平成26年は物事が「うま」くいく午年

2014年(平成26年)の干支は「午」。そんな干支は、もともと天文学や農業などで数字を数えるためのものであり、民に浸透しやすくするために動物を当てはめて考えるようになったんだそうです。
来年の干支「午」には「馬」の字があてがわれるようになりました。そんな馬は「物事が”うま”くいく」、「幸運が駆け込んでくる」などと言われ、非常に縁起の良い動物とされているんですね。
よし、じゃ来年はダービーでも買ってみますか(笑)。

午年

新しい角が生える「麋角解」
さてさて年の瀬も押し迫った12月27日からは七十二候の第六十五候「麋角解(しかのつのおつる)」です。
「麋角(びかく)」とは「なれしか」という中国に生息するトナカイに似た大鹿の角のことをいい、オス鹿の角が抜け落ちて、新しいものが生えてくる時候という意味があります。自然界では植物だけではなく、動物たちも冬の装いになっていくんですね。



新年を迎えるための正月準備
2013年も残り後僅か。皆さんお忙しい毎日をお過ごしのことと思います。正月までの主な行事を取り上げてみました。皆様ご自身のスケジュールをお立てになり、怠りなく正月を迎えください。

大掃除 大掃除
正月を迎えるにあたっての準備の一つに大掃除があります。
江戸時代には「すす払い」と言われ12月13日に行われておりました。 これは年神様をお迎えするため家を清める目的で行われていました。現在は「一年の垢を落として新しい気持ちで新年を迎える」という意味合いが強くなっています。大掃除の後、清々しい気持ちで正月の準備を始めましょう(詳しくは過去記事2011年12月10日「12月13日は正月事始め すす払い」を参照)。

鏡餅 正月飾り
今はあまり見かけなくなりましたが、門松はお正月の代表的な飾りの一つです。元々はその年の歳神様である歳徳神(としとくじん)が降りてくるときの依り代(よりしろ)として神様が宿るものと考えられていました。歳徳神を迎える目印が門松なら、神棚は歳徳神が鎮座する神聖な場所です。
神棚のある家では神具を洗い、しめ縄やしめ飾りで古い年の不浄を断ち、歳徳神を迎えます。神棚がない場合は床の間などに飾ります。手入れや飾り付けを怠りなく、新年に相応しいお正月を迎えたいものです。
また飾る際、29日に門松を立てるのを「九松」と言い「苦」を「待つ」に通じるとされ避けられます。大晦日に立てることを「一夜飾り」と言い、これも嫌がられます。餅つきも「苦餅」「苦をつく」に通じます。鏡餅などを買った場合も28日までに配達をすませてもらいます。来年もまた良い一年でありますようにという願いを込めて準備をしたいものです(詳しくは過去記事2012年12月26日「正月準備を整え 来るべき年を新たな気持ちで」を参照)。

除夜の鐘 除夜の鐘
大晦日の夜に除夜の鐘の音を聞くと、いよいよその年が明けるのを実感します。一般的に108の人間の煩悩の数だけ撞き、その煩悩を浄化するといわれています。寺院では午前零時を前にして除夜の鐘をつき始め、年をまたいで108回鳴らします。107回は旧年中に、最後の一回は新年につくのが習わしなんだそうですが、現代では必ずしも習わし通りは行われてないところもあるようですね(詳しくは過去記事2011年12月30日「除夜の鐘は暮れの風物詩」を参照)。

年越しそば 年越しそば
大晦日の夜には、細く長くなどと長寿を祈ってそばを食べる習慣があります。関西などでは、運を呼ぶ「うんどん(うどん)を食べて「太く長く」を願うところもあるといいます。切れやすいそばはその年の災厄などを断ち切るから、金細工師が飛び散った金粉を集めるため、そば粉の団子を使ったことから、などという説もあります。地方によっては大晦日ではなく、元旦や1月14日に食べるところもあるそうです(詳しくは過去記事2010年12月27日「大晦日は1年の締めくくり」を参照)。

