甘酸っぱい香りが漂う梅まつり

二十四節気雨水の次侯(だいたい2月23日頃から2月28日頃)は「霞始靆(かすみはじめてたなびく)」です。
霞がたなびき始める時季、来る春への期待がふくらむ、という意味です。
霞(かすみ)は読んだり書けたりしますが、靆(たなびく)は、なかなか憶え切りません。この霞、気象用語ではありません。春でも秋でも霧という表現を使います。霞とは霧や靄(もや)、スモッグなどで空がかすんで見えることを表した抽象的な言葉です。霧や靄は地面に接して現れる雲のことであり、どこが違うかというと、1km先のものが見えるときを「靄」、1km先のものが見えないときを「霧」と 呼び分けているそうです。
「さくら」の歌詞に「霞か雲か」とあるように、霞は春の風物詩ですが、文学の世界では「霧」を秋の季語としているようです。さらに春の霧や靄 を「かすみ」、春の夜の霧や靄を「おぼろ」と読んで使い分けているそうです。

梅

花見といえば桜より梅
さて、霞の講釈はそれくらいにし、雪深い地方は別にして2月といえばそろそろ山菜も芽を出してくる頃です。
雪の間から芽を出すふきのとうも、独特の香りとほろ苦さに春の息吹を感じさせます。
またこの時期になると各地で「梅まつり」が始まります。
梅は奈良時代以前に、中国文化と共に遣唐使が薬木として、日本に持ち帰ったものといわれています。日本の風土によく合い、平安時代に広く普及しました。薬としてだけでなく、食用としても使われていたのです。
古くは花見と言えば桜より梅でした。梅は桜にくらべ派手さはありませんが、独特の可憐さがあります。また、種類が多く、香りもよく、見頃が長いのも特徴です。
早いところでは1月下旬から咲き始め、2月中旬から3月中旬くらいに見頃を迎えます。まだ少し寒いですけど、有名神社では野点や伝統芸能の奉納などもあって、なかなか風流な梅まつりを楽しむことができます。

北野天満宮では芸舞妓さんの野点サービス
梅の花がよく似合う京都の北野天満宮。菅原道真が太宰府で非業の死を遂げた後、都では天災が続きました。人々は、それを道真の祟りだと畏れ、霊を慰めるために建立されました。北野天満宮では道真が亡くなった2月25日を命日とし、毎年この日「梅花祭」が行なわれます。梅の花を借景した花街の芸舞妓さんたちによる野点大茶湯は華やかでしょうね。

太宰府天満宮には都から一夜にして飛んだ飛梅
同じ日、九州の太宰府天満宮でも梅花祭が行われます。無実ながら政略により京都から大宰府に流され、生涯を終えた菅原道真を祀る天満宮は、梅の名所としても親しまれております。その梅は、「飛梅」と呼ばれ、道真公を慕って、都から一夜にして飛んできたと伝えられる御神木です。6000本約200種の梅の花は清らかな香りを漂わせ神苑に早春を告げてくれます。

梅の名所でもある受験生の守り神 湯島天神
受験生の合格祈願としてお参りされてきた東京の湯島天神は、江戸時代より「梅の名所」として多くの庶民に親しまれて来ました。2月8日から3月8日に開催される梅まつりは、約300本の梅が境内を彩り、期間中延べ45万人の賑わいとなるそうです。毎週日曜には野点のサービスと白梅太鼓が披露され、梅まつりを盛り上げてくれます。

徳川斉昭公開設の偕楽園には梅3000本
日本三名園のひとつ水戸の偕楽園は、1842年(天保13年)に水戸藩第9代藩主徳川斉昭公(なりあきこう)が「衆と偕(とも)に楽しむ場」として開設されました。園内には約100品種3,000本の梅が植えられ、梅まつりとして毎年2月20日~3月31日には全国から大勢の観光客が訪れています。今年も2月16日には梅の開花があったようです。期間中の日曜日は観梅デーとして、梅香の下で雅な野点茶会や琴の野外演奏会などが行われているそうです。

