美味しいパンとビールの元「麦秋至」

麦穂が風に波打つ黄金色
5月31日頃から6月4日頃までは小満の末候で、七十二候の第二十四候「麦秋至(ばくしゅういたる)」です。麦が熟して畑一面が黄金色(こがねいろ)になる時節をいいます。新緑に囲まれた中、たわわに実った黄金色の麦穂が風に波打っています。初夏に畑一面の黄金色をみるのは不思議な感じがします。梅雨がやってくる前の一瞬の輝き。これを麦秋と呼んだ先人の感受性には目を見張るものがあります。
新緑から黄金色へ。冬服から夏服へ。薄着への衣替えは6月1日です。制服のある企業や学校では一斉に夏の装いに。もっとも今年の梅雨入りは全国的に早く、黄金色になる前に鬱陶しい季節を迎えているようです。

麦畑

大麦、ホップ、水での醸造「ビール純粋令」
黄金色の麦からは「液体のパン」とも呼ばれるビールが生産されます。
紀元前4000年以上前、メソポタミアで放置されていた麦の粥に酵母が入り込み、自然発酵したビール。気温が高かったこの地方では生水が飲用に適さなかったこともあり、安全性、栄養価とも高い飲み物として人々に愛飲されてきました。1516年、バイエルン地方の君主ウイルヘルム4世は、当時のビールの品質の粗悪さを憂い、「ビール純粋令」を施行しました。「ビールは大麦とホップ、そして水以外のものを用いて醸造してはならない」というもので、これによってドイツビールの声価は高まることとなったのです。
日本へは18世紀後半、江戸の鎖国時代、オランダからビールが紹介され、杉田玄白をはじめとする蘭学者たちによって試飲や試作されました。黒船来航の時ビールが贈られたともいわれています。

ビンビン、ゴクゴク、シュワー
冷えた生ビールの栓を抜くと、シュワーッと泡が噴出します。ビール好きの方にはあの泡がたまらなくいいんですよね。泡のなめらかな口あたりと飲んだ時の爽快感。思わずビールを飲む前に生唾を飲んじゃいます。
ビールの泡の役割ってそれだけじゃないんですよね。ビールが空気に触れ、成分が変化して味が落ちるのを防ぐとともに、炭酸ガスを逃さない蓋の役割もしています。また、苦味成分を吸着するという効果もあります。
ビンビンに冷えた最初の一杯、喉越しを通る時のあの苦み走った味は、その日の疲労感を吹き飛ばしてくれます。

人気ビールはヱビスがトップ
ビールのレビュー数、ユーザー評価をまとめたサイト「酒ログ」による人気のビール総合ランキングでは、第1位がヱビスビール、第2位がアサヒスーパードライ、第3位はザ プレミアム モルツで、以下4位にキリン一番搾り生ビール、5位に金麦が入っていました。1位のヱビスビールは納得できます。ビールの味を十分知り尽くした「通」の方が飲むビールですよね。私の好きなキリン一番搾りは4位でした。しかも3位と大きく引き離されての4位。昔はビールといえばキリンだったんですけどね。各社とも美味しいビール造りに研鑚してるようです。

天然酵母で偶然に美味しいパン誕生
ビールとともに麦が使われる食品にパンがあります。
パンは今から5000年前、エジプトで生まれたといわれています。当時のパンは石臼で挽いた小麦を水でこね、焼いていましたが、今みたいにふっくらしていませんでした。ある時、焼かないで放っていたら、空気中の天然酵母が混じったパンは、暑い日差しで生地が大きく膨らみました。これを焼いてみると、柔らかく美味しいパンが出来上がったんだそうです。パンもビール同様、偶然の誕生だったんですね。
日本でも弥生時代には、水田耕作とともに麦類が畑作生産されていました。当時は小麦を重湯(おもゆ)のようにして食べていたそうです。その後お粥や、粉にして平焼きにして食べるようになり、紀元前2,000年頃には今のパンに似た食べ物をつくるようになったようです。

2012年の美味しいパン年間ランキング1位(パンとパン屋さんのガイド「パンスタ」より)は意外にもふんわりとしたミルキー感のある食パンなんだそうです。人気のクロワッサンよりも好評なんですね。やはり毎朝食べるパンとしては飽きがこず、シンプルなところが好まれるんでしょうかね。





参考サイト:ぴおサントリー日清製粉グループ酒ログパンスタ、七十二侯がまるごとわかる本
写真素材:北海道無料写真素材集 DO PHOTO

人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。
関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

一番搾りは4位なんですね。
いつの間にか米を含まず麦芽100パーセントになり、
かなり美味しいと思うのですが、
やはり上位のビールの人気は固定的に強いのかな?

