「喜びも悲しみも幾歳月」本州最東端、魹ヶ崎灯台を行く

今日10月31日はハロウィンですね。ある商店街では子供たちが思い思いの仮装をしてパレードしていたようです。お菓子屋さんの前では「トリック・オア・トリート」と声をかけ、お菓子をもらうなど子供にとっては楽しい1日だったようです。
先日ある調査で「あなたはハロウィンで仮装しますか」という質問に、約7割の方が「しない」と答えてました。この仮装、大人には受けないようですね(笑)。

さてさて仮装もしないノーメイクの私は、先日、本州最東端(東経142度04分21秒)の陸中海岸にある魹ヶ崎(とどがさき)灯台に行ってきました。魹ヶ崎灯台は太平洋の荒波に突き出した重茂(おもえ)半島にあり、33.72mの高さは東北で一番高い無人の灯台です。

トドが崎灯台AIMG_0368

1902年(明治35)3月1日に点灯。1945年(昭和20)7月20日、アメリカ軍の砲撃を受け損壊したものの、5年後の6月に復旧しました。直径1.6mの集光レンズは38㎞先まで光を届け、霧のときは船に陸が近いことを霧信号の音で知らせます。魹ヶ崎は船がコースを変える変針点にあたり重要度が高く、年末年始には船の航行も多く、船舶には欠かせない灯台でもあります。平成8年4月からは無人化されたそうです。
魹ヶ崎の名は、かつて多くのトドが棲息していたところに由来するそうです。また本州最東端であるところから「とどのつまり」、いわゆる出世魚のトド(ぼらの最後の名前)との関連があるという説もあるようです。


魹ヶ崎灯台 本州最東端の碑 自然歩道
昭和32年に発表された映画「喜びも悲しみも幾歳月(木下恵介監督)」はご年配の方ならご存知かもしれません。この映画は戦前・戦後を通じ、永きに渡り魹ヶ埼灯台で過ごした灯台守の妻である田中キヨさんの手記をもとに製作されてるんですね。新婚だった田中さん夫婦が、日本中の灯台を転々としながら、夫婦の絆を強めていくという物語でした。
田中さんは魹ヶ崎灯台で7年間過ごしており、その時のエピソードが盛り込まれていたそうです。映画では佐田啓二さんと高峰秀子さんが共演しており、キヨさんの出産時や灯台守が火を守ることへの思いが描かれていたそうです。残念ながら映画の中では魹ヶ崎灯台は登場しなかったようですが、灯台守のさまざまな苦労は魹ヶ崎に常駐していた頃のスト-リーだったそうです。

♬おいら岬の 灯台守は 妻と二人で 沖ゆく舟の
 無事を 祈って 灯をかざす 灯をかざす♪

若山彰さんが歌った主題歌はヒットしましたね。懐かしいですね。
灯台南側の岩場に建っている本州最東端の碑(写真右上)は田中キヨさんの筆によるものです。

灯台までは車では入れません。姉吉キャンプ場から自然歩道を3.8km、約1時間歩きます。途中時折見える太平洋を、鬱蒼と生茂るブナ林の隙間に望みながら歩む自然歩道では、ほとんど行き交うハイカーとも会うことがありません。
「熊目撃情報あり」の看板に怯えながら、やっと視界に広がってきた潮の香りのする魹ヶ崎。真っ白い灯台から望む太平洋は、さえぎるものは何もなく果てしなくつづく青い海原でした。水平線がはるかかなたに見え、地球が丸いと実感できます。30m程の断崖絶壁には太平洋の荒波が押し寄せ、白い波が砕け散り、その雄大さに感動します。東の海から昇ってくる朝日とは本州で真っ先に出合えるんですよね。


大木と巨岩 熊の足跡
行く手には大木が巨岩を食いつくそうとしている奇妙な取り合わせ(写真左)を発見したり、歩道に咲き誇る野草を観察しながらの帰り、道脇に何やら足跡が見えます。往きはなかったのに。
右の写真お分りになりますか。まだ足跡は乾いてません。つい先ほど通り抜けた感じです。まさか、これが熊の足跡?
いまここに熊が現れたらどうしよう。周りには誰もいません。熊予防用の鈴も持ち合わせていませんでした。往復2時間のハイクで疲れきっております。もうこれは逃げるしかないです。一刻も早く出発地に戻ることが得策です。そそくさとその場を退散。気持ちだけは焦るものの、足腰が言うことを利きません。
疲れているとはいえ、人間、身の危険を感じる時は底力がでるんですね。これを世間では火事場の馬鹿力と言うんでしょうかね(笑)。


