世界文化遺産の雅な平安絵巻

ヨーロッパに「朝の果物は金、昼は銀、夜は銅」」という諺がありますが、朝食べる果物は健康にいいんですね。
睡眠中も脳や臓器は動いており、エネルギーになる糖分が多く含まれる果物を、朝食べるとすばやく目覚めるんだとか。また食物繊維や酵素が豊富に含まれており、腸内環境を整えてくれる効果もあるそうです。
う~ん、朝から蜜柑やりんごはなかなか食べる機会はないですけど、ジューサーなどで潰して飲んだらどうなんでしょうね。これならフレッシュジュースとして単独に飲めますし、パンとも合うかもしれません。
これからは、みずみずしく甘みのある果物が、多く出回る季節。美味しく食べて、栄養を効率良く摂り、熱中症対策に備えたいものですね。

曲水の宴①

歌に託す復興への「望」 毛越寺曲水の宴
世界文化遺産の平泉・毛越寺(もうつうじ)で5月25日、「曲水(ごくすい)の宴」が開かれました。
曲水の宴は「流觴曲水(るしょうごくすい)」ともいわれ、奈良・平安時代に盛んに行われた雅な歌遊びです。
山水を池に取り入れるために作られた、曲がりくねった水路(曲水)のことを遣水(やりみず)といい、曲水の宴ではこの水辺で衣冠(いかん)や狩衣(かりぎぬ)を着た男性や袿(うちぎ)、十二単(じゅうにひとえ)にまとった女性が平安貴族さながらに和歌を詠みあげます。
今年28回目を迎える曲水の宴の歌題は「望(のぞみ)」。震災復興に向け、未来に希望をもって生きようとの思いが込められています。十二単に身を包んだ奥州市にお住いの上林美由紀さんが歌題を披露
雅楽「催馬楽」の演奏にあわせ、国重要無形民俗文化財の延年の舞「若女(じゃくじょ)」が奉納された後、遣水には杯を乗せた羽觴(うしょう)が流されます。一觴一詠(いっしょういちえい)、羽觴が自分の目の前に流れ着くまでに歌人6名は「望」の歌題に沿って和歌を短冊にしたためます。
「東北に 復興の力 弛(たゆ)まざり 無量光なる 望み溢るる」などといったこの日歌人の詠んだ和歌は、最後に県内外から訪れた約3500人の観客を前に、講師(こうじ)によって披露されました。

曲水の宴②
曲水の宴③
曲水の宴が始まる1時間前、毛越寺本堂において歌人たちが参拝。全員による記念撮影です。

曲水の宴④
曲水の宴⑤ 曲水の宴⑥
その後は大泉が池を、龍の頭と鷺(さぎ)に似た想像上の水鳥「鷁」の首を彫刻した和船「龍頭鷁首(りゅうとうげきしゅ)」に乗って、庭園にある曲水の宴の会場となる遣水まで、のどかにゆったりと移動します。

曲水の宴⑦
午後1時、曲水の宴が開始されると、参宴者の衣装の解説があります。詳しい説明で、その場では理解したのですが、今はもうきれいさっぱり忘れました(笑)。
毛越寺貫主から開宴の宣言をいただいた後、歌題披露です。今年の歌題は「望」。披露するのは十二単に身を包んだ地元奥州市の上林美由紀さん。20㎏もある衣装の重さに耐えながらも大役を果たしました。

曲水の宴⑧
雅楽「催馬楽」の奉奏に合わせ、重要無形民俗文化財である毛越寺延年の舞「若女」が奉納されます。

曲水の宴⑨ 曲水の宴⑩
宴は宮中歌会始披講会の講師(こうじ)によって遣水へ杯を乗せた蓮の葉や水鳥を形どった羽觴が流されます。

曲水の宴⑪ 曲水の宴⑫
一觴一詠、衣冠や狩衣の歌人たちは羽觴の流れに合わせて歌を短冊にしたため、童子の運んでくる杯を傾けます。
歌人は毎年東北6県から選出されますが、今年は宮城県から男性4人、女性2人が選ばれました。
「炎立つ 大寺の辺に たたずめば 薬師の光 前途を照らす」
「清らなる 遣水の流れを 望みつつ この安らぎの 永きを祈る」