  • |2013.05.31(Fri)
  • |itchann
  • URL
  • EDIT

代替画像

おはようございます。

梅雨前線が一気に北上を始めたかと思ったら、早くも一服とい
う感じで今日は全国的に晴れのいい天気になるようです。
これからの暑い日はビールが欠かせません。
お酒は基本的にワイン党ですが、時々無性に風呂上りに一杯の
ビールが恋しくなることがあり、年間を通して冷蔵庫の一角を
占拠しています。
でも、パンもビールも共通して偶然から生まれたものというお
話しは面白いですね。
  • |2013.05.31(Fri)
  • |茶々
  • URL
  • EDIT

代替画像

こんにちは
いつもどうもありがとうございます♪

日本は小麦の90%以上は輸入ですので
なかなか国産小麦のパンは高くて
手が届かないのですが(笑)
美味しそうですね~
ビールは自分は全くアルコール飲まないので
よくわかりませんが(苦笑)
好きな人にはたまらないのでしょうね
そのへんのこだわりだとか・・・

またよろしくお願いいたします♪
  • |2013.05.31(Fri)
  • |スーパーサイドバック
  • URL
  • EDIT

代替画像

今日みたいに、暑くなると、
ビールがこいしくなりますね(笑)

私は、エビスがすきかな・・・
あまり、ビールは飲まないのですが、
最初の乾杯は、ビールがおいしいですね(笑)

代替画像

Re: itchannさんへ☆彡

どっちかというと自分も一番搾りが好きなんですけど、思ったほど人気はないみたいですね。
アサヒスーパードライは大衆的で、根強いファンが多いんでしょうか。その中でヱビスビールは1ランク上というか、高級感はあるようですね。昔、恵比寿駅前に工場があったときは電車で通るたびに「飲んでみて~」なんて思ってたもんですが、気軽に飲めるような値段じゃなかったような気もします。
その後、工場跡地にガーデンハウスができ、ビアガーデンができてから飲みに行ったんですが、「やはりヱビス」って感じでした。まぁちょっと高いですけどね。一番搾りを飲んでた方が気持ちよく酔えますよ(笑)。

  • |2013.05.31(Fri)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 茶々さんへ☆彡

こんばんは。茶々さん。

昨日一昨日の梅雨みたいな天候が嘘のように晴れ渡りましたね。梅雨入り前の清々しい初夏の天気です。
ワイン党でしたか。自分も以前は宴会などでワインを飲んでたこともありましたが、馴染めなかったですね。根本的に飲兵衛なんでしょうかね(笑)。
よく若い頃は何が何でもお酒はビールでしたが、中年になって腹も出てくるようになってからは水割りに変えるようにしてます。晩酌は水割りなもんですから、お中元にもらったビールなどはいつまでも残っている始末です。パンもビールも偶然の産物だったように、残ったビールから何かが生まれないものでしょうか(笑)。


  • |2013.05.31(Fri)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

matsuyamaさんへ!!

何時も感動する記事ですがビール党から見て「麦秋至」と言う72候があるということは嬉しいですねー。!
ビールの歴史も古いのですねー。私の若い頃は殆ど若い人でビールを飲む人はいませんでしたが・・高価で高級だったのでしょうかねー。笑)
当時は恵比寿ビールでしたかね^^。
今は発泡酒どころか、第3のビールで我慢できますものね~^^。汗)味も分ら無くなりましたねー。!日本のスキルは凄いのですねー。!
  • |2013.05.31(Fri)
  • |荒野鷹虎
  • URL
  • EDIT

代替画像

あまちゃんを見てサザエやアワビを食べたいと思っていた矢先にビールの話題で……。じぇじぇじぇと朝から喉が欲しています。今夜は久々にビールを飲んでみたくなりました。ちなみに家人は一番搾り派です。

麦秋、美しい黄金色が広がっていた畑。そういえばいつの間にやら刈り取りを済ませたのでしょうね。見なくなりました。
ぼちぼち田植えも本格的に。いよいよ瑞穂の国日本の真骨頂の季節が巡り来ますね。
6月も素敵な毎日でありますように。お体を大切になさってお過ごし下さい。
  • |2013.06.01(Sat)
  • |まろゆーろ
  • URL
  • EDIT