キンコウカ ヒメシオン タイアザミ
タマゴダケ ランタナ サトウカエデ
自然歩道を行く路傍には可憐な野草や茸類が目を楽しませてくれます。名前は定かではありませんので、図鑑に照らし合わせてみました。写真上からキンコウカ(左)、ヒメシオン(中)、タイアザミ(右)、写真下はタマゴダケ(左)、ランタナ(中)、サトウカエデ(右)。お詳しい方はご指摘ください。その他図鑑からは探しきれないものがありました。

約2時間半に及ぶ自然とのふれ合い。ふるさと再発見でした。日本にはまだまだ美しい自然が残されています。自然に触れ、郷土の歴史をもっと知る。皆さんもふるさとを再発見してください。





参考サイト:宮古市公式ホームページ宮古大事典宮古写真帖2

FC2ブログランキング・人気ブログランキング参加中!
 人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。↑
関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

ドラマも音楽も好きです

テレビドラマで見て、子どものくせに感動した記憶があります
御前崎灯台を知ったのもこのドラマでした

福島県の灯台勤務時の手記がモデルとばかり思っていましたが
岩手県だったのですね
このあたりは45号線しか走っておらず、存じあげませんでした
  • |2012.10.31(Wed)
  • |FREUDE
  • URL
  • EDIT

代替画像

こんばんは

リメイク版の「喜びも悲しみも~」をみたことがあります。灯台勤務って大変なんだなあと思いました。
そういえば千葉県銚子の灯台も、戦時中には偽装をしていたらしくその写真をみたことがありますが、まるで巨大な樹のようでこれじゃあ余計敵の目標になるよなあ~と思いました(^_^;)

わが父親が高校生くらいのころ、最初の「喜びも悲しみも~」が公開され、ある日通学のバス内で主題歌を歌うおさない男の子がいて「妻と二人で」の部分を「クマと二人で~」と歌っていて、若かった父は笑いをこらえるのに一苦労したと聞いています^^。

こんなに素敵な風景がまだまだ日本に沢山ありますね。外国もいいですがまず日本のよいところをみたいと思います。
  • |2012.10.31(Wed)
  • |見張り員
  • URL
  • EDIT

代替画像

こんばんは。

戦時中下に北海道から九州まで各地の灯台を転々とした燈台守夫婦の、波乱万丈の半生を描いた映画「喜びも悲しみも幾年月」、子供の頃に観ましたよ。
私も父が転勤族であったことや、佐渡の最北端にある弾崎灯台も舞台になっていることなどから、記憶に強く残っています。
その灯台も、例に違わず今は無人化されていて、私は行ったことはありませんが、すぐ近くに映画を記念した銅像が建っていて、傍に寄ると映画の主題歌が流れ出す仕掛けなどもあるようです。

ちなみに、熊は出ないと思います。(笑)

  • |2012.11.01(Thu)
  • |茶々
  • URL
  • EDIT

代替画像

熊の足跡はびっくりしますね。

鈴もないということは…
歌でも歌いながら進むと良いのかも?
  • |2012.11.01(Thu)
  • |itchann
  • URL
  • EDIT

代替画像

おはようございます♪
いつもどうもありがとうございます♪

灯台の画像でかなり肌寒さが感じてしまいました(笑)
なんだか、テレビドラマではないですが、こういうところはそう感じます。

仮装といえば、マラソンなどでは結構見かけますが(笑)
それに仮装すると言ってもそういうイベントがあれば
するところも多いのではないでしょうか、日本はユニフォームというか集団衣装、祭りなどでも多いので
個人的に、独自の・・・というのは国民性だと昔大学時代心理学の教授に教えてもらったのを思い出しました(笑)

またよろしくお願いいたします♪
  • |2012.11.01(Thu)
  • |スーパーサイドバック
  • URL
  • EDIT

代替画像

日本って広いのですね
映画はあまりにも有名なので知っていますが
魹ヶ崎灯台は知りませんでした
ツアー旅行には組み込まれていませんよね
知る人ぞ知る灯台
クマが出るとは秘境の臭いがしますねv-22
  • |2012.11.01(Thu)
  • |E
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: FREUDEさんへ☆彡

