あばれ太鼓に霞むヒグラシの鳴き声

夏バテ防止の生活習慣
今年のお盆ももうすぐ。休暇で帰省すると地方では夏祭りや花火大会が目白押しです。
そんな中、高温多湿な夏に身体が対応しきれず不調に落ち込む「夏バテ」。嫌ですね、辛いです。何をする気も起きません。夏バテしやすい生活習慣になっていませんか。
①日中はほとんどクーラーの効いた室内にいる、②食事を簡単に済ませがち、③つい冷たいメニューを選んでしまう、④シャワーで簡単に入浴を済ませる、⑤エアコンをつけたまま眠る、⑥毎晩遅くまで起きているなど十分な睡眠時間を取っていない、⑦のどが渇きにくく、水分をあまり取らない、⑧冷たいジュースやビールが大好き、⑨昼ごろに出歩くことが多い、⑩ほとんど運動をしない。
「夏バテしやすい10の生活習慣」、どうですか、当てはまるものはありましたか? 私などは半分当てはまっています。夏バテが長引くと免疫力も落ちて風邪を引きやすくなるなど、さまざまな不調の引き金になります。今のうちにしっかり対策をとって、夏を元気に乗り切りましょう。

蝉

ヒグラシの鳴き声に秋のそよ風
8月12日頃から17日頃までは七十二候の第三十八候「寒蝉鳴(ひぐらしなく)」です。
夏の季語になっているセミの中で、ヒグラシとツクツクボウシは秋の季語。ヒグラシは夏の朝方か夕方に、甲高くカナカナと鳴きます。鳴き声は⇒こちらからお聞きください。

閑かさや岩にしみ入る蝉の声
子供の頃はランニングに半ズボン姿で麦わら帽子を被り、林の中にセミを獲りに行ったものです。高い木の上に止まっていますからなかなか捕まえられないですよね。羽が透き通っていて、青緑っぽい綺麗なセミです。
今窓の外から聞こえてくるカナカナカナという鳴き声はまさしくヒグラシです。夏、真っ最中とはいえ、いかにも涼しげな鳴き声は初秋を感じてしまいます。
「閑かさや岩にしみ入る蝉の声」あまりにも有名な松尾芭蕉の句です。山に登って聞く蝉の鳴き声には、夏を惜しむような気持ちを感じてしまいます。騒音たなびく窓から聞いていたのでは風情が感じられませんね。


港町の夜を焦がすヒグラシと太鼓の競演
ヒグラシの鳴き声に負けじと、先日地元では市民による太鼓の競演がありました。
まだ梅雨の明けやらぬ7月27日夕方から、商店街通りを埋め尽くしての乱れ打ちは、セミの鳴き声を打ち消すような熱気と迫力で港町の夜を焦がしました。

あばれ太鼓①
あばれ太鼓②
山口太鼓の会として結成されたあばれ太鼓。37年の経験を積み重ねて創りあげた創作太鼓。あばれ太鼓は昨年の東北六魂祭でも披露し、威勢の良い太鼓に心底から元気が沸々と湧きあがってきます。

磯鶏太鼓
2年前の東日本大震災の津波で太鼓道具をすべて流されてしまったという磯鶏太鼓の皆さんは、ママさん太鼓の集まり。地域の皆さんのご支援によって準備できた太鼓道具で、この日は思い切りバチを叩きます。

宮水太鼓
地元高校生による宮水太鼓。力強いバチさばきは、未来の山口太鼓を背負う頼もしい若者たちでした。

次回の「華麗なる歳時記」は勝手ながら休載させていただきます。






参考サイト:ぴお、七十二侯がまるごとわかる本、テポーレトクトク便りVol.355
写真協力:写真素材-フォトライブラリー

人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ
↑あなたのお気持ちを頂戴します。

関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

こんばんは

ヒグラシというとなんだか夏休みも終わりのころ鳴くイメージが強かったんですが今年はどのセミより早く、6月の末に鳴き始めていました!
でも、あのどことなくはかなげな鳴き声が好きですね。特に明け方聞くヒグラシは何とも言えない風情がありますね。

勇壮な和太鼓。
いいですね、本当に元気注入された感じがします!!
  • |2013.08.10(Sat)
  • |見張り員
  • URL
  • EDIT

代替画像

5時には起きておりますが、今年はクマゼミの声が少なかったように思います
宮古は神戸よりクマゼミが少なく、ミンミンゼミが多いと思います

ミンミンゼミを関西で聴くのは珍しいのですが
それすらも今年は聴いていません
さっきまで鳴いていたヒグラシ、6時になるともう鳴いていませんね
  • |2013.08.11(Sun)
  • |FREUDE
  • URL
  • EDIT

