紅花の紅黄色が咲き誇る「紅花栄」

染料や口紅に使われる紅花
5月26日頃から30日頃までは二十四節気、小満の次候で、七十二候の第二十三候、「紅花栄(べにばなさかう)」です。紅花の紅黄色の花が盛んに咲く頃をいいます。
山形県の県花にも指定されている紅花は、黄色から紅色に移り変わる花を咲かせる菊科の1年草です。
花弁から染料や口紅の元になる色素がとれることから、古くから世界各地で広く栽培されていました。日本への伝来は,中国から裁縫や染色の技術とともに紅花の種を持ってきたのが始まりとも,推古天皇の時代に朝鮮半島を経て伝ったともいわれています。

紅花

アザミに似た紅花
紅花の草丈1mほどで、初夏には半径2.5~4cmのアザミに似た花を咲かせます。鮮やかな黄色から、やがて色づき赤くなります。葉のふちに鋭いトゲがあり、このため花摘みはトゲが朝露で柔らかくなっている朝方に行われます。花を発酵、乾燥させたものが染料や着色料の材料として用いられ、生薬や口紅、食物油などにも利用されます。
その花畑は夏の風物詩として、今でも山形の街を彩っております。

紅染めは西陣織などの高級織物に
紅花染めは草木染めのうちでも、花を使用する珍しい染めです。紅花には黄色と赤の2種類の色素があり、染めにもそれぞれを使った2種類の染めがあります。
黄汁を使った黄染めは容易で、庶民の染物として利用されました。紅の色素を使った紅染めは京都の西陣織のような高級な着物だけに使用されました。紅染めは作業の温度やタイミングなどで出来が大きく変わってしまうため,熟練の技術が必要な作業だったそうです。

のこぎり商法で栄えた最上紅花
日本での紅花は平安時代、関東から中国地方にかけて栽培されていました。山形での生産は江戸時代になり、各地で紅花の栽培が行われていた中で、最上川中流域の村山地方で産出される最上紅花が高品質で知られるようになり,生産量においても最大を誇るようになったそうです。
最上紅花の最盛期には生産地である出羽(山形)から酒田に集まり、そこから近江商人が北前船に乗せて京都、大阪へと運びました。生産者から現金買いをした山形の紅花商人は、関西方面に出荷した後その代金で上方物資を直買いし、山形に持ち帰っていました。こうした「のこぎり商法」で、山形商人は膨大な利益を上げていたんだそうです。

紅花は別名「源氏物語の末摘花」
紅花は一般的な和名で、赤い色彩であるところから,赤い色や口紅を「紅(べに)」と言うようになったそうです。
他にも久礼奈為(くれない)、呉藍くれのあい)、紅藍(べにあい)、末摘花(すえつむはな)などと呼ばれています。
「源氏物語」第六段の「末摘花」は、物語中に出てくる女性の鼻の頭が赤いことを嘲笑って「紅花のように末に赤い花(鼻)がある」と呼んだことからついた題なんだそうです。

紅花は染料や着色料の他に、薬用、観賞用などに使われます。若い芽や葉は食用とされ、干し花も料理に使ったり、ハーブティーとして飲むことがあるようです。
一面咲き綻ぶ山形の紅花畑を見れるのもこの時季です。一度見ててみたいものです。壮観でしょうね。





参考サイト:ぴお紅花の歴史文化館、七十二侯がまるごとわかる本
写真素材:写真素材-フォトライブラリー

人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。
関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

お世話になった親戚2軒に贈るお中元お歳暮を
25年ほど前からサラダオイルに固定しております

当時はそれほどもてはやされていなかった記憶があるのですが
今や必ずベニバナ油がセットされているようです

健康的なのでしょうね
  • |2013.05.26(Sun)
  • |FREUDE
  • URL
  • EDIT

代替画像

おはようございます。

紅花もそうですが、この時期、散歩をしていてもモクレン、ハ
ナミズキ、ツツジ、ジンチョウゲ、スズランなどなどいろいろ
な草花が日をかえ場所をかえ彩をみせてくれています。
先日は、七北田ダム湖畔にある植物園でシャクナゲが見頃と聞
いて、出かけてきました。
シャクナゲはちょっと盛りを過ぎた感じではありましたが、入
梅前のひと時、いろいろな春の草花を存分に楽しむことができ
ました。
  • |2013.05.26(Sun)
  • |茶々
  • URL
  • EDIT