他にも全国各地で「梅まつり」が開催されています。「2013梅の名所へでかけよう」でお近くの梅園、梅まつり情報をご覧になり、観梅をお楽しみください。

桃 桜
ところで、桜と梅と桃の花の違いご存知ですか。開花時期がずれていると分りやすいかもしれませんが、同時期に開花するとなかなか見分けがつきませんよね。
なんと、梅も桃も桜も「バラ目・バラ科・サクラ属」の植物。似ているのも当然ですね。いずれも一重のものは花びらが5枚ですが、見分けるポイントは花の付き方と花びらの形です(詳しくは2011年2月15日の過去記事「梅は咲いたか~、桜はまだかいな」を参照)。
種類によっては例外もありますが、基本情報として知っておくと便利です。ご存知の方もご存知でない方も、ミニ知識としてお役立て下さい。



商品は左から梅酒、梅干、梅肉エキスです。詳しくは写真をクリックしてご覧ください。


参考サイト:ぴおAll About北野天満宮大宰府天満宮湯島天神水戸偕楽園
写真素材:写真素材-フォトライブラリー

人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。
関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

ふきのとう、以前は庭に出ていたんですが、
最近はスーパーでしか見なくなってしまいました。

こちらだと小田原の曽我梅林が有名なようです。
もうそろそろかなと思います。
キャンプがてら寄ってみるのもいいかもしれませんね。

  • |2013.02.21(Thu)
  • |itchann
  • URL
  • EDIT

代替画像

おはようございます。

古くは花見と言えば桜より梅だったとか、でも自分の中で梅は
春の訪れを知らせてくれるもの、そしてやっぱり花見は桜とい
う感じでしょうか。
一昨年の花見は、大震災に伴う片付けや頻繁に襲ってくる余震
への不安などで花見どころではなく、あらゆる祭事も自粛ムー
ドの中、それでも気晴らしの意味も兼ねて遠慮がちに出かけて
は見たものの、いつものようには楽しめなかったことを思い出
します。
  • |2013.02.21(Thu)
  • |茶々
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: itchannさんへ☆彡

自分も横浜に住んでた頃、よく大磯とか小田原まで行ってましたけど、曽我梅林には結局行かずじまいでした。今思えばあの頃行っておけばよかったと、後悔してます。
伊豆の修善寺梅林には1度行ったことありますけど、あそこは梅の本数1000本。それでも見応えあるなと思ってましたけど、曽我梅林には35000本もあるんですね。圧巻でしょうね。
ぜひキャンプの途中にでも立ち寄ってみてください。
35000本じゃ全部見ようとしたら、1日がかりになるでしょうけど。今2,3分咲きのようですけど、3月に入れば最盛期かもしれません。ちょっと立ち寄るだけでも十分観梅を堪能できるかもしれません。

  • |2013.02.21(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 茶々さんへ☆彡 

こんにちは。

昔は花見の主流が梅だったというか、当時桜は花見できるような華やかさはなかったんでしょうね。今皆さんに脚光を浴びてる吉野桜は江戸時代になってから、吉野何とかさんという方が鑑賞用に改良したものだそうですからね。でも見事な桜に改良してくれましたよね。それまでの横綱クラスだった梅もたじたじでしょう。
思えば一昨年辺りは震災による自粛ムードで花見も今いち盛り上がりませんでした。昨年は徐々に自粛ムードも解禁され、こちらなどではBBQを持ちこんで飲めや歌えの花見を楽しんでいたグループもありました。
観梅はあまり酒とは馴染みが少ないですが、桜の花見は大いに盛り上がってほしいものです。

  • |2013.02.21(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

梅の花どころじゃないわ
花壇の雪が解けるまでには2カ月掛かるわよ
今年は桜も遅いかも
仙台は梅が咲いてるかな?
来月は確認しに行ってこなくっちゃ
茶々さ~ん
何ちゃって(*^^*ゞ
  • |2013.02.21(Thu)
  • |みゆきん
  • URL
  • EDIT

