師走!! 年内犯した小さな罪を悔悟!

明日から12月。師も忙しく走り回る師走です。師とは誰のことかというと、教師、ご存知の通り、いわゆる学校の先生ではないんですね。師走と呼ばれていた奈良時代に、学校の先生などという職業はありません。

永平寺 「104歳の禅師」・「修行の四季」 [DVD]

師とは大辞泉によると、人を教え導く人。先生。軍隊。僧・神父・牧師などを敬う語、と出ております。ここでいう師とはお寺のお坊さんのことなんですね。それではこのお坊さんがなんで12月は忙しく走り回っていたんでしょうかね。寒さに耐え切れない人々の死による葬式で忙しかったのでしょうか。
実は葬式で忙しかったわけじゃないんですね。

一説によれば、昔は各家で、その年内に犯し気づかなかった罪を悔い、年越し月の12月、その罪を消し去るため僧侶を招き仏名会(ぶつみょうえ)を行っていました。そのため12月は師が走りまわる師走(しはし)り月が師走(しわす)になったと言われていますね。平安末期の「奥義抄」には、「僧をむかへて経を読ませ、東西に馳(は)せ走るが故に、師走月といふ」とあります。
この師とは、伊勢の神宮を始め、著名な神社やお寺の新しい暦や神札を配布し、新年の参詣の勧誘をして宿泊などの世話をする御師(おんし)のことを指すとも言われているようですね。

伊勢神宮<現代に生きる神話> (講談社文芸ヴィジュアル)

「日本書紀」には「十有二月(しはす)」、「万葉集」には「十二月(しわす)」とあり、古来から12月を「しわす」と呼んでいたようです。師走とは後世の当て字なんですね。
ほかに、1年の終わりの12月は万事を為(し)終えるので「為終(しわ)の月」、年が果てるので「年果(としは)つ月」、四時(四季)の1年が極まったので「四極月(しはつづき)」、などが「しわす」になったとも言われています。他の月名に、極月(ごくづき)、親子月(おやこづき)、春待月(はるまちづき)、臘月(ろうげつ)、茶月(さげつ)、三冬月(みふゆつき)、弟月(おとづき)、限月(かぎりのつき)、などもあります。
春待月、蠟月、三冬月。なんとなくロマンが漂いますね。師走の忙しさをも忘れてうっとりしそうです。

江戸時代には12月の年越しを迎えると、手習い所の師匠は弟子や門下生に正月くらいいいものを食べてもらいたいと、金銭の工面に走り回っていたそうです。それを皮肉って町民は師走と揶揄していたそうですが、江戸っ子も洒落っ気があったんですね。





参考サイト:にっぽん文明研究所つぶやき古道
写真協力:ブログ用の写真検索さん

FC2ブログランキング・人気ブログランキング参加中!
 人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。↑
関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

反省にこそ、成長があると信じています
自分に甘くなれば、その時点で成長は止まることでしょう

今年は実り多き年でした
日々に感謝し、来年も成長したい思いです

それと…閉伊川のほとりで車中泊がしとうございます^^
  • |2012.11.30(Fri)
  • |FREUDE
  • URL
  • EDIT

代替画像

忙しい時期になってきましたね。
ウチも例に漏れず、明日はお姉ちゃんの合唱団の発表。
しかし末子が発熱です。保育園で下痢嘔吐症が流行ってるらしい…

親戚も来る予定だったりして、師であってもなくても、
いろいろと走り回らないとなりません…(^_^;
  • |2012.12.01(Sat)
  • |itchann
  • URL
  • EDIT

代替画像

おはようございます。

忙しく 時計の動く 師走哉(正岡子規)

12月に入ったということだけで、時計の針までこれまでよりも
早く動いているのでは、と思うほど慌ただしく、忙しさがつの
るという感じで、外を歩いている人の姿も、心なしか急ぎ足に
なっているような気がします。

今年も余すところ一ヶ月、やり残しの無いよう、できることは
極力済ませて、心穏やかにして新しい年を迎えたいものです。

  • |2012.12.01(Sat)
  • |茶々
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: FREUDEさんへ☆彡

1年の計は元旦にありと言いますけど、1年の反省は12月にあってもいいことですよね。
反省あって成長ありです。
反省だけなら猿でもできると言いますが、反省の中に二度と同じ過ちは繰り返さないことが肝要ですよね。自分に厳しく、他人に甘く。この心掛けが自分をさらに成長させてくれるんでしょうね。人の成長は年齢を越えて大きくなります。経験、実績を糧に成長枠はさらに飛躍していきます。それがその人物を寛容にしてくれる第一歩なんでしょうね。FREUDEさんの背中には成長の2文字が刻み込まれているようです。

