心豊かに晩春を極む

高い実用性があり、達成感も味わえると人気のDIY(ドゥ イット ユアセルフ)。自らの手で快適な生活空間を創造する、という意味があります。
アウトドアの季節になると、「壊れた家具を直したい」「子供の椅子を作りたい」などをきっかけにはまり込む人が多いようで、私もガーデニングの柵づくりにはまってしまいました。柵づくりといってもそんな技術を要するものではないのですが、板を切ったり、杭を打ったり。当初のイメージ通り出来上がると嬉しいもんです。
もっと便利に、もっと快適に、住まいを自由にカスタマイズするDIY。古くなったらすぐに新しいモノに買い換えるのでなく、自らの手で何かを生み出すことにより、「モノを大切に」する思いや長く使い続ける気持ちが芽生えてくるもんですよね。

白糸の滝の虹7607943

淡く消えやすい春の虹
さてさて日本列島を北に向かってゆっくりと進んでいる桜前線。もうすぐ北国も桜色に染まり始めます。4月15日頃からは二十四節気清明の末候で七十二候の第十五候「虹始見(にじはじめてあらわる)」に変わります。
春が深くなるにつれ、空気が潤ってくるので、この時期からきれいな虹を見ることができます。夏の虹とは違って淡くすぐ消えてしまいますが、その分印象深く記憶に残ります。
虹が虫偏なのは、空にかかる虹を大きな蛇と見たてたためとされているそうです(詳しくは過去記事2013年4月15日「驟雨一過に現れる幻想的な虹」を参照)

平庭闘牛IMG_0202

若葉が繁り山笑う
また、野山の木々には若芽が吹き出し、息づき始めました。俳句の世界では春の山を「山笑う」と表現しますが、まさにこの時季さやさやと吹き抜ける風に、若葉や春の花が柔らかな日差しを浴びて微笑んでいるかのようにも感じます。夏の山は「山滴る」ともいいます。きっと苔むした岩肌から清らかな水滴が滴り落ち、暑さの中に涼を呼ぶ情景としてとらえたのでしょう。赤や黄色の紅葉が山を彩る秋の山を「山装う」、あるいは静寂に包まれ、深い眠りについているかのような冬山の姿を「山眠る」などと、昔から日本の人々は、四季折々の山の姿を眺めては、その季節ごとに俳句の季語として取り上げてきたんですね。

明神兜岳IMG_2297

自然ともっと共存共栄
雪解けが続く大型連休を前にした山登り。自然と触れ合ういい機会です。私も昨年は入梅を前にした6月、近くの山に登ってきました。いやいや山登りとは大袈裟で、ハイキングをしてきました。登り口の両側には野草が咲き並び、澄んだ空気に囀る小鳥の鳴き声は、なかなか平地では見かけることができない光景です。
4月5月の連休に計画されておられる方も多いでしょうが、山登りは眼下に見える都会の喧騒を忘れ去る機会でもあります。ぜひ自然をもっと楽しんでいただきたいですね。ただし、標高の高い山に登るときは気をつけてください。
先日の4月上旬1000mを超す山の中腹まで車で行ってきましたが、道の両脇にはまだ雪が残っています。車外に出るとひんやりとして肌寒さを感じました。

3000m級の山は今でも真冬並み
一般に、山は1000m登るごとに気温がおよそ6度下がるそうです。この時期なら、ひと月前の3月下旬並みに季節が逆戻りするのと同じことです。2000mの山だと平地の2月下旬並、まだ冬の肌寒さが残っています。まして、富士山を始め3000mを超す高山では、真冬そのものです。
2000mを超す山に初心者が無計画な登山はされないでしょうが、毎年のように遭難のニュースが流れます。無事下山されたご年配の方々を見ると軽装の姿が目につきます。山を甘く見ないことですね。
山に登るのは、過ぎ去った季節にタイムスリップするようなもの。平地が初夏でも油断せず、十分な装備をして臨んで下さい。


◇二十四節気 清明(せいめい)◇
二十四節気五番目の節気。4月5日および穀雨(4月20日)の前日まで。
万物が若返ってすがすがしく、さまざまな花が咲き乱れる。
◆清明の七十二候は次の通り。
第十五候(清明末候) 4/15~4/19虹始見(にじ、はじめてあらわる)
雨のとき虹を見る時季。


