梅雨寒の被災地に護衛艦が「艦艇広報室」

寒暖の差が激しい日本列島
先日は東京でゲリラ豪雨がありながら、水源地である利根川上流ダムの貯水率が低下、取水制限されたとか。一方では最高気温を塗り替えたという西日本の猛暑や梅雨も明けきらない北日本では冷夏を思わせるような梅雨空。今年も異常気象が続いているようです。暑さ寒さが混在する日本列島において、熱中症には十分お気を付けくださいとも言えない今日この頃のご挨拶です。

風鈴

陽炎が立ち上がるほどの蒸し暑さ「土潤溽暑」
さて7月28日頃から8月1日頃は七十二候の「土潤溽暑(つちうるおってむしあつし)」です。
溽暑(じょくしょ)とはなかなか読めませんが、その意味は湿度の高い蒸し暑さをいいます。身に纏わりつく暑さに、土潤がついて土中の水分が蒸発し陽炎が立ち上がるような蒸し暑さという意味になります。
この時季、昔人たちは行水や打ち水など、生活の知恵でこの暑さを乗り切ってきましたが、草木は緑をますます濃くし成長の勢いを増してきます。まるで夏を楽しんでいるかのように。そして田畑では秋に向け確実に作物が実り始めてきます。



護衛艦の一般公開を見てきました
先日の七十二候、「鷹技を習う」の時季だった7月20・21の両日、地元宮古港に海上自衛隊護衛艦「まきなみ、すずなみ」の2艇が入港し、艦内の一般公開及び体験航海が行われました。
護衛艦「まきなみ・すずなみ」は青森県の海上自衛隊大湊地方隊に所属し、津軽海峡、宗谷海峡を含む日本海側、太平洋側ともに青森県以北、周辺海域の警戒にあたっております。当港に入港したのは震災後、はじめて。東日本大震災では護衛艦や輸送船が被災地にいち早く駆けつけ、救援物資などの支援活動を行っておりました。また震災後しばらくの間、陸上自衛隊の皆さんには行方不明者の捜索活動にご協力いただくなど、海路と陸路から大変お世話になりました。
護衛艦
艦載機ヘリ 大砲
宮古港に停泊した護衛艦「まきなみ」(左)と「すずなみ」(右)。写真左下は「まきなみ」艦載機SH-60Kヘリコプターと54口径127ミリ速射砲(写真右)

市長挨拶 艦長挨拶
花束贈呈 歓迎音楽
一般公開、体験航海にあたって護衛艦の入港セレモニーが午前8時半から行われました。山本宮古市長の歓迎のごあいさつの後、地元小学生からの花束贈呈、同じ小学生の吹奏楽部による軍艦マーチで歓迎です。

一般公開 操舵室 ヘリ見学 試着
一般公開にはしゃぐ子供たちはお目当てのところに急ぎます。中でも一番人気の高かったのは護衛艦搭載のSH-60K型ヘリ。同型機は遭難者の救助や海域のパトロールが任務です。パイロットの制服試着も人気急騰。子供たちは我も我もと憧れのヘルメットを被り、弾納ベストを着てご満悦。操舵室からは遥か湾内が見渡せ、爽快です。

やはりテレビドラマの人気番組だった「空飛ぶ広報室」の影響なんでしょうか。番組終わってしまいましたけどね。
体験航海は予約の都合上、乗艦できませんでしたが、機会があったら一度乗ってみたいものですね。





参考サイト:ぴお暦生活TBSオンデマンド海上自衛隊大湊地方隊、七十二侯がまるごとわかる本

人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。

関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

こちらは相変わらずの猛暑日がつずいております
それでも草木 特に雑草だけは 元気よく
大きくなってます~  草取りが追いつかない~
打ち水してます バケツや柄杓では面倒なので 井戸水直結融雪装置で・・・  打ち水と言うより噴水・・・
  • |2013.07.26(Fri)
  • |こん☆
  • URL
  • EDIT

代替画像

以前伊東に行った時に、
もう少し小さい艦船が海水浴場沖を曳航してました。

あれも間近で見ると迫力がありましたが、
さすがに護衛艦ともなると、迫力が違いますね。
  • |2013.07.26(Fri)
  • |itchann
  • URL
  • EDIT

代替画像

おはようございます。

梅雨入りしてしばらくは、空梅雨かと勘違いするような日が続
き、すっかり夏の装いが馴染んできたと思ったのに、このとこ
ろの梅雨寒でしまいこんだ長袖のシャツをごそごそと取り出す
始末、ほんとにおかしなことになっていますね。
一方、窓から見える川辺や線路脇の土手の雑草たちは、この鬱
陶しさの中で、日に日に元気さを増してきているようです。
  • |2013.07.26(Fri)
  • |茶々
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: こん☆さんへ☆彡

北日本は1シーズン遅れているような感じで、同じ日本でありながら、よその国に住んでいるみたいですね。
歳時記を書いていて一番困るんですよ。これほどの季節感の違いは。
放って置くと我が身の占有地を広げようと拡散して来ますね。草魂とは見上げたものです。
最近打ち水が見直されてきているようで、都会の企業の玄関前で浴衣を着た女子社員がバケツに柄杓片手に打ち水しているニュースが流れています。実際打ち水することで2~3度温度が下がるそうです。もっともアスファルトだと、その後の照り返しによって蒸発した水蒸気が蒸し暑さを誘うようですけどね。