代替画像

太鼓ってけっこう値が張るんですよね。
支援の成果がどれほどのものだったかが伝わります。

そう言えば北海道では、ヒグラシやツクツクボウシの声は、
聞けませんでした。

あちらはエゾゼミが多いようですね。
  • |2013.08.11(Sun)
  • |itchann
  • URL
  • EDIT

代替画像

おはようございます。

ヒグラシの鳴き声も霞んでしまうほどの日本太鼓の響き、連日
の暑さも吹き飛んでしまうような風情がありますね。

7月末から所用でしばらく田舎に行っている間に、梅雨も明け
てしまい、七夕まつりも終わってしまい…、ギラギラと暑い太
陽が照りつける仙台に帰って来て、気持ちにぽっかり穴があい
てしまったような感じで、満員の帰省客を乗せて北に向かう新
幹線を窓に見ている今日この頃です。

このところの猛暑、予想はしていたもののやはり身に堪えます
が何とか気をつけて乗り越えたいものですね。

  • |2013.08.11(Sun)
  • |茶々
  • URL
  • EDIT

代替画像

こんにちは。

大変です。
夏バテチェック ほぼ 当てはまります....汗


今からの時期 色んな催し物が楽しみですね。
素敵なお休みをお過ごしください!
  • |2013.08.11(Sun)
  • |えむ
  • URL
  • EDIT

代替画像

どれだけ暑くてもヒグラシの鳴き声は遠くから
聴こえて来ます!
時々クラーのコンプレッサー異常じゃ無いかと
心配してしまいます!
今年はクーラーも悲鳴を上げそうです、

秋風が恋しいですがまだまだ続きそうな
残暑ですね。
  • |2013.08.11(Sun)
  • |SUN太郎
  • URL
  • EDIT

代替画像

ヒグラシの鳴き声は哀愁があって大好きです。あの鳴き声は日本の風土にぴったりで夏の朝と夕の世界に身を沈める美しさを感じます。ところがこの暑さ。夏を通り越して地獄です。人類は真剣に地球を考えなきゃならない時が来たんじゃないでしょうか。

素敵な地元の祭りですね。みなさん精悍!! 顔もばちさばきも出で立ちも美しいですね。
東北が元気になってくれるのが今の日本の様々なバロメータであり、映し絵ではないでしょうか。ますます頑張ってもらいたいです。
  • |2013.08.11(Sun)
  • |まろゆーろ
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 見張り員さんへ☆彡

そうですね。夏の終わりごろから秋の初めってイメージですよね。それこそ秋告蝉(?)です。ですから夏のセミにかかわらず、ヒグラシは秋の季語に入っているようです。
今日もまた夕方のこの時間、窓の外の林の中からヒグラシの鳴き声が聞こえてきます。猛暑の中、熱中症にもならず健気にも短い命を精一杯生きているようです(笑)。
勇猛な男の漁港にふさわしい太鼓の演舞ですね。最近は若い女性から年配の奥さんまで浸透してきたようです。ただその迫力は若さが勝りますね。若い女性は終わると精根尽き果てたように座り込んでました。いかに身も心も太鼓に打ち込んでいたか、ですね。

  • |2013.08.11(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: FREUDEさんへ☆彡

朝が遅いもので、早朝から鳴く蝉はあまり聞かないんですが、クマゼミとかツクツクボウシはあまり聞かないですね。ミンミンゼミは昨年までは良く聞いていたような気もしますが、今年はあまりその鳴き声を聞かないですね。というか昨年まではうるさい位に鳴いていたのですが、今年は何だか少な目です。
ちょっと山の奥に入るといろんな蝉の大合唱です。昨年9月新里村の道の駅であったイベントに出かけてみたのですが、ミンミンゼミやクマゼミの大合唱で、時にはアブラゼミの鳴き声がそのコーラスに油を注いでいるようでした(笑)。
関西でも山の奥に行くと鳴き声が聞こえそうですけどね。

  • |2013.08.11(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: itchannさんへ☆彡

こんなにするの、って感じですよね。掲載にあたってamazonの太鼓の値段を調べてみたら、びっくりするほどの値段でした。記事下に紹介した太鼓はamazon価格で6,70万円ですからね。ピンからキリまであるとはいえ、普通に買ったら100万円は下らないでしょうね。これを磯鶏(そけい)のママさん太鼓は流失してしまったんですよね。かなり落胆したと思いますよ。

