大震災の経験を次世代に

「復興を実感できる1年」公約をぜひ実行に
東日本大震災から11日で3年となりました。東京では天皇、皇后両陛下をお迎えし、政府主催の追悼式が行われましたが、県内各地でも犠牲者を悼み、各自治体や支援団体、ご遺族による追悼式がありました。
午後1時半から行われた「宮古市東日本大震災三周年追悼式」には遺族ら約700人が参列しました。式では遺族を代表し、夫を亡くした主婦が追悼の言葉を述べました。続いて地元小学生や青山学院女子短大生による献奏、地震が発生した午後2時46分、政府主催の追悼式と合わせ全員で黙祷。会場内は鎮魂の祈りに包まれました(政府主催ダイジェスト版「東日本大震災追悼式」はこちらからご覧ください)。
15,884人の尊い命を奪い、今だに2633人の行方が分からない東日本大震災。県内でも震災関連死を含めると5080名の死者、1137名の方の生存が分かっておりません。3年目を迎えた今年は「復興を実感できる1年にしていく」と安倍首相は強調しているようですが、被災者の生活再建、心のケア、健康支援、原発問題など課題は大きく残されているようです。

復興基本構想をもとに生活、産業の再建が本年の目標
地元宮古では国、県の復興支援制度に加え、「住まいと暮らしの再建」「産業・経済復興」「安全な地域づくり」の3大柱を重点的に取り組んでおります。基本構想が整った26年度からは復旧復興の工事に着手する計画のようです。震災前の暮らしを取り戻すためにも産業の再建も大切ですが、市民が安心して住める生活の再建を早め早めの最優先課題として取り組んでいただきたいところです(県の復興支援番組「牡蠣養殖業の進化したモデルを!」はこちらからご覧ください)。
今回は現時点で分かる限りの情報を入手し、現状をつぶさに見てまいりました。自分なりに「そこまですすんでいるのか」あるいは「復旧スタート時と変わってないじゃないか」という感想もあります(震災当時の記事はカテゴリーの東日本大震災をご覧ください)。
いつもより写真を中心にスペースを割いています。これは個人で見た復興の進捗状態です。阪神神戸大震災の教訓をもとに、実際はもっとはるかに復旧しているかもしれません。長くなりますが、どうぞ最後までお付き合いのうえ、ご覧ください。

宮古市東日本大震災三周年追悼式
追悼式
3回目を迎えた「東日本大震災追悼式」は3月11日午後1時半より、同市の総合体育館において、ご遺族、関係者等約700名が参列し、開催されました。

式辞 追悼の言葉
主催自治体の山本正徳宮古市長より式辞。遺族を代表して主婦の佐々木雅子さんより「震災を経験した私たちだからこそ次世代に伝えていきたい」と追悼の言葉がありました。

献奏(青山学院女子短大) 献奏(千徳小学校)
東京青山学院女子短大聖歌隊のハンドベルと地元小学生の合唱による献奏がありました。

手話通訳 黙祷
政府主催追悼式の同時放映の間、耳の不自由な方には手話による通訳が。地震の発生した午後2時46分、全員で黙祷。犠牲者を慰霊しました。

献花ご遺族、関係者をはじめ参列者全員で献花。犠牲となられた500体余の骨柱を供養しました。








2011.3.11魔の手に飲み込まれた三陸
津波の襲来253
幹線道路津波が襲来した市役所前の海からは海水が湧きあがるように防潮堤を乗り越え、市役所は2階まで浸水しました(写真借用)。今は当時の恐怖もなかったように車は走り抜けております(写真左)。




JR列車 JR津軽石駅
駅に停車中の列車が津波で押し流されました。まさか、あの重量を誇る列車までが…(写真借用)。JR山田線津軽石駅も津波の急襲には耐えられませんでした。今は窓や出入り口にベニヤ板を貼り、JR東日本の無人管理駅となっております。JR山田線の宮古、釜石間は今なお不通が続き、代替のバス輸送で急場を凌いでいます。