今日の独りごと
香炉先日ある調査会社の「終活」についてのリサーチ結果を拝見しました。終活とは「人生の終わりを締めくくるための準備をし、より良く自分らしく生きていくための活動」をすることをいいます。万一に備え、家族へのメッセージや終末期医療の方針、葬儀やお墓、保険や財産に関する情報などを書き留めておくエンディングノートにも注目が集まっているようです。
60歳以上の全国男女の結果を見ると女性の半数は「終活」が必要だと感じ、男性は44%が「わからない」と答えております。女性の方がより意識が高いようです。エンディングノートを書いている人は6%で、半数以上は「書くつもりはない」そうです。
法的拘束力のないエンディングノートですが、残された遺族にとっては必要かなと思います。財産のある方は遺言書にしたため、そうでない方はエンディングノートに、万一のときでも家族が困らないよう、日常生活の備忘録として使い、家族に自分の愛情を伝えておくべきです。財産がない私もゆくゆくは書くつもりでいますよ。


5月11日は母の日。大好きなお母さんへプレゼント。
バームクーヘンと焼き菓子5点をセットにした母の日二段スイーツ!

参考サイト:gooお天気豆知識、テポーレトクトク便りVol.388
写真協力:写真素材-フォトライブラリー

人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ
↑あなたのお気持ちを有難く頂戴します。
関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

30年ほど前は「DIYの店」と呼んでいた記憶があります
それらは今、ホームセンターという呼び方に変わってきています
和製英語ではないでしょうか

蔵王に宮城から登った5月末、
いまだに道路脇、雪が残っていたことを記憶しています
  • |2014.04.16(Wed)
  • |FREUDE
  • URL
  • EDIT

代替画像

おはようございます。

近くにDIYショップがあって、用もないのにたまに出かけます。
もっぱら「見てるだけ」の世界ですが
工具とかが好きで軽く半日くらいは時間をつぶすことができます。

七二侯・・・
そう考えると5日毎に季節が変わっている感じですね。
  • |2014.04.16(Wed)
  • |茶々
  • URL
  • EDIT

代替画像

matsuyamaさんへ!!

本道にも漸く暖かい日差しが来ました。清明という季節なのですねー。
福島の野原の牛馬はどうして生きているのか心配です。清明の恩恵を受けているのでしょうか?

間もなく大型連休が来ますが、消費税の影響が如何なものか注目ですねー。
  • |2014.04.16(Wed)
  • |荒野鷹虎
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: FREUDEさんへ☆彡

そうですね。30年ほど前というと東京郊外にDIYのドイトが営業していましたね。当時はDIYって何の店だろうと思ってました。興味があって1度店頭を見に行ったこともあります。その頃は日曜大工に関心がなかったのですが、今や押しも押されぬホームセンターとして全国各地に出店してますよね。
東京で仕事をしていた頃は、よく東急ハンズに寄ってイベント用の工作物を買っていました。最近は日曜大工に興味を惹かれ、暇があるとホームセンターの店内を覗いてますよ。

積雪の多いところは雪融けも遅いですからね。福島県では残雪と桜のコラボが見られるとか話題になってましたね。


  • |2014.04.16(Wed)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

こんにちは

これからの季節、山登りはいいですね。
私は穂高岳と富士山に登ったことがあります。
私のささやかな自慢です。
  • |2014.04.16(Wed)
  • |まりりんご
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 茶々さんへ☆彡

今のホームセンターは日曜大工用品に限らず、電化製品、ガーデニング用品、日用品、車用品など扱い商品が多彩になりましたからね。見ているだけでも時間があっという間に経ってしまいます。
自分も暇つぶしに何度か行って見てますが、制作意欲を掻き立てられることもあります。特に今のこの時期はガーデニングに興味があり、花や野菜の種、肥料などを買いこんでますよ(笑)。

