正月準備を始める事始めは「大雪」から

異常乾燥が続く寒さ。マスクや加湿器で風邪対策を、手や唇にはハンドクリームやリップクリームなどで乾燥対策をしていても寒いです。肌が荒れます。
ところでハンドクリームといえば女性の肌荒れ予防かとばかり思っていたら、最近では男性もよく手肌に擦り込んでいると聞きます。その背景には、スマートフォンなどの使用が増えたことによるんだそうです。確かに、スマートフォンなどのタッチパネルを操作している時、指が乾燥してカサついていると、反応しにくいですよね。
今後スマートフォンが普及してくると、男性の使用も今以上に目立つようになるのかもしれません。

大雪

冬将軍が籠城する「大雪」
さてさて12月7日からは二十四節気の一つ、平地にも雪が降り始める大雪(たいせつ)です。
山の峰々は雪に覆われ、冬らしい風景が見られるようになります。平地では寒風が吹き荒れ、日本海側では大雪に見舞われることもあり、朝晩の冷え込みが一層厳しくなる頃です。シベリア寒気団、いわゆる冬将軍がやってきて完全な冬型の気候となります。
真冬の象徴として使われる「冬将軍」は1812年、ロシアに攻め入ったナポレオン率いるフランス軍が、極寒の気候に退却を余儀なくされたことを、イギリスの新聞が「冬将軍に敗れた」と報道したことに由来しています。

事の始めと事の納めは「事八日」
旧暦12月8日と2月8日は「事八日」(ことようか)といい、この日に事を始めたり、納めたりする大事な日でした。地方によって12月8日を「事始め」、2月8日を「事納め」という場合と、その逆に、2月8日を「事始め」、12月8日を「事納め」という場合もあります(詳しくは過去記事2010年02月08日「縫物の上達を願って豆腐に針を刺す針供養」を参照)。
江戸時代に入ると、12月13日が大吉日とされた鬼宿日にあたることから、この日が江戸城の「御煤納め」と定められました。城内では、奥女中が染め模様の手ぬぐいを用い神棚や城内を清め、歳神宿としてその準備をしたそうです。一般の民家でも、多くが歳神様を迎える準備としてすす払いを行っていました。寺院などでもこの日、本尊のすすを払っており、その慣習から今でも13日にすす払いを行っている寺院を多く見かけます(この項2009年12月16日「清々しい迎春の前準備」を一部引用)。

生き物が活動を控える「閉塞成冬」
七十二候では第六十一候の「閉塞成冬(そらさむくふゆとなる)」に変わります。
空を塞ぐように重く広がった雲が、まさに冬の天気になってきたという様子を表した言葉です。特に日本海側のこの時季の空は、この表現がぴったりと当てはまりそうです。字面からも分かるように「閉塞」には、すべての生き物が活動を控える様子が表れています。



鮭の遡上が盛んになります
冬眠する動物が多いこの時季、産卵する生き物もいます。3~6年掛かって故郷に帰ってくる鮭は、高緯度ほど早く10~12月には産卵のための遡上が見られます。

鮭遡上
今年も私の家の近くを流れる小さな川に鮭が遡上してきました。5匹6匹、群れを成し、背びれで水を切るように我先に上流を目指して上っていきます。上流に行って産卵するのでしょうが、途中で息絶えてしまう鮭もおり、川辺には力尽きた死骸も目につきます。

つかみ捕り(男)
地元では川を遡上する鮭を「南部鼻曲り鮭」と呼んでおり、毎年1月、川を遡る鮭をつかみ捕りする「鮭まつり」を開催しておりました。昨年からは東日本大震災の影響で「サーモンフェスタ」と名前を変え、駅前広場に設置した特設水槽で、鮭のつかみ捕り体験が行われています。来年は1月12日実施の予定。
合羽に着替えた子供たちは元気に水槽を泳ぎ回る鮭を追いかけます。小さな子供たちと同じくらいの体長をした鮭を捕まえご満悦。メスのお腹にはイクラが入っていますからオスより価値が高いんですね。見分けるのが大変ですけど(写真は今年1月のサーモンフェスタより)。

鮭串焼き 鮭弁当
新巻鮭 鮭釣り
つかみ捕り(女)
昨年11月行われた「鮭あわびまつり」では鮭の串焼き1本100円、鮭の切り身とイクラのたっぷり弁当が500円で販売されていました。店頭では市価6千円相当の新巻鮭が2千円で大盤振る舞い。こちらでも女の子が鮭のつかみ捕り体験に参加、鮭と格闘していました。大人のつかみ捕りは制限時間内に捕り放題。うまい人は1人で3~4本捕まえていました。その横では鮭の釣りゲーム。釣り上げるには生きた鮭より難しいかも。子供たちは器用に釣り上げてましたね(写真はいづれも昨年11月の鮭あわびまつり」より)。

