母の深い愛情に感謝でいっぱい

消費税が8%に増税されて1ヵ月ちょっと。皆さん3%の差をどう克服してるんでしょうね。人によってその対策はまちまちですが、こんな涙ぐましい努力をされておられる方もいるようです。
「給料日に口座に残っている残金(1万円単位)はキャッシュカードを作っていない口座へ振り替える」「仕事に行く交通費は、近場は自転車で移動、遠距離は金券屋で買った割引き切符を活用する」「オール電化の深夜電力を利用して早起きし、朝7時まで電気代が安くなる湯沸かし器などを先に使うようにしている」など、皆さん3%分を取り戻そうと頑張っているようですね。
私はといえば、無料プレゼントに応募したり、家の補修工事は極力自分で直したり、と努力はしてますが節約できた分、急ぎでもないものを買いこんでしまってるんですよね(アセ)。

カーネーション

みみずも地上にはい出る「蚯蚓出」
さてさて5月10日頃より15日頃までは七十二候の第二十候「蚯蚓出(みみずいづる)」に変わります。
みみずが地上にはい出てきて、あちらこちらで目にする時候をいいます。目がなく、手足もなく、紐状の動物であるみみずは、「目見えず」から「めめず」になったといわれます。下等な動物と思われがちですが、この土壌動物は極めて大きな役割を果たしております(詳しくは過去記事2013年5月10日「冬眠から遅い目覚めの「蚯蚓出」を参照」。

5月11日は母の日です
また5月の第2日曜日は「母の日」です。今年は5月11日ですが、その起源は100年ほど前 アメリカ・ウェストヴァージニア州で、アンナ・ジャービスという女性が亡き母を追悼するため、 1908年5月10日にフィラデルフィアの教会で赤いカーネーションを配ったのが始まりといわれてます。
この風習を1910年、ウェストヴァージニア州の知事が5月第二日曜日を母の日にすると宣言。やがてアメリカ全土に広まり、1914年には5月の第2日曜日が「母の日」と制定されました。ちなみに、日本では1915年(大正4年)に教会でお祝いの行事が催され、徐々に民間に広まったと伝えられています(詳しくは過去記事2008年5月11日「母の日おもしろ雑学」を参照)。

手から伝わる温もりに母の愛情が
母の日にちなんだお話ではないんですが、まだ私が小学校に入学する前、夫婦喧嘩をして家を飛び出した母に手を引かれ、夜道を実家に帰ったことがあります。当時は街灯もなく、時折行き交う車のヘッドライトに照らし出された気丈な母の目には、うっすらと涙が浮かんでいるのが見えました。しっかりと握ってくれた母の手からはその苦悩が伝わってくるようで、子供心にも不安を感じ強く握り返していました。
母親ってどんな時でも子供への愛情は忘れないもんですね。92年の人生を歩んだ母にカーネーションを贈ることはできませんが、愛情をいっぱい注いでくれたことへの感謝の気持ちは、いつまでも忘れないようにしたいものです。


◇二十四節気 立夏(りっか)◇
二十四節気七番目の節気。5月5日および小満(5月21日)の前日まで。
暦便覧は「夏の立つがゆへなり」
鮮やかな新緑に覆われる時季。初夏の陽がまぶしくなる
◆立夏の七十二候は次の通り。
第二十候(立夏次候)   5/10~5/15蚯蚓出(みみず、いづる)
蚯蚓(みみず)が地上に這い出る時季。
第二十一候(立夏末候) 5/16~5/20竹笋生(たけのこ、しょうず)
竹笋(たけのこ)が生えてくる時季。


今日の独りごと
山田せんべい① 山田せんべい②私の住む隣町に山田町があります。ここには江戸時代から続く、一風変わった歴史ある「生せんべい」があります。生地は米粉とゴマ、砂糖を混ぜ合わせたもので、直径20㎝位に薄く引き伸ばし、半乾燥させたもので、「山田せんべい」として伝統を引き継いでおります。
私は子供の頃、おやつ代わりに焼いて食べてました。半生の時はふにゃふにゃして柔らかくそのまま食べれますが、一度焼くと写真のように焦げ目が付き、パリッとして煎餅らしく固くなるんですよ。砂糖が入ってますからほどよい甘さがあります。この間道の駅に寄ったとき、懐かしくて買ってしまいました。5枚入りで360円はお買い得です。
今でこそ山田の名物として売られてますが、3年前の東日本大震災で工場が流失。製造ができなくなってしまいました。そこで名物のせんべいを復活させようという動きがあり、皆さんからの義援金をもとに山田せんべいは復活しました。
煎餅をお好きだという方、ぜひ1度ご賞味ください。詳しくはこちらから。





参考サイト:びおいわての旅、@niftyお楽しみマガジン編集部
写真協力:写真素材-フォトライブラリー

人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ
↑あなたのお気持ちを有難く頂戴します。
関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

おはようございます

夫婦喧嘩をして家を飛び出したお母様の心の支えは
まだ小さかったmatsuyamaさんだったろうと想像します。
この子のためにもがんばろうとあらためて思ったでしょうね。
いいお母様ですね。

  • |2014.05.11(Sun)
  • |まりりんご
  • |URL
  • EDIT

代替画像

ソウルフードなる言葉が外来語として存在するようです
幼少期に日常化していた食事は
生活様式が変わっても恋しくなりますね

大阪市内の生まれですが、育った愛媛県南部の味が忘れられず
味噌などは伊予味噌を好んで使っております
  • |2014.05.11(Sun)
  • |FREUDE
  • URL
  • EDIT

代替画像

matsuyamaさんへ!!