仙台も桜が見ごろを迎えていると思いますが、季節は今が丁度過ごしやすい時季ですよね。二十四節気をさらに5日毎に細分化した七十二候は、それぞれの季節が明確化され、暮らしの歳時記にはいい暦になります。これがさらに北国版、南国版、あるいは各県版などに細分化すると便利ですよね(笑)。

  • |2014.04.16(Wed)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 荒野鷹虎 さんへ☆彡

「万物発して 清浄明潔なれば、此芽は何の草と知るるなり」というくらいですから、清明という季節は存在感が大きいですね。これ程植物を嬉々とさせ、生き物を活動的にしてくれるのですから。北海道にも清明の女神がやってきましたね。桜ももうすぐです。楽しみにしていてください。
福島の汚染された牧草で育まれた牛馬はどうしてるんですかね。報道はされてないようですが、奇形の牛馬を隠ぺいしていることも考えられますね。汚染の影響なく育まれていればいいんですが。

消費税による値上がりを想定して買いだめたものも、そろそろ底をつく頃でしょうね。連休の行楽客も買い控えを継続するのかどうか、観光地にとっては興味津々といったところでしょうか。


  • |2014.04.16(Wed)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: まりりんごさんへ☆彡

穂高岳と富士山に登られたんですか。凄いですね。
富士山は一般登山客用に登山道も整備されてると思いますが、穂高岳は専門の登山者向けという印象です。あ、そうか、まりりんごさんも経験を積まれた登山家だったんですね。
富士山には1度登ってみたいと常々思ってはいましたが、願い叶わず、もうこの歳では無理でしょうね。頂上から見る雲海、麓の街並み、ご来光などを見ると気分爽快でしょうね。自分も今年はこの地で海からの初日の出を拝ませてもらいましたが、何か特別なものを自分だけが享受できたという親近感がありました。
大自然と戯れるのは気分が引き締まりますし、自然を独り占めしているんだという気持ちになりますよね。
今後も自慢の登山を続けてください。


  • |2014.04.16(Wed)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

こんばんは

すっかり桜の季節が終わりちょっとがっかりな私です。でも家の前の街道に植えられたケヤキはいよいよ青葉をつけだして新しい季節が動き出したことを教えてくれています。
でも北海道ではまだ雪が降りそうだと聞いてちょっと驚きです。もう四月も半ばなのに・・・
なかなか「いい季節」って言うものはないですね、特に昨今の異常な気象では、かつてのような季節感は味わい難くなってきているみたいですね。
それでも折角の若葉を楽しみたいと思います^^。
  • |2014.04.17(Thu)
  • |見張り員
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 見張り員さんへ☆彡

桜が終わった後は若葉の季節ですね。残念ですけど、これからは瑞々しい新緑の季節に期待したいところです。
これから桜の季節を迎えるこちらでは心待ちにしているところです。日当たりの良い道脇などの桜は開花しておりますが、名所といわれるところはまだ蕾程度です。

先日、1000m級の山へ車で登ったら、まだ両脇は雪の回廊でした。2m位の雪を見ているとこんなところでも時季になると桜が咲くのかな、と心配になってきます。
地域によっても違いますが、巡る季節は爛漫な春です。これからは目に染みる新緑を存分に楽しみたいものですね。


  • |2014.04.18(Fri)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

お早うございます。

牛を眺めていると、何となくユーモアが有り、癒やされます。

  • |2014.04.30(Wed)
  • |cheeringup
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: cheeringupさんへ☆彡

こんにちは。
牧草地に寝そべっている牛を見ていると長閑さを感じますよね。
こちらでは乳牛より肉牛の方が多いですね。牧場で搾りたての牛乳を飲んだり、ソフトクリームを食べたりする機会は少ないんですが、久慈市の平庭高原においては毎年短角牛による闘牛大会を見ることができます。
自分も一度見たことありますが、超重量級の牛同士が対戦する闘牛大会は迫力満点です。機会がありましたら一度ご覧なって見てください(http://mtdt7657.blog113.fc2.com/blog-entry-345.html)。
こちらでは赤べこなどと昔から親しまれていますが、南部牛追い唄や野田塩べこの道などは歴史があり、岩手の特色を窺い知ることができますよ。


  • |2014.04.30(Wed)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top