御手洗②松の内と初詣
松飾りをつけておく期間を松の内といいますが、この期間は関西と関東では違います。一般的に松の内は1月7日の大正月までをさしますが、関西地方では1月15日の小正月までとされているところが多いようです。
また、初詣といえば1月1日の元日から3日までの三が日の間に神社や寺院に詣でることをさします。もともとは家長がその地域の氏神様がいる社で一夜を明かし、家族の一年の安泰を願う「年籠り(としごもり)」が起源といわれています。この年籠りが後に、大晦日の夜に詣でる「除夜詣」と、元日の朝に詣でる「元日詣」にわかれたのです。この「元日詣」が「初詣」のもとになったという説もあります(詳しくは過去記事2008年12月30日「初詣おもしろ雑学」を参照)。

年始回りなどで忙しかった正月も、今では海外旅行や温泉旅行、帰省などと自宅を留守にしがちです。歳神様も留守番役が多くなっているかもしれませんが、せめて古くから伝わる正月行事で歳神様をおもてなししたいものですね。



本年の「華麗なる歳時記」は今回をもちまして終了とさせていただきます。皆様にはこの1年間ご愛読いただきましてありがとうございました。2014年は皆様にとって、今年にもまして佳き年となりますようお祈りいたします。来年もどうぞよろしくお願いいたします。新年は1月5日からスタートさせていただきます。
なお、今回はコメント欄を開きました。ご返信が遅れるかもしれませんが、メッセージがありましたら書き込みくださいますようお願いします。







参考サイト:年賀状ひろば、七十二侯がまるごとわかる本、テポーレトクトク便り Vol.374
写真協力:写真素材-フォトライブラリー

人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ
↑あなたのお気持ちを有難く頂戴します。
関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

こんばんは

来週の今日はもう元日ですね・・・
早いものですね、一年のたつのが年々早くなるような気がしています(^^ゞ
午年ということで来年は私も「ウマク」行ってほしいと思うことがあります。
願う膨らむ年末であります!

今年もいろいろありがとうございました、勉強させていただきました。
また来年もどうぞよろしくお願いいたします。
良いお年をお迎えくださいませ。
  • |2013.12.25(Wed)
  • |見張り員
  • URL
  • EDIT

代替画像

今年一年、お世話になりました

関西でおいしい蕎麦は、なかなか出会えません
そのせいもあってか
蕎麦は関東以北、特に東北のイメージがあります

乗馬に興味がありましたが体重が気の毒に思え、
一度も経験しておりません
ギャンブルは面白く感じず、競馬もやらないつまらない男であります^^

来る年も宜しくお願いいたします
  • |2013.12.26(Thu)
  • |FREUDE
  • URL
  • EDIT

代替画像

来年も日本の世の中がうまくいくことをと祈っています。そしてmatsuyamaさんにとっても今年以上の素晴らしい一年でありますようにと祈っています。
四季折々のさまざまをお住いの行事とともに素敵な言葉で知らせて下さり、「そういうことだったのか」とか「なるほど」など感心しています。そして東北の方たちや自然や風物、伝統や文化の美しい力強さに勇気づけられています。

matsuyamaさんとご家族の弥栄をお祈りして、今年一年のご懇篤に感謝いたします。どうぞよいお年をお迎え下さい。
  • |2013.12.26(Thu)
  • |まろゆーろ
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 見張り員さんへ☆彡

激動の2013年も残り後僅かとなりました。特に期間のある仕事をしているわけではないのですが、毎年毎年この時季になると忙しくなってしまいます。計画性がないからですね。今年の反省点です。来年の午年はうまく計画を立てるようにします(笑)。

1年の計は元旦にありといいますが、今からでも早くはないです。ぜひ願い事がうまくいくように祈っております。
今年は後半に来てご無沙汰が多くなってしまいましたが、来年は万遍なくご訪問させていただきたいと思っております。2014年もどうぞよろしくお願いします。

  • |2013.12.26(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

matsuyama さんへ!!

