自然が息を吹き返す啓蟄

3月、眠っていた自然が息を吹き返し、そして冬眠していた虫が動き始める季節を迎えました。
3月5日は二十四節気の啓蟄です。
日に日に寒さが和らぎ、陽光の中に春を感じ始める頃です。雪崩(なだれ)、雪解け、花粉、春の嵐、花冷え、晩霜(おそじも)。私たちの暮らしは冬の寒さと長い夜による過酷で抑圧された生活から解放されます。
春から初夏にかけて木の芽時とも言い、性的活動が盛んになります。俗に暖かくなるとおかしな行動をとる人が増えるとも言われ、「春な人」、「頭が春な人」と呼ばれることもあります。春を春(しゅん)といえば性的なことを示す場合が多く、春画、売買春、思春期などがあります。

菜の花

「啓」は開く、「蟄」は冬眠している虫
冬眠していた動物たちがもぞもぞと起き出してくる啓蟄。陽気に誘われ、地上に出る喜びの季節でもあります。
「啓」は開く、開放する、明ける、「蟄」は冬ごもりのために、虫が隠れる様子。これら2つの意味が組み合わされ、啓蟄というひとつの言葉が出来上がりました。古代中国では「虫」はすべての動物のことをいい、とかげや蛇など、動物たちが暖かさに誘われ、少しずつ地上に顔を出す季節を表しました。
目を覚ますのは動物たちだけではありません。わらび、ぜんまいなどの山菜たちも芽を出します。
冬眠から目覚めた熊が最初に口にするのが、雨水の頃芽生えたふきのとうだといわれております。「春には苦みを盛れ」といわれるように、山菜の苦みが冬の間に身体に溜まった老廃物を流しだし、やがて訪れる夏を乗り切るための元気な身体作りでもあったのです。

料理が美味しさを増します
3月5日から9日頃までを啓蟄の初侯「蟄虫啓戸」といい、巣籠りの虫戸を開く(すごもりのむしとをひらく)と読みます。土から出てくる様子を、戸を開くと表したのは、戸を開けて新しい風に吹かれたい気持からなのでしょうか。
気温も上がり、虫たちも陽光に誘われて姿を見せ始め、自然界がいきいきと輝いてくる頃でもあります。
この季節、食べ物が美味しさを増してくる頃でもあります。野山には花わさびが旬を迎え、おひたしで食べると鼻の奥でツンとした春の風味を感じます。山の斜面などに生えているたらの芽の天ぷらは春の山菜料理の代表でもあります。
春を代表する魚介類では春告げ魚とも呼ばれる「さわら」。鳥類では春告げ鳥といわれる「鶯」。日当たりの良い野原や道端にその可憐な姿を見せる「すみれ」、菜の花畑を飛び交う「もんしろちょう」などにも春らしい情景を実感できます。

自然はもうすぐ春爛漫
吹雪の怖ろしい自然界もやがて終焉を迎え、陽春がみなぎってきます。融けた雪の後には緑の草木が生えそろうでしょう。重いコートを脱ぎ捨て、爽やかな空気を思いきり吸える春です。


◇二十四節気 啓蟄(けいちつ)のメモ◇
二十四節気3番目の節気。3月5日および春分(3月20日)の前日まで。
◆啓蟄の七十二候は次の通り。
初候 第七候(3/5~3/9) 蟹虫啓戸(すごもりむし、とをひらく)
土の中に穴を掘って隠れていた虫たちが、土の扉を開き広げて出てくる時季。
次候 第八候(3/10~3/14)桃始笑(もも、はじめてさく)
ようやく春らしくなって桃の花が咲きはじめる時季。
末候 第九候(3/15~3/19)菜虫化虫(なむし、ちょうとなる)
成長した菜虫(青虫)が羽化して紋白蝶になる時季。



菜の花漬けにたらの芽の天ぷらは春の代表的山菜料理、香りの良い伊予甘は風の予防にも効きます。

参考サイト:WikipediaNPO PTPLぴお、七十二侯がまるごとわかる本
写真素材:写真素材-フォトライブラリー

人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。
関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

おはようございます♪
いつもどうもありがとうございます♪

啓蟄でほかの動物が目を覚ます中
人間は春眠暁を覚えずなんて逆にいいますね(笑)
自分もゆっくり寝れる時間が欲しいです
そして、本当に春が待ち遠しいですね・・・

またよろしくお願いいたします♪
  • |2013.03.06(Wed)
  • |スーパーサイドバック
  • URL
  • EDIT

代替画像

確かに啓蟄です。
庭に羽虫が飛ぶようになりました。
先人の知恵ってすごいと思います。

キャンプで虫に悩まされる時期に入ってしまったということにもなりますけど…(^_^;
  • |2013.03.06(Wed)
  • |itchann
  • URL
  • EDIT

