収穫と先祖への感謝 深まる秋の候

今現在も生活に浸透している歌舞伎や将棋、相撲、落語といった娯楽や、和菓子、和食などの食文化。畳や障子が一般的になったのも、徳川家康が江戸幕府を開いた1603年から260年以上も繁栄し続けた江戸時代なんだそうです。そこには、人づきあいを大切にする、町人たちの知恵があったんですね。
このブログでも依然何度か触れてますが「江戸しぐさ」。人口密度の高い江戸の町で暮らす人たちは、人間関係を円滑にするために、様々な気遣いをして、失礼のない応対を身に着けていたんだそうです。
「傘かしげ」(過去記事は→ここ)や「時泥棒」(過去記事は→ここ)、「お心肥やし」(過去記事は→ここ)など、江戸町民は粋だったんですね。人に対する優しさや思いやりはここからきており、日本人が誇る美徳の基盤になっているようです。
世知辛い現代の人々にも身に付けてもらいたい「江戸しぐさ」ですね。

秋まつり①

他の仏教国にはない彼岸の墓参り
さてさて9月23日には二十四節気の「秋分(しゅうぶん)」を迎えます。
昼夜の長さがほぼ同じになる日で、この日を境に日が短くなり、秋の夜長に向かいます。秋分の日は彼岸の中日で前後3日間を秋彼岸といいます。先祖のお墓参りをする習慣がある彼岸は、他の仏教国にはない日本だけの行事です。
私もお彼岸にはお墓参りに行くつもりではおりますが、彼岸の中日には予定が入っており、やむなく前日に墓参りをする予定です。お墓掃除も19日に済ませ、準備万端です(笑)。

船山車とサンバ復興祭
収穫の感謝と、翌年の豊作を祈願する秋祭り。郷土の伝統や歴史を再現したり、農耕儀礼と結びついたり、夏祭りとは違った風情を感じさせてくれます。
震災から3年を迎えた地元では9月13,14日、「みやこ秋まつり&宮古市復興祭」が開催されました。30回の節目を迎えたみやこ秋まつり。2012年からは「宮古市復興祭」として位置付け、今年で第3回を迎えます。両日とも市民2000人による手踊りや、大きな船形山車のパレードで祭りは盛り上がりました。

秋まつり②
夕方6時から始まった手踊りと船山車のパレード。2日目は開始直前から降り出した雷雨を伴う豪雨に30分遅らせてのスタートでした。降る雨をものともせず練り歩く船山車11基は、直径2mもあろうかという大太鼓の上から打ち鳴らし、響き渡る轟音で雨を吹き飛ばしているようでもありました。

秋まつり③
豪華な船山車が繰り出す中、東京浅草のサンバチーム「仲見世バルバロス」のパワフルなリズムとダンスは沿道を埋め尽くす市民を元気付けていました。復興祭としての参加を1度も欠かさなかった総勢50人以上のメンバーは、前日バスで駆けつけてくれたそうです。直前の雷雨に気温も下がり気味。寒そうなコスチュームで気の毒です。もっとも激しく踊っていれば寒さも気にならなかったかもしれませんね。

サンバチームとして支援していきたい」という強い思いの同チーム。威勢のいい浜の人々のお祭りにふさわしいサンバのリズムでした。その威勢の良さが街中に響き渡り、浜っ子の元気を甦らせているようでした。


二十四節気 秋分(しゅうぶん)◇
二十四節気十六番目の節気。9月23日および寒露(10月8日)の前日まで。
暦便覧は「陰陽の中分なれば也」
秋の彼岸。暑さもおさまり、みのりの秋を迎える頃。
秋分七十二候は次の通り。
第四十六候秋分初候)9/23~9/27雷乃収声(かみなり、すなわちこえをおさむ)雷や稲光がなくなる時季。
激しい雷雨が収まってくるこれからは、稲刈りに最適な時期。秋の風物詩である稲刈り風景や天日干しのはざかけが、田んぼのあちこちで見られる。
第四十七候秋分次候)9/28~10/2蟄虫坏戸(むし、かくれてとをふさぐ)
虫が土中にもぐる時季。
第四十八候(秋分末候)10/3~10/7 水始涸(みず、はじめてかるる)
水田の水がなくなる、即ち実りの時季。


