関東大震災が教訓! 防災の日

近年、小中学生の視力の低下が著しく、「携帯電話の画面を長時間見ない」「正しい姿勢を身に付ける」などの対策が講じられているようです。勉強机の配置にもコツがあり、壁に向かって座るような配置ではなく、部屋の空間に向かって座るように置くことがポイントなんだそうです。より遠くに目線を動かすことができ、目を休ませることで効果が上がるんだとか。「社長室」や「書斎」のような置き方ですね。
理想はそうなんですけどね。家庭の狭い部屋ではなかなかゆとりのレイアウトは取れそうにないですよね。

震災復興
大震災で被害を受けた港湾施設は復旧工事が急がれています。

9月1日は二百十日でもあり防災の日でもあり
さてさて9月1日は「防災の日」ですね。1923年(大正12年)のこの日に起きた関東大震災の教訓を忘れない、という意味と、この時期に多い台風への心構えの意味も含め、1960年(昭和35年)に制定されました。9月1日は暦の上では「二百十日」にあたります。ちょうど稲の開花期に台風が来たり強風が吹き荒れることに注意を促したものと言えますね。

ライフラインが不通になると情報収集困難
災害から身を守るためには、危険を感じたらためらわずに避難する、これが何よりも大切です。
そのためには、家族全員で避難所までのルートをチェックしておくこと。そして家族の連絡方法を決めておく。避難生活が長期化することも想定して防災用品を準備しておくことです。
過去の事例では、震災発生から3~5日後に救援物資が届き始めたようです。それまでに最低限必要な食料をはじめとする防災用品は必要不可欠です。東日本大震災の時、食料はおろかライフラインすべてが不通、携帯電話も使用できませんでした。万が一安否の確認が取れなかった場合は、災害用の伝言ダイヤルや伝言版などによる確認方法もあります(詳しくは過去記事2011年08月30日「9月1日は二百十日、防災の日」を参照)。

甚大な被害予想の気象現象に新基準「特別警報」
そうはいってもなかなか思い通りに準備できないもんですよね。最近では局地的集中豪雨で被害を受けた方もおられるでしょう。東日本大震災の地震や津波を経験された方もおられるでしょう。たびたび経験するものではないですから、喉元過ぎれば熱さも忘れるといいます。次第に恐怖感も薄れてきます。準備だけは事欠かないようにしておきたいものですね。
気象庁では甚大な被害が予想される気象現象について、警戒を呼びかける「特別警報」の運用を開始する、と発表しました。大雨、火山の噴火、津波などの9種類が対象で、基準は「50年に1度」の被害の恐れがあると予想されるものだそうです。詳しくはこちらから。



黄金色が広がる「禾乃登」
9月2日頃から6日頃までは七十二候の第四十二候「禾乃登(こくものすなわちみのる)」です。「禾」とは、主に稲などの穀物の事を総称した言葉で「いね」「のぎ」とも読みます。稲や栗などの穀物の実が大きくなってくる時候。刈り入れが間近ですがこの時季は台風が多く、まだまだ気が抜けません。それでも米の粒は日ごとに熟していき、重くなった稲穂が頭を垂らします。田んぼ一面に黄金色に広がる風景は、日本の豊かさを再確認させてくれますね。

ハサガケ
風情があったハサガケによる稲の天日干し。今ではなかなかお目にかかれません。

収穫後に見られたハサギの天日干し
秋の訪れを明瞭に知るのは、稲穂の実りです。少し色づきはじめると、あゝ秋がやって来たのだと思います。禾乃登は、そんな野の風景を呼び起こします。以前は、収穫期がやって来ると、刈り取られた稲穂の束は田んぼの脇道に立ち並ぶハサギ(稲架木)にハサガケ(稲架掛け)されていました。
刈り入れが始まると3~5段位のハサギに稲穂がハサガケされていきます。当時は子供だった私らも貴重な猫の手でした。上段に架ける頃には手が届きません。竹などの長い柄で稲束を持ち上げると、ハサギに登ったおじさんがヒョイと受け取ります。お互いの気持ちが通じ合うタイミングが必要だったんですね。さすがに黄金の稲は重かった(笑)。
機械化が進んだ今では、このようなハサギを使って稲を干している風物詩は見る機会が少なくなりましたが、ハサギは、農民の知恵と苦労のカタチだったんですね。ハサギによる稲の天日干しが継承されている地方では、これから見られるかもしれません。







参考サイト:ぴお、七十二侯がまるごとわかる本、テポーレトクトク便りVol.357、ズバット通信Vol.57

人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ
↑あなたのお気持ちを頂戴します。
関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