代替画像

おはようございます。

冬ごもりの虫が春を感じてはい出して来る頃だというのに、
仙台は今季一番の17センチの大雪となりました。
これは昨年の啓蟄の日、私のブログの書き出しの文句です。

今年はまさに眠っていた自然が息を吹き返し…、がピッタリ。
この日を契機にしぱらく穏やかな天気が続き、気温も日に日
に上昇するとのこと、やっぱりこうでなくちゃいけませんね。
いよいよやって来た春の暖かさが土の中まで届いて、動物や
昆虫たち植物たちも、待ってましたとばかりに冬の眠りから
覚めてくることでしょう。
  • |2013.03.06(Wed)
  • |茶々
  • URL
  • EDIT

代替画像

「蟄虫啓戸」、良い言葉ですね。巣籠っていた虫たちが春の戸を開く。人間も先達の虫に知らされてこれから佳い春を味わい体感せねばと思います。
しかし東北の方はまだまだ春は遠いのでしょ??
九州に比べたら皆さん心から待ちわびていらっしゃるのでしょうね。もうすぐですね。
お体を大切になさりながら春をお待ち下さいね。
  • |2013.03.06(Wed)
  • |まろゆーろ
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: スーパーサイドバックさんへ☆彡

こんばんは。いつもありがとうございます。

そうですね。人間と動物は好対照ですね。人間は眠い目をこすりながらも、来る新しい季節に希望を持ち、動物たちにとっては自分の生活圏を確保するための生存競争なのかもしれません。人間も動物も過当競争の中で生き抜いていくための共通項なのでしょうかね。
それを大自然の中の啓蟄が後押してくれているのかもしれません。私たち人間にとっても、動物たちにとってもめくりめく季節は大切な自然の温床ですよね。特に雪深い北国の皆さんにとっては、期待が高まる啓蟄だと思います。
  • |2013.03.06(Wed)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: itchannさんへ☆彡

息を吹き返す季節でもありますからね。羽虫をはじめ、動物たちは眠りから覚めてくるんでしょうね。
同時にキャンプ場の虫たちも生き返ってくるんでしょう。虫たちからすれば自分たちの生活圏を脅かす、敵対者を警戒するのは当然の成り行きです。
どこでもそうですが、自分の領土に闖入者があれば、これを防衛しようとするのが当たり前の防備策ですよね。猿の世界も熊の世界も小さい時、人間社会に慣れ親しんでいても、ひとたび自然に帰り野生化を取り戻すと、凶暴化が甦ってしまいます。異常なまでの森林の開発、水資源の開拓などで自然の動物たちを追い込みたくはないですよね。
キャンプ場で野生動物たちとの遭遇はありませんか。「春な人」ならぬ「春な動物」がいるかもしれません。お気をつけください。

  • |2013.03.06(Wed)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 茶々さんへ☆彡 

こんばんは。

あ~、びっくりしました。昨日仙台は大雪に見舞われたのかと思いましたよ。昨年の啓蟄だったんですね。そうですか、昨年の仙台は大雪だったんですね~。梅の開花も遅れてましたからね。
その点今年は順調に四季が巡っているようですね。
自分も先日、盛岡まで行ってきました。途中峠越えしなければならないのですが、そこはまだ1m以上の残雪がありました。そばを流れる小川のせせらぎは清らかな雪融け水をたたえ、チョロチョロと流れていました。もうすぐこの雪の下からふきのとうが芽を出してくるんですね。新しい季節を迎え、生き生きと行く道を謳歌し始めるんでしょう。

  • |2013.03.06(Wed)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: まろゆーろさんへ☆彡

日本語には一文字一文字、その意味が託されてますよね。言葉が乱れ出した現代だからこそ、この美麗な日本の語句がひと際光り輝いて見えるのでしょうか。
陽光に誘われて姿を見せ始めた虫たちの気持ちや行動を、この四文字で表現するのですから、いかに観察力が鋭くその洞察力が豊かであるかということなんでしょうね。

啓蟄とはいえ、まだまだ東北の季節は冬真っ只中です。ただ寒さに打ちひしがれているだけではなく、北国でしか体感することができない白い世界で、自然が生み出す現象を目の当たりに観察できることを喜びと感じることもままあります。時には人々の暮らしを脅かすこともありますが、日本の季節は春夏秋冬すばらしい景観を私たちに提供してくれますね。

  • |2013.03.06(Wed)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

matsuyamaさま、こんばんは。

最近暖かく感じるようになったと思いましたけど、
昨日は、啓蟄でしたか。
今日、ベランダのお花の手入れをしていたら、
土の中に、何かの小さな卵がたくさんあって、悲鳴をあげるところでした。
危ない、危ない・・・
すぐに処分しましたけど、油断していたら、どうなっていたか。
暖かくなることは、嬉しいですけど、ちょっと虫が怖い私でした。(>_<)
  • |2013.03.06(Wed)
  • |りー
  • URL
  • EDIT

代替画像

matsuyamaさんへ!!

