巣ごもりが始まる前に「稲刈り体験」

日増しに秋が深まってきました。食欲の秋です。スーパーへ買い物に行くと美味しそうな果物やお菓子がいっぱい。折角ダイエットに挑戦しているのに、店頭には低価格のプライベート・ブランド商品が勢揃い。ついつい買いすぎてしまいそうですね。そんな時は「主菜となるおかずの材料から買う」とよいそうです。主菜となる食材売り場に行けば献立のイメージが明確になり、無駄な買い物をしなくて済む。買い物カゴはなるべくカートにのせず、手に持って店内を回る。カートを使うと重さを感じられず、あれこれ買ってしまう心理が働くのだとか。どちらもちょっとしたことですが、すぐ実践できて節約や健康にもつながりそうですね。

さんま焼き

七十二候は「蟄虫坏戸」に変わります
さてさて凌ぎやすい秋もやってきた9月28日頃からは七十二候の第四十七候「蟄虫坏戸(ちつちゅうとをとざす)」です。二十四節気秋分の次候にあたります。
夏が終わって涼しくなり始め、虫たちが巣ごもりの支度を始める時候です。春分の前の「蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)」とは反対の時候です。人間にとってはまだ冬の気配は遠いものでありますが、虫たちにはもうすぐと感じるのでしょうか。蝶の幼虫はさなぎになって寒さに備え、クワガタやてんとう虫は成虫のまま、木の根元に春まで潜ります。

人間の蟄居は謹慎刑の一つだった
実際には10月に入ってから穴に入るヘビは、どこからともなく集まり、お互いに絡み合って暖をとります。10月を過ぎても穴に入らないヘビを、穴惑いというそうです。
蟄虫ならぬ人の蟄居とは、家にこもって外出しないことです。江戸時代に、公家や武士に科した刑の一つで、出仕・外出を禁じ、1室に謹慎させられました。蟄居の刑を受けたのは、渡辺崋山、佐久間象山、吉田松陰など。水戸藩主徳川斉昭、水戸のご老公は、将軍家定の継嗣をめぐって大老井伊直弼と対立し、終身刑でもある永蟄居を命ぜられました。

田園地帯にはアキアカネの大群
アキアカネ 「赤とんぼ」は夏の暑いうち山などの高地で暑さをしのぎ、涼しくなると下りてきて、ちょうど収穫を終えた水田などに産卵します。一般的には群れを成して飛ぶアキアカネを指すことが多いようですが、9月頃になると成熟し成虫、特にオスは体色が橙色から鮮やかな赤に染まります。稲刈り前の先日、田園には体色が変わる前のアキアカネが大群となって飛び交っていました。



農業まるごと稲刈り体験ツアーで生き生き
食欲の秋は実りの秋でもあります。五穀豊穣が実を結ぶこの時季。9月の21日には黄金色に染まった田園地帯で「地元の農業まるごと稲刈り体験ツアー」がありました。春に行われた田植え体験ツアーに引き続き、稲刈りをも体験し、農業にもっと理解を深めてもらおうという企画です。
参加者は幼児から中学生位まで約30名。約2時間、思い思いに稲刈り体験をした子供たちからは生き生きとした笑顔がこぼれていました。初めて稲刈りに挑戦した子供たちには貴重な体験だったでしょうね。

幼児①稲刈り
幼児②稲刈り
幼児③稲刈り
中学生稲刈り 市長稲刈り
「刈ったぞ~」と稲を高々と持ち上げ、雄叫びをあげる幼児。危なっかしい手付きで鎌を使いこなす子供たちは、ご両親や農業指導員のアドバイスでたちまち上達していきます。この日、中学生たちの参加で場が和んだ会場には、地元市長も参加。鎌さばきも堂に入っています。昔は稲刈りをされていたのでしょうか。