今日の独りごと

今日の独りごと920最近テレビや新聞で話題になっているふるさと納税。故郷や応援したい自治体に寄付をすると、所得税・個人住民税が軽減される制度ですけど、何よりも注目を浴びているのが、寄附した自治体からお礼として送られてくる特産品等ですよね。
兵庫県三田市ではふるさと納税者に三田牛などの特産品を贈る「さんだdeゲット!ふるさと納税」をインターネットサイトで呼びかけたところ、全国から申し込みがあり、今月15日までの半月で813件と、昨年度の約63倍に達したそうです。一番人気が高かったのが当地のブランド「三田牛」で、発送業務が追いつかず、悲鳴をあげてるそうです。
うちの地元の自治体にはふるさと納税と同じ「ふるさと寄附金」という制度があるようです。所得税控除の特典はあっても、特産品のお礼というシステムはないようです。宮古産のさんまを特産品として考えてみたらどうですかね。謝礼金額としては安いから却下か(笑)。





参考サイト:水と生きるサントリー、暮らし歳時記三陸経済新聞


人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ
↑あなたのお気持ちを有難く頂戴します。
関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

マツタケ、とんと食べてないな~、それよりもサンバのほうがいいかな。
故郷納税の「三田牛」はすごい人気だそうですね。牛につられて納税、牛に連れられ善光寺を連想しました。
  • |2014.09.21(Sun)
  • |和 八葉
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 和 八葉さんへ☆彡

3年前知人とまつたけ狩りに行ったことがありますが、収穫は1本だけ。それよりも熊の出没が気になってました。
サンバのお姉さんたちはいいですね。こんな田舎ではあんなに肌を露出した女性はとんと見かけません。久し振りに若返りました(笑)。
凄いですよね、牛肉にあんな人気があるとは。
納税額に応じたお礼の品のランクがあるようですが、数万円も納税してまでほしいもんですかね。直接買った方が安上がりに思えるんですけどね。納税額で善光寺旅行をし、帰りに三田牛をお土産に買ったらどうなんでしょう。ふるさと納税を利用する方々は、納税に協力したという自負心があるんでしょうね。
  • |2014.09.21(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

ご無沙汰していました~

めっきりと秋らしくなり 肌寒さすら感じられる様になりました
いや~雨の中 あの衣装でサンバ・・・寒かったでしょうね~!!

ふるさと納税・よく聞きますね
当地天童市では、今年,雹が降り多くの作物にダメージを与えました!
その傷ついた作物の中でも 傷があるだけで食べられるからと
売り物にならなくなったりんごを三回に分けて贈ると 最近ニュースになっていました!!
  • |2014.09.21(Sun)
  • |はやちゃん
  • URL
  • EDIT

代替画像

昔時期になると爺ちゃんがマツタケたくさん
取ってきて食べさせてくれてたな~
最後まで 場所は教えてもらえなかった・・・
  • |2014.09.21(Sun)
  • |こん☆
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: はやちゃんさんへ☆彡

こんばんは。お久し振りです。

例年ですとこの時季まだ残暑があるんですけどね。今年は寒かった。しかも雷雨。あの衣装でご協力いただいたお姉さんたちに感謝です。
雹は農作物を傷めますからね。傷ついた作物は売り物にならないでしょうね。わけあり商品として売り出すにしても食料品じゃね。農家にとっては大打撃です。
自分なら傷ついただけの果物、気にせず食べちゃいますよ。


  • |2014.09.21(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: こん☆さんへ☆彡

そういえば松茸の獲れる場所は誰にも教えない、などとよく聞きます。
あんな高価なもの例え親戚兄弟でも教えないんですね。

そういう意味があったからかな。3年前知人と松茸狩りに行ったとき、山を歩き回りましたが、結局収穫ほとんど0。知ってるけど教えてくれなかったのかもしれませんね。
  • |2014.09.21(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

すっかり秋めいて来た朝夕の涼しさに嬉しくなっています。東北の方はもっと早く秋が訪れているのでしょうね。祭りも東北の風土や季節にぴったりな風情なんだなと思いながら浅草サンバの登場もまた一興ですね。御霊なごめ、神賑わいとしての祭りは神人和楽でなければいけませんね。
日ごとに秋が深まる早さが増す東北でしょうが、どうかお体を大切になさって下さい。
  • |2014.09.22(Mon)
  • |まろゆーろ
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: まろゆーろさんへ☆彡

