岩魚も山女も勢いづく夏至

喉の渇きをうるおしてくれる夏の定番と言えば麦茶。ミネラルが豊富でゼロカロリー、ノンカフェインの麦茶は、幅広い年齢の方に愛飲されているようです。暑い時は路上の自動販売機で冷たい飲み物を買って飲むのもいいんですが、汗をかいたときなどは、冷えた麦茶が一番です。中には熱中症防止のために、お出かけの時は麦茶を入れた水筒を持ち歩く人もいるそうです。
とはいえ、冷たいものばかり口にしていると、胃腸の機能が低下してしまうこともあります。時には胃にやさしいホット麦茶にして、体を休ませてあげたいものですね。

釣り大会①

渓流釣り大会 優勝は3尾942gの釣果
(今回もちょっと長いです。最後までお付き合いください)
梅雨の真っ只中、6月15日。宮古と盛岡を結ぶ国道106号線、閉伊街道と並行して流れる閉伊川を中心にした「閉伊川つり大会」が開かれました。今年で第26回を数えるこの大会は年々知名度も浸透し、青森県八戸市や東京の新宿区からも大勢の太公望が駆けつけました。
午前5時10分、「道の駅やまびこ館」に集合した参加者は、受付を済ませ、はやる気持ちを抑えて、それぞれ競技エリアとなる閉伊川75.5㎞の本支流へ。岩魚(いわな)と山女(やまめ)の釣りポイントを目指して散っていきます。この日の参加者は親子連れなどを含む42名。競技方法はえさやルアー、フライによります。

釣り大会③ 釣り大会②
参加者の川釣りをカメラに収めようと後を追いかけましたが、広い競技エリアでは釣り師の姿を見つけることができません。支流や源流などで釣り具を積んだ車を見かけますが、当然中は空っぽ。川の流れに掻き消され声も聞こえません。どこから川に降りるんだろう。背の高い雑草や笹薮が生い茂る鬱蒼とした川べりには、獣道さえ見つかりません。華麗なフィッシングを収めようとしたのに空しい時間ばかりが過ぎていきます。

釣り大会⑬
と諦めかけていたところ、道の待避所で準備をしている渓流釣りの3人組ミ~ッケ。
やった~、釣り人発見。聞いてみると前日神奈川からきて、この日は渓流釣りを楽しむつもりだったそうです。大会に参加しているわけではないので、とやんわり取材拒否。あえなく撃沈。

釣り大会④ 釣り大会⑤
競技終了の12時までは時間がありません。もうタイムリミットです。大会本部のある会場まで引き返しました。
と、その付近で釣っている2人発見。大分下流まで下りてきているので、渓流釣りの醍醐味を見ることはできませんが、とりあえず撮影許可をいただきました。ということで釣りの写真は4枚しかありません。海釣りと違って渓流釣りの撮影の難しさを思い知らされました。次回は最初から密着取材しないとなりませんね(笑)。

釣り大会⑥ 釣り大会⑦ 釣り大会⑧
1時からの閉会式に先立ち、この日釣り上げた収穫を申告計量します。1人3尾まで。岩魚の部と山女の部があります。重さが同じ場合は長さで判定します。それぞれ自慢の魚は計量器に量られ、係員の発表に一喜一憂していました。

釣り大会⑨
釣り大会⑩ 釣り大会⑪ 釣り大会⑫
この日の結果は岩魚の部で3尾合計942g、最長で35.8㎝。山女の部では3尾合計が594g、最長33.5㎝。いずれも同じお父さんが1人占めの独壇場。表彰式では賞状、トロフィーの他に数多くの副賞を受賞。1人では持ちきれない様子。さすがお父さん、渓流釣りには慣れており、釣りポイントも熟知しているようでした。

この日の参加条件として釣り場から空き缶、空きビンなど5本以上のゴミを持ち帰る「閉伊川クリーンアップ作戦」に賛同いただくことでした。これで河原が少しはきれいになりましたでしょう。
来年は自ら参加し、渓流釣りの醍醐味を伝えなければなりません(笑)。