防災の日は年に二回あっても良いのかもしれません。
言うまでもなく、3月11日ということです。

9月が地震と台風なら、3月は地震と原発被害を想定して、
避難訓練をするべきかなと。
  • |2013.08.31(Sat)
  • |itchann
  • URL
  • EDIT

代替画像

私が小学生だった40~45年ほど前、
テレビから離れて見るように学校からも指導があり、
14インチでも数m離れて見るように言われました

いつのまにか空論のように言われていますが
スマホや携帯電話の画面を見ながら歩く姿は
目が悪くなって当然です

   野田村の港を撮影した時、涙がこみ上げてきたことを覚えています   
  • |2013.08.31(Sat)
  • |FREUDE
  • URL
  • EDIT

代替画像

おはようございます♪
いつもどうもありがとうございます♪

なかなか難しいですよね
世の中の状況が変わってきてる昨今で
目や姿勢・・・
それに悪くならないように環境を変えて
行くことも大事なんですが、それでメンタルや
フィジカルが弱くなっていってしまうという矛盾・・・
なかなかうまくはいかないものです

またよろしくお願いいたします♪
  • |2013.08.31(Sat)
  • |スーパーサイドバック
  • URL
  • EDIT

代替画像

おはようございます。

ハサギの天日干しの写真、懐かしく拝見しました。
こちら宮城県では別な干し方をしていますが、故郷新潟県では
稲刈りの時期になると写真のような風景があちこちで見られた
ものです。
田んぼのあぜ道に天日干し用に生木を植えている個所もあり、
この木のことを「ハサギ」と呼んでいたような気がします。
今は機械乾燥が主流になっていますが、自然乾燥の方が美味し
い米になるとかで、自分の家で食べる分だけはハサギで干して
いるという話しも聞いたことがあります。

もうじきそんな風景が見られる頃を迎えますね。

  • |2013.08.31(Sat)
  • |茶々
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: itchannさんへ☆彡

年2回というのはいいかもしれませんね。
9月が関東大震災を教訓にしているのなら、3月は東日本大震災を教訓にしてもいいかもしれません。どちらも未曾有の大災害でしたから、2度と阿修羅の世界には足を踏み入れたくはありません。

この畏怖を忘れないためにも災害の日を設けてもいいかもしれません。実際被災された方々が避難訓練をされますと、当時の恐怖感が甦るというので嫌がるかもしれませんが、後世に伝えていくためにはこういった機会が必要かもしれませんね。

  • |2013.08.31(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: FREUDEさんへ☆彡

そうでしたね。自分の子供の頃にもテレビを初めて買ったとき、近所の子供たちが毎日見に来ていました。テレビの前に陣取っていたのですが、目が悪くなるからと画面の前に透明のスクリーンを取り付けたことがありました。
思えばこのスクリーンが目を保護してくれる役割だったのかもしれませんね。
今や目を悪くする機器がいっぱいあります。パソコンは当然、テレビゲーム、スマホなど夢中になってのめり込んでしまいます。視力の悪化を防止する機器も同時に開発してほしいものですね。
震災後の被災地、行かれましたか。惨状は惨憺たるものですよね。2年経った今、被災者もやっと前向きに見つめるようになったんではないでしょうかね。

  • |2013.08.31(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

こんにちは。

防災の日。
大丈夫だろう..と 
3.11の時はまさしく そんな感じでした。
食料はどこにだってある、電気、ガス、水だって何でも揃ってる。
それが、あの地震発生後 一切 使えなくなってしまったのですから。

あの時の人々の表情..忘れないですね〜。落胆、絶望、不安..怒り...
私の住む場所は内陸だったんですが、それでも、大パニック!

食料やお金も大事だけど...支え合う気持ちや感謝の気持ち、前向きな気持ち..
人として、どうあるべきなのかも大事だと思いました。
  • |2013.08.31(Sat)
  • |えむ
  • URL
  • EDIT

代替画像

防災の日。関東大震災よりも東日本大震災の方がより身近に感じ、より貴く感じる私です。もはや防災の心構えは先の東日本大震災が何よりの教訓ではないでしょうか。

稲の天日干しの風景。懐かしいですね。
子供の頃にこれに顔を埋めると太陽と藁の匂いが五感を駆け抜けていく爽快感がありました。そしてもみ殻を焼く匂い。あれも晩秋の寂しさを誘う素敵な風景ですね。
日本には素敵なことがいっぱいあったのになぁなんて思う昨今です。

9月もお元気にお過ごし下さいね。
  • |2013.08.31(Sat)
  • |まろゆーろ
  • URL
  • EDIT

代替画像

matsuyamaさんへ!!