今年は夏の暑さも残暑もなく、一挙に秋に踏み込んだような感じですね。せめて秋の時候だけは長く維持してほしいものと思いますが、果たしてどうなることやら。
秋まつりも開始直前の雷雨と共に夜に入ると涼しさが倍増し、サンバを踊るお姉さんたちには気の毒な祭りとなってしまいました。震災後に生まれた縁がもとで、被災地とつながったサンバチームも、毎年この時季にパワフルなリズムとダンスを披露していただき、市民に元気を与えてくれています。
古来から承継する伝統の日本祭りにサンバの洋舞。目を疑いそうなコラボレーションですが、パレードは和洋縫合したように融合して見えます。まさに神も人間も一緒になって和やかに楽しんでいたようです。
二百二十日を過ぎたこの時期、本来なら台風のラッシュ時。今年は少なめの16号が接近中のようです。大陸方面から気を窺っているようですので、十分ご注意ください。
  • |2014.09.22(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

こんばんは

秋の彼岸の時節になりましたね。あっという間に夏が行ってしまったような今年でした。
明日はお墓参り。
舅が亡くなってもう26年が経過します。去るものは日々に疎し、という言葉を思い出します。私の父ももう50日を過ぎきっとあっという間に一年がたつのでしょうね。

今日はちょっと暑かった東京です、そちらはいかがでしたか?くれぐれも御身大切になさってくださいね^^。
  • |2014.09.22(Mon)
  • |見張り員
  • URL
  • EDIT

代替画像

ふるさと納税の謝礼に宮古産のさんま、いいと思います。
ふるさと納税で地方が活性化するのは素晴らしいですね。
私の故郷も何か考えればいいのにと思いました。
  • |2014.09.23(Tue)
  • |まりりんご
  • |URL
  • EDIT

代替画像

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • |2014.09.23(Tue)
  • EDIT

代替画像

おはようございます。

船山車と浅草サンバの取り合わせは斬新ですね。
斬新と言えば、三田市の特産品の特典システムも画期的、
おっしゃるようにこれから全国に広がって行くかも知れません。
  • |2014.09.23(Tue)
  • |茶々
  • URL
  • EDIT

代替画像

こんにちは
いつもどうもありがとうございます♪

やっと先日仕事の合間を縫って
彼岸の墓参りに行けました
こういうことはいくつになっても忘れず
していきたいです、
松茸・・・
もうそういう季節ですね
今年は採取量どうなんでしょうか?
昨年は豊作だったと聞きましたが
今年も、母の実家の所有してる
山に松茸は取りに行けそうもないです・・・

またよろしくお願いいたします♪
  • |2014.09.23(Tue)
  • |スーパーサイドバック
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 見張り員さんへ☆彡

過ぎ去りし日々は早いものですね。
思ったほどの暑さが抑えられた今年の夏でしたが、あっという間に秋彼岸です。暑さ寒さも彼岸までとは良くいったもので、これからは日増しに澄んだ空から秋の日差しが飛び交ってくるのでしょうね。
23日は彼岸の中日。天候に恵まれたお墓参りはできましたか。
お父様の五十日祭も過ぎ、一段落したのではありませんか。気持ちに一区切りがついたことと思います。まごまごしているとあっという間に一年祭を迎えてしまいます。五十日祭から一年祭。この間が故人の思い出にしっかり浸れる時でもあります。それ以降は徐々に記憶が薄れてきます。気を取り直してお父様をご供養なさってください。

  • |2014.09.23(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

こんばんは ! 
彼岸の中日になりましたが、週に何回も墓参りしてるせいか
特別な事はしていません。

故郷納税が静かなブームになっていると聞いていますが
少し本来の趣旨とは違いがあると報道されています。
特産品目当てになっているらしく、結果としては良いのかも
知れませんが、違和感があります。

  • |2014.09.23(Tue)
  • |南の風
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: まりりんごさんへ☆彡

庶民の味を謝礼の1つにするのもアイデアですよね。さんまのシーズンには寄附金がごそっと集まるかもしれません(笑)。
でも考えてみるとさんまって季節物ですよね。シーズンたけなわには謝礼としてどんどんできるかもしれませんが、オフシーズンに入ったとき、さんまも底を突いてしまいます。冷凍物でしたら対応できるかもしれませんが、納税者は季節に関係なく納税してくれるでしょう。オフシーズンの納税者は納得しないでしょうね。
しかも数万円の納税金に対し、@100.程度じゃ、示しがつかないです。まとめて10本20本といっても少家族へ大量に送られてもね。季節限定や納税額のランクに応じ、1つのアイテムとして選択してもらうのも方法かな。
いずれにしても1万円の納税で800件もあったら、地方自治体にとっては大きな収入ですよね。