曲水の宴が終了するまでの約75分、平安時代の貴族の遊びを再現したこのエリアにタイムスリップした感じで、優雅な気分を味わってきました。
「麻呂は幸せぞ」(笑)。


5月31日からは麦秋至る
平安朝絵巻物語に陶酔しながらも、七十二候は5月31日から「麦秋至(ばくしゅういたる)」に変わります。
麦が熟して実り、薫風が麦畑を吹き渡る頃、麦秋(ばくしゅう)の季節になりました。「秋」の語源が穀物の成熟・収穫の季節であるため、季節は夏でも「麦秋」になります。
縄文時代晩期、弥生時代初期から行われていたといわれる麦作。麦を脱穀して残った麦わらで、帽子にしたり、わら屋根を葺(ふ)いたり、ストローとして使われたりしていました。


二十四節気 小満(しょうまん)◇
二十四節気八番目の節気。5月21日および芒種(6月6日)の前日まで。
暦便覧は「万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る」
山野が緑にみちあふれ、麦刈りの頃となる。
小満七十二候は次の通り。
第二十四候小満末候) 5/31~6/5麦秋至(ばくしゅう、いたる)
麦が熟して畑一面が黄金色になる時季。


今日の独りごと

排水溝 毎年春と秋は恒例になっている町内会主導による側溝清掃。梅雨入り前と台風に備え、水害防止のため側溝に詰まったゴミや泥を掃除します。今年も先日の日曜早朝、付近の住民総出で行われました。
昨秋以来半年ぶり。側溝には砂泥が溜まっていました。といっても雨水が流れないほどの量ではないのですが、あちこちから掻き集めた泥は土のう袋にいっぱい。
それはいいのですが、側溝にかぶせているコンクリート製の蓋。重いです。専用の工具を使わないと持ち上がりません。数か所持ち上げ、中の泥を掻き出そうとしても長い柄の工具がないと掻き出せません。一般の家庭ではそんな工具など用意してないです。
側溝工事を請け負った会社で年数回、メンテナンスを兼ね側溝掃除をしてもらいたい位です。町会で側溝清掃するのであれば、側溝清掃用具一式を管理事務所などで準備しておいてほしいものですね。





参考サイト:水と生きるサントリー平泉FANNEVER>、岩手日報WebNews、 テポーレトクトク便り Vol.395

人気ブログランキング参加中!

田舎暮らし ブログランキングへ
↑あなたのお気持ちを有難く頂戴します。
関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

おはようございます

果物は朝食べるといいんですね!!
どうりでいつも夜食べていたので痩せないわけだ。
平安絵巻素晴らしいお写真ですね。
一瞬平安時代にタイムスリップできました。
  • |2014.05.31(Sat)
  • |まりりんご
  • |URL
  • EDIT

代替画像

おはようございます。

我が家では、朝はパン食と決めており、
季節の果物とグリーン野菜に牛乳を加え、
まるごとブレンダーで混ぜ合わせたスムージーを必ずいただいています。
朝の果物は金と聞いて、ちょっとうれしくなりました。
以前、毛越寺の曲水の宴に参加したことがあるという
職場の同僚がいましたがこの時期に開催されていたんですね。
雅な時代絵巻の再現が素晴らしいです。
  • |2014.05.31(Sat)
  • |茶々
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: まりりんごさんへ☆彡

