3年振り全線運行再開したリアス線に膨らむ期待

宮古駅へ入線

東日本大震災の津波で約5.5㎞の線路が流出し、一部運休が続いていた第三セクターの三陸鉄道で、それぞれ4月5日南リアス線、4月6日北リアス線の運行を3年振りに全線(総延長107.6㎞)再開しました。
今年は三陸鉄道の開業30周年にもあたり、震災後3年間で最大の復興イベントになったようです。復興に明け暮れる地元住民にとって南北両リアス線の運行再開は明るい話題になりました。
中東・クウェートからの支援金によって導入されたレトロ車両を含む新車両5両も、この日に運行。北リアス線の久慈駅では6日早朝出発した一番列車に鉄道ファンら50人ほどが乗車しました。NHK連続テレ小説の「あまちゃん」で脚光を浴びた同駅では、ドラマで駅長役を演じた俳優の杉本哲太さんがお祝いに駆けつけ、あまちゃん最終回の場面が再現されました。
再開地図三陸鉄道の本社がある北リアス線宮古駅での記念式典には、クウェートの駐日大使や日本赤十字社を代表して女優の藤原紀香さんらが出席。くす玉割の後、午前11時32分発久慈行の記念列車がゆっくりとホームを出発。沿線の梅の花も祝福ムードを盛り上げてくれました。
当初108億円と試算されていた復旧費用も91億円に縮減され、国が全額負担。ただ、沿線地区は今も津波の傷痕が残り、人口流出や両リアス線を結ぶJR山田線宮古釜石間の不通が今なお続き周遊観光ができない中、今後はどうやって経営を維持するかが課題となります。※復旧状況図は岩手日報より借用


被災地を走る被災地を力強く駆け抜ける列車は沿線住民の足となり、通勤通学には欠かせない交通手段となっております。







田老駅を出発津波で流失した駅前にはなにもありませんが、近くの高校の通学駅として利用されています。無人駅のホーム待合室には全国各地から送られた励ましの絵手紙が貼られてありました。



宮古駅より出発北リアス線の始発駅宮古を出発する人気キャラクターが描かれた列車。これから1時間40分。あまちゃんの故郷久慈駅まで走ります。






3両編成 車内
この日、北リアス線で特別編成された三鉄の新型列車お披露目。手前から新型一般車両。2両目は新お座敷列車で空気ばねを台車としており、揺れも少なく乗り心地満点。企画列車、団体貸切列車として使用されるそうです。3両目は新レトロ列車。クウェートからの震災復興支援金で導入された新車両。冒頭写真の先頭車両と同じで、車内は4人掛けシート。団体列車として予定しているようです。

被災地の未来と希望を乗せ
イベント会場
広告塔 プレート
くす玉 祝い太鼓
にゃんこ神社 記念撮影
日本で初の第三セクター、三陸鉄道宮古駅前広場では復興大臣やクウェート駐日大使、女優の藤原紀香さんらが出席して祝賀式典が行われました。特別参加の地元高校生による祝い太鼓、小学生のブラスバンド演奏などが祝賀ムードを盛り上げ、会場は立錐の余地もありません。この広場で行われるイベントはことごとく見てきましたが、今回ほど賑わったことはありません。それ程三鉄の全線開通には地元でも大きな期待が寄せられているんですね。国道沿いには「祝・三鉄全線開通」の大きな広告塔も再開を祝しておりました。
ホームでは新車両と記念撮影する姿や、受験合格を祈る「落ちない にゃんこ神社」も再開を祝していました。午前11時32分、くす玉が割られると記念列車は久慈駅に向かって出発。
二十四節気「清明」の穏やかな一日、三陸鉄道の前途洋々を物語るようでした。


◇二十四節気 清明(せいめい)◇
二十四節気五番目の節気。4月5日および穀雨(4月20日)の前日まで。
万物が若返ってすがすがしく、さまざまな花が咲き乱れる。
◆清明の七十二候は次の通り。
第十四候(清明次候) 4/10~4/14鴻雁北(こうがん、かえる)
雁が北へと渡っていく時季。
第十五候(清明末候) 4/15~4/19虹始見(にじ、はじめてあらわる)
雨のとき虹を見る時季。


今日の独りごと
式典会場5日の南リアス線再開に続き、翌6日は北リアス線の全線開通を祝す祝賀イベント。狭い広場に設置された祝賀式典用大型仮設テントには黒山の人混み。小さな窓から式典にカメラを向けている人もいます。何かなと、爪先立ち窓越しに中を窺って見ると、どこかで見覚えのある女性が壇上の席に毅然と座っていました。
うん、あれはもしかして……。確かに名札は「日本赤十字社・女優藤原紀香」です。なんで彼女がここに。そういえば彼女、日本赤十字社の広報大使として被災地を支援訪問しておりますよね。
黒山の謎が解決。この日は私もミーハー族になってしまいました(笑)。 





参考サイト:三陸鉄道

人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ
↑あなたのお気持ちを有難く頂戴します。
関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

藤原紀香さんを見られたのですね。
イベントに行ってラッキーでしたね。
新レトロ列車、私も乗ってみたいです。
  • |2014.04.11(Fri)
  • |まりりんご
  • |URL
  • EDIT