その後テレビでも木下恵介劇場として放送してましたね。
自分はあまり見ることはなかったんですが、若山彰さんの歌で良く記憶に残ってます。

宮古市のホームページによると魹ヶ崎灯台の勤務時代の手記が参考にされたような記述がありましたが、田中さん自体各地の灯台を転勤してたようですので、福島県の灯台勤務時代の手記も含まれていたのかもしれませんね。
他の灯台の生活環境はどうなのか分りませんが、魹ヶ崎の場合相当極悪だったように感じられますね。生活物資の買い出しにも苦労されたでしょうし、そこで7年も勤められたというのは大変だったろうと思います。今でさえ町へ出るにも、近くの姉吉漁港から車で30分はかかります。当時は昭和の秘境だったのかもしれませんね。

  • |2012.11.01(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 見張り員さんへ☆彡

戦争当時は爆撃回避のため、いろいろ苦労されたんでしょうね。灯台や煙突などは標的にされてたんでしょうか。魹ヶ崎の灯台も爆撃を受けたようです。もっと市内寄りの小高い山にある100m程の工場の煙突は、爆撃の難を逃れ、今でも市の象徴として毅然と立っています。

若山彰さんの歌もヒットしましたよね。ヒットすると替え歌も出てくるもので、「クマと二人で~」は笑っちゃいますよね。魹ヶ崎にも熊が出没するみたいで笑ってばかりもおられませんけど。
この辺りは陸中海岸国立公園内ですので、許可なく開発行為は規制されてるでしょうから、まだまだ自然の動物たちが棲息してるんでしょうね。

  • |2012.11.01(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 茶々さんへ☆彡 

こんにちは。
佐田啓二さんと高峰秀子さんの共演映画「喜びも悲しみも幾歳月」。今はもうお二人とも他界されましたけど、映画は今でも心に残ってますよね。
映画では10数か所の灯台を舞台にしてたようですけど、その中の弾崎灯台でも灯台守をされてたようですね。灯台守も転勤が多かったようです。今ではどこも無人化されてるようですが、どこの灯台も船舶の安全航行を考え、辺鄙なところに建てられていたようですからね。灯台守の生活の厳しいのは分るような気がしました。
中でも魹ヶ崎灯台は劣悪だったんじゃないんですかね。灯台まで約1時間歩いて見て分ったんですが、熊が出てきても不思議ではない環境でしたよ。

  • |2012.11.01(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: itchannさんへ☆彡

行く前に熊が出る話は聞いてませんでしたから、用意もしないで行ったんですが、自然歩道の入り口付近に立てられていた「熊目撃情報あり」の看板を見て、愕然としました。どうか戻って来るまで出ませんように、と手を合わせるだけでした。足跡を見た時は背を冷たい汗が流れるようにゾーッとしましたね。風で周りの木々がざわざわすると思わず振り返って確かめたりして。
人に聞いた話ではバッタリ遭遇しても熊は襲ってこないそうですね。むしろ熊の方から逃げていくそうです。ただ悪戯にちょっかい出すと、向こうもムッとなるんでしょうね。刃向かってくるものなんだそうです。
鈴でそんなに効果があるものかと思ってましたが、結構鈴の音がしてると近づいてこないそうなんです。
トランジスタ―ラジオとか歌を歌うとか、大声を立てると効果があるのかもしれませんね。

  • |2012.11.01(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: スーパーサイドバックさんへ☆彡

こんにちは。いつもありがとうございます。

肌寒いというイメージもあるんでしょうが、実際灯台は海を眺望できるところに建ってますからね。浜風による涼しさはあります。冬場は肌を差すような冷たさになると思いますよ。

ハロウィンとは違いますけど、最近のマラソンは仮装して走りを楽しむというケースが増えてますよね。
祭りなどの仮装は1種のユニフォームですからね。みんなが同じものを着ているからといった集団心理による羞恥心がなくなるのかもしれませんね。

  • |2012.11.01(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: Eさんへ☆彡

車で行けませんからね。秘境といえば、まさに秘境です。小動物ならまだしも熊となるとね。
車で入れるところまで行って、そこから歩いて1時間。海のそばとはいえ、断崖絶壁です。砂浜などはありません。観光会社もバスツアーはなかなか組まないでしょうね。時おり地元の愛好者が野草や花を鑑賞しながら「歩こう会」みたいなことを実施しているに過ぎないです。観光化するためにはもっと施設の整備を図らなければならないでしょうね。