冬至の昼より4時間50分長い夏至
6月21日からは二十四節気夏至(げし)。一年の中で最も昼間が長く夜の短い日です。 冬至(12月22日頃)に比べると、昼間の時間差は4時間50分もあります。暦の上では夏にあたりますが、実際には梅雨でうっとうしく、長い昼の実感を味わえません。そのため北欧のように夏至祭を楽しむ風習がありません。梅雨寒などで気温の上昇が抑えられながらも、恵みの雨によって草や木が緑を深くして行くのがこの時季です。

靫草(うつぼくさ)枯れる夏至の初候
そして夏至の初候でもある七十二候は第二十八候「乃東枯(なつかれくさかるる)」に変わります。
夏になると黒く枯れていく「夏枯草(かこそう)。別名「靫草(うつぼくさ)」とも呼ばれ、枯れた花穂は漢方として用いられています。
この時期の言い伝えとして、ある地方には、「夏至はずらせ 半夏(はんげ)は待つな」という言葉があります。半夏とは、夏至から11日目のことで、田植えは夏至より少し遅く、半夏よりは前に終わらせようという習わしのようです。


二十四節気 夏至(げし)◇
二十四節気十番目の節気。6月21日および小暑(7月7日)の前日まで。
暦便覧は「「陽熱至極しまた、日の長きのいたりなるを以てなり」」
太陽が最も高く昇り、昼が一番長く、夜が一番短くなる。
◆夏至の七十二候は次の通り。
第二十八候(夏至初候)6/21~6/26乃東枯(なつかれくさかるる)
草木いずれ繁茂する中で乃東(だいとう・夏枯草)のみが枯れていく時季。
第二十九候(夏至次候)6/27~7/1 菖蒲華(あやめはなさく)
菖蒲(あやめ)の花が咲きはじめる時季。
第三十候(夏至末候)7/2~7/6   半夏生(はんげしょうず)
半夏が生えはじめる時季。苗が生える季節でかなり暑さを感じる。


今日の独りごと

今日の独りごと620いつも車を運転していて気になることがあります。ご覧の写真のように青いラインの路面標示。皆さんご覧になったことありますか。
このブルーラインは何を意味するのでしょうか。白線あるいは黄線だけだとセンターラインを示しますけど、加えて青い線が並ぶように敷かれています。しかも片側の路側帯には白線と並んでいます。
広島県のとびしま海道ではサイクリングロードとして車道と分離するため、ブルーラインを路面標示したそうですが、こちらの道路とは使用目的が違うようです。よく見ると10m間隔くらいで点線のラインになっています。
このような道路標示はこの地域特有なように思います。道路交通法では各地域の単独で設定できるんでしょうかね。





参考サイト:NPO法人PTPL暮らしのミニ知識水と生きるサントリー、トクトク便り Vol.396


人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ
↑あなたのお気持ちを有難く頂戴します。
関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

おはようございます

ブルーのセンターライン初めて見ました。
ブルーは心を落ち着かせ鎮静化する作用があるそうなので
運転者の心を落ち着かせる目的?
ではないと思いますが、めずらしいです。
  • |2014.06.21(Sat)
  • |まりりんご
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: まりりんごさんへ☆彡

分かりませんよね。
いろいろ調べてみたんですが、このブルーラインに適合する路面標示は見当たりませんでした。路面標示に関しては車両運転者や歩行者の安全のため、各県の公安委員会が許可すれば設置することはできるんだそうです。
設置するのはいいんですけど、ドライバーや歩行者に広く告知しないと設置した意味がないですよね。自分だけが知らないのかもしれませんが、一般ユーザーまでは浸透してないような気もします。
ブルーの色を使うのも運転者の視覚心理からなのかもしれませんよね。


  • |2014.06.21(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

こんにちは!