ぜひ来年は成長した、いにしえの町宮古にお泊りいただき、閉伊川のせせらぎを耳元に自然の成長を確かめて見てください。

  • |2012.12.01(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: itchannさんへ☆彡

お子さんの発熱大丈夫ですか。小さなお子さんにはまだ抵抗力が付いてませんからね。
雑菌の侵入には食い止める力が備わってないと思います。お大事にしてください。

師走と聞いただけで、いつもと変わらないのに何故か気分だけは忙しくなりますよね。
お姉ちゃんの合唱団の発表。ご親戚の方もご覧になられるのですか。お姉ちゃんにとっては成長の過程を見ていただけるいいチャンスですね。
ご家族にとってもこの12月、何かと気ぜわしい年の瀬になるんでしょうか。やはり師に限らず走り回らなければならない12月ですね。

  • |2012.12.01(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 茶々さんへ☆彡 

こんばんは。

今年も残り僅かとなりました。長いようで終わってみれば短い1年でした。
振り返ってみればいろんな出来事が、頭の中を走馬灯のように駆け巡ってきました。茶々さんにとっては震災の爪痕とともに暮らしてきた1年だったと思います。振り返りたくない過去の出来事も、師走の気忙しさでかき消し、夢のある未来へ駆け抜けていただきたいものです。
まだ1ヶ月、もう1ヶ月は人々の気持ちを癒すか焦燥に追い立てるかの違いがあります。できることならこの1ヶ月の間に2012年の足跡を整えたいものですね。

  • |2012.12.01(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

早いものでもう12月になってしまいました。
漠然としていてまだ実感が湧かないのはいつものことになっているような。年末年始への感動が薄れていっているということでしょうか。半世紀も生きていれば……、仕方がないですね。

どれも素敵な写真ですね。荘厳で張りつめた空気が伝わってきそうです。
私も真言宗の声明のCDを持っています。腹の底から突き上がるような、空気や地を震わすような力強い声は心が折れそうな時に聴くとパワーを頂くような有難さがあります。落ち込んだ時は……、連れて行かれそうでやばいですが(笑)
  • |2012.12.01(Sat)
  • |まろゆーろ
  • URL
  • EDIT

代替画像

matsuyamaさんへ!!

師走にはそんな高邁な意味があったのですねー。大変参考になりました。私も、その意味では忙しくなりそうです。汗)
今の、坊さんと違い、昔は僧侶は高い身分だったのですねー。
政治にも影響力を持っていましたものねー。
信長はそんな僧侶を焼き討ちにした事が罰を受けたのかもと密かに思っています。汗)
  • |2012.12.01(Sat)
  • |荒野鷹虎
  • URL
  • EDIT

代替画像

最初の写真・・・
傘地蔵を思い出した(● ̄▽ ̄●;)ゞぽりぽり
  • |2012.12.02(Sun)
  • |みゆきん
  • URL
  • EDIT

代替画像

こんにちは
いつもどうもありがとうございます♪

うちの方では、お坊さんのことを
御師(おし)さんといいます。
檀家であるうちもお寺では御師さんと呼びますね
だからこの話を聞いても不仕事は思いませんでしたが
何故か、我が家系は12月に法要が多いです
それだけ、葬式が多かったのでしょうね・・・

またよろしくお願いいたします♪
  • |2012.12.02(Sun)
  • |スーパーサイドバック
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re:  まろゆーろさんへ☆彡

月日の経つのは早いものですね。例年より暑い夏じゃないかと騒いでいたのが嘘のようです。まごまごしていると大晦日の除夜の鐘もあっという間にやってきそうです。12月は1年の総決算ですからね。各方面から1年の総まとめみたいな情報が氾濫してきます。年内のことばかりが気になり、迎える新年がおろそかになりそうです。

新興宗教は別として、日本の十三宗の1つである真言宗は曼荼羅の思想が中心だそうです。よく掛け軸に見られる曼荼羅ですが、覚りの智慧、仏の慈悲などを説いているそうですね。真言宗のCDではその辺のところを訴求しているのだと思います。パワーの源はそんなところからみなぎってくるのかもしれませんね。
まっ、簡単には連れて行かないでしょうけど(笑)。