代替画像

こんにちわ^^

北野天満宮、懐かしいです。
以前はこの時期、よく見に行ったものです。
甘酒を飲みながら、梅の香りを楽しみましたね^^

その京都にはかないませんが、うちの近くには
結構梅の木が多くて、お寺や神社も近くにいくつかあります。
梅が植わっているところが多いので、楽しみでした。

私の今の心境は、菅原道真公の、『東風吹かば・・・』に
似ています。必ず帰ってきますけどね・・^^b

↓の記事のコメレスの曲水の宴。
そうでしたね^^;雅で艶やかでした^^*/
  • |2013.02.21(Thu)
  • |たえ
  • URL
  • EDIT

代替画像

matsuyamaさんへ!!

北海道は特別なのでしょうか、全てが本州より一か月遅れですね。梅と桜はほぼ一緒に咲きます。同じ仲間とは知りませんでしたが兄弟のように似たところがありますよねー。札幌では「平岡梅林公園」が有名です。桜もあります。近くに公園があるのですがフキノトウや雪割り草も見られません。森林の道路が舗装された事も、影響しているらしいと言う話を聞いた事があります。虫も、種も流されるのでは・・ということです。寂しい自然環境です。汗)
  • |2013.02.21(Thu)
  • |荒野鷹虎
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re:  みゆきんさんへ☆彡

ま~ま~、そう興奮なさらずに、雪が深いのは存じ上げております。雪国で雪が積もらない方が心配です。
このブログは雪かきで荒んだ気持ちを焚きつけるつもりは毛頭ありません。むしろ除雪の重労働で疲れた気持ちを、明日への楽しい思いに変えていただきたいとさえ、念じております。
雪が融けるまで2ヶ月。自分も数少ないながらも除雪には汗水流しました。除雪の労働は大変なことも身を持って体験しております。自らの自然環境は自ら改善開拓していかなければならないことも知りました。
自然は容赦ありません。弱味を見せると付け込まれます。時には大震災の時のように、一方的に無残な姿をさらけ出すことにもなりかねません。自然とは共存するか、戦い抜くしかありません。
このブログを個人的な伝言板代わりにご利用いただくことはかまいませんが、一応公共のスタイルを取らせていただいてますので、ご理解の上ご活用くださいますようお願いいたします。
  • |2013.02.21(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: たえさんへ☆彡

やはり有名神社の季節の行事は規模が大きいですし、何より参拝される方々が喜んでいただけることを優先的におもてなしする行事が多いですね。
芸舞妓さんなどによる甘酒の振舞いなどは、来年ももう一度行ってみたいという欲望を駆り立てますよね。
なぜかお寺や神社には梅や桜、紅葉などが似合います。それは広大な敷地の中に建つ日本様式の建物に、目が慣れてしまっているからなのでしょうか。自然との融合、共存が反映しているからなのでしょうか。
「東風吹かば‥‥」無実の罪で都を追われた道真公の句ですよね。無念だったでしょう。ご自宅の梅の木に別れを告げた句だそうですが、それが主を慕って大宰府まで飛んだという飛梅。主従の深い関係は切っても切れないものですね。
大宰府天満宮では3月3日に曲水の宴を催すそうです。梅の花を背景にした宴は優雅でしょうね。たえさんも元気になって、来年は曲水の宴を観れるよう戻ってきてください。