いよいよ夏至となりましたね。昼時間の長くなりました。夕方遅くまで陽が差しているのはいいですが、商店としては店を長く開けていなきゃならないのでちょっとだけつかれますw。
あとひと月もしないうちにこちらではもうお盆になります。
一年って早いですね(って事あるごとに言っておりますね)。

青いラインの道路標示は見たことがなかったです。今度車に乗ったら注意してみようと思います。が、どんな意味があるのでしょうね???
  • |2014.06.22(Sun)
  • |見張り員
  • URL
  • EDIT

代替画像

おはようございます。

私は船頭さん任せの海釣りしか
経験したことがありませんが
釣りの技術はもとよりスポット探しも含め
何から何まで自分の腕にかかってくる渓流釣りは
大変なようですね。
夏至を過ぎ今年も一年の折り返し点の頃に
なってしまいました。
まさに光陰矢のごとしですね。

  • |2014.06.23(Mon)
  • |茶々
  • URL
  • EDIT

代替画像

おはようございます♪
昨日は雨でしたが、今日は晴れて爽やかな天気です。
夕方遅くまで明るくて、、、さすが夏至!

渓流釣りの取材、お疲れさまでした。
岩魚、大きいのでは40センチ近くもあるのですね。
来年は、参加されて大物を釣り上げてくださいませ。o(^-^)o
  • |2014.06.23(Mon)
  • |ouna
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 見張り員さんへ☆彡

さすが夏至。7時を過ぎてもまだ明るさが残ってますよね。
昼夜の長短によって営業時間が変わるのも大変ですね。夏時間、冬時間を決めて冬場は早めにクローズしてみたらどうですか。オールシーズン営業時間が決められた公共系の店舗などでは、この時季まだ明るい5時頃に行くと閉まってますよ。それもまた、顧客を無視した殿様営業ですけどね。
東京は7月盆ですものね。こちらは8月盆ですからまだちょっと先ですが、のんびりしているうちにすぐやってくるんですよ。1年て本当に早い、と感慨にふけるのも年のせいですかね。
ブルーの路面標示、全く分かりませんね。他の道をいろいろ走ってみるんですが、あまり見かけません。この辺りだけの標示なんですかね。
  • |2014.06.23(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 茶々さんへ☆彡

こんにちは。

自分も渓流釣りの経験はなく、もっぱら岸壁釣りが専門でした。よく見ると目の前を泳いでいる魚の姿が見えるんですよね。おっ、この魚を釣ってみたいという衝動に駆られるんですが、渓流だとそうもいきません。おそらく釣りポイントも分からないと右往左往するだけでしょうね。
四季の移ろいって、早い早い。昨日ちょっと出かけてたんですが、まだ明るいからあそこにも行って見ようなどと、行動範囲が広がりました。お蔭で疲労が蔓延してしまいますけどね。でもいまのこの季節は大切にしていきたいものですね。


  • |2014.06.23(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: ounaさんへ☆彡

こんにちは。

梅雨の中休みですかね。昨日は自分も内陸部まで出かけてましたが、外出先の暑かったこと。日焼けしてしまいそうな天気のうえ、猛暑で汗だくだくでした。戻った自宅の涼しいこと。最高で16度でしたから、内陸部と10度近い開きがあるんですね。
渓流釣りの下調べもしない取材は失敗でしたね。ブログだからいいんですが、これが新聞やテレビの取材だったら編集長あたりに大目玉をくらっていたかもしれません。体験釣りをしておくのもいいかもしれませんね。

  • |2014.06.23(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

こんばんは ! アユ釣りのシーズンになりましたね。
私は海釣り専門でやってきましたが、川釣りにはまれば止められないと
言います。
ブルーのセンターラインがあるとは知りませんでした。
全国で一律だと思ってましたが、地方によって色々違いがあるのですね。
  • |2014.06.23(Mon)
  • |南の風
  • |URL
  • EDIT