代替画像

順番にやってくる入梅
そして6月に入った今日
晴天で~す(*^^*ゞ
  • |2013.06.01(Sat)
  • |みゆきん
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: スーパーサイドバックさんへ☆彡

こんにちは。いつもありがとうございます。

そうですね。日清製粉の資料によると日本で消費される小麦の85%が輸入なんだそうです。残り15%が国産の小麦で賄われるようですが、その生産県は北海道が多く、国内生産の65%なんだそうです。これは収穫期の梅雨が小麦の品質に影響するため、梅雨のない北海道が栽培に適しているんですね。
広大な北海道の麦畑で生産されているように見えますが、国内消費を賄うだけの生産はされていないんですね。
それでも日本のビールの味は世界にも匹敵するほどの美味しさですよね。

  • |2013.06.01(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: くろこさんへ☆彡

お酒の席での乾杯は、ビールが多いですよね。なんでビールなんでしょう。日本酒じゃダメなんですかね。
その理由を書いた記事がありました。
ビールは昭和30~40年頃、高度経済状況で大衆化され、誰でも取り敢えず最初の一杯、という風潮が出てきたんだそうです。日本酒を冷で飲む習慣はなく、お燗をするには時間がかかります。そこで手っ取り早いビールをということになったんでしょうね。
他にもビールで乾杯の理由があったようです。日本酒に比べアルコール度の低いビールは最初の一杯に最適だったんですね。またビールには食欲を増進させる効果もあるんだそうです。
これから暑い夏、喉を潤すビールは最高。できればヱビスで乾杯したいですね(笑)。
  • |2013.06.01(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 荒野鷹虎さんへ☆彡

「麦秋至」がビールを促進する季節だというわけではないですが、麦の収穫時季でもあり、原料とするビールにその季節感を垣間見てみました。ご参考になりましたかどうか。
お酒が好きなものですから、もっとビールのことを掘り下げてみたかったのですが、何ぶんお酒の嫌いな方もおられますので(笑)。
我々の若い頃はビールといえばヱビス、でしたが、その後キリンビールが台頭し、アサヒ、サッポロなどが追随していたようにも思えます。安サラリーマンにヱビスは格式が高く、もっぱらキリンが大衆的でしたね。今や販売量においてはアサヒのスーパードライがトップのようです。
発泡酒だ、第3のビールだと安くなるのはいいですが、味までまがい物のビールにはしてほしくないですよね。
  • |2013.06.01(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: まろゆ-ろさんへ☆彡

サザエにアワビ、ビールには最高の肴ですね。季節が暑くなればビールの評価もうなぎ登り。そこに新鮮な海鮮物はなくてはならない肴ですよね。その点あまちゃんは家庭の食卓にも貢献しているんですね。
出荷量ではスーパードライに次いで第2位をキープしている一番搾りですが、なかなか熾烈な争いをしているようですね。輸入ブランドの伸びや若者の缶チューハイ好みもあって、国産ビールの低迷が目立つようです。
二毛作が行われていた九州や四国地方では小麦の収穫時期なんでしょうけどね。今では農家の重労働と輸入穀物の影響で二毛作の農家が減ってきているようですね。
今や単作で水稲を耕作しているところが多いようで、水田でなびく緑の苗が季節感を表現していますね。
ちょっと早すぎたと思える梅雨入りでしたが、6月に入って歳時記がぴったり追いついた感じですね。今月もよろしくお願いします。

  • |2013.06.01(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

パン大好き~  ビールはちょっと 
炭酸が苦手なので・・・
でも 暑い日仕事の後の生は 最初の1パイだけ
美味しい~
  • |2013.06.01(Sat)
  • |こん☆
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: みゆきんさんへ☆彡

今年の気候は特徴があるようで、桜前線もそうだったように、梅雨前線も関東までは早足で駆け巡ってくるんですが、そこからは速度を緩めてきますね。体力のない自分が途中で息切れしたような感じです。お蔭で5月中に東北も梅雨入りかと予想された天候も、今は爽やかな皐月を楽しませてもらってます。
お互いに梅雨入り前の季節を存分に楽しみましょう。

  • |2013.06.01(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

こんばんは

麦秋という語が好きです。秋と書きながら秋じゃないというのがいいですね。麦と聞くと昔、小学校一年生の時の国語の教科書に出てきた、にわとりが麦を作ってそれでパンを焼く、という話を思い出します。
ビールがどうしても飲めない私はパン派です^^。
  • |2013.06.01(Sat)
  • |見張り員
  • URL
  • EDIT