代替画像

おはようございます♪
いつもどうもありがとうございます♪

5月も終盤に入りましたが
まだまだ朝晩は肌寒さが感じます
この時期はフルーツなどの味覚刈りも
小休止のようで、
いや~な梅雨が迫ってるかとおもうと・・・です

またよろしくお願いいたします♪
  • |2013.05.26(Sun)
  • |スーパーサイドバック
  • URL
  • EDIT

代替画像

山形商人、商売うまいねえ。
  • |2013.05.26(Sun)
  • |カノッチ
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: FREUDEさんへ☆彡

もうすぐ今年もお中元の時季になってきましたね。
定番になってるならいいのですが、何を誰に贈ったらいいのか頭を悩ますところです。奇抜な商品を考えたとしても、果たして貰う側が喜んでもらえるのかどうか、自己満足にならないようにしたいものです。
貰う側としては毎日食卓で使うものの方が嬉しいでしょうね。お酒やコーヒーなどバラエティ豊富にありますけど、人によって好き嫌いがありますからね。
うちも毎年ギフトで水ようかん詰合せなどを貰うんですけど、食べる人がいなくて困ってます。腐らないですからいいんですけど。

  • |2013.05.26(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 茶々さんへ☆彡

こんにちは。

紅花も栄えるこの時季は、野に山に自然の息吹を感じさせる花々の開花が続きますね。まるで開花ラッシュみたいです。うちの庭にもブルーベリーが花開きました。去年は不作でしたが、今年は順調に伸びてるようです。実になる頃が楽しみですね。
シャクナゲは見頃を過ぎましたか。やはり仙台とは気温が違うんですね。うちのはいま芽を出し始めました。雑草だらけだった庭に白いスズランや黄色いクリスマスローズが彩を添えてくれてます。


  • |2013.05.26(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

ついさっき、アザミっぽい雑草を庭で抜いてしまいました。
たぶん間違いなくアザミだと思いますが、
紅花だったら勿体なかったかな…?

あと少しで花が咲きそうだったんですけどね(^_^;
  • |2013.05.26(Sun)
  • |itchann
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: スーパーサイドバックさんへ☆彡

こんにちは。いつもありがとうございます。

この時季日中と夜間の気温差が激しいですからね。気を付けないと体調を崩しちゃいます。
暖かい地方は味覚狩りも一段落でしょうね。こちらでは6月下旬から7月にかけていちご狩りが最盛期のようです。梅雨に入る前に一度いちご狩りでもしようと思ってますよ。


  • |2013.05.26(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

アザミとタンポポの間のようなお花ね
これから入梅の季節
もっと沢山の花が咲き誇り野山も活気付く東北
そこが東北の良い所よね(* ̄。 ̄*)ウットリ
  • |2013.05.26(Sun)
  • |みゆきん
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: カノッチさんへ☆彡

生産者に現金をちらつかせ、安く買う。買ったものを加工業者に高く売る。ここまでは普通の商人の手口でしょうね。紅花商人は売った資金を元手に都会の商品を買い求め、地元で再販する。うまくすれば最初の資金の何倍もの利益が付くんでしょう。
悪徳商法じゃなく正規の販売ルートで金儲けをする「のこぎり商法」は、一家の財を成したんでしょうね。
  • |2013.05.26(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: itchannさんへ☆彡

間違えることはよくありますよ。それほどアザミと紅花ってよく似てますからね。
抜いた花の色は何色でした。まだ咲いてませんでしたか。
紅花は黄色から受粉が終わると赤色に変わるそうです。アザミは白、淡紅色、深紫色が多いようですね。
色だけから判断できないところもありますけどね。花が咲くとはっきり分かったかもしれません。
紅花だったらちょっと残念でしたね。
  • |2013.05.26(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: みゆきんさんへ☆彡

タンポポね、そういえばタンポポにも似てますね。
似た者同士の紅花、アザミ、タンポポ。この3つに共通しているのがキク科なんですね。同じ親戚だったようです。どうりで似ているわけです。花の百科図鑑を見ていたら、もっと似ている花がありましたよ。野芥子(のげし)という花です。これもキク科の親戚だったみたいですね。世界は一家 人類みな兄弟!です(笑)。
夏の短い東北は短い期間に自分を主張しようと我も我もと咲き誇るんでしょうね。

