帰って来た夏の風物詩! カッターレースの大激戦

涼しさを感じるアイテムの1つに風鈴があります。軒下に吊るしておくと、心地よい風と共にチリーン、チリーンと趣きのある音が聞こえてきます。ある実験では、風鈴の音で75%の方は実際に身体の表面温度が下がったという結果も出ているそうです。
代表的な風鈴にはガラス細工の江戸風鈴と鉄でできた南部風鈴があります。南部風鈴は江戸時代、南部鉄器を奨励した南部藩が、現在の岩手県盛岡市で生産しておりました。江戸風鈴はカランカランという音に対し、南部風鈴はチリーン、チリーンと澄み渡る音が特徴。涼しさを耳で感じとるアイテムです。
が、風鈴の音色を騒音だと嫌う方もいるようです。近所迷惑とならないよう夜は室内に取り込むなどして夏の風情を楽しみたいものですね。

宮古港カッターレース①

震災を吹き飛ばせ 雨中の大激走 
雨が降りしきる海の日前日の7月20日、宮古市魚市場前で「第22回宮古港カッターレース」が開催されました。来年2015年の宮古港開港400周年を迎えるにあたり、今大会はその前哨戦となります。
レースには、市内のチームを中心に18チームがエントリー。全長9mのカッターボートに漕手12名、船長1名、艇指揮者1名の計14名が乗船。港内に設けられた600mで、320m地点を折り返す特別コースで競われます。

宮古港カッターレース②
レースは3チームごとに予選を2回行い、タイムトライアルで上位9チームが準決勝に進出します。勝ち残った上位3チームが決勝戦へ。ただしエントリー3チームの女子は決勝レースのみです。
白旗を上げてスタート準備が整った各チームは号令とともに一斉にスタート。オールを漕ぐ各艇からは水しぶきが上がりました。果たして直後から降り出した雨は選手たちに影響するのでしょうか。

宮古港カッターレース③
漕ぎ始めのスピードと、折り返し地点でいかにロスをなくしスムーズなターンができるか、仲間達との息の合わせ方がカギとなります。

宮古港カッターレース④
漕手12名の真剣な表情でオールを漕ぐ力強さと船長、艇指揮者のチームワークがカッターボートを巧みに操ります。

宮古港カッターレース⑤
死闘を勝ち抜いたのは3分59秒68の今大会ベストタイムだった「宮海セブン」チーム。女子は4分54秒93の社協女子「バシャ☆馬」チームでした。

東日本大震災の影響で平成23年から2年間中止となっていた大会は昨年から復活。帰ってきた宮古の風物詩、カッターレースは夏の到来を告げてくれました。


二十四節気 大暑(たいしょ)◇
二十四節気十二番目の節気。7月23日および立秋(8月7日)の前日まで。
暦便覧は「暑気いたりつまりたるゆえんなればなり」
連日30度を越える。夏の土用の頃。最も暑く、子供たちは夏休み。
大暑七十二候は次の通り。
第三十五候大暑次候)7/29~8/2 土潤溽暑(つち、うるおうてむしあつし)
土も湿り気を帯び、蒸し暑さが増してくる季節です。土中で何年も過ごしたセミも、夏空に鳴き声を響かせています。夏の到来を告げるニイニイゼミに続き、8月に入るとアブラゼミ、クマゼミ、ミンミンゼミなどが勢ぞろいします。松尾芭蕉は山形県の立石寺で「閑さや 岩にしみ入る 蝉の声」と詠んでおります。
第三十六候大暑末候)8/3~8/6 大雨時行(たいう、ときどきふる)
時として大雨が降る時季。


今日の独りごと

今日の独りごと725夏の香味野菜として、そうめんなどの薬味に使われるミョウガ。ほったらかしで何もせず、多少の日陰でもそこそこ収穫ができます。まさに親の手を煩わせない孝行息子。私のような無精者にはぴったりの野菜です。
今年も鬱蒼と生い茂る葉っぱの下に隠れるように花穂の部分が芽を出してくれました。
昨年水道工事のため、ミョウガの根を掘り起こしたので、今年の発芽は無理かなと思っていたんですが、残っていた地下茎が生えてきたんでしょうね。この子たちは親の心配をよそにすくすくと育っています。強い野菜ですね。
今年の夏もこの力強い孝行息子を、麺類の薬味として利用させていただきます(笑)。





参考サイト:水と生きるサントリー三陸情報局ブログ

人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ
↑あなたのお気持ちを有難く頂戴します。

関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

おはようございます。matsuyamaさん、
何時もありがとうございます。

昨日は暑くなりました。
風鈴、風情がありますね。

カッターレース、写真からでも迫力が伝わって来ました。
震災から三年ぶり、
ここまでこぎつけるのには大変なご苦労が有ったことでしょう。
一日も早い復興を願うばかりです。
  • |2014.07.26(Sat)
  • |としあき
  • URL
  • EDIT