母の日)って外国から来たのですね^

日本的な日だと思っていました。汗)わからないものですね^^
何時までも母の思いでは心や胸にありますねー。!

  • |2014.05.11(Sun)
  • |荒野鷹虎
  • |URL
  • EDIT

代替画像

こんにちは

母の日。
我が母親には所望の味噌を送りました。

私にとっての母の日は単に子供たちに感謝されるだけの日ではなく母として為すべきことをしているかを改めて考える日です。
そう思うと・・・なかなか及第点の付かないわが身でありますね(-_-;)。
  • |2014.05.11(Sun)
  • |見張り員
  • URL
  • EDIT

代替画像

しっかりした大人になるのが母親への(父親にもですが)1番の親孝行だと思うのですが、いいとしして未だに親孝行ができていない自分を恥ずかしく思います。
  • |2014.05.12(Mon)
  • |カノッチ
  • URL
  • EDIT

代替画像

山田せんべい

おはようございます。

かつて盛岡に出張した時は
土産によく「南部煎餅」を買ったものですが
山田町には「生せんべい」というのがあるんですね。
いわゆる煎餅が湿気って柔らかくなったのは食べたことがありますが
焼く前のふにゃふにゃ煎餅があるとは知りませんでした。

  • |2014.05.13(Tue)
  • |茶々
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: まりりんごさんへ☆彡

遅くなりまして申し訳ありません。

母は強しですね。
まだ年端もいかない子供がそばにいると、自分は夫と別れてもこの子を育て上げなければいけない、という責任感みたいなものがあったんでしょうね。
昔のことですから家庭環境が複雑な中、兄弟分け隔てなく育てられました。お蔭で図体だけは大人の成りをした人間に成長しました。母の子育てには感謝し切れません。まさに親孝行したいときには親はなし、ですよね。


  • |2014.05.13(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: FREUDEさんへ☆彡

遅くなって申し訳ありません。

子供の頃と同じような食事内容で今食べることをソウルフードっていうんですか。韓国の料理だとばかり思ってました(笑)。
子供の頃に食べた料理が強烈にインパクトがあると、大人になっても忘れないですね。
トウモロコシが大好きで母親の茹でてくれた味が忘れられなく、焼きトウモロコシや店頭で売ってるトウモロコシは美味しいと感じたことがないです。同じ料理でもその家に伝わる味は大人になっても忘れられないですよね。

  • |2014.05.13(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 荒野鷹虎 さんへ☆彡

遅くなりまして申し訳ありません。

クリスマスやバレンタインデーと同じように外国の催事が、日本国内でも板についてきたようですね。もっとも古来から続く日本の伝統行事でも、元をただせば中国からの伝来が多いですけどね。
母親への愛などは世界共通ですから、日本でも受け入れられたのは菓子メーカーが仕組んだイベントがきっかけだったようですね。バレンタインデー同様、ある意味企業の支援がないと広く浸透しないのかもしれません。
母の日のシンボルがカーネーションなら父の日のシンボルはバラですが、父の日はなかなか浸透しませんね。やはり飲んだくれ親父のイメージが強いからなんでしょうか(笑)。
  • |2014.05.13(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 見張り員さんへ☆彡

遅くなりまして申し訳ありません。

やはり贈り物はご本人が喜ぶものを贈った方が、その品の価値が十分高まりますよね。
お子さんがまだ学生さんですと、ご本人は母親であり、また親が健在なら娘でもあるわけですよね。二役を演じなければならない立場って複雑でしょうね。自分の親には感謝しながら、自分の子供たちに母親としてどう思われてるのか、その評価が心配になってきますよね。
本人評価は誰でも及第点を付ける方が少ないだろうと思います。自分もそうですが、自分の欠点は自分がよく知ってますから、自分で及第点をあげるのはおこがましく感じますよ。お子さんの評価は意外に高いかもしれませんよ。


  • |2014.05.13(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: カノッチさんへ☆彡

自分ではしっかりした大人になっていると思っていても、親から見れば子供はいくつになっても子供だという気持ちがあるんじゃないんですか。
親から何億円もの小遣いをもらっていたどこかの総理大臣もいましたからね。我々平民から見たらそちらの方が恥ずかしいです。
考えようによっては、親に小遣いをあげれるようになったら親孝行かもしれませんね(笑)。
そういう自分も親に小遣いをあげる前に他界されてしまいましたけどね(アセ)


  • |2014.05.13(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 茶々さんへ☆彡

こんばんは。

子供の頃よく食べてた生せんべい。どこで作ってたのか分からずに食べてました。火に炙るとせんべいがプクーっと膨れ上がるんですよ。それが面白くて何度も炙っていました。製造元が隣町だったというのは大人になってからです。それまでは南部煎餅と混同してました。
全国に名立たるものではありませんが、地元には伝統の「いかせんべい」もありますし、大船渡にはかの有名な銘菓「かもめの玉子」もあります。「山田生せんべい」同様、記憶に残しておいていただければ幸いです。


  • |2014.05.13(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top