日本の食生活って、夜こたつに入って蜜柑の皮を剥きながら果物を食べるというイメージですよね。どうも朝果物を食べるという習慣がないんですよ。以前仕事前にバナナと牛乳をジューサーで混ぜて飲んでたことがありましたけどね。それも半年と続きませんでした。果物をいっぱい混ぜたミックスジュースでも作って再デビューしましょうかね(笑)。
日本の食生活といえば、この平安時代にも果物食べていたんでしょうね。それも夜(笑)。
この日の十二単を着たお嬢さん地元の方ですけど、もち論初めての経験だったでしょう。幼児を相手にした保母さんとは勝手が違ったでしょうね。緊張しているのが随所に見られました。


  • |2014.05.31(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 茶々さんへ☆彡

こんにちは。

茶々家の朝食はパンですか。果物と野菜をブレンドしたスムージー、健康的ですね。
金を維持するためにも、これからも続けてください。
職場の同僚、曲水の宴に参加されていたとは何だか優越感がありますね。歌人として参加されてたんでしょうか。今年の歌人は富谷町のお1人を除いて他の方は仙台市の方のようでしたね。毎年東北6県から6名の方が選ばれるそうなんです。
どうですか、来年は茶々さんも得意の作詞で和歌に挑戦してみませんか(笑)。


  • |2014.05.31(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

曲水の宴

間もなくお昼です♪
毛越寺の曲水の宴、素晴らしいですね。
以前に参拝、その折に曲水の宴が開かれる所に立って、
このような雅な光景を思い浮かべました。
お写真で拝見できて、とても嬉しいです。
ありがとうございます。

  • |2014.06.01(Sun)
  • |ouna
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: ounaさんへ☆彡

平安王朝の雅を今の世に再現してくれました。ただうっとりと魅入るばかりです。
以前参拝されたことがお有りの世界文化遺産・毛越寺。清衡、基衡、秀衡、藤原三代にわたって守られてきたその趣きには当時が偲ばれます。その雅な造りは東北の京都だったといわれるほど、豪華絢爛でもあります。
この日行われた曲水の宴は平安の往時を再現してくれました。以前参拝されたときの庭園を思い浮かべながら、貴族の装いを脳裏にだぶらせてみると、雅な宴が彷彿と浮かび上がるのではないかと思います。

このように優雅な貴族の遊びは、全国でも数ヵ所で行われており、京都では伏見区の城南宮で行われているそうです。4月29日と11月3日。ぜひ一度、お近くの城南宮でご覧なって見てください。


  • |2014.06.01(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

こんばんは ! いつも、ありがとうございます。
私の集落でも年に数回の共同作業がありますが、高齢者が多く
出てくるのは決まった人たちだけです。
ある集落は不参加者には罰金を課せているようですが、それもできずにいます。
限界集落にさしかかってますので、後数年もすれば荒れ果てるのではと
思っています。
  • |2014.06.01(Sun)
  • |南の風
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 南の風さんへ☆彡

こんばんは。いつもありがとうございます。

どこも同じ問題を抱えてますね。うちの方もこういう町会の行事に参加する方は年配者だけです。近くのアパートには若い単身者やご夫婦がお住いなんですが、1度もご参加いただいたことがないです。
町会費や寄付金を集金に行くのも年配者の班長さんの役割です。リタイヤしてフリーの時間にも余裕があるからいいんですが、若い人が混じってくれないと後継者が育たないんですよね。このままいくと町の存続が危ぶまれます。予算の関係もあるんでしょうが、参加者には気の利いた参加賞を出すとか、参加できない場合、事前に一定の参加費を出すとか、いろいろ方策を考えた方がいいかもしれません。参加賞に惹かれて出席するとは思えませんけどね


  • |2014.06.01(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

matsuyama さんへ!!

