風情を醸す茅葺屋根と筍

5月16日から七十二候の「竹笋生」です
5月16日頃から20日頃までは、七十二候の第二十一候、「竹笋生(たけのこしょうず)」です。竹笋(たけのこ)が生えてくる時季ですが、竹の新芽という意味からすれば、よく使われる筍と竹笋は同じであります。

筍

栄養満点、孟宗竹の筍
一般的に食用とする筍は「孟宗竹(もうそうちく)」という品種です。新鮮なものは生で食べられますが、収穫から時間が経ったものはアク抜きが必要になります。筍はタンパク質に富み、カリウムや食物繊維の他、ビタミンB1やビタミンCなども含みます。繊維はコマツナやキャベツと同じ程度含まれているところから、動脈硬化やがん予防の効果も期待できそうです。筍を食用としているのは日本、中国、韓国です。

竹笋生は真竹の収穫期だった
しかし、食材としての筍は、日本ではこの時季にはもう旬を過ぎています。いちばんよく目にする黒斑と粗毛の皮に覆われた孟宗竹(もうそうちく)は3月頃には早くも市場に出回ります。
5月も後半にあたる「竹笋生」は実際の収穫期と比べやや遅く感じられます。これは5~6月が旬である真竹(まだけ)をもとに考えられていたと思われます。
七十二候が考え出された江戸時代は真竹が主流でしたが、その後外来種の孟宗竹は1739年琉球経由で広域に広まったといわれております。その結果3~4月が旬の孟宗竹と、七十二候の「竹笋生」とは2か月近いズレが出ることになったのでしょう。

真竹から生まれたかぐや姫!
民話の中に、京都地方に伝わる「竹取物語」があります。光り輝く竹から生まれた女の子がかぐや姫となって天に戻って行く童話ですが、最近の竹取物語には孟宗竹と思われるイラストが描かれています。時代背景に照合してみると孟宗竹ではなく、正しくは真竹ではないかと推測されます。
かぐや姫のお話をもう1度お聞きになりたい方はこちらをご覧ください。
ただし約16分とちょっと長いですので、時間とお暇のある方のみ限定です(笑)。

竹細工に真竹、竹林に孟宗竹
真竹は竹細工や筆、楽器などの素材として最も多く用いられています。弾力性があり、曲げや圧力に対する抵抗性が強いという利点があったところから、釣竿や竹槍の材料として使われていました。大分県の真竹は面積、生産量とも全国一のシェアを占めており、別府市や日田市などでは竹細工や竹箸など、竹工芸が歴史的に盛んなようです。
一方、柔らかくえぐみの少ない孟宗竹は食用に供用されるとともに、建築材料、農業資材、漁業資材など、手軽に使用できることから、各地で耕作地の周辺などに植栽され、竹林として維持・管理されてきました。

雨後の筍、筍医者、筍剥ぎ
筍を素材にしたことわざはいくつかあります。
中でも「雨後の筍」はよく使われていますが、雨が降った後、筍が生えやすいことから、何かをきっかけとしてある物事が続々と発生することを例えています。中国語では「雨后春笋」と書きます。
筍の皮を1枚ずつはぐように、身の回りの衣類・家財などを少しずつ売って食いつないでいくことを筍生活といいます。筍がやがて竹になり藪になることから、技術が下手で未熟な藪医者にも至らぬ医者のことを筍医者といいます。じゃ、「筍剥ぎ」ってどういう意味かご存知ですか。フフフッ、正解はこの下の「Read More」からご覧ください。





参考サイト:Wikipediaぴお昔ばなし絵巻、七十二侯がまるごとわかる本
写真素材:写真素材-フォトライブラリー

人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。
「筍剥ぎの正解」
筍剥ぎは性風俗店で用いられる用語で、ボッタクリ商法のひとつです。筍の皮をはがす行為に由来し、初期料金を安く見せかけ、女の子の脱衣や接触行為などのオプション料金を積み上げていった結果、法外な高額料金になってしまうことをいいます。
ご存知でしたか。あまりこういうところには行きたくないもんですね。
関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

こちら今年のタケノコは 凄く早かったです
猪と分け合えるくらい大量発生  
もう食べ飽きて収穫する気なし
こんな所で成長したら邪魔・・・
掘り起こして 捨ててます
  • |2013.05.16(Thu)
  • |こん☆
  • URL
  • EDIT

代替画像

昨年、焼き筍を経験しました

孟宗、真竹、破竹と
たくさんいただきます
米ぬかで灰汁抜きして、知人たちにお配りします

採取した日の夕食で、
真竹は灰汁抜きをしなくてもいただけますので
焼き筍にしておりますが、栗のような甘さに驚きです

新鮮な筍を煮付けるなんて、もったいない話だと思いました^^
  • |2013.05.16(Thu)
  • |FREUDE
  • URL
  • EDIT

代替画像

ウチの庭もタケノコが出てきますが、
そろそろ孟宗竹のものに変わってきました。

いろいろとコワイので、最近は口にせず…
数本を残して折ってしまいます(^_^;
  • |2013.05.17(Fri)
  • |itchann
  • URL
  • EDIT