  • |2013.07.26(Fri)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: itchannさんへ☆彡

間近で見ると迫力が違いますね。伊東付近ですと東京湾へ入出港する船舶でラッシュですよね。
自分も以前三浦半島で釣りをしていた頃、浦賀水道は船舶のラッシュでした。丁度横須賀に基地がありますからね。基地のすぐ近くで釣りをしていた頃、駆逐艦だか巡洋艦だかよく分かりませんが、わんさか停泊してました。さすがに空母は見かけませんでしたが、近くで見ると異様な雰囲気でした。

先日の護衛艦も飛鳥Ⅱなどの商船と比べると、それ程大きくは感じないんですが、あの独特の自衛隊色は威圧感がありますね。太平洋の荒波を受け、艦上を波しぶきが飛び交う姿を想像すると、あの色も逞しさを感じます。

  • |2013.07.26(Fri)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 茶々さんへ☆彡

こんにちは。

自然の気まぐれにも困ったもんですね。もっとも我々の自然環境破壊に抗議しての異常気象なのかもしれませんけどね。地球温暖化は年々深刻さを増し、それが世界の気象に影響しているのかもしれません。
我々の環境破壊が原因で異常気象が起こっているのだとしたら、その余波を受ける動物や植物たちが可哀そうですよね。弱肉強食の世界とはいえ、生活圏を脅かされ、棲家を破壊された動物たちは生存していくことへの恐怖を感じているに違いありません。
一方で、踏まれても抜かれても逞しく生き抜く雑草たちの草魂は、目を見張るものがあります。人間も動植物たちも共存共栄していくことが大切だということですかね。

  • |2013.07.26(Fri)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

テレビを見る余裕がほとんどないので
「空飛ぶ広報室」を存じ上げませんが、想像させていただきました

自衛隊には偏見もあるので
こうして身近なものにするイベントは
効果が期待できるように思います

存在自体が未だに賛否両論でしょうけれど
命をかけて国を守る存在があることは知っておくべきですね
  • |2013.07.27(Sat)
  • |FREUDE
  • URL
  • EDIT

代替画像

その暑過ぎの西日本の大分から朝のご挨拶を。
日ごとに気温が上昇して言いようのない毎日を送っています。いくら盛夏でも昔は朝晩は涼しかったです。夕方を待つ楽しみすらありました。ところが近年は秋が来るまではのべつ幕なしにオーブントースター状態で。このまま10年後、30年後、100年後にはどうなっていることやら。溽暑(じょくしょ)、この言葉を知っている昔の人が今の夏を体験したらどう思うことでしょう。

護衛艦の一般公開は大分で開催の時には亡き父がよく行っていました。
やはり戦争体験者には格別の思いがあったのでしょうか。
  • |2013.07.27(Sat)
  • |まろゆーろ
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: FREUDEさんへ☆彡

ここ数年尖閣諸島問題などで海上自衛隊は一般の方々からは偏見を持たれてますものね。その偏見を少しでも緩和し、理解を持ってもらおうというのが自衛隊の狙いかもしれませんね。諸外国との紛争解決は別問題として、国内における災害救助などでの活躍は、国民の信頼を回復させる活動があります。
特に東日本大震災の被災地における活躍は何物にも代えがたいものがありました。当時は連日主要幹線道路を自衛隊のジープ、搬送車などの隊列にはいかめしいものがありましたが、被災現場へ急行し、捜索活動、救援物資の配布、避難所の設営、簡易風呂の管理などにはご苦労があったものと思います。厳寒の中、自分たちの宿舎はテントでの野営生活でした。全国の警察官、救急隊員などの活躍とともに被災地では感謝に耐えない次第です。
こういった自衛隊も対外紛争には率先して出動することになるんでしょうが、軍隊として対処するのか、国民を守るための自衛隊として活動するのか、国の対応が注目されるとこですね。

  • |2013.07.27(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: まろゆ-ろさんへ☆彡

この酷暑、関東から西と北に分断されてるようですね。
ジッとしてても肌にまとわりつく汗、帽子を被らず外出すると頭髪が焦げ付くような日射、夜は夜で一睡もできないほどの熱帯夜。自分も数年前横浜でその酷暑を経験してきました。それに比べると今の地は天国です。皆さんの苦痛が分かるような気もします。節電モードでエアコンを適正温度に、などと言ってられないですよね。
溽暑⇒猛暑⇒酷暑。ランク付けするとしたらこうなるかも。

今の護衛艦の乗組員を見てると、戦時中のような悲壮感はないような気もしました。一般公開で要所要所に立つ乗員は見学者に優しく対応し、子供たちと一緒になって楽しんでいるという感じです。最も日常の訓練航行などでは厳粛な行動をとるんでしょうけどね。

  • |2013.07.27(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • |2013.07.28(Sun)
  • EDIT

代替画像

かっこいいですね!