津波襲来 津波被害
湾の外から押し寄せる不気味な津波(写真借用)。その後一瞬にして町は泥沼化してしまいました(写真借用)。

三王岩遊歩道 たろう観光ホテル
奇岩名勝の三王岩へ続く遊歩道も寸断。鉄製の手すりもグニャリ。田老地区唯一の観光ホテルも10mを超す防潮堤を乗り越えた震災で被災。津波の猛威を教訓として残す震災遺構が決まりました。


未曾有の大震災を乗り越えて
清水寺管主書
昨年5月田老の常運寺に来訪された清水寺の森清範管主が書かれた「光」(写真借用)。失望のどん底に喘ぐ住民に希望の光をいただきました。


浄土ヶ浜(震災直後 浄土ヶ浜(復旧後
陸中海岸国立公園の代表的な名勝、「浄土ヶ浜」にも大震災による亀裂が入りました。復旧した今は「三陸復興国立公園」として何事もなかったように観光客をおもてなししております。

道の駅な~ど(被災直後) 道の駅な~ど(新)
宮古湾の目の前にある「道の駅な~ど」、津波で2階まで浸水。昨年7月、復活するまで約2年半のブランクがありました。

宮古魚市場(震災直後) 宮古魚市場(新)
「道の駅な~ど」と隣り合わせにある「宮古市魚市場」。震災後は水揚げが激減しました。復旧した今は震災前の活気を取り戻しております。漁業の町、宮古にはなくてはならない元気の元です。

仮設住宅 復興住宅
仮設住宅の退去者は減っておりながらも、2年の居住期限を過ぎてさらに延長している被災者もおります。市内各所には復興住宅の建設が進んではおりますが、高台などを希望する一般住宅の場合、建築会社の過密スケジュールに加え人材不足が続き、県外からの応援に宿泊費が加算されるなど、建設費用は膨大になるようです。

復興道路 浄土ヶ浜遊歩道
海岸線を縦断する国道45号線、沿岸と内陸を結ぶ国道106号線は緊急の場合の重要アクセスで、復興道路として早急な整備が求められています。また、津波で喪失した浄土ヶ浜の遊歩道は日本ジオパークに認定されると同時に整備。浄土ヶ浜の名勝を歩いて観賞できるようになりました。

被災地見学ツアー 田老写真展
震災の爪跡をご覧いただこうとバス見学が企画され、参加者には田老の防潮堤に昇り、被災した町や漁港などを見学していただいております。また写真展では津波の恐怖をご覧いただくため、震災当時から最近までの町の動きを展示。この日11日には、公民館内で津波の語り部として自ら被災した田畑ヨシさんが、紙芝居を使って高台に避難した様子を語り継いでくれました。

三陸鎮魂復興祭 鮭あわび祭り
昨年9月、浄土ヶ浜の景勝地を背景に歌舞伎界の中村勘九郎、中村七之助兄弟らをお迎えし「三陸鎮魂復興祭」が行われました。息の合ったお二人の活気あふれる舞台に観衆を魅了。また毎年地元主催による「鮭あわび祭り」を開催。被災者に喜んでいただくためにも、心のケアを大切にしています。


皆さんの暖かい応援を生きる糧として、復興へ一歩一歩努力しております。これからも長い目で応援いただきますようお願いします。


人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ
↑あなたのお気持ちを有難く頂戴します。
関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

大震災を風化させないことが一番大切なことだと痛感します。
  • |2014.03.16(Sun)
  • |まりりんご
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: まりりんごさんへ☆彡

被災地はまだまだ震災の爪跡が生々しく残っておりますから、見るたびに大震災への恐怖心が煽られます。
しかし、ひとたび被災地から離れると、その恐怖心は薄らいでいきます。心のケアにとって1日も早くあの恐怖から逃れる必要があるんでしょうが、体験した者にとってはなかなか忘れることはできません。恐怖に立ち向かう強靭な気持ちはまだ子供には備わっておりません。心の壁に映し出された脅威は大人になるまで付いて回るでしょう。
風化させてはならないためにも被災した震災遺構が残されますが、逆に体験者は見るたびに当時の怖さが甦ってくるかもしれませんね。心のケアは大切です。