代替画像

負けたチームでもカッターレースになるとはなってこった。
  • |2014.07.26(Sat)
  • |和 八葉
  • |URL
  • EDIT

代替画像

カッターボート♪
初めて見ました^^
速そうですね^^
レースを見て燃えるのもいいな♪
  • |2014.07.26(Sat)
  • |さくら
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: としあきさんへ☆彡

こんにちは。コメントありがとうございます。

昨日は今年最多の猛暑日だったようですね。39℃を超す地域もあったようで、187地域で猛暑日だったとか。恐ろしいですね。熱中症にはくれぐれもご注意ください。
少しでも涼んでいただくため、風鈴の風情を取上げてみました。日本の伝統工芸が再認識できればと思います。
自分もカッターレースを見たのは初めてだったんですが、選手はもち論、応援団も熱く燃えてましたね。まだまだ先の復興を微塵にも感じさせない地元の皆さんの姿が垣間見られました。

  • |2014.07.26(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

こんにちは。

宮古に夏の到来を告げてくれるカッターレース、
チームが心一つにして戦う姿には感動をおぼえますよね。
これから年を追うごとに発展されることをお祈りします。
南部風鈴、水沢に3年ほど単身赴任をしていたことがあり
この時期新幹線の駅に沢山の風鈴が吊られ
爽やかな音色をたてていたことを懐かしく思い出しました。
  • |2014.07.26(Sat)
  • |茶々
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 和 八葉さんへ☆彡

うまいですね。ジョークもお好きなようで。

表彰式が終わり、優勝したチームがメンバー全員で勝利の雄叫びをあげてました。
「カッターに勝ったぞー!」
お後がよろしいようで。

  • |2014.07.26(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: さくらさんへ☆彡

自分も見たのは初めてでした。
ボートっていう位ですから、観光地にある2人乗り位の手漕ぎボートをイメージしてたんですけど、行って見たら大きいんですね。全長9m位あるそうですから、漁師さんが使う小舟位はあるんですね。
「カッターボートってこんなに大きいんだ」って、ボーっと見とれてました(笑)。

選手たちはもち論燃えてましたが、応援団も燃えてました。写真を撮ってる横でいきなり大声をあげるおじさんがいたんです。
「頑張れ~、頑張れ~○○○、フレ~、フレ~○○○」
燃える応援もいいんですが、横にいるものにとっては鼓膜が破れそうになるんですよね。
  • |2014.07.26(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 茶々さんへ☆彡

こんにちは。

選手が円陣を組み、気合を入れる様は高校野球並みでしたが、応援団も大漁旗を振り回しチームの応援に徹するなど、心を一つにして優勝を目指している風でした。一心同体となって目標を目指すことが、復興を目指して頑張る姿を彷彿とさせてくれますね。
当時仙台藩だった水沢でも南部鉄器を作っていたんですね。盛岡と水沢は南部鉄の町として栄えたそうです。駅に吊るされた南部風鈴は風情があります。旅人を癒してくれる風鈴でもありますよね。当時を述懐していただきましたか。
  • |2014.07.26(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

こんにちは ! 猛暑日が続き、飲む水の量も多くなっています。
鹿児島でも舟漕ぎレースが盛んで、暑い夏の清涼さを感じています。
我が家のミョウガも採れ始めて、湯がいて酢味噌で食べています。
それほど食べれる物ではありませんが、麺類の多い季節には欠かせない薬味ですね。
  • |2014.07.26(Sat)
  • |南の風
  • |URL
  • EDIT

代替画像

こんばんは

カッタ―というと私は海軍のカッター訓練を思い出しちゃいます(^_^;)。あれは本当に大変な作業でお尻の皮がむける、と聞いたことが!!ひええ。
でも風を切って進むカッタ―、尻の皮がむけても一度やってみたいと思うのです^^。

みょうが。この時期サッパリして良いですね。そして夏の風物詩の風鈴も騒音あつかいされちゃたまりませんね、うちにはガラスの風鈴が下がっておりますよ~♪
  • |2014.07.26(Sat)
  • |見張り員
  • URL
  • EDIT

代替画像

こんばんは。
皆さんいい顔していますね。地獄のようなムンムンのこちらとは雲泥の差のような透明感ある空気感。羨ましいです。
船の祭りと言えば九州は大分県のホーライエンヤが1月に。沖縄のハーリーがGWに。真夏の競技とかあったかなと思っています。
夏の水は有難いですが、水事故にも気をつけねばならない季節でもありますね。
時節柄ご自愛下さい。
  • |2014.07.26(Sat)
  • |まろゆーろ
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 南の風さんへ☆彡

こんにちは。
梅雨の明けた地方は軒並み猛暑を迎えてるようですね。地方によっては39度を超したところもあるようで、この先どうなるのか考えも及びません。飲料水の摂取は必須条件ですね。自分も外出する時はペットボトルを携行しています。
鹿児島にも舟漕ぎレースってのがあるんですか。静岡県にはタライ乗り競争というのがありますよね。どこの地域でもその地元の特色を出した水にまつわる大会というのがあるんですね。
ミョウガって大量に使う料理ってないんです。にも拘らず大量に収穫できるんですよ。売るほどでもないですから、近所にお裾分けしてます。