この時季、本州一の漁獲量を誇る鮭の街ならではの鮭と親しむイベントが開催されます。今年の「鮭あわびまつり」は11月24日に終了しました。


◇二十四節気 大雪(たいせつ)のメモ◇
二十四節気21番目の節気。12月7日および冬至(12月22日)の前日まで。
◆大雪の七十二候は次の通り
初候 第六十一候(12/7~12/11) 閉寒成冬(そらさむく、ふゆとなる)
天地の気が塞がって真冬となる時期。
次候 第六十二候(12/12~12/16)熊蟄穴(くま、あなにこもる)
熊が冬眠のため自分の穴に隠れる時季。
末候 第六十三候(12/17~12/21)鮭魚群(さけのうお、むらがる)
鮭(さけ・しゃけ、あきあじ)が群がり、河川をさかのぼって行く時季。



三陸産焼うに80g5個入り

三陸産焼うに80g5個入り
価格:14,150円(税込、送料別)





参考サイト:ぴお日々是活き活き 暮らしの歳時記鮭いろは、七十二侯がまるごとわかる本、テポーレトクトク便り Vol.372
写真協力:写真素材-フォトライブラリー

人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ
↑あなたのお気持ちを有難く頂戴します。
関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

おはようございます♪
いつもどうもありがとうございます♪

東京でもここ数日雨が降らなく乾燥注意報が
発令されており、喉がやられそうで、ウイルスも蔓延
この前、街中歩いてる人で100人中30人強が
マスクをしてる調査結果が出ていたようです
ハンドクリームは自分は仕事柄この時期常に使用しております
いまカメラもデジタルに変わって10年以上になりますが
このデジタル機器、静電気は御法度なんで・・・
フィルムの時では考えられないデータの消失がありますので
メディアに触る時なんて基盤むき出しのSDカードとか怖いですね・・・

またよろしくお願いいたします♪
  • |2013.12.06(Fri)
  • |スーパーサイドバック
  • URL
  • EDIT

代替画像

愛媛県南部で幼少期を過ごした私は
鮭を本でしか知りませんでしたが、後に
当たり前のようにスーパーにも陳列されるようになりました

郷土の産物に触れることは大切ですね
食の重要性を知ってくれるきっかけになればいいと思います
  • |2013.12.06(Fri)
  • |FREUDE
  • URL
  • EDIT

代替画像

真っ白な世界に霞む朱の鳥居。美しい風景ですね。
日本人がもっとも落ち着く冬の姿かもしれませんが、確かにこれから寒さが厳しくなっていくのも事実ですね。
冬を肌身に感じるのは九州人よりもやはり東北や北海道の方たちでしょうね。
鮭がご近所の川に遡上するなんて信じられない光景です。ところが福岡でも今年1匹の鮭が帰ってきたとか。カナダ沖まで泳いで戻ってきたのですから凄いことです。
でもやっぱり近くの川に鮭が泳いでるなんて感動ものです。
  • |2013.12.06(Fri)
  • |まろゆーろ
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: スーパーサイドバック さんへ☆彡

こんばんは。いつもありがとうございます。

3割といっても人口が密集している都市での3割は絶対数が多いですからね。お気を付けください。
自分らのように年取った人の乾燥肌は辛いですね。スマホどころか新聞のページもめくれないですよ。ましてや精密機械でもあるデジタルともなると、トラブルが怖いですね。

  • |2013.12.06(Fri)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: FREUDEさんへ☆彡

鮭の国内生息分布は太平洋側で千葉県銚子、日本海側で島根県が南限だそうですね。
愛媛県にお住まいでしたら、鮭どころかその遡上などを見ることもできないですよね。自分なんかでも遡上を間近に見るのは最近です。昔は鮭どころかフナなどの川魚しか見かけませんでした。鮭が遡上するようになったということは川の水もきれいになったということでしょうかね。日本の川ほどきれいな水はないですし、外国のあの汚れた川とは比較できません。日本人として誇りを持てますね。

この時季遡上してくるのはいいのですが、力尽きて岸辺に打ち上がった亡骸を葬ることもできないんですよね。聞くところによると、漁業権があるから権利のない人は手を付けることもできないんだそうです。近隣の方にとって死臭は漂うし、ただもうカラスの餌になるだけなんですよね。

  • |2013.12.06(Fri)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: まろゆ-ろさんへ☆彡

イメージ写真としていつもレンタルを利用してるんですが、今回の写真は山形県羽黒山の神社なんです。さすがに雪深いですよね。日本の冬を象徴するようなカットです。
昔と違って最近では中央から流れる若い人のファッションも、TVやPCの映像でいち早く伝えてくれますから、流行には敏感なようです。我々のようなファッションに疎い年配者は、寒さを防ぐことを優先して着膨れになってしまいます。その辺が冬を肌身に感じる東北北海道の象徴かもしれません。南国では見当たらない姿ですね。
千葉県銚子が鮭の南限だそうですから、九州ではなかなか見かけることがない鮭の遡上かもしれません。春になると小学生たちが鮭の稚魚を地元の川に放流するニュースが流れます。これで数年後には川の臭いを頼りに、郷里に戻ってくるんですよね。だからこそ川は常にきれいにしておきたいものです。

  • |2013.12.06(Fri)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

こんばんは!