ヒグラシ、北海道では聞けませんでしたか。エゾゼミが多いんですか。地域によってローカル色が強いんですね。

  • |2013.08.11(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 茶々さんへ☆彡

こんばんは。
和太鼓の響きが身体に浸み込むリズムって、自然に身体を揺り動かしてくれますよね。音楽に精通されておられる茶々さん、和太鼓とコラボで1曲、オリジナル曲を作ってみてはいかがですか。
昨日今日あたりから帰省ラッシュに入ってると思います。悠悠自適に新幹線の混み具合を観察できるなんて、JR線沿線にお住いの特権ですね。数年前まではその車内で苦労してました。昔は自由席車両の通路まで立ち席でしたからね。仙台で降車される方の席を確保しようと必死でした(笑)。
ということは茶々さん、今年のお盆はご自宅ですか。帰郷で張り詰めていた気持ちが安らぐ時でもありましょう。住み慣れたところでゆっくりお休みください。そこでホットコーヒーでも飲んだらほっとしますよ(笑)。

  • |2013.08.11(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

matuyamaさん こんばんは^^

ヒグラシの鳴き声はどこか物悲しくて自分は好きです^^
子供の頃に薄暗くなった帰り道を帰る頃にヒグラシが鳴き始め・・・
ヒグラシの鳴き声って懐かしくもあるんです^^

鳴き声の主については、正解は松尾芭蕉と曽良に聞かなければ、わからないようですが
松尾芭蕉が山形の山寺に訪れたのは初夏のようで、その頃に山形で鳴くセミは山形に一番多い ニイニイゼミではないかと言うのが通説では有るようです!
実際に近くに住んでいて思うのは、
初夏のこの時期はヒグラシやニイニイゼミはもちろん数種類のセミがお山の上のほうでは鳴いているんですよね~

下界でしか生活した事がない学者さんたちがあれやこれやと推測しても・・・とは思っています!!
時季的にアブラゼミやミンミンゼミではないとは思いますけどね・・うるさすぎるし(笑)
  • |2013.08.11(Sun)
  • |はやちゃん
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: えむさんへ☆彡

こんばんは。

当てはまりましたか。それはヤバいです。夏の短い東北とはいえ、梅雨明け後はめっきりと夏を存分に取り戻しているようです。夏バテ習慣を会得してしまったら取り返しが尽きません。夏痩せでスリムな身体を作るお考えでしたら、話は別ですが(笑)。
これからのお盆期間、ご先祖のご供養も大切ですが、帰省されるお友達との再会も楽しみですね。身近な街での身近な催事。今年だけの思い出に残る素敵なページを作り上げてください。

  • |2013.08.11(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

あ~ 10の内半分以上は当てはまってますわ~
仕事柄殆ど一日中車内 エアコンなしじゃ出来ませんから
ひぐらしの鳴き声で 朝早く目が覚めてます
ちょっと迷惑にも感じる 今頃です~


  • |2013.08.12(Mon)
  • |こん☆
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: SUN太郎さんへ☆彡

クーラー、フル回転でしょうね。
こちらもやっと数日前から夏らしさが甦り、暑さが蔓延しておりますが、まだまだ扇風機で対応できています。今年はまだクーラーを使ったことはありません。1年間放置してますから、いざ使おうと思ったとき、さび付いているかもしれません(笑)。
例年ですとお盆を過ぎる頃、朝晩冷え込んできます。涼風が吹き始めるのももうすぐです。残暑に耐えておられる地域をよそに、一足お先に秋を堪能させていただくかもしれません。そして長い冬に突入です。その時はこちらが寒さに耐え忍ばなければなりません。
  • |2013.08.12(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: まろゆ-ろさんへ☆彡

アブラゼミでしょうか、先ほどからジージーと鳴いています。夕方になるとカナカナカナとヒグラシが鳴き始めます。何をカナしく鳴き叫んでいるのでしょう。最近の日本の気候の変化を憂慮しているのでしょうか。
先日再び岩手県と秋田県の県境付近で集中豪雨がありましたが、ある地域では豪雨、あるいは少雨で水不足などと、二極化された気候変化は地球温暖化がもたらす影響なんだそうです。自分たちで自分たちの首を絞めているのでしょうか。
演舞ステージの設備がないこの地域では車両通行止めにした路上ライブです。この方が祭りの雰囲気ピッタリですけどね。年に数える位しかない路上ステージでは皆さんの意気がバチに乗り移っているようです。この元気が長く続き、さらには復興への足掛かりになってくれることを願うところです。

  • |2013.08.12(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: はやちゃんさんへ☆彡

こんにちは。
この時季、森や林の中に入ると蝉の大合唱、騒々しいほどの蝉時雨の時ですよね。風情と思うかうるさいと思うかはその時の心境でしょうね(笑)。
他の蝉より早く鳴き始めるにも関わらず、俳句ではヒグラシが秋の季語になっています。夕暮れ時に響くヒグラシの音色が、何ともいえない涼感や物悲しさを感じさせるからなのでしょうか。
松尾芭蕉の詠んだ句がヒグラシだったかどうかは定かではありませんが、晩年の与謝蕪村はこんな句を詠んでいます。「秋もはや 其の蜩(ヒグラシ)の 命かな」。無常や儚さをヒグラシに重ね、自分の心境を詠んでいるようですね。その日暮らしとは蕪村も洒落てます。

  • |2013.08.12(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

matsuyama さんへ!!

