ただ今日本列島紅葉スポット南下中!!

食器洗いや風呂掃除など、家庭の様々な場所で活躍する亀の子束子。皆さん一度でもお使いになったことはありませんか。形が亀に似ているところから付いた名前ですが、お馴染みの束子です。
初めて誕生したのが1907年といいますから、実に今年で106年目になるというロングセラー商品なんですね。発売当初は1個3銭で、今は294円。現在でも年間400万個を製造するなどその勢いは衰えていません。形や大きさは試行錯誤を繰り返したものの形状や品質は今もほとんど変わっていないそうです。
頑固な汚れもこれ一つできれいに取れます。クリーニンググッズの王様ですね。類似品が多い中で、手頃なお値段の亀の子束子は今でも健在です。いいものは長く愛され続くんですね。

もみじ

七十二候は10月28日より「霎時施」
さてさて10月28日頃からの七十二候は第五十三候で、霜降の次候「霎時施(こさめときどきふる)」に変わります。
しとしと降り続けるでもなく、パラパラとしずくを散らして、すぐに止むような小雨が落ちる時候を「霎時施」といいます。落ち葉に向かって静かに降る雨はどことなくもの寂しく、秋の切なさが感じられます。さっと降っては止むことから、「女心と秋の空」(男心と〜)を表わす言葉とも言われてます。日本海側は曇がちな日々が続き、いよいよ初雪が降る時季が近づいてきます。
春雨が華やかに感じられるのに対し、秋雨はどこか淋しげな語感があります。秋雨は秋霖とも、霧雨とも呼ばれ、また秋時雨(しぐれ)とも呼ばれます。
宮崎県の日向では霧雨のことを、猫毛雨(ねこんけあめ) と呼ぶそうです。どことなく親しみのある言葉ですね。日向の後背にある高千穂の山々に、雨をもたらした水蒸気が風によって送られると、日向では小雨になります。こまかな霧雨で、まるで猫の毛のような雨なんだそうです。


錦秋の美しさに萌える八幡平に酔いました

先日23日の八幡平(標高1613m)山頂付近は霧雨のような深い濃霧でした。
秋も深まり、山々が色づき始める紅葉の時季、岩手県と秋田県にまたがる八幡平は、山が萌えるように紅葉が始まっていました。
秋田県側から上った八幡平アスピーテライン。中腹の標高1000m付近は、道の両側で紅葉したブナ林が出迎えてくれます。暫く赤や黄の鮮やかな自然に目を奪われていました。
濃霧と黄葉
黄葉が始まった中腹付近を過ぎると濃霧がかかりだしてきました

やがて先日降った雪がまだ融けきらない山頂付近に差しかかると、落葉したブナが寒々と木肌を見せ始めます。代わってどこからともなく流れてきた霧で、行く手を拒まれ、山頂付近はすっかり濃霧に覆われてしまいました。視界は悪く、100m先の対向車が見渡せません。
ストーブを焚いている山頂のレストハウスで一呼吸。晴れていれば眼下に広がる森の遥か彼方に岩手山(標高2038m)や、秋田駒ヶ岳(標高1637m)が見渡せるはずでした。湿原と森に囲まれた自然に後ろ髪を引かれながら麓を目指し、アスピーテラインを下り岩手県側に入ります。
八幡平山頂付近
山頂のレストハウス付近は濃霧が漂い、幻想的だったのですが…

麓の松川渓谷は萌えつくような黄葉。人里離れた里山に1966年地熱発電では日本で最初に造られた「松川地熱発電所」があります。ここは地下に蓄えられた熱エネルギーにより地熱タービンを回し、一般家庭5万世帯に電力を供給しております。
ところどころから吹き上げる水蒸気のそばには黄葉が萌えあがっていました。管理人のお話では「今年の紅葉は例年より遅れていて、鮮やかさがまだない」そうで、近くの紅葉スポットを紹介されました。
松川地熱発電所
松川地熱発電所付近は地下から吹き出す湯気と黄葉に覆われていました

車で5分位走ると、見えてきました。県民の森の「森の大橋」。この橋から見下ろす渓谷の紅葉は、今が最盛期。渓谷に流れる川の両側には自然林が連なり、楓やイチョウ、ブナなどが常緑樹の緑と相まって錦秋の風景を織りなしています。自然が染める美しい秋色には感銘でした。
松川渓谷①
松川渓谷③
松川渓谷②
森の大橋から眺望する八幡平の麓は秋色に染まっていました(上) ダムで堰き止められた湖水は黄葉の木々が覆い尽くしていました(中) 松川渓谷の紅葉は夢幻的で感動です(下)





参考サイト:ぴお、七十二侯がまるごとわかる本、八幡平市観光協会、八幡平パークガイド
写真協力:写真素材-フォトライブラリー

人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ
↑あなたのお気持ちを頂戴します。
関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