  • |2013.02.21(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 荒野鷹虎 さんへ☆彡

夏の避暑を考えれば北海道は人気の地域なんですけどね。極寒の季節はどうしても後退せざるを得ないです。やはり緯度の関係が大きく影響するんでしょうね。
団子三兄弟じゃないですけど、梅、桃、桜は同じ科目の三兄弟なんですね。自分もつい最近まで見分けがつきませんでした。きっと兄弟は兄弟でも三つ子の兄弟だったのかもしれません。三つ子兄弟は同じ時期に花を咲かせることもあるんですか。
札幌ですと平岡公園梅林が著名なんですか。桜もあるようですと時期によっては桜と梅のコラボレーションが見られるかもしれないですね。大勢のご家族連れで賑わうんでしょうね。ふきのとうや雪割草も見られるといいんですが。道路の改良開発が影響してるんでしょうか。やはり清らかな雪融水を好む山菜ですからね。早めに工事の目途を付けていただき、再び早春の山菜を見たいものですね。

  • |2013.02.21(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

今日、神戸で梅を撮影しました

昨年、桜を撮影するために4月半ばに東北へ行きましたが
2週間以上遅れて、直前には予定を変えることができずに
塩竈神社だけが撮影できました

北上展勝地、碁石海岸、大河原とつぼみにもなっていません
でも、ふきのとうはあちこちで見ました
  • |2013.02.21(Thu)
  • |FREUDE
  • URL
  • EDIT

代替画像

開花が待ち遠しい~です
そう言えば 大阪に住んでた頃
休日の朝 梅林公園を散歩してました
時期には 梅の花でいっぱい
お写真見てたら 思い出しました
  • |2013.02.22(Fri)
  • |こん☆
  • URL
  • EDIT

代替画像

matsuyamaさんの言う通りそうだった(‥;)
梅の花
桜の花
咲き競う季節は目の前♪
どんだけ降っても、雪は必ず消える
このまま氷河期って事にならないよね?笑
今日は、梅酒を楽しむわ
雪かきの後でね(*^^*ゞ
  • |2013.02.22(Fri)
  • |みゆきん
  • URL
  • EDIT

代替画像

こんばんは
いつもどうもありがとうございます♪

梅は咲いたか、桜はまだかいな
なんていう歌が頭に浮かびます。
桃も梅も桜の花もまったく気にしてなかったので
違いなんて考えもしませんでした
風情ないですよね(苦笑)

またよろしくお願いいたします♪
  • |2013.02.22(Fri)
  • |スーパーサイドバック
  • URL
  • EDIT

代替画像

霧、霞、靄、朧、日本語って豊かですね。ご先祖様たちの感性が豊かだからなんだな。現代人はどうでしょう? (^o^)
  • |2013.02.23(Sat)
  • |カノッチ
  • URL
  • EDIT

代替画像

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • |2013.02.23(Sat)
  • EDIT

代替画像

Re: FREUDEさんへ☆彡

コメレス遅れまして申し訳ございません。

そうでした、去年は桜の開花が遅れたんですよね。梅の開花も遅れまして、不幸中の幸いか、梅と桜を一緒に鑑賞出来た地域もあったんですよね。自然は水ものですから、こちらの思い通りには開いてくれません。お陰で梅と桜を一緒に見ることができたと喜んでいる人もいるようなんですけどね。
予定を組んで開花時期に訪問される方にとってはやきもきさせますよね。塩竈神社以外は中止になってしまったんですか。お気の毒なことでした。
神戸で梅を撮影する時期に、東北地方での梅の話題は少し早かったようですね。ふきのとうは順調に芽を出してきているようですけどね。


  • |2013.02.23(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: こん☆さんへ☆彡

鳥取もまだ開花しておりませんか。梅の開花は春を告げますからね。たまに雪を被った梅を見かけることはあっても、気分的には春ですよね。

大阪といえば大阪城梅林、万博記念公園など見どころがいっぱいありますよね。他にも地元の人にしか分らないスポットがあるかと思いますが、散歩コースに観梅が組み入れられる公園っていいですね。本当にご自宅に近いところだったんですね。
こちらには2本3本咲いてるところはあっても、まとめて見れるところは、車で2時間もかけて見に行かなければならないところにしかありません。
  • |2013.02.23(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re:みゆきんさんへ☆彡