おばんです!
私もド近眼で、眼鏡ポンチでしたが、日本人は世界でも有名な眼鏡王国ですよね^^。
ネットやテレビの関係があると思いますねー。私たちの時代は電灯が暗く本を読む人は近眼になりましたが、今の子は時代が生んだ気の毒な子たちだと思います。

防災はこれから最も重要な事ですねー。自治体や町内での避難訓練には積極的に参加しようと思っています。!
  • |2013.08.31(Sat)
  • |荒野鷹虎
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: スーパーサイドバック さんへ☆彡

こんばんは。いつもありがとうございます。

世の中日進月歩の勢いで進歩しております。テクノロジーの研究開発は日本人の得意分野かもしれません。同時に身体的心理的なメンタル面も研究していく必要があるかもしれませんね。

  • |2013.08.31(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

こんばんは

関東大震災というと、亡き祖母の話を思い出します。山梨県塩山市で小学生時代に体験した祖母はその時の恐ろしさを昨日のように話していました。
もし、祖母が今も存命だったらあの東日本大震災をなんと言ったでしょうか、時々思います。


稲穂が頭を垂れて金色に輝く秋が待ち遠しいですね。
  • |2013.08.31(Sat)
  • |見張り員
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 茶々さんへ☆彡

こんばんは。

稲の干し方にもいろいろあるようですね。宮城県では棒掛けとか地干しなどの方法で干してたそうです。
越後地方ではハサガケが多かったんでしょうか。米どころですからハサギの数も多く、壮観だったでしょうね。ハサギとは漢字で「稲架木」と書くようですが、実際のハサギは田圃の畔などに植えた木を使ってたんだそうですね。
こちらではハセ材と言って杉の木などを組み立ててハサガケしていました。農閑期には来年用にハセ材専用の小屋に仕舞うなど、貴重な存在だったんですね。乾燥するまで1か月位かかりましたが、自然乾燥の新米はふっくら瑞々しく、光り輝いてるようで美味しかったですよ。


  • |2013.08.31(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: えむさんへ☆彡

こんにちは。

防災、災難を未然に防ぐ。人は頭脳で認識している範囲内だけでしか対応できません。認識を超越するものは想定外として、パニックに陥ります。まさに3.11の大津波はそのパニックが現実化してしまいました。
幸い自分のところは災難を免れましたが、被災地は阿修羅の世界でした。自宅が津波でさらわれる悪夢を目の当たりにした被災者は泣き崩れました。家族を助けようと戻った自宅で力尽きた犠牲者、水門を閉じようと向かった先で帰らぬ人となった消防隊員。思い出せば枚挙にいとまがありません。
肉親の安否が分からない被災者は来る日も来る日も寒い避難所で無事の報を待ち続けました。同じ境遇となった被災者同士で話し合い、慰めあって、崩れそうな気持ちを支えあいました。食糧不足、環境悪化の中で人々の支援活動はどれだけ心の支えとなったでしょう。

2年を過ぎた今、被災者はそれぞれの生きて行く道を模索しております。遅れがちな行政の支援を受けながらも皆様の温かい気持ちに支えられ、前向きに暮らし始めています。
もう2度と暗黒の世界に巻き込まれたくないという気持ちが本音だと思います。だからこそせめて防災の日だけでも災難を防ぐ対策を見直したいものですね。

大震災への心温まるお言葉ありがとうございました。長くなってしまい申し訳ありませんでした。
  • |2013.09.01(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: まろゆ-ろさんへ☆彡

確かに東日本大震災の方がつい最近の天災であり、記憶が生々しく残っておりますからね。90年前の関東大震災の死者、住宅損壊など、その被害規模と比較したら、都会と過疎地との違いはありますが東日本大震災の方が遥かに下回ります。被害の規模などは小さいほど、少ないほどいいんですがね。ただその時傷ついた心の痛手は今でも癒えておりません。天災にどう対応するかは今後の教訓として貴重なケースだったと思います。

その天災をよそに自然は何もなかったように、黄金色の稲穂が色づき始めています。もうすぐ刈り入れの時季になりますが、農家のあちらでもこちらでも稲を干す風物詩が展開されます。今や機械化され、このような光景が少なくなり、米への愛着心が薄れてくるのは残念なことでもあります。日本の農事も近代化されてくるんでしょうかね。良き昔の風物を知っている者にとって、ある意味淋しい近代化ですね。これも農家のTPPに対応するための機械化、省力化なのでしょうか。