今年一年お世話になりましたね^^。
大みそかにはそばが多いですが関西はうどんも食べるのですね^^。皆、縁起ものですねー。縁起も信じることがよい事があるのでしょうかねー。

年末から2日まで青森に行きますので、今年の御挨拶をいたします。!来年もよろしくお願いいたしますね^^。
  • |2013.12.26(Thu)
  • |荒野鷹虎
  • URL
  • EDIT

代替画像

午年

matsuyamaさん、こんにちは。

今年もあと残り僅かとなりましたね。

お忙しい中、いつもご訪問戴きまして、誠に感謝しております。

またブログを通じて、日本の様々な歳時記、行事等、多くの事を勉強させて頂き、ありがとうございました。

午年は“うま”と“上手くいく”が語呂合わせにもなっているのですね。

これからも日本の古き良き伝統文化について、色々とご解説戴きたく願っております。

今冬も寒さが厳しいようですが、くれぐれもお身体にご留意戴いて、良いお年をお迎え下さいませ。
  • |2013.12.27(Fri)
  • |whitemoon
  • URL
  • EDIT

代替画像

午年

おはようございます。
「うま」くいく年!
いい事がありそうな予感がします。。。
  • |2013.12.27(Fri)
  • |ouna
  • URL
  • EDIT

代替画像

今年一年間 お世話になりました^^
来年もまたよろしくお願いします!

良いお年をお過ごし下さい。
  • |2013.12.27(Fri)
  • |はやちゃん
  • URL
  • EDIT

代替画像

この時期になると一年が速く感じてしまうのですが、
matsuyamaさんの歳時記のおかげで
節目節目に季節の移ろいを感じる事が出来ました、
また来年もよろしくお願いします!
午年はもっと速いのでしょうね(笑)
  • |2013.12.27(Fri)
  • |SUN太郎
  • URL
  • EDIT

代替画像

matsuyamaさんへ!!

今年一年大変ありがとうございました。!
来年もよろしくお付き合いお願いいたします。!
  • |2013.12.28(Sat)
  • |荒野鷹虎
  • URL
  • EDIT

代替画像

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • |2013.12.29(Sun)
  • EDIT

代替画像

Re: FREUDEさんへ☆彡

ご返事が遅くなりまして大変申し訳ありません。
あらためて今年1年お世話になりましたことを感謝申し上げます。

蕎麦というと信州をイメージしてしまいますが、東北ですとわんこそばで、関西ですとうどんですかね。「うんどん」なんてもいうんですね。知りませんでした。
若い頃はもっぱら乗馬というよりも馬場を駆け抜けるレースの方が興味深かったです。何度か競馬場にも足を運びましたが、結局のめり込むことができませんでした。今はお馬さんとも親しいお付き合いもせず、ひたすら12年に1度の再会を楽しみにしているくらいですかね。
来年の午年をよろしくお願いします。

  • |2013.12.29(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: まろゆ-ろさんへ☆彡

ご返事が遅くなりまして大変申し訳ありません。
あらためて今年1年お世話になりましたことを感謝申し上げます。

自然災害を受け、復興もままならない1年でしたが、日本の四季は悲嘆にくれた私たちの気持ちを浄化してくれることなく、3度目の冬を迎えようとしております。思えば世界遺産の登録や最北端の海女の話題で私たちは活気を取り戻してきているような気もします。これも皆様のご支援ご協力の賜と感謝いたしております。
素朴な文化、数少ない伝統とともに北国の美しい自然を皆様に訴求できればとの思いから始めた「歳時記」。果たして皆様のお気に受け入れられてるのかどうか、今後も最善を尽くしてまいりたいと思います。
来年もまろゆーろさんご一家の繁栄と健やかなる1年をお過ごしいただきますよう、蔭ながらお祈りいたします。
  • |2013.12.29(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

こんにちは
いつもどうもありがとうございます♪

今年も楽しく交流して下さりありがとうございました
心より御礼申し上げます
どうぞ来年もよろしくお願いいたします。
自分は30日の深夜まで仕事で
準備が何も出来てないのですが
一日で果たしてどこまで出来るか・・・(笑)