  • |2014.09.23(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 鍵コメさんへ☆彡

こんばんは、鍵コメさん。
livedoorには鍵コメのシステムがないようなのでこちらからご返信させていただきます。ちょっとご理解に苦しむ箇所があるかと思いますが、ご了承ください。
そのようなご事情だとはわからず、いろいろ詮索してしまい申し訳ありませんでした。
得てして高級住宅居住者、高収入者にありがちな自分勝手な解釈がまかり通る時代ですからね。大分ご気分を害されたでしょうね。お察し申し上げます。
こういう時不特定多数を相手にするブログは時には困りものですよね。歯に衣着せぬ表現で炎上したブログもあります。ストーカーのように付きまとわれ、ついにはブログをやめてしまったという方もいました。
URLを変えることも可能でしょうが、これまでの皆さんのことを考えると簡単には変えられないですからね。もう暫く様子を見てからご判断ください。どうぞこの1件に懲りず、立ち直ってください。
  • |2014.09.23(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 茶々さんへ☆彡

こんばんは。

船山車とサンバの共通点は!「熱狂的なカーニバル」だけでしょうかね(笑)。
祭りに取り組む姿勢はどちらも同じです。組み合わせは斬新的ですが、違和感は感じません。秋まつり実行委員会の頭が画期的なんですかね。
画期的といえば三田市の「三田牛」、これこそ画期的ですね。それにつられてモウ烈な納税殺到とは、三田市も予想外だったのでしょうか。今後は納税者の真心に甘えず、ギュウっと引き締めた市政を実行してほしいものですね。
  • |2014.09.23(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: スーパーサイドバック さんへ☆彡

こんにちは。いつもありがとうございます。

お盆とお彼岸2回のお墓参りだけはしたいものですね。自分も23日の中日には予定が入っていけなかったので、前日に行ってきました。お子さんがいる場合はご先祖のことを知っていただくためにも、ご家族ご一緒にお参りしたいものですね。
松茸のシーズンになりました。今年は豊作なんでしょうか。先日道の駅の野菜直売場を見たら松茸が販売されてました。見たら何と2本で4500円。せめて1口だけでも味わってみたいものです。


  • |2014.09.24(Wed)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 南の風さんへ☆彡

こんにちは。毎日が彼岸の墓参りみたいなものですね。ご先祖もお喜びだと思います。

ふるさと納税の本来の目的は自分が生まれ育った「ふるさと」に貢献したい、自分と関わりが深い地域を応援したい、という気持ちを形にしたものなんだそうです。特産品目当てに寄付を申し出る行為は本来の趣旨から外れています。
ただ、ふるさと納税が減税の対象になるといっても協力する人は少ないでしょうね。資金源に困っている自治体にとって、こういう手段は願ってもないことだと思います。謝礼の特産品の是非はともかく、寄贈者と思惑が一致したことで、自治体も潤ってくれるんじゃないんですかね。


  • |2014.09.24(Wed)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

matsuyama さんへ!!

彼岸の慣習は日本だけとはね^^。
仏教の国中国がね・・・
昔は秋季皇霊祭と言い神がかっていたように思います。良く国旗を持って神社もうでをしたものでした。
先祖が神だったのですね^^。
  • |2014.09.24(Wed)
  • |荒野鷹虎
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 荒野鷹虎 さんへ☆彡

仏教国でもあるバンコクには建墓の慣習がないそうですね。お墓がないわけですから、当然お彼岸だからといって、お墓参りの習慣もないんでしょうね。亡くなればお骨にして寺院に預けるのだそうです。お参りする場合は寺院に行くのでしょうね。

秋季皇霊祭、春季皇霊祭とも「国民の祝日に関する法律」によって祝日になっておりましたが、戦後同法の改正によって秋分の日、春分の日と改められましたよね。皇室では今でも皇霊祭として行われているようです。
戦後生まれの自分には馴染みがないですけどね。親戚に聞くと当時はお彼岸の墓参りをしてなかったようです。お墓参りの習慣が根付いてきたのは最近のことのようですね。


  • |2014.09.25(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top