  • |2014.03.16(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

忘れもしません。
今もなお苦しんでいる方々を思うと
言葉もありません。
matsuyamaさんのことも
すごく心配でした。
私ごとですが
あの日息子は旅行で仙台の海の近くにいた・・・。
と思って連絡をとりましたが通じず。
やっとの思いで私が帰宅すると
家で寝ていました。
一日前に帰って来て友達の家に1泊。
それから帰ってきたようです。
助かった。。。
でもなくなった方を思うと素直に喜んではいけないという
思いで胸が苦しかった。
言葉も見つかりませんが
いつまでも忘れてはいけない。
そう思います。



  • |2014.03.19(Wed)
  • |さくら
  • URL
  • EDIT

代替画像

人口密度の違いがあり、また広範囲に及ぶ東日本大震災の復興は
阪神淡路大震災のものと同様には行かないようです
それでも個人単位は平成7年の震災から今も引きずっていらっしゃるようで
それだけに政府の対応を望むばかりです

震災以降、何度かあちこちの被災地へ訪れておりますが
そのたびに目頭が熱くなる想いです
  • |2014.03.19(Wed)
  • |FREUDE
  • URL
  • EDIT

代替画像

matsuyama さんへ!!

彼岸入りとなりお亡くなりになった人たちの慰霊に合掌いたします。
あらゆる言葉も陛下の言葉ほど真心を感じるものはありません。
人どうしても忘れ易い動物です。一年に一回ではなく何回でも行事を行うことが必要だと思います。
だれも責任が取れない原発は廃棄する以外ないと思います。!
  • |2014.03.19(Wed)
  • |荒野鷹虎
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: さくらさんへ☆彡

平成7年の阪神淡路大震災の時はテレビにかじりつき、悲惨な惨状を見ていました。その自分が16年後には同じような惨状の中に立たされているとは思いも寄りませんでした。
幸い被災地の中心から外れていたので命拾いはしましたが、思い出の町、思い出の港などの惨状を目の当たりにすると心がえぐられるようでした。全壊した友達の家、今だに遺体が発見されない友人、避難した場所から命からがら帰還した知人など、想像を絶することばかりでした。
復興復旧は思った以上に進展のない3年目ですが、あの恐怖も少しづつ薄らいできた3年目でもあります。大惨事を忘れないためにも、そして後世に伝えるためにも記録の保存は大切ですね。

震災直後はライフラインはもち論、携帯電話すら不通で外部とは遮断され、横浜にいる息子でさえ連絡が取れない状態でした。ご心配いただきましたさくらさんと連絡がついたのもネットが復旧した2週間後でしたよね。ご心配いただきましてありがとうございました。今ではへらず口をたたけるようになりました(笑)。
息子さんも当時そのような状況にあったんですか。親としては心配でしたね。家に帰って寝てるとは、大物になる要素がありますよ。

  • |2014.03.19(Wed)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: FREUDEさんへ☆彡

大都会の神戸の場合、高層ビルの倒壊や火災が大惨事を招きましたからね。東日本大震災の場合、ビルの倒壊や火災を免れたものの、津波による被害が惨事を大きくしたのではないかと思います。
2度も3度も津波の惨劇を体験しておりながら、その津波の怖さを知らない世代、あるいは津波の怖さを忘れてしまっているなど、心の片隅には津波に対する甘さみたいなものがあったのかもしれません。
不気味に押し寄せる津波を目の当たりにした子供たちは、来る日も来る日もあの恐怖に悩まされ、夜中目を覚まし泣いて眠れない日々が続いたそうです。今でも脳裏に焼き付いた脅威は離れないことでしょう。心のケアが大切でありながらも、専門医師の不足が続いております。産業の再建は目に見えますが、心理的なケアははっきりと見えるものではありません。重要課題の一つとして、国の支援に期待したいところです。