生意気なことを言ってお気を悪くなさりませんでしたでしょうか。

先日青森の酸ケ湯温泉で積雪5m15㎝を記録したというニュースが流れておりましたが、記録的な豪雪ですよね。大人が3人立ってやっと顔を出す位ですよね。1番下にいる人は窒息、凍死してしまいますよ(笑)。
この酸ヶ湯温泉、秋は見事な紅葉なんですね。ひとたび季節が変わると、人も住めないような変わりよう。
これだけ膨大な雪の量も春になれば何事もなかったように消え去ってしまいます。季節は繰り返します。春は人の心にゆとりと自然への慈しみを与えてくれます。
その時を期待して、今日も梅酒の乾杯で雪かきの疲労を癒してください。

  • |2013.02.23(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: スーパーサイドバックさんへ☆彡

こんばんは。いつもありがとうございます。

この時期になるとこの都々逸が頭にこびりついて離れなくなります。梅や桜に期待する心情が的確に表現されてますよね。日本人の季節に対する期待感が手に取るように分ります。
自分も桃はひな祭りに、梅は梅干しや梅酒に、桜は春の花見になどと簡単なイメージしかありませんでした。
同じ双子、三つ子でも外見は似ていながら性格は違うそうなんですね。
桃、梅、桜も同じ属性ながら、用途は全く違うんですね。そういった目で見直してみると、同じ3兄弟でも風情の違いが歴然としてくるような気もします。多忙な現代のビジネス社会でも、日本の伝承行事に目を傾けたいところですね。

  • |2013.02.23(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: カノッチさんへ☆彡

日本人が日本語で見る、聞く、書く、するから、文字からのイメージに風情があったりするんでしょうね。
同じ文字を外国の方が使用されたら、これだけの感受性を強く表現してくれるでしょうか。外国語に詩的表現があるのかどうか分りませんが、日本語は単語の中にまで、鋭い感性を豊かに表現してくれます。
これも宮中の遊びの中で身に付いた感性なのでしょうね。短歌、俳句などは典型的な古来から継承する文学だと思います。日本語の表現を、ゆとりを持って理解したいものですね。それだけの心構えがあれば、現代人でも感性豊かな表現ができると思います。というか、感性をもっと磨いて欲しいですね。

  • |2013.02.23(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • |2013.02.24(Sun)
  • EDIT

代替画像

霞がたなびき始める春の訪れどころか今世紀最強の寒気が南下しているという北日本。最近は季節に激しさが増していますね。ちょっと極端すぎて春や秋といった中庸の素敵さが無くなるのではないかと心配しています。

九州も梅が咲きはじめ梅園では馥郁とした香りが漂っています。あの爽やかな香りが立派な梅の実に転じるのですから自然の有難さに感謝と畏れを思っています。

厳しい寒さ。どうか風邪など引きませんように。そしてお大事にお過ごし下さい。
  • |2013.02.24(Sun)
  • |まろゆーろ
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: まろゆーろさんへ☆彡

先日、県庁所在地の盛岡まで片道2時間をかけ、行ってきました。沿岸部と内陸部を結ぶ国道には、途中区界峠という難所があります。そこは県内でも有数の豪雪地帯。道の両脇には1m程の積雪。一面雪野原です。
5mを越える青森の酸ヶ湯温泉とは比較になりませんが、この地域もまだまだ極寒の季節は続いているようでした。氷点下5~6℃の中、ちらちら舞い降りる雪を肌に受け止めながらの露天風呂。なかなか風情があっていいものです。
帰った翌日から今世紀最強の寒気団襲撃。今頃はさらに積雪を積んでいるかもしれません。高速道路、新幹線とも豪雪のため一時ストップ。沿岸と内陸を結ぶJR線も一時運休でした。
暖かい地方では梅開花の情報も流れる中、こちらはまだまだ冬驀進中です。1日も早い梅の香りを堪能したいですね。

  • |2013.02.25(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top