• 2014
  • 01/25
  • Sat

凍てつく厳寒に消防出初式の観閲式

長い間使いこんできた財布。最近傷みがひどく、かなりくたびれてきました。財布の寿命は3年なんだそうですが、この辺で気分一新するつもりで買い替えてみようかと思います。
ネットを見たら「財布を買い換えるなら春の時季」こんな記事が目につきました。「春」は「張る」に通じ、財布が膨らみ、お金が沢山入るそうなんです。しかも二つ折り財布より長財布の方が金運に恵まれるとのこと。
福沢諭吉さんの紙幣で膨らむことを願ってみたいですね。

氷柱

身も心も凍てつく厳しい「水沢腹堅」
さてさて二十四節気も終盤に迫り、1月25日頃から29日頃が大寒の真ん中で、寒さのピークに達します。七十二候では第七十一候「水沢腹堅(みずさわあつくかたし)」となります。
川を流れる水が凍るほど寒い時候です。1年で最も冷えを感じる厳しい時季ですが、僅かながらも少しずつ日照時間が長くなり、春の足音がかすかに近づいているのが分かります。豪雪による生活への支障が出る地方は別にして、氷や雪の美しい景色を楽しめるのもこの頃です。

沢水の大氷瀑で作柄占い
全面結氷した川は見たことありませんが、上流で流れが緩やかなところは凍りついています。氷瀑といわれるように、条件次第では滝でも凍ります。滝は滝壺の端から段々と登りながら上に向かって凍るのだそうです。
花巻市にある「たろし滝」は川に注ぐ沢水が凍りついて大氷柱となります。地元の人たちは氷柱の太さでその年の作柄を占うそうです。毎年行われている氷柱の測定会、今年は2月11日に行われるようです。寒い今年のたろし滝、果たして過去最高の太さ8mを上回ることができるでしょうか(詳しくは過去記事2013年1月20日「大寒に見られるダイヤモンドダスト」を参照)。

みちのく五大雪まつりで冬の祭典満喫
東北三大祭りが「ねぶた祭り」「竿灯まつり」「仙台七夕まつり」なら、青森県弘前市の「弘前城雪燈籠まつり」、青森県八戸市の「八戸えんぶり」、秋田県男鹿市の「なまはげ柴灯まつり」、秋田県横手市の「横手かまくら」、岩手県雫石町の「いわて雪まつり」が北東北の冬を代表する「みちのく五大雪まつり」でしょう。
さっぽろ雪まつりにも負けないみちのくの五大雪まつり。2月中旬頃に集中して開催されます。みちのくを一周しながら雪のイベントを楽しむことができます。
寒さをものともせず、時間とお金に余裕のある方は雪まつりと温泉旅行で存分にお楽しみください。雪まつりもいいですけど、深く積もった雪景色を見ながら露天風呂に浸かるのもいいものですよ(笑)。


「凍てつく厳寒に消防出初式の観閲式」はこの後も続きます。
閲覧される方は下の『Read More』からどうぞ。


本日もコメント欄を閉じております。申し訳ありません。






参考サイト:びお、七十二侯がまるごとわかる本、テポーレトクトク便りVol.377
写真協力:写真素材-フォトライブラリー

人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ
↑あなたのお気持ちを有難く頂戴します。
消防団の出初式を市長が観閲
新春恒例になっている地元消防団による出初式が、先日1月19日市内の商店街通りにおいて行われました。
地元市長が観閲するなか、午前11時過ぎ婦人消防隊や各分団消防隊隊員250名、消防車24台による分列行進による雄姿を披露。市民の皆さんに防火防災を喚起しました。
初期消火、応急救護、放水訓練などは毎年6月に行われる大演習会(初午)で披露されることになっており、この日は各分団の分列行進と市長の観閲式でした。

消防出初式(消防車)
24台の赤い消防車が並ぶと壮観です。昔はガッチャンポンプなどと呼ばれる手漕ぎ式ポンプでしたが、今は緊急用設備を整備した迫力ある消防車が、各分団に配車されてるんですね。
ガッチャンポンプから消防自動車に切り替わった頃、まだ消防隊員も慣れないせいか、いざ火災出陣となったときエンジントラブルが起きたりして現場に急行できなかった、などというエピソードも聞いております。

消防出初式(婦人消防隊)
婦人消防隊の制服、いいですね。現在は隊員数も少ないですが、東日本大震災では被災地の巡回や犠牲になられたご家族への訪問、被害のあった無人店舗の警らなどで大活躍したという話も聞いております。

消防出初式(消防団員)
消防分団隊員の行進です。この方たちもやはり大震災では大活躍されていました。津波の襲来に備え、水門の開閉に行き、逃げ遅れて犠牲になった方もおられます。高台に避難する市民を誘導したり、恐怖を顧みず最後まで任務を果たした方もいるそうです。

消防出初式(消防車パレード) 消防出初式(ラッパ隊)
私の親父も生前は消防団の分団長を務めていた頃がありました。実際に活動していた頃の姿は覚えていませんが、分団の集合写真が残っています。酒豪の親でしたが、こういうところではキリっとしていたんですね。
右はラッパ隊の吹奏です。消防団の半纏。それにしてもこれがラッパ隊の制服なんでしょうけど、何とかならないですかね。違和感があります。火災現場でラッパを吹くわけではないのでしょうから、もう少し音楽隊らしい清楚な制服は考えられないのでしょうか。
関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

日めくりカレンダー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top