だからこそ、魹ヶ崎の知名度は低いんでしょうね。自分ですら名前は知っていながら実際行って見るのは初めてでした。地元の人にも難所だという意識があるんでしょうね。

  • |2012.11.01(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

こんばんわ^^

ハロウインは、だいぶ日本でも流行りだしましたよね^^
うちの近所でも、子供たちが仮装パーティーしてました。

平日だったし、大人にはもう一つ定着してないので
日本人の大人の仮装は見ませんでしたが、
外人さんたちの仮装パーティーは、
毎年楽しく開かれてますよ♪

ところで、この映画は存在は知っていますが
見たことはないですね~
ただ、曲がとても印象に残っています。
灯台守というと、若い世代にはこの曲はインパクト強い!
と、思ってしまうかも???
ストーリーを知らないので何とも言えませんけれど・・^^;
  • |2012.11.01(Thu)
  • |たえ
  • URL
  • EDIT

代替画像

おはようございます。

昨日朝、TVで道東の漁師が霧が掛かって方向が分からなくなるのが一番怖いといっていました。
GPSなどを搭載していても、灯台の灯りがみえるとホッとするそうです。
  • |2012.11.02(Fri)
  • |釣るべー
  • URL
  • EDIT

代替画像

ハロウインは確かに自分たちの年代には馴染みが無いですね~!
以前には外国のお祭りだとばかり思っていたのに、いつの間にか日本へ・・・・
メーカー側の戦略が見え隠れするような気がしてどうも好きになれません(^_^;)
文中の映画は自分が生まれる前の年なので知りませんでした!!
もっとも生まれていたとしても映画にはトンと疎い自分ですのできっと知らなかったでしょうけど(笑)

タマゴダケ!
今年はキノコが豊作だと友人に教えられながらも行けないんですよね~!
  • |2012.11.03(Sat)
  • |はやちゃん
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: たえさんへ☆彡

コメント遅くなってゴメンなさい。

子供たちの間では人気ありますよね。人気キャラクターに変身できるからなんですかね。
大人に今いち不人気なのは、日本人の仮装に対する抵抗感があるからなのかな。まだ慣れないせいなのかな。顔が分らないほど仮装してしまえば、相手からは誰だか分らないのにね(笑)。ユーモアを理解できないという性格もあるんでしょうね。仮装コンテストなんかには参加されてるようですけどね。
「喜びも悲しみも幾歳月」。やはり年代のギャップを感じますね。灯台守という職業も今は有名無実みたいなものですからね。逆に若い世代には羨望の職業として映るかも(笑)。

  • |2012.11.03(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 釣るベーさんへ☆彡

コメントが遅くなって申し訳ありません。

確かに霧がかかると怖いですよね。車の運転でも高原などを走ると濃ガスで前が見えないことがあります。こちらの海岸ではよく「やませ」が発生することもあります。山の頂上は良く見えてるのに、海上から山の麓にかけて霧に覆われるんですよね。いずれもガスが原因ですが、前方が見えなくなるということは、車であっても船であっても怖いですよね。
濃ガスが立ち込めたとき、対向車のヘッドライトがかすかに見えると、逆に安心するように、霧がかかった海上で、灯台の明かりが見えるとホッとするでしょうね。視界が悪い時の命綱みたいなものですからね。

  • |2012.11.03(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: はやちゃんさんへ☆彡

ハロウィンが日本に浸透してきだしたのは、まだここ数年ですよね。
お化けカボチャや仮装の部分だけが取り上げられて、先行しているように見えて仕方ないです。これも企業の販売促進の1つのように見えてしまいますね。

えっ、はやちゃんさんてそんなお若いんですか(笑)。その若さ羨ましいですね。
タマゴダケ。最初見たとき、こんなところにミニトマトが生ってる、って思ってしまいました。食用菌なんですってね。持って帰れば良かった。でもこの段階ではまだ食べれないか。
この周辺でも茸が豊作のようで、採集を禁止する看板が立ってましたね。

  • |2012.11.03(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • |2012.11.03(Sat)
  • EDIT

代替画像

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • |2012.11.04(Sun)
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top