きれいですね。紅葉と言えばやはり北海道や東北かと。色がこちらとはまったく違って鮮やかです。冷えていく一方の気温に木々も急いで色付いていっている感じですね。山も深いし本当に美しい。
我が家の桜の木は年々色付きがおかしくなってきています。きっと夏の激しい暑さゆえでしょうね。風情が徐々に削がれていっている寂しさを感じています。

地震は大丈夫でしたか。随分と揺れたのではないでしょうか。お気を付け下さいね。
  • |2013.10.26(Sat)
  • |まろゆーろ
  • |URL
  • EDIT

代替画像

おはよういございます

今シーズンの紅葉は休日ともなると雨、もしくは曇りとお天候に恵まれませんね!
紅葉を楽しみたいより紅葉の写真を撮りたいので晴れ間を待っているのですが、これがなかなか(笑)
新しいい偏光フィルターも準備したのに出番がないです!!
南陽の菊まつりも、見頃が過ぎちゃうよ~!
と地元の者に教えられたのですが、こちらも雨でどうにも動けません!!
せめて明日、晴れてくれれば・・・・
  • |2013.10.26(Sat)
  • |はやちゃん
  • URL
  • EDIT

代替画像

先月末、大阪南港からフェリーで鹿児島志布志港へ渡りました
宮崎県と熊本県を中心にバイクで走行しながらの撮影、
阿蘇山で10m先が見えない濃霧にも遭遇したことを思い出しました

八幡平に行ったことがなく
興味を持って拝見させていただきました
  • |2013.10.26(Sat)
  • |FREUDE
  • URL
  • EDIT

代替画像

おはようございます。

紅葉がずいぶん進んでいますね。
先日出かけた福島・新潟県境の山越えでは、
ちょっと色づき始めたかな…という程度でしたが、
今夜あたりからぐんと冷え込むとのことなので
こちらも一気に色づきが加速するかも知れません。

亀の子束子、
お風呂のヘチマとならんで大分前からスポンジにおされて
とんと見かけなくなったと思っていましたが、
まだあったんですね。なつかしいです。
  • |2013.10.26(Sat)
  • |茶々
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: まろゆ-ろさんへ☆彡

錦繍に染まるとはまさにこのことか思えるほどの秋色でした。
遮るものは何もない自然の中で育まれる衣替えですからね。田舎の紅葉は「観る紅葉」、伝統都市の紅葉は「魅せる紅葉」です。ナチュラルな紅葉に思いを馳せるか、伝統芸能などで脚色された紅葉に魅了するかですよね。
色の深さは寒暖差によるものらしく、気温の変化は人間が介入できない世界でもあります。だからこそ自然美への探求心は、人間のあくなき挑戦なのでしょうかね。
地球には自然の美しさを見せてくれる反面、地震、津波、台風など畏怖心を煽るものもあります。昨夜の地震は
久し振りに長い揺れを感じました。津波注意報を知らせる市の町内放送も震撼とさせるものがありました。被害のなかったことに安堵しております。ご心配いただきありがとうございました。
  • |2013.10.26(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: はやちゃんさんへ☆彡

自然は気まぐれですからね。休日どころか、ここ1週間は雨が降ったり止んだり、お天道さんが顔も出してくれません。休日にレジャーを楽しもうと思っている方にとって、お気の毒な天気が続いてます。
こんな天気が続いていたら、紅葉の美しさを見ずして枯れ木になってしまいますよね。
折角、偏光フィルターも準備し、手ぐすね引いて待ってるのに、つれないもんです。
明日は台風も東の遥か彼方に逃亡するようですから、今月残された最後のチャンスかもしれません。紅葉を撮影しなければならない、菊人形にもお目にかからなければならない。急に忙しくなってきそうですね(笑)。
まっ、焦らずゆっくりと行きましょう。「狭い日本そんなに急いでどこへ行く」ですよ。

  • |2013.10.26(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: FREUDEさんへ☆彡

フェリーですか。のんびりと潮風にあたりながら、旅気分を満喫する、それこそゆとりの秋旅行ですね。
山の天気は変わりやすいといいますけど、濃霧が地上を占める時間はあっという間です。さっきまで見えていたところが今はもう隠れてしまった、という感じです。
自分も深い霧の中を走ったのは3回目でした。初めて遭遇したのは伊豆の山中。初体験で10m先が見えませんでした。焦りましたね。手足は冷や汗びっしょりです。自然の美しさだけに魅了されておらず、急変する天候にもご注意、というのが教訓ですね。
自分も八幡平に上ったのは初めてでしたが、アクセスは整備され、見晴らしは最高でした。ただ秋田県側には迂回路がないですから、事故渋滞や観光渋滞にはまったら身動きできないかもしれませんね。

  • |2013.10.26(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

こんばんは
いつもどうもありがとうございます♪

毎年言ってますが
今年こそゆっくり
紅葉見に行きたいです♪(笑)

またよろしくお願いいたします♪
  • |2013.10.26(Sat)
  • |スーパーサイドバック
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 茶々さんへ☆彡