ミーハーで、制服にも、船にも
あこがれます。(笑)

代替画像

Re: くろこさんへ☆彡

白い制服は憧れの的ですよね。
着ておられる方が若くても、ご年配の方でも恰好良かったですよ。
  • |2013.07.29(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

matsuyama さんへ!!

利根川の貯水池なぜ水がたまらないのでしょうかねー。不思議に思うのですが・・・
自衛隊はもう完全に旧帝国軍隊と変わりがないように見えますね^^。国防軍になっていますよね^^。恰好もよく若い人もあこがれるのでしょうかねー。私は集団自衛権云々となれば、死を覚悟できるでしょうか不安に思いますがねー。
今のままで十分と思うのですが憲法改正してまでも、増強しなければいけない事情が米国との約束かと思うと嫌ですねー。
  • |2013.07.29(Mon)
  • |荒野鷹虎
  • URL
  • EDIT

代替画像

こんにちは
いつもどうもありがとうございます♪

ご無沙汰でした
暑中お見舞い申し上げます
暑い荒天な陽気が続いておりますが
熱中症など体調にお気を付けて
お過ごしください
取り急ぎ簡単な挨拶ですみません

こういうイベントは嫁さんがかなり
興奮しそうです(笑)
こちらでは抽選なのでなかなか参加
するのが難しいんですよね・・・

またよろしくお願いいたします♪
  • |2013.07.29(Mon)
  • |スーパーサイドバック
  • URL
  • EDIT

代替画像

護衛艦

こんにちは。

湿度の高い蒸し暑さのことを「溽暑(じょくしょ)」と言うと教えて戴きましたが、まさに関東地方の夏も溽暑です。

昔、札幌に住んでいた事がありましたが(私がいた頃は)カラッとした夏であった為に、比較的過ごし易かったです。
(その代わり夏の期間が短いのが難点ですね)

こちらの「護衛艦」は東日本大震災でも使われただけあり、迫力があって凄いですね。

ヨットくらいの小さな船なら見たことがありますが、護衛艦のようなワールドワイドクラスのものは見た事がありません。

前回のブログで「うなぎ」の話題がありましたが、matsuyamaさんはもう食べに行かれましたか?

本来うなぎは夏以外の秋や冬が最も美味しいと聞いた事がありますが、やはり夏になると食べたくなるものですね。
  • |2013.07.30(Tue)
  • |whitemoon
  • |URL
  • EDIT

代替画像

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • |2013.07.30(Tue)
  • EDIT

代替画像

Re: 荒野鷹虎さんへ☆彡

利根川水系には8ダムがあって、ここから神奈川県を除く首都圏の生活用水に使用されていますよね。数千万人の飲料を賄うには相当数の貯水量を確保しなければなりません。ところが一定の貯水量を確保するためには、自然の恵みである雨に頼るしかないみたいですね。その雨も利根川上流では降ってもにわか雨程度で首都圏の水瓶として安定供給できる貯水量には至らないようです。
これまでにも何度か渇水状態に陥ってきたみたいですが、危機状態を乗り越えられたのはいずれも台風並みの降水量によるものだそうです。台風は人的被害をもたらしますが、水瓶を潤すにはなくてはならないものなのですね。

集団的自衛権が行使されることになれば、今の自衛隊の装備だけでは非常に苦しいところがあると思いますけどね。それなりに隊員の訓練はされているとは思いますけど、実践面での経験は不足してます。実際に戦況下での任務を果たせるかどうか疑問です。そのため隊員の何人かは退官するかもしれませんね。

  • |2013.07.30(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: スーパーサイドバックさんへ☆彡

こんにちは。

今年もまた暑い夏をお過ごしのようでお見舞い申し上げます。
こちらでは涼しげな梅雨の合間に、護衛艦と巡り合うことができました。
体験航海などは都市圏なら抽選ということになるのでしょうが、こちらでは殺到するほどの人数には至りません。ただ事前予約は必要で、当日参加は認められませんでした。好きな方にはもったいない話かもしれませんね。

  • |2013.07.30(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: whitemoonさんへ☆彡

こんにちは。
昔の先輩諸氏は適切な言葉を知ってますね。日本語の奥深いところですね。
夏の暑さを表現する言葉って「猛暑」「酷暑」位しか分かりませんでしたが、また一つ知識が豊富になりました。溽とは身に纏わりつく空気の重さ、という意味合いがあるそうですが、北海道、東北の夏にはそのような暑さはほとんどないですね。例え日中溽暑であっても夜は冷風が漂い肌寒くなります。8月のお盆を過ぎる頃から秋風が吹き始め、海水浴場も遊泳禁止になります。北国の夏は短いですね。昨年は9月半ばまで30℃越えでしたけどね。例外です。
梅雨が明けてない今年は2,3日前からやっと日中20℃を超すようになり、夏らしい季節が巡ってきました。土用丑の日の頃は、うなぎさえ念頭に昇りませんでした。脂が乗った秋が旬の天然うなぎに期待します。
といっても市場には養殖うなぎが出回り、天然うなぎは消費量の1%程度なんだそうです。養殖うなぎなら年中旬ですから(笑)。

  • |2013.07.30(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top