  • |2013.09.01(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re:荒野鷹虎さんへ☆彡 

こんにちは。

自分も車の運転には眼鏡使用の制約がついておりますが、普段は眼鏡なしの軽い近眼です。昔は勉強しすぎると近眼になると脅されたもんですが、ほどほどに勉強してたんでしょうか。
今の子は勉強しなくても目を悪くする環境が整ってますからね。パソコンやスマホ、目を傷める最強のツールです。使い方にもよるんでしょうがね。
サラリーマンの頃、緊急通報のしかた、避難誘導、消火器の使い方など毎年防災訓練をしておりました。今でもその時の記憶は残っています。後は実践のみですね。訓練が徒労に終わることを願うだけです。

  • |2013.09.01(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 見張り員さんへ☆彡

以前の会社で東京品川に住んでいた会長が自叙伝を出すということで、古い資料を探し回りました。大正12年の出来事の中に恐怖の関東大震災体験がありました。読んでみるとその異常さを克明に記してました。
ビルの倒壊、家屋の火災、ライフラインの損壊など、東日本大震災でも同様に起こった衝撃的な被災でした。違うのは大津波による災害がなかったことだけです。
中でも被災者が恐怖を持ったのが「朝鮮人が暴徒化した」「井戸に毒を入れ、放火して回っている」などという流言だったそうです。当時は混乱を鎮静化するのに大変だったようですね。
100年に1度しかない未曾有の大震災は、お祖母ちゃんのように語り部として後世に伝え残してほしいものですね。
被災地には大震災の面影がないように、今年も稲穂が色づいてきてます。頭が垂れる時季が楽しみですね。

  • |2013.09.01(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

うちも 自家消費用と知り合いに食べて頂くお米
の一部は 稲木を作って
天日干し  手間掛かるんですけど 
美味しいですから
集荷分は水分率規格が厳しいから 穀物乾燥機で

  • |2013.09.01(Sun)
  • |こん☆
  • URL
  • EDIT

代替画像

稲の干してるの見て、子供時代を思い出したわ
今は稲を干してるのを見なくなった。
専用、稲干し機があるのかな?
  • |2013.09.02(Mon)
  • |みゆきん
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: こん☆さんへ☆彡

今は刈取りから脱穀まで一連の作業をするコンバインが普及して来ましたからね。
昔の風物詩だった手作業による刈取りや天日干しは見られなくなりました。手間はかかるけど自然乾燥の方が美味しいといいますね。大変でしょうけど、自家消費分だけでもハサギの風物詩を残してくださいよ。
労働力不足を補って大量生産をするためには、どうしても機械化の導入が必要なんでしょうけど、個人では資金に限度がありますよね。組合で共同購入して使いまわさなければ採算取れないでしょうね。
その上に厳しい水分率規格ですか。新米を美味しく召し上がっていただくには基準をクリアしなければならないんでしょうが、これもTPPに対抗していくためには必要な工程かもしれませんね。

  • |2013.09.02(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: みゆきんさんへ☆彡

この写真は昨年撮ったハサギなんですが、今年も果たして見れるかどうか。
昔はどこの農家もこのような天日干しでしたよね。周りでかくれんぼして遊んでました(笑)。
このような風物詩が見られなくなったのは、機械化によるコンバインの導入にありますよね。何しろ刈取りから脱穀まで一連作業でこなしてくれるんですから、農家の手不足を補ってくれます。今はスーパーで5㎏1900円位ですかね。この価格でも農家としては採算合わないかもしれません。あまり値切らないように(笑)。

  • |2013.09.02(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • |2013.09.03(Tue)
  • EDIT

代替画像

matsuyamaさん こんばんは^^

ハサガケというのですか!!
こちらでは稲の干し方が違うので始めて知りました^^
稲の干し方でも地方の違いが出てきますね!

こちらでは稲杭 一本一本に干すので こういう干し方をしている土地に出会うと「遠くまで来たな~」などと思います(笑)
  • |2013.09.03(Tue)
  • |はやちゃん
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: はやちゃんさんへ☆彡

稲の干し方も地方によっていろいろ種類があるようですね。
米どころの越後平野ではハサガケによる自然乾燥が多いそうですが、宮城や山形などでは地干しやクイガケ、ボウガケなども見られるそうです。干し方にもその土地の特色が出るんですね。

うちの方もハサガケが多かったように思います。主に杉の木だったハサ材はなかなか入手しにくく、長く使うため、使い終わると翌年まで小屋に保管してました。この小屋がかくれんぼなど子供の遊び場になってましたね。(笑)。

  • |2013.09.04(Wed)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top