代替画像

おはようございます。

私の故郷佐渡でも竹工芸が盛んで、竹籠やザル、花器、ブローチ
などが土産品としても人気があるようです。
比較的温暖な地方で産出される竹ですが、新潟と佐渡の間に対馬
海流がある関係から、新潟の対岸に位置する実家のある地域では、
風当たりがやさしく素直で節の伸びやかで強靭な真竹が育つと言
われ、古くから珍重されています。
  • |2013.05.17(Fri)
  • |茶々
  • URL
  • EDIT

代替画像

(´∀`*)ウフフ・・・たくさん筍にまつわる言葉の勉強しちゃった。(笑)
主人の実家の筍は、孟宗竹(もうそうちく)ですから、
もう季節的にはおわりですね・・

今は、もう食べられません。

お友達の息子さんが、竹細工の修行をするといって、
門下生になりましたが、それだけでは、到底たべられないので、
お仕事をがんばってしています。
素敵な作品を見せていただきましたが、
そういうものは、奥が深いですね!

代替画像

Re: こん☆さんへ☆彡

ほ~、食べ飽きましたか。どれだけ食べたんでしょう。
旬になると竹林のあちこちに芽を出してきますものね。
筍掘りって、気が早るのは最初だけですからね。採っても採っても次から次に芽を出してきます。2,3日もしたら掘った後近くにまた芽を出してきますからね。放っておいたら数日中に子供の背の高さ位まで伸びてきます。食べ飽きるのもわかります。
掘り起こして捨ててるんですか。もったいないような気もしますけど、不要になった筍は邪魔ですものね。根がはびこってますから掘り起こすのも大変なんじゃないんですか。

  • |2013.05.17(Fri)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: FREUDEさんへ☆彡

以前会社の裏山に筍が生えてきてましたので、筍掘りをしたことがあります。市販されてるような立派な筍ではありませんでしたが、それでも必死になって掘り抜きました。
掘った筍はその場でアルミホイールに包んで七輪で焼いて食べたことがあります。焼きあがった筍に醤油を垂らして食べました。柔らくて香ばしく、美味しかったという印象があります。

やはり、日が経ってくると固くなってきますから、灰汁抜きをしておいた方がいいですよね。この灰汁抜きが面倒くさかったりするんですよ。


  • |2013.05.17(Fri)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: itchannさんへ☆彡

筍ってあちこちに生えてきますよね。
うちは裏庭に笹がはびこってるんですよ。孟宗竹じゃないので筍のご相伴には預かれないんですが、竹の生命力の強さは毎年感じてます。伸びると大人の背丈より大きくなります。平垣を乗り越えて家に入り込んできますから、始末に負えないですね。切っても切っても翌年また伸びてきますからね。根っこから粉砕しなくちゃだめですね。
縦横無尽に横茎が伸びてますから、部分的に寸断させてもダメなんですよね。
管理は厄介な笹なんですけど、大雨のときなどは笹の根が雨水を吸収してくれるという利点もあるんですけどね。
  • |2013.05.17(Fri)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 茶々さんへ☆彡

こんにちは。

佐渡も真竹の産地なんですか。真竹って節間が長いから利用度が高い竹材ですよね。全国では長い節間を利用して尺八とか竹刀などが作られているようです。
真竹の北限は青森なんだそうですが、佐渡は対馬海流によっての温暖気候が真竹の生育を促してくれてるんでしょうね。今でも竹細工は島民の皆さんが受け継いで作っておられるんですか。
他の地域を見ていると竹細工の需要が減ってきているのと、技術者不足、後継者不足があって衰退の道を辿っているようですね。

  • |2013.05.17(Fri)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: くろこさんへ☆彡

筍ってあまりいい意味で引用されてないケースが多いようですね。
自分も藪医者というのは聞いたことありますけど、筍医者というのは初めて聞きましたよ。藪医者よりもレベルが低いんですね。
筍も最盛期が過ぎました。「今は、もう食べられません」とは季節的に終わったから食べる機会がないのか、最盛期に食べまくったから今はもう見るのも嫌だということなのか(笑)。
お知り合いの方が竹細工の修業をなさってるんですか。その方は竹細工の妙技にゾッコンだったのでしょうね。後継者が不足しているという今の時代、貴重な存在です。ぜひ竹細工の奥儀を極めていただき、技術を継承していただきたいです。

  • |2013.05.17(Fri)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

こんにちは。よく読みましたが、ありがとうございます。

代替画像

こんばんは

我が家の小さな庭にもタケノコが生えてきましたがとても歩行に邪魔な場所に生えましたww。

ええ!?筍剥ぎってそんな意味の言葉なんですか!!私、寡聞にして存じませんでしたがいい勉強になりました!!ありがとうございます^^!
  • |2013.05.17(Fri)
  • |見張り員
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: iphoneデータ復元さんへ☆彡