おばんです!
朝のヨーグルトと果物は欠かさず食べています。牛―乳は飲めないので・・夜にもヨーグルトを飲むと夜中に乳酸菌が働いて身体の調整を行ってくれるそうです。(管理栄養士さんの話より)
持病の多い私ですが何とか生きらているのはこのためと信じていることだとおもいますね~~笑)

平安時代は数多くの文化遺産を残してくれましたねー。‼きれいですねー。!
  • |2014.06.01(Sun)
  • |荒野鷹虎
  • |URL
  • EDIT

代替画像

こんばんは
いつもどうもありがとうございます♪

ご無沙汰しております
ただいま南国に来てます(笑)
この前、岩手にいたので
平泉行ってみたかったんですが
スケジュールの都合で行けず残念でした

朝のフルーツ
日本人は世界でもフルーツの摂取量が
かなり低いんだそうで
自分も極力食べるようにはしてますが・・・

またよろしくお願いいたします♪
  • |2014.06.01(Sun)
  • |スーパーサイドバック
  • URL
  • EDIT

代替画像

朝の果物を食べたのは・・・う~ん何年前だろうな~。
貧乏ゆえにそんな余裕はないのである。トホホホホ・・・
  • |2014.06.02(Mon)
  • |和 八葉
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 荒野鷹虎 さんへ☆彡

こんにちは。
ほ~、ヨーグルト飲んでおられるんですか。乳酸菌は健康にいいですからね。自分も夜の風呂上りに毎日欠かさず飲んでます。晩酌代わりに(笑)。
ヨーグルトを飲むとそれまでの胸焼けが一変に解消しますよ。身体の調整をしてくれてるんですね。十勝のブルーベリー味が一番美味しいです。便秘知らずです(笑)。ご持病の治癒にはいいかもしれません。続けてみてください。
さすが世界文化遺産です。平安時代の貴族の遊びが再現されてましたからね。北海道の旭川でも3月に曲水の宴が見られるそうですよ。酒造男山の庭園内だそうですけど、衣装も現代風で曲水の前で和歌を短冊にしたためるだけなんだそうです。あまり期待しない方がいいかもしれませんね。

  • |2014.06.02(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: スーパーサイドバック さんへ☆彡

こんにちは。いつもありがとうございます。

厳寒から春をまたいで常夏の南国ですか。春を味わえなさそうですね。
平泉にお寄りできなかったことは残念です。平泉の駐車場を見たら県内外からのナンバープレートが多かったですよ。遠い所では九州ナンバーも見られました。県内の車は1割にも満たない数台程度でした。さすが全国区、世界文化遺産を思わせる人気なんだと感じました。
日本人の果物摂取量が少ないのは、バナナは病気した時しか食べれないなど、昔からの慣習だからなんですかね。

  • |2014.06.02(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 和 八葉さんへ☆彡

昔の高級品待遇と違って、今は大衆的な果物ですから。
食べようと思えばいつでも食べれますよ。
果物は手軽に採り入れられる健康食品です。
お互い、健康を気遣う年齢のようですから
栄養たっぷりの果物を食べて長生きしましょう。
ネッ、ワッハハさん(笑)。


  • |2014.06.02(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

matsuyama さんへ!!

実は便秘で弱っていたので十勝のブルーベリーを探してみます。助かりました。!
熱くなりましたね^^。

  • |2014.06.02(Mon)
  • |荒野鷹虎
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 荒野鷹虎 さんへ☆彡

ヨーグルトは何種類か飲んでみましたけど、十勝の飲むヨーグルトはヨーグルトの特徴であるすっぱ味がなく、一番飲みやすかったです。
便秘に効くとか他の症状に効果的とかは分かりませんが、1度試してみてください。以前は扱ってないスーパーもありましたが、今ではどこのスーパーでも置いているようです。値段も手頃ですしね。
こちらには岩泉ヨーグルトという濃厚な美味しいヨーグルトもありますが、ちょっと高いんで毎日飲むには手が出ません(笑)。


  • |2014.06.02(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

毛越寺は3度行ったことがありますが、庭だけの少し、
寒々とした風景でした。

こういった平安絵巻が実現されているとは、少しも知りませんでした。
  • |2014.06.02(Mon)
  • |jizosmile
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: jizosmileさんへ☆彡