大雪に恥じない寒さです・・・(-_-;)
いよいよ今年も残り少なくなり暦もそうなると本当に「寒いなあ」という気になりますね。

鮭、好きです!!
そのお子さんのイクラも大好きです!
しかし鮭は産卵のために大変な苦労をするんですね、鮭を食べるときそんなこともちょっと思って食べたいと思います!
  • |2013.12.06(Fri)
  • |見張り員
  • URL
  • EDIT

代替画像

最後の写真がいいですね~^^

そばにいたら 「がんばれ~」
と声をかけちゃいますね^^
  • |2013.12.06(Fri)
  • |はやちゃん
  • URL
  • EDIT

代替画像

私もハンドクリーム使ってます~
朝昼晩3回付けてます~ 肌荒れと静電気対策
こちらも山頂は白色に~ だんだん近づいてます
  • |2013.12.07(Sat)
  • |こん☆
  • URL
  • EDIT

代替画像

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • |2013.12.07(Sat)
  • EDIT

代替画像

Re: 見張り員さんへ☆彡

いよいよ二十四節気も大雪に入りましたね。昨日の日本海側の北国は銀世界に覆われたようです。寒さもさることながら、北国には雪かきというもう一つの仕事が増えました。これから春を迎えるまで雪と格闘です。

冬の食卓を彩ってくれるのが新巻鮭。ポピュラーな海鮭と違って、少々高級魚になりますが、こちらの民家の軒下には新巻鮭を干す光景が目に付き出しました。鮭の街の風物詩でもあります。みんなお歳暮にあるいは年が開けてのお年賀に、その嫁ぎ先が決まっているようです。
苦労して産卵したイクラとともにその味をご堪能ください。もっとも食卓を彩るイクラは孵化場で人工産卵したものが多いようですけどね。

  • |2013.12.07(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: はやちゃんさんへ☆彡

つかみ捕りは手慣れているという感じの女の子でしたね。
捕まえたときは思わず「うまい」と口ずさんでしまいました。
もっともこちらの浜の子は魚と慣れ親しんでいるからなのかもしれません。
デモンストレーションで中学生位の男の子がつかみ捕りをを見せてくれました。
鮭の泳ぎに合わせてヒョイと掴んじゃうんですよ。
釣り上げる時の「合わせ」みたいなもんですかね。

  • |2013.12.07(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: こん☆さんへ☆彡

そうですか。お使いになってますか。しかも朝昼晩の3回も。
クリーム塗ることで静電気予防になりますか。
衣類を脱ぐとき、パチパチと静電気起きるんですよね。
今度塗ってみようかな。

昨日はあちこちで白いものが舞ったようですね。
こちらはまだ初雪は見られません。空っ風ばかりです。寒~い。

  • |2013.12.07(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

matsuyama さんへ!!

7日は「大雪」だったのですか?
特殊な暦以外では表示されていませんが不便ですねー。どうして伝統の歳時記を記載しないのでしょうか?
本道は時期外れの大雪が降った後はあまり降っていません。可笑しな気候となってきました。
建築ラッシュで冬でも工事ができるようになった北海道です。
雪が降らないことはありがたいことですが、クリスマスがブラッククリスマスになるのはちょっとムードに欠けますよね~~~
今日も好転ですが、気温は低いです。真冬です。笑)
  • |2013.12.08(Sun)
  • |荒野鷹虎
  • URL
  • EDIT

代替画像

もう正月準備の話題なんですねえ、時の過ぎ去るのが早い!
私も手の潤いのないほうで、買い物の際にスーパーのビニール袋がなかなか開けず難儀しています。スキンケアしようかな。
鮭のつかみ取りの女の子、豪快ですね!(^o^)
  • |2013.12.09(Mon)
  • |カノッチ
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 荒野鷹虎 さんへ☆彡

12月7日は二十四節気の大雪でした。これからますます冬が本格化してきますね。
最近のカレンダーはビジュアル中心になってますから、二十四節気を標記したカレンダーは数少なくなりましたね。二十四節気を知りたいなら市販の暦を買ってご覧くださいっていうことですかね。

北海道は雪が少な目ですか。生活的には雪のない方がいいんですが、雪がないことで支障が出るケースもありますね。スキー場は雪不足だと営業不可能になりますし、ホワイトクリスマスも名ばかりになってしまいますね。
自然とはよくできたもので、その時期になるとドカッと降ることもあって、年間降雪量の帳尻を合わせてくれるかもしれませんね。

  • |2013.12.09(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: カノッチさんへ☆彡

12月に入っただけで気忙しくなるもんですね。暮れ=正月ですから。新聞も12月に入った途端、今年の10大ニュースがノミネートされてました。まだこの先重大な事件事故があるかもしれないのに。

そうそうスーパーの買い物袋、なかなか開けれないですよね。近くに濡れたスポンジがあるといいんですが、ない時は周りに気遣いながら指を舐めたりして、ハハハッ。スマホだけの問題ではなく、身体全体に保湿性が無くなってきてるんでしょうね。赤ちゃんのあのみずみずしい肌を見たら羨ましいです。
昨年の「鮭あわびまつり」は小雪交じりの寒い日でしたが、子供は風の子です。冷たい水槽の中で腕まくり、泳ぎ回る鮭と格闘してました。


  • |2013.12.09(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top