稲刈り体験ツアー(稲穂)
稲刈り体験ツアー(開会式) 稲刈り体験ツアー(稲束)稲刈り体験ツアー(脱穀) 稲刈り体験ツアー(ハサギ)
頭を垂れた稲穂はまさに新米の美味しさが漂ってきます。「稲刈り体験」開催にあたって市農林課の担当者から注意事項の説明があった後は、各自一斉に稲刈りが始まります。子供たちが刈った後の稲は指導員が束ねていきます。束ねた稲はコンバインで脱穀されます。農道脇にはハサギが組まれ、刈った稲が天日干しされていました。できることなら美味しい新米を食べてもらうためにも、このハサ掛けまで体験してほしかった。
日本の農業を見つめ直すためにも、子供たちにとってこの稲刈りは貴重な体験だったようです。





参考サイト:ぴお、七十二侯がまるごとわかる本、テポーレトクトク便りVol.362

人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ
↑あなたのお気持ちを頂戴します。
関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

matsuyamaさんへ!!

虫の防衛反応は凄いと思いました。私も虫のようになりたいと思った次第です。汗)秋が深まりユキガチラチらと降り出すと北海道は冬篭りの季節です。半年間の長い冬眠が始まります。夫婦の方は、この期間に子造りに励んでは如何かと思った次第でした。汗)
  • |2013.09.25(Wed)
  • |荒野鷹虎
  • |URL
  • EDIT

代替画像

買い物の流儀ですね。主菜から買うことを心掛けてみます。確かにいらないものばっかり買っていました。それに主菜を買うことを忘れることもしばしばです。

秋ですね。刈り入れの風景がなんとも爽やかで皆さんが一丸となってる姿も素敵です。お互いに助け合い、思いやる。日本人はこうでなくちゃ。

時節柄ご自愛下さいね。
あまちゃんも今週いっぱい。岩手県が遠くなるような寂しさです。
  • |2013.09.25(Wed)
  • |まろゆーろ
  • |URL
  • EDIT

代替画像

赤トンボが群れを成し飛び始めると秋の実感がわいてきます!!

稲刈りしかり、田植えしかり、一度は経験させると、おコメを作る苦労、そして御米の大切さが分かります!

昔から比べれば、機械があるといっても、それでも田んぼの作業は大変ですからね!
  • |2013.09.25(Wed)
  • |はやちゃん
  • URL
  • EDIT

代替画像

農村部を走行させると
そこかしこに稲刈り風景が見られるようになりました
和む自分が農耕民族であることを感じます

最近、こんにゃくばかり食べてダイエットしております
  • |2013.09.26(Thu)
  • |FREUDE
  • URL
  • EDIT

代替画像

こんにちは。

ようやく秋らしくなって来た陽射しを受けて、稲穂がみごとな
穣りを見せていますね。
農業まるごと稲刈り体験ツアー、こんな稲刈り風景を目にする
のはずいぶん久しぶりのことです。
子供たちは自然の中で珍しさも手伝ってゲームとは違った楽し
みを発見したでしょうし、親御さんたちは郷愁を感じたことと
思います。
  • |2013.09.26(Thu)
  • |茶々
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 荒野鷹虎 さんへ☆彡

めっきり寒くなりましたね。夜はストーブなどを焚いておりますか。こちらも炬燵が恋しくなってきました。
北海道の雪を知らせる「雪虫」の使者は舞い降りてませんか。この使者を見かけた北海道は間もなく寒い寒い季節に入ってしまうそうですが、今年もその時季が近づいているようですね。
雪に閉ざされてしまう北海道は自然への慈しみが減ってしまいますよね。来る日も来る日も部屋に閉じこもっての暮らしは、愛を育むか夫婦愛を傷つけあうかです。ガラスのように繊細な夫婦の絆はすぐに壊れやすいものです。いかに永く夫婦役を演じていても、時には独り身の自由を再演して見たくなります。
今年は寒さに負けず老後の青春を謳歌しましょう(笑)。