3度も行かれてましたか。もう毛越寺の隅々までご存知でしょうね。
自分も今回が2度目だったんですが、最初に行った時の印象がなく、中尊寺と同じお寺だとばかり思ってました。大きな池があったことだけは記憶にあったんですが、庭園のことは覚えてないです。
曲水の宴のような催事があるから遣水の庭園も生き生きとしてくるんでしょうね。何もない時行ったら変哲もない庭ですよ。
1年に1度、4月の第4日曜に開かれるそうです。来年お時間がありましたらぜひ1度ご覧なって見てください。京都などにはもっと本格的な曲水の宴を見れるところもあるようですけどね。


  • |2014.06.02(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

こんにちは。
雅な記事をありがとうございました。
独特な言葉やその響きも、素敵に思います。。
穏やかな時間ですね。
  • |2014.06.03(Tue)
  • |niyu
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: niyuさんへ☆彡

こんにちは。

喧騒の中でここだけが静寂な世界に融け込んでいる感じでした。
身に纏った衣装からは当時の貴族の雅な遊びが甦ってきます。
そして行き届いた庭園は、平安の王朝に誘ってくれます。
気忙しい現代の暮らしから、優雅な貴族生活を垣間見る。
このギャップが観る者の心を彷彿とさせてくれるのかもしれませんね。

  • |2014.06.03(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

側溝清掃。
この前友人が行ってましたね~~。
重い蓋を取るのは
腰にも悪そう><
側溝清掃用具一式の用意は必要ですよね^^
  • |2014.06.04(Wed)
  • |さくら
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: さくらさんへ☆彡

側溝の蓋にはコンクリート製のものとスチール製のものがあるんですが、コンクリート製のものは重くて持ち上げられません。無理に持ち上げようとするとぎっくり腰を起こしちゃいますよ。
町会も住民に清掃を依頼するなら、清掃内容をどの程度までするのか指示するべきですよ。内容によっては清掃用具を必要とすることがありますから。
横浜の団地に住んでた頃は側溝清掃なんてありませんでした。すべて住宅公団で業者に委託してたような気がします。マンションも管理人が手配してるんじゃないんですかね。田舎の町会は外注する予算がないですから。
他にも周辺の草刈りがあります。これも草刈り鎌は自前です。ない方は参加しても何をすることもありません。だから出席率悪いんですよね。さくらさんに愚痴ってもしようがないですけど、住民に丸投げするより対策を考え直すべきですね。明るい未来の町づくりをするためにも。
  • |2014.06.05(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

こんばんは

しばらくご無沙汰しておりました^^。

本当に素敵な平安朝を垣間見る思いですね!あの時代にもしも、ちょっとでも行けたらいいなあと思います。
優雅な平安びとになって歌の一つも詠んでみたいです(なんちゃってw)。

側溝掃除。
あれほどちょっとやそっとに出来ないものもないですよね(-_-;)。やはりちゃんとした装備がないときちんとできないような気がしております。
ここはやはりプロにお任せするのが得策ではないかと思いますね。
  • |2014.06.05(Thu)
  • |見張り員
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 見張り員さんへ☆彡

時代を顧みるって、自分の思いがそこに投影されるようでもあります。曲水の宴に陶酔すると、貴族の雅な装い、高貴な和歌、優雅な舞いが平安朝へ誘ってくれます。
春はあけぼの。やうやう白くなりゆく山際、少しあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
その哀調が甦ってくる枕草子。願わぬ思いを短冊にしたためてみてください。

現実に引きこまれるような側溝の清掃。チリ一つない清掃を心掛けるのであれば、それなりの装具の準備が必要となります。行政よりさらに身近な町会。住民の声を真剣に受け止めてくれる町会ならば、未来の繁栄は期待できるものと思いますよね。
  • |2014.06.06(Fri)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top