代替画像

南北リアス線の再開、おめでとうございます
報道を知った時に、目頭の熱くなるのを禁じえませんでした

人口密度から考慮すると
政治の後押しがないのではないか、とも危惧したものです
そのほかの施設についても可及的速やかな対処を望みます
  • |2014.04.11(Fri)
  • |FREUDE
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: まりりんごさんへ☆彡

超ラッキーでした。
大きな声では言えないですが、初めて見た彼女、落ち着いた感じの熟女でした。
お若い時の映像しか見てないので、いやいや今でもお若いですけど‥‥。イメージとのギャップが大きかった(笑)。
美貌とスタイルはさすが今だに衰えてません。

新レトロ列車、懐古調のデザインですが、車内はご覧のようにゆったりと設計されていました。窓も大きく海岸線の自然美を楽しみながら旅行気分を満喫できると思います。機会がありましたらぜひご乗車になって見てください。

  • |2014.04.11(Fri)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

こんにちは。

リアス線運行再開、ニュースで見ました。
ものすごい人出で驚きました。
これを機に沿線の人々が戻って来てくれると
そして以前にも増して観光客が増えてくれるといいですね。
  • |2014.04.11(Fri)
  • |茶々
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: FREUDEさんへ☆彡

ご祝辞ありがとうございます。何度か三陸を訪れているFREUDEさんにとって感慨一入だったかもしれません。
被災後3年は長いようで、あっという間だったように思われます。その間、足を奪われた被災者のご不便はいかばかりだったでしょうか。また、三陸鉄道の職員皆様のご苦労は筆舌しがたいものがあったかと思います。

取り敢えず全線開通はしたものの問題は山積しております。今だ不通のJR山田線の問題、沿線住民の減少化、高台移転による車への依存度、駅周辺の店舗再建化など三鉄の経営維持には、むしろこれからの方が難しいかもしれません。国の支援があったればこそここまで復興できたものと思いますが、公共施設の早急な復興、沿線住民の安心できる生活、道路網の整備等々、国にはこれまで以上に復興計画を推し進めていただきたいと思います。
  • |2014.04.11(Fri)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 茶々さんへ☆彡

こんにちは。

テレビでご覧なりましたか。当日はマスコミの取材でごった返してました。その中で一緒になって撮影してたんですけど、どこのマスコミか分かりませんが、インタビューを求められてしまいました。折角ですけどと、やんわり取材拒否しましたけどね(笑)。
震災後の復興イベントとしては最大だったようです。狭い田舎町に活気が蘇ってました。これで5月の連休からどれだけ観光客が立ち寄ってくれるかでしょうね。JR山田線の不通で北と南が分断されてますから、周遊観光には難しそうですね。


  • |2014.04.11(Fri)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

こんばんは

三陸鉄道、南北リアス線の全線開通おめでとうございます!
復興が少しずつ加速してゆくようですね。この調子でもっともっとと思います。

かつての風景とはずいぶん違ってしまったところも多々あると思います、それを思う時すこしむねがふさがる思いもありますが三陸も生まれ変わって新しい風景を作って行ってほしいですね。
三陸が元気になることが無念の死を遂げた人々への何よりの慰霊になると思います。
  • |2014.04.11(Fri)
  • |見張り員
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 見張り員さんへ☆彡

ご祝辞ありがとうございます。
交通アクセスの復旧は日常生活の基盤でもあり、沿線住民の願いでもありました。復興までは紆余曲折ありましたが、全線開通までこぎつけられたのも皆さんの暖かいご理解ご支援の賜と思います。復興状況が電波を通じて全国に伝えられたのもいい刺激になったものと思います。
今後は諸問題を抱えながらも積極的な運営維持を心掛けなければならないでしょう。公共施設の早期復旧は町の活性化にもつながりますが、取り分け観光資源の増大が課せられた問題でもあります。
震災前の状態に復興されること、そして新しい三陸に生まれ変わることが、犠牲となられた方々の慰霊につながることでしょう。


  • |2014.04.12(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

今日は。

2012年の夏、遠野を旅行しました。その時は釜石に宿泊設備があまり無く、遠野で4日間宿泊しました。復興が遅々としているのが、腹立たしいですね。
  • |2014.04.14(Mon)
  • |jizou
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: jizouさんへ☆彡

こんにちは。

一昨年、遠野を訪れたんですか。2012年というとまだまだ復興も先が見えない暗黒の世界でしたよね。特に鉄の町釜石も怒涛のごとく押し寄せる津波に、根こそぎ洗い流されてしまいました。今は大型スーパーの開店、ホテルの進出など徐々に復興の途を辿り始めています。
4日間遠野を拠点に被災地を訪ねられたんですか。海からちょっと離れてますから、被害はそれ程大きくはなかったようですが、遠野はボランティアの皆さんの拠点として被災地へのご支援をいただくなど慌ただしかったと思います。今は通年の平静さを取り戻していると思います。今度はゆっくりと観光を兼ねておいでください。

  • |2014.04.15(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top