  • |2012.12.02(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 荒野鷹虎 さんへ☆彡

昔の名を馳せた名僧はいずれも武士の血縁を継ぐ方たちが多いですね。
浄土真宗の祖である親鸞聖人は日野有範の子、浄土宗開祖の法然上人は武士の出身、天台宗宗祖の最澄上人は渡来氏族ではないかと言われているほど、高僧だったんですね。
こういった名僧たちが布教していたにも関わらず、江戸時代幕府から優遇されるようになった僧侶は、檀家制度に胡坐をかき、悪行の数々を指摘されるようになりましたね。この頃が仏教の堕落と言われているようです。それ以前は最澄と空海の論争のように、僧侶は高名で重鎮でもあったんですね。
源義経の側近であった弁慶は後に衣川の合戦で殉死しましたが、知性以外に武道にも長けてたんでしょうね。その後比叡山を焼き討ちした信長も、寺社勢力を懸念していたのかもしれません。

江戸の貧乏僧侶が奔走した師走のように、せめて暮れまでは自分も忙しくなる身分になりたいものです(笑)。

  • |2012.12.02(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: みゆきんさんへ☆彡

傘地蔵ですか。う~ん、なるほど、感性が鋭いですね。
そう言われてみるとお地蔵さんの後姿にも見えますね。

知らなかったのですが、調べたら日本昔ばなしに「笠地蔵」というのがありました。
貧乏な老夫婦が正月を迎えるというに、食べ物にも事欠いていたそうです。雪が降るある日、道端の地蔵さんに菅笠を被せてあげたら、翌日表に米、野菜、果物、着物が一杯置いてあった。遠くに目をやると峠のお地蔵さんが帰っていく姿が見えたそうです。こうして二人は無事正月を迎えることが出来たという話。チャンチャン。
この笠地蔵、岩手県で伝承されてるそうです。やはり心優しい夫婦は岩手県に住んでいたんですね(笑)。

  • |2012.12.02(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: スーパーサイドバックさんへ☆彡

こんばんは。いつもありがとうございます。

そうですか。スーパーサイドバックさんの檀家寺でもご住職の事を「御師さん」と呼ぶんですか。
御師さんとは平安時代には「御祈祷師」を略して御師さんと呼んでたそうですね。御師さんは寺に所属する僧のことを指すそうで、後には神社の神職も御師と呼ばれるようになったようですね。
その頃は熊野大社をはじめ、伊勢神宮、大山などで、この御師が活躍していたそうです。明治になって急速に衰退していったようですが、その頃の名残りが今も続いているんでしょうね。
冷暖房が完備されてなかった昔は、冬場と夏場に葬式が集中してたようです。人間の体力も寒暖の激しい季節にはついていけなかったんでしょうね。

  • |2012.12.02(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

おはようございます

一年を顧みて、真摯に反省する姿勢が今の日本人には足りないですね。もちろん私にも!

いいお話を伺いました、毎年大みそかには墓参に行きますのでそこでこの一年の罪を悔い、来る年をすがすがしい気持ちで迎えたいです!
  • |2012.12.03(Mon)
  • |見張り員
  • URL
  • EDIT

代替画像

傘じゃなく笠だったか?(● ̄▽ ̄●;)ゞぽりぽり
心優しい岩手人
あの昔話は、むか~し、むかし、ある所にだったから、何処だったか知らなかった
岩手の昔話だったのね
豆知識ありがとう♪
  • |2012.12.03(Mon)
  • |みゆきん
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 見張り員さんへ☆彡

そうですね。1年というのは長いようで短い歳月です。その中で幾多の巡りくる出来事は、私たちの生きて行く道に2度と起きないことかもしれません。1つ1つの出来事を思い噛みしめ、悔いのない1年を過ごしたいものです。

お盆、お彼岸以外にも毎年大晦日にお墓参りをされるんですか。すばらしい心がけですね。その年の終りにご先祖への1年のご報告と悔悟のお気持ちをお持ちになられることは、大切なことですね。それこそ真摯に反省する姿勢が窺われます。さぞやご先祖もあの世でお喜びになっておられるでしょう。
来年の事を言うと鬼に笑われるかもしれませんが、新しい年もいい1年であるようご祈願申し上げます。

  • |2012.12.03(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re:みゆきんさんへ☆彡

傘でなく、笠でした。嵩(かさ)にかかって指弾するつもりは毛頭ありません(笑)。

あの市原悦子さんと常田富士男さんの名コンビが送る「まんが日本昔ばなし」にありました。あの独特の語り口調は今でも耳から離れませんね。ほのぼのとした雰囲気を持っています。
この笠地蔵のお話にはおもしろいエピソードがあったんですね。
同じ笠地蔵の話でも、長岡市の小国町に伝わる笠地蔵は、菅笠ではなく小千谷縮の反物(いわゆる褌)を地蔵さんに巻きつけるお話なんだそうです。この地方では「ちぢみ地蔵」というそうですね。え、何が縮むって?(笑)。

  • |2012.12.03(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top