしません。
農家は自家消費米だけのようで、味はうまみが増すと言いますね。
  • |2014.10.01(Wed)
  • |和 八葉
  • |URL
  • EDIT

代替画像

私も来年50周年を迎えるんですが、新幹線と違いイケメンになれてません。新幹線が羨ましいです。
  • |2014.10.01(Wed)
  • |カノッチ
  • URL
  • EDIT

代替画像

今年も残り3ヶ月となって、吹く風に爽やかさを感じています。
御嶽山噴火のニュースを目にした時に、自然の猛威を改めて感じました。
私の近くにも登山で賑わう休火山の山があり、いつ起きるかも
分からない事に不安すら覚えます。
マスコミの取材には、私も違和感を覚えています。
視聴率優先のメディア、いい加減にして欲しいものです。
  • |2014.10.01(Wed)
  • |南の風
  • |URL
  • EDIT

代替画像

こんにちは
いつもどうもありがとうございます♪

最近、盲導犬を刺したなんて言語道断な事件もあったりして、愛犬がいる自分もいろいろ考えさせられる気がしております。
秋、そろそろ、暑さも和らぎ、体を動かしやすい季節になり
自分もマラソン大会が今月から始まりますが
8月に左足拇指を疲労骨折してしまい、完治はしておりますが
まだ本格的なトレーニングができないので不安です

またよろしくお願いいたします♪
  • |2014.10.01(Wed)
  • |スーパーサイドバック
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 見張り員さんへ☆彡

デビュー当時の団子っ鼻の新幹線、あれでも当時はスピード感がありましたよね。今の長~い鼻、運転席から前方が見えるんですかね。
マスコミの取材のあり方、前々から気にはなっていたんですよ。極端な記者の行動を見ていると「ゆすり」とか「スト-カー」ですからね。警察にも見た目、やくざ風の刑事もおりますけど、事件記者もゆすり、たかりが多いですよ。善良な市民は見ただけで威圧されてしまいます。
今回の山頂付近から投稿されたTwitterユーザーに対して、取材申し込みをしたことが問題になっているようですが、依頼文は丁寧ながら時と場合を考えていないところが常識を逸脱しているということなんでしょうね。
これを機会に記事の捏造もそうですが、取材方法も見直した方がいいんじゃないんですかね。


  • |2014.10.01(Wed)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 和 八葉さんへ☆彡

今の稲刈りはコンバインで刈取りから脱穀まで行いますからね。その後乾燥機に入れて乾燥させるようですが、作業行程が減った分早く新米を食べることができるようになりました。昔はこの乾燥の天日期間が1ヵ月位ありました。
稲は刈り取られた後も時間をかけ、光合成によって旨味成分が浸透するため美味しくなるんだそうですね。短時間で乾燥させるか、時間をかけてじっくりと旨味をだすかなんでしょうけど、農家としては早めにかかった経費分を回収したいですよね。
  • |2014.10.01(Wed)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: カノッチさんへ☆彡

50周年ですか。半世紀を生きてきたんですね。
ということは新幹線より1年若いということですね。
新幹線は年々進化しておりますし、人間50年磨き次第では新幹線より苦み走ったイケメンに変貌するかもしれません。

  • |2014.10.01(Wed)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 南の風さんへ☆彡

桜島もそうですが、十数年前の雲仙普賢岳の噴火やいつ噴火するか分からない阿蘇山など、九州には活火山が多いですよね。普賢岳や御嶽山の噴火をテレビのニュースで見てましたが、まるで地獄絵のようです。津波もそうですが、火山の噴火など自然の驚異は想像を絶するものがありますね。

事件事故をいち早く読者に伝えなければならないという使命感があるのでしょうが、その使命感に燃えているがために常識を逸脱するケースが見受けられます。常識非常識の境が本人にとって見分けられなくなっているのかもしれませんね。1度新聞記者全体の教育を練り直す必要があるのかもしれませんね。
  • |2014.10.01(Wed)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: スーパーサイドバック さんへ☆彡