  • |2013.09.26(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: まろゆ-ろさんへ☆彡

一家の台所を預かる主夫に対して野暮ったいことを書いてしまいました。
店頭に立ってみるとあれもこれも買い占めたくなる衝動になってしまいます。これは自分にないものへの憧れ、希望などがその場で沸々と湧いてくるからなのでしょうが、これが落とし穴ですよね。
一番いいのは必要なものだけをメモして買い物するか、必要なお金だけを持参すればいいんでしょうけどね。

今やコンバインであっという間に収穫してしまいますが、昔の稲刈りを彷彿とさせる意義のある光景でしたね。近隣農家の協同体制、自分たちの食料の受給などこのようにして確保していたのでしょうね。

人気を博していたあまちゃんも間もなく終わりますが、地元には大きく還元してくれました。先日もあまちゃんこと能年玲奈さんも地元を訪れ、秋祭りで餅まきをしておりました。あまちゃん人気もこれで落ち着くとなると、逆に寂しさも募ってきますね。

  • |2013.09.26(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: はやちゃんさんへ☆彡

アキアカネの群れは季節を味わえるとともに、長閑な田園風景を思い起こさせてくれますね。

農家に育った子供たちでさえ、今やコンバインで収穫する米作りには参加できません。機械が全て収穫し、脱穀し、精米したものだと考えてしまいがちです。米ができるまでの半年間、どれだけ農家の人の手を煩わせたか、実際自分で米作りをしてみると大変なことが分かると思います。こういう体験を積むことで米への愛着心が深まってくるものなのでしょうね。
年々農業も近代化されてきてますが、基本となる農作業を身に付けるということが大切なことですよね。
  • |2013.09.26(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: FREUDEさんへ☆彡

日本の風物詩でもある稲刈りも、西から次第に北上し、今や北日本にもその風物詩が賑わいを呈して来ました。
やはり田園一面にこの頭を垂れる風情を目の当たりにすると、気が安らぎます。日本人の血が流れているということでもあるんでしょうね。

つやつやした光沢を放つ新米は初々しい美味しさを閉じ込めたような秋の味ですね。もっともダイエット中の方にはこの新米が大敵なのでしょうが。
こんにゃくばかりでは腹の底から歌い上げるコーラスの声量に影響は出ませんか。たまには新米も食べて来るべき本番に備えてください。

  • |2013.09.26(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 茶々さんへ☆彡

こんにちは。

自分の小さい頃に出始めた耕耘機、あの頃も画期的な農業改革でしたが、今やコンバインで刈り取る稲刈り。時代は変わりましたね。
鎌で刈り取る昔ながらの稲刈りは影を潜めました。どこを見回してもコンバインが刈り取ってます。維持費の方はともかく、手作業による稲刈りは重労働でした。
そんな大変な稲刈りを子供たちに伝承していく試みはこれからの時代、必要ですよね。幼児の頃はゲーム感覚でもいい、稲刈りに親しみをもってくれればいいことだと思います。パン食が主流となりつつある食生活の中で、日本人の主食でもある米に関心を持ってくれることが大切ですね。

  • |2013.09.26(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

昔 冬籠もり前のヘビに出くわした事があります
大量のヘビ・・・  あまりみたい物ではありませんね・・・
近所の幼稚園の農園でも園児達が稲刈りしてましたよ
泥まみれで 大喜びかな
  • |2013.09.26(Thu)
  • |こん☆
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: こん☆さんへ☆彡

大量のヘビですか。あまりいいものじゃないですね。
ヘビたちも冬籠りで必死なんでしょうけどね。

小さな子供たちがワイワイガヤガヤ騒いでいると、うるさいと思いながらも楽しくなっちゃいます。幼稚園の農園だったんですか。稲刈りは賑やかだったでしょうね。これでお米に対する関心が高まってくれればいいんですけど。
こちらの稲刈りは市の呼びかけによる参加者でした。締め切り前に定員に達したそうで、意外に人気が高いんですよね。
  • |2013.09.27(Fri)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

