• 2014
  • 03/05
  • Wed

陽光の中に山菜も芽を出す啓蟄

人が見ると何でもないものだけど、自分にとって捨てがたいものってありますよね。
私は旅先や観光地、街のお店などに置いてあるパンフレットなど、目を引くものがあるとところ構わず持ち帰る習癖があります。いつか何かの参考になるかもしれないと、捨てきれずに保管しているのですが、今やこれが整理しきれず山となっています。
一つひとつを手に取ってみると当時の思い出が甦ってくるのですが、この後どうしたらいいか、いよいよ自分の中では差し迫ったものがあります。思い切って断捨離しかないですかね。たかがパンフレット、されどパンフレット。大袈裟に(笑)。

シマリス

冬眠から目覚める動物たち
さてさて思い切って断捨離を決意した後は、いつもの歳時記の話題に戻しましょう。
3月6日からは二十四節気の「啓蟄(けいちつ)」です。
冬ごもりをしていた虫たちが目覚める頃であり、春雷が起こる時季でもあります。虫たちはその雷の音に驚いて地上に出てくるものと考えられていました。日に日に寒さが和らぎ、陽光の中に春を感じ始める頃です。
目を覚ますのは動物たちだけではありません。わらび、ぜんまいなどの山菜たちも土から顔をのぞかせます。

タラの芽
※写真をクリックすると拡大してご覧になれます。

春の野山には危険がいっぱい
この頃になると野山に雪が消え、わらびやぜんまいなどが芽を出して、山菜採りが始まります。
山菜の王様でもあるタラの芽(写真上)は山菜料理の代表でもあり、少し苦み走った天ぷらの味は天下一品です。とげがあるので山菜摘みは注意が必要ですね。背丈くらいのところに芽が出ており、採ろうとすると手にとげが刺ってしまうこともあります。私も何度か血まみれになってタラの芽を摘んだことがありました(笑)。
地方によっては雨水の頃、芽を吹き出したふきのとうも見られますが、よく冬眠から目覚めた熊の餌となるケースが多いようです。この時季の山菜採りは熊の出没に十分ご注意ください。山へ入るときは鈴をお忘れなく。

武士も公家も蟄居閉門に処せられた
同時に3月10日頃までは啓蟄の初候、七十二候の第七候「蟄虫啓戸(すごもりのむしとをひらく)」に変わります。
土の中に穴を掘って隠れていた虫たちが、土の扉を開き広げて出てくる時季ですが、「蟄」は巣籠もりしているという意味もあります。
「蟄居閉門」ということばがあります。江戸時代、武士または公家に対して科せられた刑罰のひとつで、家に閉じこもり門を閉じ、来客や家人の出入りを止める謹慎処分ですが、元々は家の中に籠もっているということです。渡辺崋山は高位の武士としては蟄居という最高刑といえる、今でいう無期懲役に処せられたことはご存知だと思います。
七十二候第四十七候、秋分次候の「蟄虫坏戸(ちっちゅうとをとざす)」と対になっています。

春分を迎える頃は草木も芽吹き、美しい花々が咲き誇るうららかな季節がやってきます。もうすぐ陽春の到来ですね。

◇二十四節気 啓蟄(けいちつ)◇
二十四節気三番目の節気。3月6日および春分(3月21日)の前日まで。
冬のあいだ土の中に巣ごもりしていた虫たちが目ざめ活動を始める時季。
◆啓蟄の七十二候は次の通り。
第七候(啓蟄初候)3/6~3/10 蟹虫啓戸(すごもりむし、とをひらく)
土の中に穴を掘って隠れていた虫たちが、土の扉を開き広げて出てくる時季。
第八候(啓蟄次候)3/11~3/15 桃始笑(もも、はじめてさく)
ようやく春らしくなって桃の花が咲きはじめる時季。
第九候(啓蟄末候)3/16~3/20 菜虫化虫(なむし、ちょうとなる)
成長した菜虫(青虫)が羽化して紋白蝶になる時季。


ご迷惑をお掛けしております。本日もコメント欄を閉じております。










参考サイト:趣味の農園占星暦、@niftyお楽しみマガジン、七十二侯がまるごとわかる本
写真協力:写真素材-フォトライブラリー

人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ
↑あなたのお気持ちを有難く頂戴します。
関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

日めくりカレンダー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top