代替画像

ビールが粗悪化することを憂う政治は
尊厳を維持できて、すばらしいと思います

比べて日本政府のとってきた税制は
情けなくて涙が出そうです

課税だけを目的とし三倍増醸酒、合成清酒などが闊歩、
伝統ある日本酒が地に落ちた現在、
一部の良心的酒蔵が泣く構図が続いているようです
  • |2013.06.02(Sun)
  • |FREUDE
  • URL
  • EDIT

代替画像

私は麦畑の風景が好きです!
最近はあまり見かけなくなりましたが、
昔は金色に輝く畑で風になびいてる風景が
何とも言えず気持ち良かったのを憶えてます!

これからはビールのシーズンです(^O^)
最近は色んな種類が有ってどれも味わい深いのですが
皆でジョッキで飲むならアサヒで
静かにグラスで味わうならキリンかヱビスですね(笑)

ビールでスッカ!と暑さを吹き飛ばしたいですね!
  • |2013.06.02(Sun)
  • |SUN太郎
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: こん☆さんへ☆彡

お酒がダメという人はビール一杯でも顔が赤くなるし、心臓がドキドキして今にも倒れそうになってしまうといいますね。体質で仕様がないでしょうけど。そこまでいかなくてもたいがいの人は、宴席で最初の一杯だけはお付き合いできるようですね。
炭酸が苦手ということはコーラもサイダーもダメなんですか。自分も最近は炭酸系、飲めなくなりました。缶コーラ1本飲めず、残しておくと炭酸ガスが抜けてただの砂糖水になってしまうんですよね。あれくらい不味い飲み物はないです。昔は汗をかいた後、瓶コーラ1本平気で飲んでたんですけどね。

  • |2013.06.02(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 見張り員さんへ☆彡

小学校の国語の教科書にそんな話が出てましたか。もう忘れてしまいました(笑)。
我々の頃は「さいた さいた さくらが さいた」じゃなかったかな。記憶は不確かですけど。こんなことに拘っていると年齢が分かってしまいますね(笑)。
鶏が作った麦でパンを焼くなんて、童話の世界みたいでどこかロマンがありますね。
パンを食べる習慣がなかった我々の時代は、あずきあんこを練った小麦粉で包み、セイロで蒸した饅頭がおやつみたいなものでしたね。野球のボールくらいの大きさでしたから、子供には1個で十分満腹感を得られました。
それでも当時は貧困時代でしたから、饅頭はご馳走でしたね。

  • |2013.06.02(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: FREUDEさんへ☆彡

美味しいビールができるようになったのはドイツの「ビール純粋令」からのようですが、その後起こった産業革命による冷却機の発明により製造方法が変わり、長期保存が可能になったからのようですね。そのため市場が拡大し、世界にどんどん輸出されるようになったんだそうです。
明治初期の頃までは誰でもお酒を造れました。ところが明治29年酒造会社に課せられる造石税が制定されてからは、軒並み酒造会社が潰れてしまいました。
戦時中は大麦の生産や電力、石炭の供給不足によりビールの生産量は激減したにもかかわらず、戦費調達のため毎年増税されていたそうです。政府はお酒を食い物にし、税金を巻き上げていたんですね。
現在では発泡酒、第3のビールなどと各種ビールが製造発売されてますが、酒税はそれぞれ違いますね。たばこ税もそうですが、極論したらまがい物の第3のビールにまで課税し、大衆の細やかな楽しみを奪い取る増税は感心しないですね。

  • |2013.06.02(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: SUN太郎さんへ☆彡

たわわに実った黄金色の稲もそうですが、風に揺られて波打ってる麦畑も風情がありますね。
昔、子供の頃、うちでも麦作をしてました。収穫期には家族総出で刈取りです。束ねる時、麦のあの針みたいな芒(のぎ)がチクチクして、腕にミミズ腫れができたもんです。
今はこの辺りでも麦を作っている農家を見かけませんね。小さな麦畑でチマチマやってても、重労働の割に採算が合わないんですよね。これからは北海道のような広大な土地で、コンバインなどを使った大型機械を導入して生産しなくちゃならないですよね。
暑い季節がやってきます。ビールが美味しい季節ですね。昔はビヤガーデンに行って仲間同士、ジョッキで乾杯してましたね。話が弾むと大ジョッキのお代り。今はもうそんなバカ飲みできません。グラスに注いだ生ビールで1人乾杯!!(笑)。

  • |2013.06.02(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top