おはようございます♪
いつもどうもありがとうございます♪

9月も末
朝晩は肌寒さすら感じるようになりました
なんだか秋はあっという間に過ぎていきそうな
感じがします。
秋といえば食欲、スポーツ、読書・・・といろいろ
ありますが、自分もマラソンシーズンになってきたので
ワクワクしております

またよろしくお願いいたします♪
  • |2013.09.29(Sun)
  • |スーパーサイドバック
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: スーパーサイドバック さんへ☆彡

こんにちは。いつもありがとうございます。

陽が落ちるとめっきり冷え込んできました。つるべ落としのごとくです。
今年もスーパーサイドバックさんの季節になりましたね。このところ多忙な日が続いてるようですが、マラソンの練習時間は取れてますか。
こちらも11月になればハーフマラソン大会があります。今年も応援に行ってみようかと思ってます。
  • |2013.09.29(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

こんばんは
いよいよ実りの秋ですね!
新米のまさに銀シャリの名をほしいままのあの輝きがまぶしい季節ですね。
お米をいただくたびにこの国に生まれた喜びを感じます。
そういえば…小学生の高学年の時学校の裏庭に小さな田圃を作り歌うえ経験と稲刈りをしたのを思い出しました。本当、小さなままごとのような田んぼでした^^。
  • |2013.09.29(Sun)
  • |見張り員
  • URL
  • EDIT

代替画像

さんまが美味しい季節になりましたね(^^♪
それに新米ご飯だともう最高ですよ!

この味わいは日本人の特権?!

稲刈りや農業体験は子供達に良い経験になります!
ゲームでは味わえない楽しさや大変さが実感できると思います、
言葉で食べ物を大切にと言っても、
実感湧かないですから、一度でも経験して欲しいものです!
  • |2013.09.29(Sun)
  • |SUN太郎
  • URL
  • EDIT

代替画像

あっと言う間に9月も最後の日になっちゃったね
今日は雨です。
9月の雨は冷たいよ。
今年の夏は暑かった?
もう忘れた(笑)
  • |2013.09.30(Mon)
  • |みゆきん
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 見張り員さんへ☆彡

こんにちは。

そうですね。五穀豊穣が実を結ぶ時です。農家の方も刈り取った後はホッとするひと時かもしれません。
日本のお米ほど美味しいものはありませんね。昔、米不足があった時、東南アジア産の米を食べたことがありましたが、日本の米に比べたら比較になりませんでした。いかに日本の米が美味しいかと痛切に感じたものです。
学校の裏庭に田圃があったんですか。昔は教育指導の一環で自分たちで農業体験をしていましたからね。今でも心に残っているということは、当時はかなり印象強かったんでしょうね。今の子供たちも大人になってこの日の稲刈り体験を思い出してくれれば、お米に対する愛着が湧いてくると思います。

  • |2013.09.30(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: SUN太郎さんへ☆彡

先日、今年初めて新サンマをご馳走になりました。脂の乗りといい、焼き加減といい、香りといい、絶品でした。やはり冷凍ものより新鮮なサンマが絶妙です。これにアツアツのみずみずしい新米ご飯を一緒に食べたら、もう何も言うことはないでしょうね。日本人の味覚は日本人でなければわかりません。

30名定員枠も締め切り前にいっぱいになったそうですから、稲刈り体験も人気があるんですね。都会のように稲を見る機会の少ない子供たちなら分かるんですが、毎日黄金色の田圃を見ながら暮らしている田舎でも稲刈りには関心があったんですね。ということはこの辺の子供たちも都会化されてきたということかな(笑)。

  • |2013.09.30(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: みゆきんさんへ☆彡

昨夜はあまりの寒さについに炬燵を出してしまいました。まだ9月だというに。
結局今年の夏はクーラーも2,3回しか動かすことがありませんでした。エリア外である東京電力に協力したわけではありません。東北電力にはそれだけ節電に協力したというか、地球温暖化に貢献したというか(笑)。
最近では舞い散る雨も冷たく感じます。今年の紅葉は鮮やかさが期待できそうですね。

  • |2013.09.30(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top