良いお年をお迎えください♪
  • |2013.12.29(Sun)
  • |スーパーサイドバック
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 荒野鷹虎 さんへ☆彡

ご返事が遅くなりまして大変申し訳ありません。
あらためて今年1年お世話になりましたことを感謝申し上げます。

細く長くというそばの特性や他の麺類より切れやすいところから、1年間の災危を絶つという意味で大晦日の夜に年越しそばを食べる習慣がありますね。関西はどうか分かりませんが、うどん県を自称する讃岐では「年明けうどん」を食べるところもあるようです。縁起物の多い暮れゆく日本の大晦日、伝統の縁起に巻かれてみるのもいいかもしれません。
年末年始は東北旅行ですか。雰囲気を変えて迎える正月もいいものです。同じ雪国ですけど、青森の豪雪、お気を付けください。
来年は東北から新年のご挨拶を交わされるのですか。よいお年をお迎えください。

  • |2013.12.29(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: whitemoonさんへ☆彡

ご返事が遅くなりまして大変申し訳ありません。
あらためて今年1年お世話になりましたことを感謝申し上げます。

whitemoonさん、コメントありがとうございます。感謝感謝です。最近は足跡訪問だけで申し訳ありません。日頃の無沙汰お許しください。
美しい日本の四季、この国に住んでいて良かったとあらためて感じ入っております。この感動を皆様と共有できたらと、浅学非才の範囲内で綴っております。少しでも心の内が伝わるよう今後も努力してまいります。
これから迎える厳冬の時季。話題が絞られてしまいがちですが、その時季に応じた華麗なる四季を日本の伝統文化として紹介できればと願っております。
どうぞ来年もお立ち寄りくださると共に、1年間の無事息災をお祈りいたします。
  • |2013.12.29(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: ounaさんへ☆彡

ご返事が遅くなりまして大変申し訳ありません。
あらためて今年1年お世話になりましたことを感謝申し上げます。

巳年から午年へ、うまくバトンタッチできることを願っております。
富貴栄達の巳年から配偶者運が良い午年への移行なんだそうです。ounaさんは午年ですか。
きっと良い1年となることを期待できる午年でもあります。
お互いに来年も健康を維持でき、長生きできることを願っております。

  • |2013.12.29(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: はやちゃんさんへ☆彡

ご返事が遅くなりまして大変申し訳ありません。
あらためて今年1年お世話になりましたことを感謝申し上げます。

体調崩されたようで、これからの季節十分お気を付けください。
午は杵の原字。十二進法では前半(午前)が終わり後半(午後)が始まる位置にあり、その中間を正午といいます。つまり十二支の中間位置にあり、草木の成長が終わって衰えを見せ始めた状態を表しており、これを馬としたんだそうです。
なるほど、午は十二支後半のスタートの年なんですね。良い午年をお迎えください。
  • |2013.12.29(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: SUN太郎さんへ☆彡

ご返事が遅くなりまして大変申し訳ありません。
あらためて今年1年お世話になりましたことを感謝申し上げます。

12月に入ると同時に超スピードで新年が巡ってくる感じですね。ま、もっともこの季節だけは超スピードで駆け抜けてほしいですけどね。
日本の四季をあらためて見直してみると、その季節季節が持つ表情が歴然としてます。特に冬に関してみると成長のとどまった草木が次の季節を目指し、そのエネルギーを蓄えている時季と思えます。春の息吹が楽しみな時季でもありますね。
はやちゃんさんのコメントにも書きましたが、午年は十二支の中間点。十二支後半のスタートにあたります。ダービーを制覇するには最後の直線で一気にスパートする差し脚も作戦の一つ。午年も一気にスパートをかけるかもしれませんね。早くもあり遅くもあり、興味深い1年です。午年の来年、どうぞよろしくお願いします。
  • |2013.12.29(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 鍵コメさんへ☆彡