蟹虫啓戸と言う言葉は始めて知りました。
自然の現象を先人は上手く捉えていますね^^。
本道はこの現象にはとく感じられ、別世界の様相ですが、確実に、雪の下では、武士たちや木草の芽が蠢いているのでしょうか!?
気のせいか、気温も高くなりなだれ、雪解けが心配な季節となりつつあります。何時も、明快な解説参考になりますねー。!
  • |2013.03.07(Thu)
  • |荒野鷹虎
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: りーさんへ☆彡

りーさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

めっきり暖かくなりましたね。そちらはもう春の陽気でしょうね。暦の上では啓蟄ですが、季節の上でもまさに春爛漫、雅な陽春となっているでしょうね。
暖かさに誘われ、冬眠していた虫たちも地上に這い上がってきます。歓迎したい虫もあれば、もう少し長く冬眠を続けてほしい虫もおります。自分も虫には好き嫌いがありまして、長いものはできるだけ避けたいと思っております。
土の中に小さな卵、何でしょうね。かぶと虫かな、バッタかな。正体が分らないと不気味ですよね。土も温かくなってくると冬の間を過ごした虫たちが目覚めてきますからね。きれいな花が咲く土は小さな虫たちの温床です。少し掘り起こすとミミズがたくさんニョロニョロと這い出ることもありますからね。お気をつけください。

  • |2013.03.07(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 荒野鷹虎 さんへ☆彡

七十二侯には短文でその時候を端的に表現した言葉が多いですね。漢文に弱い自分などは良く分らないことがありますよ。
北海道の場合、桜が満開になるのは5月中旬頃ですかね。ここ自分の住む宮古でさえ東京から1ヵ月ほど遅れてます。九州などから比べたら北海道は2ヶ月位、遅く開花するでしょう。啓蟄もまだまだ肌に感じとることはできないですよね。
それでもここ数日、気温も急上昇し、日中は2桁の気温が見られるようになりました。宮古でも啓蟄のかけらが見え始めたような気もします。
北国はいつも春の季節を先取りできず、いつも温かい地方の春情報を指をくわえて聞いておりますが、紅葉は全国に先駆けて北海道から胸を張って情報発信できますよね。

  • |2013.03.07(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

こちらも少し春らしくなってきました
今日は20度超え 暖かい
嬉しくない虫が(害虫)出てきました
明日は 黄砂注意報が  外出にはマスクが
欠かせません・・・
  • |2013.03.08(Fri)
  • |こん☆
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: こん☆さんへ☆彡

20℃ですか。もう初夏ですね。

黄砂注意報、こちらではあまり聞き慣れない注意報ですね。
隣国に近いですからね。真っ先に影響受けるんじゃないんですか。黄砂に加えてPM2.5とかいう新しい汚染物質。これもまた厄介な大気汚染ですよね。害虫はこの影響を受けないんでしょうか。
日本にだけ影響が大きいのは気流のせいなんですかね。各地の観測地点では毎日の測定が欠かせないようです。メガネを掛けたり、マスクをしたり、帰宅したら衣類に付いた汚染物質を払い落すなど、防護には万全を期してください。

  • |2013.03.08(Fri)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

もうすぐ春ですね。虫の活動で春を知る、心の余裕を持ちたいものです。
  • |2013.03.08(Fri)
  • |カノッチ
  • URL
  • EDIT

代替画像

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • |2013.03.08(Fri)
  • EDIT

代替画像

Re: カノッチさんへ☆彡

昨日は東京など春を通り越して初夏の気候だったようですね。
最近では巡る四季の回転が尋常じゃないみたいで、あせったりもします。
人間の社会でこうですから、季節を肌で感じながら行動する虫たちにとっては、混乱するかもしれません。
その時季、その季節を存分に謳歌したいところですね。

  • |2013.03.09(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 鍵コメさんへ☆彡

こんにちは、鍵コメさん。

先人たちは少ない食料の特色を生かし、滋養強壮に健康増進のために活用していたんですね。素朴ながら長寿のためにその効果を存分に利用していたのだと思います。
長寿といえば人生50年の昔と比べたら今は人生80年の時代です。近年いろいろな健康薬品や食品が開発され、皆さんのご長寿が進んでおります。そんな近代化された食料事情の中でも、昔から伝えられてきたおばあちゃんの知恵袋などは、旬の食材で体質改善や病気の予防策などに見直されています。最新技術で開発された薬品などで健康予防をすることもいいんですが、身近に伝わる健康法もあなどれないですよね。

  • |2013.03.10(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

こんばんは

昨日の午後から寒さがぶり返してきましたものの、先週末は暑いくらいでした。
啓蟄。
犬の散歩に行った時、家々の下水のあたりから蛙(ヒキガエル?)が数匹、道路に出てきているのを発見しました。
いよいよ--春ですね!!
  • |2013.03.11(Mon)
  • |見張り員
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 見張り員さんへ☆彡

このところ寒暖の差が大きくなってきましたね。三寒四温の季節になってきました。
暑さ寒さの繰り返しはまだいいんですが、その間に強風の吹く日があると困りますね。
先日も強風のため物置小屋の屋根のトタンが吹き飛ばされました。強風の威力は凄まじいものがありますね。

カエルの飛びだしですか。まさに啓蟄ですね。これからの時期に多く見られる光景です。
見ようによってはのどかな雰囲気です。野山には緑の新芽が吹き出し、鳥たちのさえずり、清らかな小川のせせらぎ。これからが春爛漫の季節です。寒さに耐え忍んだ代償ですね。

  • |2013.03.12(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top