  • |2013.05.26(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

こんばんは

おお、紅花・・・
これを見るたび、(ちょっと古いですが)佐藤千夜子の「紅屋の娘」という歌を思い出します。
ほんとにアザミによく似てますね、ちょっと見ただけだとアザミだと思ってしまいそうです^^。
  • |2013.05.27(Mon)
  • |見張り員
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 見張り員さんへ☆彡

懐かしい。紅屋の娘。……云うことにゃ サノ云うことにゃ……トサイサイ…。
リズム感がありましたね。頭に残ってますよ。
後で知ったんですが、作詞作曲のコンビは野口雨情と中山晋平だったんですね。
彼らコンビの歌には心に残る曲が一杯ありますね。古き良き時代です。

人間だったら瓜二つというところでしょうか。同じキク科で親戚みたいなもんですからね。それにしても花の種類一杯ありますね。覚えきれないですよ。

  • |2013.05.28(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

2年前に家族で秋田に行く途中に立ち寄った酒田市の山居倉庫で買った紅花の種。去年植えましたがまったく失敗してしまいました。やはり機構の異なる場所では返って可哀そうな結果になるのだなと後悔しました。

この花が素敵な染料になるのですから素晴らしいことですね。紅花染めは甲状腺の緩和にもなると山居倉庫の説明版に書いてありました。
こちらは梅雨に入りしたが、お日様のような色の紅花が咲く東北も夏迎えの準備でしょうか。
  • |2013.05.28(Tue)
  • |まろゆーろ
  • URL
  • EDIT

代替画像

短い夏
ってまだ夏の入り口よ~
夏を楽しみましょうね(*^^*ゞ
  • |2013.05.29(Wed)
  • |みゆきん
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: まろゆ-ろさんへ☆彡

駄目でしたか。
7月頃に黄色の花が咲く紅花は、乾燥した20℃前後の気温でよく育ち、高温多湿を苦手としているそうです。この条件に沿ってるのが山形なんでしょうね。
紅花は「最上紅」として舞妓さんの口紅に使われたり、最近の研究では、発ガン予防や抗酸化作用、血行促進などにも効能があるとか。紅花は観賞や染料、食用だけじゃなく薬用にも広く使われているようですね。
紅花が咲き誇った頃、山形では夏の到来を感じるのでしょうね。今年は各地とも早い梅雨入りのようですけど、梅雨や炎暑の高温湿気が紅花に影響しなければいいんですが。

  • |2013.05.29(Wed)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: みゆきんさんへ☆彡

もうすでに今年の夏を体感している暖かい地方の皆さんから比べたら、北国の春ならぬ北国の夏は全然短いです。まごまごしていると夏を感じないうちに秋が来たりして。

そうそう、北国の春の北国って何県かご存知ですか。てっきり岩手県出身の千昌夫が歌ってるから、岩手県かな~とばかり思ってたら、なんとなんと長野県ですって。作詞者のいではく氏が自分の故郷の南牧村を想定して作ったと言ってるそうですから間違いないんでしょうね。北国って、信州だったとは。

  • |2013.05.29(Wed)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

広大な畑に紅花一色 私も実物を見てみたい~
こちら梅雨入りだそうで 平年よりもかなり
早いです  
梅雨明けも早いといいな~
  • |2013.05.29(Wed)
  • |こん☆
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: こん☆さんへ☆彡

梅雨入りしましたね。平年より早いですよね。梅雨というと6月っていうイメージなんですけど。
こちら東北はまだですが、昨日から雨が降り続いてます。梅雨入り宣言はまだ出てません。走り梅雨ですかね。
早く梅雨入りしたらその分早く梅雨明けしてくれればいいんですが、そうもいきませんでしょうね。梅雨明けは平年並みという情報もあります。そうなると長い梅雨になりそうですね。稲作には恵みの雨なんでしょうけど。

じめじめした天気は紅花にとってあまりいい環境じゃないみたいですね。雨に煙る紅花よりは、青空のもとで花開く紅花が一際きわだつでしょうね。

  • |2013.05.30(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top