  • |2014.03.19(Wed)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 荒野鷹虎さんへ☆彡

天皇皇后両陛下のお言葉は被災者にとって心が揺り起こされるような気持ちになりますね。
病気の回復も顧みず、何度か訪れた被災地の市民にとっては心温かいお言葉です。
当地にも被災後間をおかず見舞いに来られました。避難所で不便な生活を余儀なくされていた被災者1人1人に膝間づいてお言葉をかけておられたご様子。日本の象徴でもある両陛下にお声を掛けられ、涙を流しておられた被災者もいたようです。
1年前のことは忘れがちですが、「3.11」は永遠に忘れることはできません。健忘症が強くなった自分でさえ、この日は昨日のことのように思い出します。恐怖は1日も早く忘れたいところですが、教訓としては未来永劫忘れないでほしいところですね。

  • |2014.03.19(Wed)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

こんばんは

もう三年…とはいいますがそれは私が思うに直接の被災地ではないところの人間の感想だと思いました。
実際、被災された皆さんは「まだ三年」なのではないかと。

三年前のあの日は今でも鮮明に思い出せます。
東京でさえあの揺れ、そして余震が怖かったその晩のこと。買い占めに走る人々の半ば狂気のような目。忘れられません。
ですもの、東北三県のみなさんは忘れようにも忘れられるわけがないですね。
あの体験を風化させることなく未来永劫語り継ぎ、二度とあのような悲しい出来事が起こらないようしたいものですね。無辜の人々が亡くなるのはもう見たくないですもの。
  • |2014.03.20(Thu)
  • |見張り員
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 見張り員さんへ☆彡

そうですね。3年とは長いようであっという間に過ぎ去ってしまう期間でもあります。仮設住宅で不便な生活を余儀なくされている被災者にとってはこの3年は長かったかもしれません。特に高齢者の先の見えない仮設生活にとって、今を生きて行くだけの困窮生活は長いでしょうね。1日も早い復興住宅の完成が待たれるところです。
スーパーやコンビニに並ぶ行列、ガソリンを求めて並ぶ車列、飲料水を求めて彷徨う人の列。もう二度と辛い思いはしたくありません。他県で被災生活を送る方々に、1日でも早く故郷に戻り、安心して暮らせる町づくりしていただきたいものです。若い方々の故郷離れは町の荒廃に結びつきます。
震災直後から地元市長は連日自治体の有線放送で広報してました。「必ずや宮古は復興します」。

  • |2014.03.20(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

いつ見ても、衝撃的な写真の数々。
阪神大震災は東京にいて免れましたが、僕も神戸出身なんで、
幾人かの友達を亡くしました。

天災は逃れようも亡いですが、東電や津波の警報の一旦の
取り消しなどの人災は被害を大拡大させました。
復興支援も人災の列に加わらぬよう、政府は早めそして徹底
してやって欲しい。
  • |2014.03.20(Thu)
  • |jizou
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: jizouさんへ☆彡

神戸出身だったんですか。ご実家は大丈夫だったんですか。
東京にいて難を逃れたとは不幸中の幸いでしたね。
お友達の犠牲、お悔やみ申し上げます。

自分も高校時代の同級生、津波で被災し、今だに生存の確認が取れてません。天災は仲間の絆も家族関係も無情に切り裂いていきます。一人の人間の判断ミスによる大事故なら、犠牲者の補償を要求できますが、自然の凶器は矛先を誰に押し付けるわけにもいきません。
復興大臣や東京電力の責任者の度重なる失態は復興復旧を遅らせた原因の一つとも考えられます。いま原発で悩まされている被災者の気持ちを十分汲み取り、慎重に正しい決断をしてほしいものですね。

  • |2014.03.20(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top