代替画像

イワナ、当然のことですが人が入らない川にはたくさんいますね。
昔、北陸道の関越トンネル工事の現場事務所を訪れたらびっくりするほどたくさんのイワナが干してありました。
  • |2014.06.24(Tue)
  • |和 八葉
  • |URL
  • EDIT

代替画像

matsuyamaさん

おはようございます。

ご近所にもノウゼンカズラ植えています。
この花を見ながら、出かける時期を決めました。
普通1本の木として植えられているところが多いですが
壁から垂れ下がる様は格別でした。

渓流つり大会
暑くなってきたこの頃
釣り人にとっては実に楽しい催しだと思います。
遠くからやって来る気持ち分かリます。
私はつりをしませんが
釣り人を被写体にすることは案外多いです。
渓流と釣り人のショットが良いですね。
  • |2014.06.24(Tue)
  • |wingtom
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 南の風さんへ☆彡

こちらでは7月に入ってからのアユ解禁になりますが、全国的には6月に入ってからアユ釣りのシーズンとなっておりますね。
自分も一時海釣りにはまり、休みごとに近くの堤防まで出かけてました。釣果はほとんど坊主の日が多かったんですが、たまに食いついてくれた時のあの当たりの感触が病みつきになってしまいました。釣り上げたときの充実感、忘れられないですね。
自分も交通標識は全国一律だと思ってました。道路標示は各地方の公安委員会によって定められるんですね。このことを調べてみて初めて分かりました。おそらくこのブルーのセンターラインは意味は分かりませんが、地元独自の標示なのかもしれません。
  • |2014.06.24(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 和 八葉さんへ☆彡

幻の怪魚といわれるイワナですが、いわれるだけに深山幽谷の源流に棲む川魚ですよね。
だからというわけではないと思いますが、大会参加者の話を聞くと、このイワナ、雑食の獰猛な魚だそうです。大きなイワナを釣り上げたとき、腹が膨らんでいるので裂いてみたら蛇が1匹丸飲みされてたそうです。凄いですね。共食いはもち論、昆虫とか爬虫類なんか好物なのかもしれませんね。イワナを食べるの嫌になりましたよ。

トンネル工事ともなると源流に近く清流が流れているでしょうからね。イワナの宝庫でしょうね。イワナが干してあるんですか。塩焼きにして食べないんですかね。
  • |2014.06.24(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: wingtomさんへ☆彡

こんにちは。
平垣に垂れ下がるように咲き誇るノウゼンカズラの花は独特ですよね。1本の木から蔓が伸びて行くんでしょうね。地上もそうですが、地下茎も伸びるんですね。移植の時掘り返してみてわかったんですが、地下を縦横無尽に伸びてました。寸断したからいいだろうと思ってたんですが、今年残った地下茎から芽が出てきました。凄い生命力です。そのくせ開花時期を終わった花は花芯ごと、ボトッと落ちるんですよね。
この時季は暑からず寒からず渓流釣りには、最高のコンデションですね。それにこちらでは7月1日のアユの解禁日がきたら、渓流は一気に釣りラッシュになるかもしれません。道路から遠目に釣り人を見ることはあるんですが、間近に行って撮ったらいい被写体になるでしょうね。


  • |2014.06.24(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

今晩は。

釣りの趣味は有りませんが、渓流を眺めているのは大好きです。そして、岩魚の塩焼きとビールは、最高です。
  • |2014.06.24(Tue)
  • |jizosmile
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: jizosmileさんへ☆彡

こんにちは。

川魚の塩焼きって美味しいですよね。特に観光地に行って青空の下で食べる焼いたばかりの香ばしい塩焼き、格別です。これにビールを飲んだら最高ですね。
この川の水の源はどこなんだろうと考えたことありますか。川の流れは本流もいいんですが、源流に近いほど水の動きが活発です。見ていて吸い込まれるようで、時が経つのを忘れてしまいますよ。

  • |2014.06.25(Wed)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top