こんばんは。

福島、新潟近辺の紅葉はまだ早いんですかね。そういえば前泊したのが秋田県でしたけど、平地のせいかまだ紅葉には早かったです。例年だと11月上旬が見頃のようですね。ぜひ行ってみてください。
そうそう、ヘチマはとんと見かけなくなりましたね。うちでも姿をくらましてからもう10数年経ちますかね。子供の頃はヘチマで身体を洗わされてました。石鹸をつけても痛くて。今はスポンジの柔らかいものがありますからね。亀の子束子は今でも使ってます。我が家では健在ですよ。

  • |2013.10.26(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

紅葉シーズンで 山にでも行きたいところですが
ずっと雨で ダメなんですよ
台風の風で 落ち葉になっちゃってます~
  • |2013.10.27(Sun)
  • |こん☆
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: スーパーサイドバック さんへ☆彡

こんにちは。いつもありがとうございます。

この時季にしか見られない紅葉です。
一度スケジュールを調整してご覧なって見てください。
忙しい中にも心が洗われますよ。

  • |2013.10.27(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: こん☆さんへ☆彡

大型の秋台風がやってくるのは、特に今年は多かったですね。
自分も行ったのは27,28号のアベック台風が日本を襲う直前でした。
嵐の前の何とかで、紅葉した葉っぱは何とかしがみついていましたよ。

台風も背走した今日あたりは天気も回復しそうですし、
山登り、チャレンジしてみてください。

  • |2013.10.27(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • |2013.10.27(Sun)
  • EDIT

代替画像

こんばんは

いよいよ紅葉の季節ですね^^。
あんなに暑い暑いと言っていたのがうそのような美しい紅葉、自然の営みを素晴らしいと思います。

自然の筆が描き出す色合いは人には出せない色合い、神様の筆使いのように思えますね!
  • |2013.10.27(Sun)
  • |見張り員
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 見張り員さんへ☆彡

東北にも紅葉前線が下りてきました。山の中腹は今がシーズンのようです。
自然というキャンパスに鮮やかな色彩を敷き詰めた紅葉を描きだしてくれます。この風景がアートさながらに美しさを放っています。まさに錦繍に染まる秋の山々です。人々は萌えつく紅葉に心を奪われ、感動し、魅了されています。
関東の山々ももうすぐ紅葉を迎えますでしょう。歴史的な名刹や名勝の多い関東は長年、多くの人の手によって育まれ、整えられ、見るための工夫が施されてきております。楓やイチョウによって色づくさまは、まさに圧巻の美しさです。今年はぜひ関東の紅葉の美しさをご堪能ください。

  • |2013.10.28(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

matsuyama さんへ!!

今日久しぶりに公園散歩をしまして紅葉の凄いのに驚きました。しかし楓の木が少なくて黄色が勝り色彩と言う感じからは疎い思いがしました。
いろんな歳時記のいわれがあるのですね^^。
暑い日が多かった北海道の効用は弱いと言われますが定山渓温泉の紅葉はやはり、見ものですね^^。
  • |2013.10.28(Mon)
  • |荒野鷹虎
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 荒野鷹虎さんへ☆彡

北海道でもまだ紅葉見られますか。長い間見られていいですね。
公園ですとイチョウの木が多いでしょうから、どうしても黄葉になってしまいますよね。楓とかナナカマドの木があると赤く色を添えられるんですけどね。赤黄緑のコントラストがいかにも「これが秋の山だ」という感じになります。
夏秋の気温の寒暖差、昼夜の気温の変化など、その格差が大きいほど紅葉をより深く彩ってくれるそうです。定山渓の紅葉はその典型みたいなものじゃないんですか。まだ定山渓の紅葉は見たことないですが、写真で見る限り紅葉は素晴らしいですね。露天風呂から紅葉した落ち葉が見れると、うっとりするかもしれません。

  • |2013.10.29(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

こんにちは!

ここ関西は紅葉の気配なんてほとんどないというあったかさですけど、ほんとに幻想的な紅葉風景ですねえ。

八幡平は一度行きたいと思うところの一つです。
が、なかなか。。。
濃霧で残念ではあるものの、その冷気が幻想さの演出にも関わっているのかなあとも思ったりしています。

matsuyamaさんのお写真で、行った気分になるとこにします(笑)
  • |2013.11.01(Fri)
  • |大阪の桐たんす職人
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 大阪の桐たんす職人さんへ☆

紅葉をご覧になった気分に浸れましたか。ありがとうございます。
八幡平はそれほど高い山ではなく、頂上付近にはスキー場もたくさんあります。夏は涼しいですから初心者の登山客も多いようです。そちらからですとちょっと遠いかもしれませんが、機会がありましたら是非一度山登りに挑戦してみてください。
もうすでに頂上付近は紅葉も終わった感じで落葉してました。中腹の紅葉、頂上の濃霧と自然の移り変わりは歴然としていますね。もう間もなく頂上までの有料道路は期間閉鎖されます。これからの紅葉は麓から次第に南下して関西方面に足を延ばしていきます。
桜の北上とは逆に、紅葉の見ごろはこれからです。ぜひ楽しみにお待ちください。

  • |2013.11.02(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top