こんにちは。いつもありがとうございます。

埼玉県でありましたね。盲導犬を刺すなどとても考えられない非常識な事件です。刺されても吠えない盲導犬の特性を悪用した悪質な犯罪ですよね。最近変質者の横行が目につきます。家族同様の愛犬をお持ちの方は十分お気を付けください。
もうそろそろマラソンのシーズンに入りますね。今年もレースに参加されるご予定ですか。疲労骨折、気になりますが十分体調を整えてご参加ください。こちらでも何レースか予定されてますので見に行こうと思ってます。


  • |2014.10.01(Wed)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

こんにちは。

例年稲刈り時期にmatsuyamaさんのブログでお目にかかる
刈り取った稲を乾燥させている風景。
自分の実家の方でも同じ稲架木(はざぎ)干しをするので
拝見するたびに懐かしく思い出します。

東海道新幹線は50周年を迎えたんですね。
東北新幹線が大宮-盛岡駅間で暫定開業したのが
仙台に越して来た年の2年後でしたから今年で32年でしょうか。
新幹線が通るようになって東京出張が便利になった反面
それまでの一泊出張が日帰りになったのはちょっと残念に思ったものです。

  • |2014.10.01(Wed)
  • |茶々
  • URL
  • EDIT

代替画像

matsuyama さんへ!!

秋は色々な形容詞がありますね^^。
取り上げられている動物愛護が一番気に入りました。幼女の誘拐・殺人は殆ど動物虐待の人間に思えます。喝)
  • |2014.10.01(Wed)
  • |荒野鷹虎
  • URL
  • EDIT

代替画像

matsuyama さん こんばんは

動物の供養祭・・・・

今朝、我が家の飼い猫が騒ぐので小屋の中を覗いたら
見知らぬ猫が死んでいました・・・・!

市役所に相談して 引き取ってもらった貰ったばかりでした
ふと見ると寝ているだけのように安らかに逝ったのだと思います。

しかし音も何も聞こえなかったのに 人間には 猫にはわかったのでしょうね!!
  • |2014.10.01(Wed)
  • |はやちゃん
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 茶々さんへ☆彡

こんばんは。
記憶にとどめていただきありがとうございます。
自分も子供の頃の記憶を懐かしく思いお越し、思わずシャッターを切ってしまいます。5段稲架木の一番上に干す作業をしている大人に、下から束ねた稲を長い棒を使って揚げる役割でした。稲架木に干す大人と稲を放り揚げるタイミングが阿吽の呼吸だったんですね(笑)。
今でこそ帰省も楽ですが、新幹線のなかった当時は急行で15~6時間かかりました。指定席券が取れなかったので終点まで立ちっぱなしです。それに比べれば超便利になりましたよね。その分出張の日当が減りましたけどね(笑)。

  • |2014.10.01(Wed)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 荒野鷹虎 さんへ☆彡

秋はいろいろ活発に動ける季節ですね。
中には感傷の秋などというのもあります。男(女)心と秋の空というのもあって、人間の心が繊細になる頃でもあるようですね。
愛犬と共にお集まりいただいた皆さん、いかに愛犬に愛情を注いでいるか、手に取るように分かりました。自分の息子、娘のような気持ちなんでしょうね。
それに比べ先日埼玉では盲導犬を刺すという残忍な犯行を犯した者もいました。動物虐待ですよね。幼児の誘拐や殺人は抵抗できない弱い立場の者をいたぶる、まさに動物虐待です。人間の風上にもおけない愚弄な手管です。許せないですね。


  • |2014.10.01(Wed)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: はやちゃんさんへ☆彡

こんにちは。はやちゃんさん。

死んだ猫の遺体は市役所に引き取ってもらった方がいいんでしょうね。
自然死ならいいですが、事故死だと悲惨ですよ。よく路上で跳ねられた死体を見かけますけど、目を覆いたくなりますからね。
この夏ごろまでは家の前の入り口で日向ぼっこをしていた猫がおりました。かなり老齢化しており、仲間と喧嘩でもしたんでしょうか、傷だらけでした。近づいても逃げようともしなかったです。最近は全く見かけないです。老兵は静かに消え去って行くのでしょうかね。


  • |2014.10.02(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top