鍵コメさん、コメントありがとうございます。
教えるなんてとんでもありません。自分の浅学非才さを補うため毎回知識を詰め込んでおります。終わるとすぐ忘れてしまう性質なもので、習得した知識は頭に残っていません。その知識を奮い起こすために苦労しております。
もっとオリジナルな歳時記にまとめたいところですが、自分流の歳時記が表現できません。
どうぞこのような歳時記でよろしかったら、引き続き来年もご訪問くださいますようよろしくお願いいたします。
  • |2013.12.29(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: スーパーサイドバック さんへ☆彡

こんばんは。いつもありがとうございます。

こちらこそお忙しい中、時間を割いて、いつもコメントいただきありがとうございます。
いよいよ今年も押し迫ってまいりました。
今年のスーパーサイドバックさんにとってはご多忙な1年だったようですが、ある意味充実した1年であったかもしれません。来年もまた途切れることもなく仕事が継続できることをお祈りします。
大晦日からのお休みということで、正月準備も多忙を極めそうですが、怠りなく良い正月をお迎えください。
  • |2013.12.29(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

そう 来年は午年でしたね~ 
年越しそば 準備しておかないと 
ことしもあと少し 有り難う御座いました
来年もよろしくお願い致します
  • |2013.12.29(Sun)
  • |こん☆
  • URL
  • EDIT

代替画像

お忙しくお過ごしと思います。。
時節のこと、習慣のこと・・わからない時に辞書のように立ち寄るところができました。
来年もよろしくお願いいたします。
  • |2013.12.30(Mon)
  • |niyu
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: こん☆さんへ☆彡

十二進法から見ると午年は十二支の中間点。1日の時間から見れば午前と午後の分かれ目、正午なんだそうです。後半へのスタート地点に立つ午年に向かって、細く長~く長寿を願い、年越しそばで2013年を締めくくりましょう。

今年もいよいよ明日のみとなりました。今年は自然災害や腱鞘炎など災難続きの1年だったようですが、来る年午年は何事もうまくいくよう心から願っております。
来年もどうぞよろしくお願いします。

  • |2013.12.30(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: niyuさんへ☆彡

忙しそうに見せているのは自分流のパフォーマンスです(笑)。
回りが忙しそうにしていると、自分も忙しそうに見せなくちゃ(笑)。

「わからない時辞書のように立ち寄る……」自分にとってこれ以上ない大賛辞です。
ありがとうございます。今後も驕ることなく精進し、「華麗なる歳時記」を常に新しい情報に改訂していきたいと思ってます。
来年はいろんな障害を跳躍して乗り越え、納得の午年となるよう頑張ってください。

  • |2013.12.30(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

明けましておめでとう♪
今年も仲良くしてやってd(^-^)ネ!
  • |2014.01.01(Wed)
  • |みゆきん
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: みゆきんさんへ☆彡

明けましておめでとうございます。
今年は雪に埋もれた青森からの新年の雄叫びですか。
冬眠のように雪解けの春までじっと耐え忍んでください。
北国の豪雪と寒さに負けず頑張りましょう。

  • |2014.01.01(Wed)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。
  • |2014.01.01(Wed)
  • |くろこ姫
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: くろこ姫さんへ☆彡

新年あけましておめでとうございます。
昨年はいろいろお世話になりました。
今年もどうぞよろしくお願いします。

  • |2014.01.02(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

新年
あけまして
おめでとうございます
本年もどうぞよろしく
お願いいたします。

matsuyamaさんにとって
幸多い素敵な一年になりますように♪

今年も楽しく交流してくださいませ
またよろしくお願いいたします♪
  • |2014.01.04(Sat)
  • |スーパーサイドバック
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: スーパーサイドバック さんへ☆彡

新年あけましておめでとうございます。
昨年はいろいろご指摘いただきありがとうございました。
本年も至らぬところが多々見受けられるかと思いますが、お手柔らかにお願いします。

さて、年も明け巷ではいつもの初出勤の光景がチラホラ見られるようになりました。
スーパーサイドバックさんにおいては、引き続き今年も多忙なスケジュールだと思いま
すが、この1年が幸多いものとなるようご祈念いたします。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
  • |2014.01.04(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top