母の日おもしろ雑学

5月の第二日曜日は母の日ですよね。
もともとアメリカ人女性・アンナ・ジャービスが、教会で母の命日に白いカーネーションを配ったのがきっかけだそうです。日本では明治の末期頃に教会で祝われたそうです。昭和に入り3月6日を母の日としていました。一般に広く知れ渡ったのは昭和12年、森永製菓が告知を始めたことがきっかけだったとも言われています。
現在では母に赤いカーネーションを贈るのが一般的。花の本数や切り花、鉢植えにはこだわる必要はありません。

ところで母の日の人気プレゼントは何か、予算はいくらくらい?お母さんに聞いた「ほしいプレゼントは?」といったことって気になりますよね。ある企業でそのランキングを発表していました。
母の日 プレゼントランキング
1位: 花束
2位: ブラウス
3位: セーター
4位: 鉢植え
5位: パジャマ
6位: 肌着
7位: アクセサリー
8位: 現金
9位: カーディガン
10位: 財布

母の日 プレゼント以外では
1位: 一緒に外食へ
2位: 電話をする
3位: 一緒に旅行へ
4位: 一緒に出かける
5位: ご飯を作る
6位: カード(Eカードも含め)を送る

母の日 お母さんのほしいものランキング
1位: 旅行
2位: 花束
3位: アクセサリー

母の日 プレゼントの予算
1位: 4000~6000円くらい
2位: 2000~4000円くらい
3位: 8000~10000円くらい

カーネーションでなくても、アクセサリーや服、化粧品でもきっと喜んでくれそうですね。
カーネーションが母の日に選ばれたのは、母への愛という象徴だったからで、十字架に架けられたキリストに聖母マリが涙した後に咲いた花だといわれています。カーネーションの中央部の赤色は、キリストの体から散った血の色ともいわれています。
名前の由来は、オリンパス山の神々の主神ゼウスに花冠を捧げる習慣があった古代ギリシャ人にとって、カーネーションは花冠を作るのに欠かせないものでした。そこで、花輪を意味するラテン語CORONAにちなんでCARNATIONと名付けられたそうです。そして、母の日の提唱者であるアンナ・ジャービスのお母さんがカーネーションが好きだったことも原因の一つのようです。

こうして日本の花文化に採り入れられたカーネーションはその後、品種改良が重ねられ、8品種が今では37品種と大幅に増加しました。
代表的な色によってこんな花言葉もあります。
赤 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 「真実の愛」「愛情」「情熱」
白 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 「尊敬」「純潔の愛」
ピンク ・・・・・・・・・・・・・・・・「感謝」「上品・気品」「暖かい心」
黄色 ・・・・・・・・・・・・・・・・ 「美」「嫉妬」「愛情の揺らぎ」「友情」
紫 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 「誇り」「気品」

お母さんに感謝をこめて。
関連記事

テーマ:とくとく生活情報
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

日めくりカレンダー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top