  • |2014.07.27(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 見張り員さんへ☆彡

カッター訓練といえば海軍には付き物なんでしょうね。見てると手に豆ができるんじゃないかとばかり思っていましたが、お尻の皮がむけるんですか。言われてみるとあり得る話ですね。
カッターボートって個人では持てないですから、所有しているところから大会用に借りるみたいですね。ここでは市内にある国立宮古海上技術短期大学校から借りてるようでした。旧校名は国立海員学校といって商船の乗組員を養成する学校が昔から合ったんですよ。この学校を卒業した親戚の人もいます。
まっ、それはともかく、港町の地元には、海にまつわるレースは多いですね。高校にはヨット部があり、インターハイの全国制覇も遂げてます。2016年の岩手国体には宮古がセーリング会場となっております。


  • |2014.07.27(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: まろゆーろさんへ☆彡

こんにちは。
港町ですからね。船にまつわる行事は割とあるみたいです。カッターレースの会場となったここは漁船の基地みたいなもので、その時季になると活況を呈してたみたいです。漁港と言えばついて回るのが、歓楽街。3年前の大震災で町は一網打尽となってしまいました。いま復興に全力で取り組んでいます。その1つが22回の歴史を持つカッターレース開催だったようです。
選手諸君には漁師の血が流れてるんでしょうか、どの選手にも明るさがありますよね。
全国の港町にはいろんな船の祭りがあるんですね。大分県にもホーライエンヤという祭りがあるんですか。水難防止のための祈願祭でもあるんでしょうね。

  • |2014.07.27(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

カッターレース。鹿児島でも「ドラゴンボートレース」というのがあって、よく似た感じです。
震災でとりやめになっていた行事が再開していくのも、うれしいことですね。
…茗荷、薬味に最高ですね。植えても手間がかからずいいんですね!庭先とかにあったら、新鮮な香りを存分に楽しめますね!
  • |2014.07.28(Mon)
  • |エミです(えだもと建具)
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: エミです(えだもと建具)さんへ☆彡

鹿児島にも同じようなボートレースがあるんですか。同じ九州の大分にも「ホーライエンヤ」というレースがあるそうですね。全国にはその地元の特色を出したレースがあるんですね。
カッターレースはまだまだメジャーなスポーツじゃないですが、これが地元で浸透してくれれば、戦う意欲もわいてくるでしょうね。盛り上がることによって震災の痛手を少しでも忘れ、復興への意欲が高まることを期待しています。
茗荷、畳1帖分くらいのスペースにごっそりと育ってくれます。手間暇かからなくていいんですが、茗荷を主体にした料理って、薬味以外にあまりないですから食べきれないんですよね。

  • |2014.07.28(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

matsuyamaさんへ!!

私は南部風鈴の音と蚊取り線香の香りで夏は過ごした方ですね~~笑)
そうそう・・蚊帳が思いで深いです。年頃でしたので。。。汗)
何処の家にも一本はある必要物でした。
風情が全て自然の中にありましたね^^。
  • |2014.07.28(Mon)
  • |荒野鷹虎
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 荒野鷹虎 さんへ☆彡

南部風鈴とは知らずに「いい音がする風鈴だな」などと、子供の頃は気にもしてませんでしたけどね。蚊取り線香のあの臭い。蚊取り線香といえばキンチョール。寝る時は蚊帳を吊って、その中でもキンチョールを焚いてました。夜の蚊に対して昼はハエでしたね。天井から吊るすハエ取り紙。たまに間違えて自分の服をくっつけたりしてね(笑)。
そういえばこの時季キャンプ地では蚊取り線香が使われてるそうですね。最近では蚊帳も見直され、一般家庭でも増えてるそうです。クーラーで冷えた部屋には蚊もなかなか襲ってこないと思うんですが、お子さんがいるところでは虫刺され防止に最適なんでしょうね。
日本の夏を凌ぐアイテム、風情がありますね。


  • |2014.07.28(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

ボートレース、見ているほうは楽しいですが、
やっている方は大変そうですね。
選手のお顔のアップが物語っています。
カッターレースよみがえってよかったです。
着々と震災から立ち直っているようでうれしい。
  • |2014.07.29(Tue)
  • |まりりんご
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: まりりんごさんへ☆彡

結構参加しているチームもカッターレースを楽しんでいる様子でしたよ。
参加チームには新聞記者グループとか病院の看護師グループ、一般市民の集まりなど勝敗抜きと思われるチームもいました。前年優勝チームや高校生チームは練習も積んでいることでしょうし、勝敗への意気込みは強いものがみられましたけどね。
国内の競技は直線1000mで折り返し2000mという距離が公式コースみたいですから、今回のレースはそれを満たしておりません。したがって地元の夏の風物詩として定着してるんでしょうね。
3枚目の写真に見える防波堤もやっと完成し、着々と港湾の復興が進んでます。いつになるか分かりませんが、港内全体の復旧が楽しみですね。

  • |2014.07.29(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top