写真と添え文が見事に風情を表わしていて素晴らしいですね^~。!
残念ながら「夏バテ10カ条」半分以上当てはまります。汗)
特にビールの飲み過ぎは良くないようですねー。お腹が冷えますものね^^。
子供の時は林に行けばいくらでも蝉はとれたものですが私の近郊では泣き声だけでまだ姿を見た事がありません。
バードウオッチングもままなりません。
芭蕉の俳句は改めて素敵ですね^^。!
  • |2013.08.12(Mon)
  • |荒野鷹虎
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: こん☆さんへ☆彡

自分も半分以上当てはまってるんですよね。
この湿気を伴った暑さ、何をする気力も起きません。涼しいところでずっと1日過ごしたいんですけどね。無理して暑いさなか外出したり、冷たいジュースなどで満腹感を得ようとしたりするんですよ。これじゃ夏バテもさることながら、熱中症に罹りやすい要因を作ってるようなもんですよね。

蝉時雨のこの時季、ヒグラシの鳴き声で目覚めるなんて、風情があります。もう少し時が経ち、秋の虫の大合唱が始まると、神経過敏な方は夜も眠れないと嘆くようになるんじゃないんですか。

  • |2013.08.12(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

こんにちは
いつもどうもありがとうございます♪

暦では秋のようですが
まったく現実には・・・ですね(苦笑)
暑いさなかご苦労様です。

仕事柄蝉の声も太鼓の音も非常に困るものなんですが(笑)
それでも風情があり、ひぐらしの鳴きが聞こえてくると
今日も終わりだとか、夏ももうすぐ終わりだなあって
感じがしちゃいます♪

またよろしくお願いいたします♪
  • |2013.08.12(Mon)
  • |スーパーサイドバック
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 荒野鷹虎 さんへ☆彡

賞賛のお言葉痛み入ります。ありがとうございます。
こう暑くてはついついビールに手がいってしまいます。あの泡だつ麦のお酒をグイッと飲み干すときの喉越し。それまでの暑さを一瞬忘れてしまいます。至福のときですね。その後のことを考えれば一杯で止めておけばいいものを、ついつい2杯、3杯と重ねてしまいます。酒大好き人間の卑しいところですね(笑)。
昔の子供たちは蝉捕り名人でした。今子供たちにせがまれて捕りに行っても、手ぶらで帰るしかないでしょうね。それだけ蝉の生息地、捕獲の仕方などを忘れてしまってます。鳴き声だけは近くに聞こえるんですけどね。
団地住まいだった数年前は欅の木から鳴き声が聞こえてましたが、見つけれません。諦めかけたときに見つかったのが、蝉の抜け殻でした(笑)。

  • |2013.08.12(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: スーパーサイドバック さんへ☆彡

こんばんは。いつもありがとうございます。

お盆でせわしく、ご返事が遅れてしまいました。
こちらも遅い梅雨が明けてから連日猛暑が続いております。例年ですとこのお盆が過ぎる頃から涼風が吹き出し、朝晩は冷え込むようになるのですが、今年は太平洋高気圧が東北地方までせり出し、根強く秋の涼風を封じ込めているようです。各地ではゲリラ豪雨が頻繁に起こり、甚大な被害を巻き起こしているようですね。
そんな中でのヒグラシの鳴き声は秋をもたらしてくれるかのように、風情を感じます。

  • |2013.08.15(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

こんなに暑かったら、暴れられない
~~~~~~~(;_ _)O パタ...
  • |2013.08.17(Sat)
  • |みゆきん
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: みゆきんさんへ☆彡

この1週間暑くなりましたね。残暑お見舞い申し上げます。
この暑さで気がふれないよう十分お気を付けください。

  • |2013.08.18(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

山寺は二度、それも夏の盛りに行き、ひいひい言わされました。

さすがに観光客はいなくて、静かさいや閑かさを味わいました。
  • |2013.08.19(Mon)
  • |jizou
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: jizouさんへ☆彡

山形の立石寺には慰安旅行で行ったことがあります。
周りの若い社員にそそのかれて上りましたが、さすがに千数段の階段は息が切れます。

夏の閑散期は和尚さんも閑なんでしょうね。毬を蹴ってる姿は見かけませんでしたか。
かん袋に押し込まれた猫も有難迷惑でしょうね。

  • |2013.08.20(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top