コメントありがとうございます。
5日毎に更新しております。またのご訪問お待ちしております。


  • |2013.05.18(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 見張り員さんへ☆彡

出物腫物ところ選ばずって言いますからね。こちらの思惑を考えてくれません。
早めに抜くなり何なり対処しないと筍だらけになっちゃいます。食べれる筍だったらいいんですけどね。

最近のボッタクリ商法、怖いですね。まっ、良識あるお父さん方でしたら引っ掛かるようなことはないんでしょうが、敵もさるもの引っ掻くもので、あれやこれやの手を考えてきます。魔が刺すこともありますので、ご注意を。
その点奥様の見張り員さんは大丈夫ですね(笑)。オレオレ詐欺なんかもありますから。

  • |2013.05.18(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

こんにちは
若竹のように青竹のようにと清々しくも凛とした立ち姿に日本人の憧れにも通じる竹。そして竹を割ったような性格という表現もまた竹への憧れでしょうか。
その竹を割って様々な竹工芸が盛んなのがご紹介下さっているように当大分県です。
別府観光にみえたお客さんのお土産にと、昔は別府の街あちこちに竹細工の職人さんが大勢いたようでした。日田市では青竹の箸を作っていて我が家も来客時には晴れがましく使っています。いつもは色あせないように冷凍庫で眠らせています。

竹の青が似合う季節になりましたね。こちらは孟宗竹の筍シーズンも終わってハチクが至る所で伸びています。食べごろのようです。
  • |2013.05.18(Sat)
  • |まろゆーろ
  • URL
  • EDIT

代替画像

matsuyama さんへ!

何時も変わったお話で大変興味深いですねー。!
筍は体に良いといわれていますが、中国産が多くチョット迷います。汗)
将来食生活も世界人口の増大により、虫を食材にするという記事が今日の新聞に出ていましたが、何か虫気?が指しますね~^^。笑)
  • |2013.05.18(Sat)
  • |荒野鷹虎
  • |URL
  • EDIT

代替画像

こっちは、竹の子はまだだって
それだけ、気温が上がらないのよね
今日もストーブ
夏はくるかな?
  • |2013.05.19(Sun)
  • |みゆきん
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: まろゆ-ろさんへ☆彡

そうですね。九州辺りでは孟宗竹のシーズンは終わったでしょうね。この時季はハチクですか。ハチクも甘みがあって美味しいそうですね。
大分県は全国的に竹の生産が盛んなようで、竹製品のお土産品も数多くあるんでしょう。温泉街のお土産品に竹細工がよく見られます。こちらでもよく見られたものですが、やはり時代の流れというのでしょうか、大分その数も減ってきているようです。需要が減るとどうしても職人さんへの影響が出てしまいますよね。
今後は大衆製品と高級品で差別化を図っていかなければならないのでしょう。竹の箸はずっしりとした荘厳さがあり、耐久性にも飛んでいます。塗り箸は見た目きれいですけど、やはり途中から剥がれてきますからね。割り箸も木製品より竹の割り箸の方が高級感があります。
子供の頃は小鳥を飼う時、竹製の鳥籠を作ってました。あの時の竹は真竹だったのでしょうか、孟宗竹だったのでしょうかね。

  • |2013.05.19(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 荒野鷹虎さんへ☆彡

いつも変わったお話にお付き合いいただきまして恐縮です(笑)。

確かにスーパーなどの生鮮食品売り場に行くと、中国産、台湾産のものが多く目につきますね。自分もなるべく国産のものを買うようにしてはいるんですが、価格に惹かれることもあります(笑)。
もともと竹は中国から輸入したものですけど、200年、300年も経てば国産といってもいいでしょうね。その子種である筍は立派な国産品でしょう。中国から輸入した魚介類をちょっと国内で育て「国産品」として売り出す違法行為よりはずっとましです。
虫を食材とする食生活ですか。ちょっと日本の食生活としては馴染めないですけどね。世界にはエスカルゴとかイナゴなんかも食べられてるんですよね。自分には向かないメニューですけど(アセ)。

  • |2013.05.19(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: みゆきんさんへ☆彡

東北以北の5月は冬の季語ですよね。
電気代、灯油代はかさみます。節電だ、エコだといってもこの寒さには耐えられません。
まぁ、北国の宿命ですから。
その代わり夏は冷房要らず、扇風機で暑さを凌げるんじゃないんですか。

  • |2013.05.19(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

夏はエアコンをガンガンよ~
寒さに強いけど、暑さに弱い北国のお・ん・な~(*^^*ゞ
  • |2013.05.20(Mon)
  • |みゆきん
  • URL
  • EDIT

代替画像

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  • |2013.05.20(Mon)
  • EDIT

代替画像

Re: みゆきんさんへ☆彡

東北電力に程良く貢献する女ですね。
エアコン付けるほど暑いですか。あまりガンガン付けると冷え性になっちゃいますよ。
去年は暑かったけど、それでもエアコン、数えるくらいしか付けなかったです。

  • |2013.05.21(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top