全国津々浦々の参加者で競ったシーカヤックマラソン

めっきり寒くなりましたね。身も心も震えそうな寒さです。そんな中、明るく心温まる話題が飛び込んできましたね。
「京都大学山中伸弥教授、ノーベル医学・生理学賞受賞」。
尖閣諸島、竹島問題で揺れる日本人の荒んだ気持ちを奮い立たせてくれました。祝福が相次ぐ中、「「iPS細胞は新しい技術。仕事は終わっておらず、医学への本当の貢献をこれから実現させなければいけない。これからが勝負」と中山さん。難病の原因解明や治療、新薬開発の実用化に結び付けてほしいですね。
これからが勝負は大震災の被災地も同じ。1日も早い復旧復興は被災地の務めです。

シーカヤックマラソン

そんな中、先日10月7日、陸中海岸の宮古で第12回「三陸シーカヤックマラソンレースin宮古2012」が開催されました。
マリンスポーツのシーカヤックマラソンは全国津々浦々で開催されていますが、リアス式海岸の静かな入り江がシーカヤックに適している宮古でも、海辺の環境を良くして行こうと今年も開催されました。
被災したにもかかわらず昨年は155名参加。今年は施設がまだ復旧してないところもあり82名にとどまりました。にもかかわらず駐車場のナンバープレートを見ると東京、千葉、宮城、旭川など、各地から参加しているようです。


シーカヤックマラソン看板 シーカヤックマラソン選手宣誓 シーカヤックマラソンスタート直後
スタート前に行われた開会式は津波でリアスハーバー宮古が使用できず、予定を変更して青空のもとで行われました。鹿児島県から参加された中山正行さんが力強く選手宣誓(写真左)。例年のコースが使用不可能のため、今年は10km6部門のコースでパドルさばきを競いました。
子供の頃海水浴で遊んだ藤の川海岸を、午前10時スタートした72艇のシーカヤックが水しぶきをあげて漕ぎだします。我先にと熾烈なデッドヒートが繰り広げられます(写真右)。


シーカヤックマラソンゴール付近 シーカヤックマラソンゴール
約1時間後にトップでゴールした男子スプリント部門の富永さんは「疲れた~、ゴールが目の前に見えたんだけど、着けるかなって、心配したよ」と、2位の巻口さんと勝利の味をかみしめていました。


シーカヤックマラソン出発準備 シーカヤックマラソン記念撮影
スタート前は皆さん自分のカヤックの手入れに余念がありません(写真左)。親子で参加のカヤッカーはスタート前の記念撮影(写真右)。シニアやご夫婦も参加され、和やかなレースとなりました。


シーカヤックマラソンシルエット シーカヤックマラソンヨット
スタート直前から晴れあがった海上では、選手のカヤックが光り輝く太陽に照らされ、シルエットに映ります(写真左)。そして海上では白い帆のヨットもレースを盛り上げます(写真右)。


シーカヤックマラソン全壊 シーカヤックマラソンガレキ
レースの開閉会式会場となる予定だったリアスハーバー宮古(写真左)。津波で全壊し復旧が間に合わず、その無残な姿を残したまま。その近くにはガレキの山が築かれていました(写真右)。
そんな悪環境の中、全国各地から参加いただいたシーカヤックマラソンレースは無事終了。今年は風光明媚な浄土ヶ浜を眺めながらのレースは叶いませんでしたが、来年こそは復興を取り急ぎ、名実ともに日本屈指のシーカヤックマラソンにしてもらいたいものです。





FC2ブログランキング・人気ブログランキング参加中!
 人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。↑
関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

カヤックやってみたいです。
しかし艇って以外と高くて、
下手すると中古バイクくらいの値段がします。

いつか始めたいですが、コットンテントの入手が先ですね。
  • |2012.10.11(Thu)
  • |itchann
  • URL
  • EDIT

代替画像

おはようございます。

たらい舟とちがってカヤックのことは良くわかりませ
んが(笑)、宮古のシーカヤックマラソン、盛会のう
ちに無事終了したとのこと、何よりです。

震災復旧とともに、今後ますますのご発展をお祈りし
ます。
  • |2012.10.11(Thu)
  • |茶々
  • URL
  • EDIT

代替画像

鹿児島から宮古まででしたら
どのくらい、距離があるのでしょう
それでも参加したくなる大会ということですね

震災復興は日本全体の問題です
仕事のできない政府を早く刷新して
復興にお金を回してもらいたいものです

代替画像

シーカヤックマラソン、楽しそう! (^o^)/
  • |2012.10.11(Thu)
  • |カノッチ
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: itchannさんへ☆彡

カヤック、参加者の顔ぶれを見ていると子供からシニアまで幅広いようですね。
今回の競技部門は震災の影響でコース不備のため、10kmの6部門しかありませんでしたが、他地域の競技では距離、駅伝など15,6部門あるようです。それだけでも参加者の幅が広いといえるでしょうね。
カヤック艇にも価格の幅があるようですね。ネットを見ていると1万円以内のものから高いのになると50~60万円するのもあるようです。そのような高いものはプロとかマニアが使うんでしょうけど、クラブ会員などにはレンタルカヤックもあるそうです。
お子様も大きくなってマリンスポーツに関心が高まってきたら、カヤックも視野に入れてみてください(笑)。
  • |2012.10.11(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 茶々さんへ☆彡 

こんにちは。

自分も今回のカヤックマラソンレースが身近で開催されるというので、カヤックのことを初めて知ったんですよ。見たら楽しそうでしたね。もう少し若かったらのめり込んでいたかもしれません(笑)。
折角遠路各地からご参加いただいてるのに、震災の影響で施設が不備だったのは残念でしたけど、逆を言えば不備だったにもかかわらずご参加いただいたのは何より嬉しいことですね。各地で開催しているカヤックマラソンはもっと近くにもあるでしょうし、完全な形で開催してるんでしょうにね。
来年は会場やコースも整備し、立派なシーカヤックマラソンレースが開催されることを期待したいですね。

  • |2012.10.11(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: FREUDEさんへ☆彡

そうですね。往復交通費、宿泊費、参加費などを考えたら、まとまった費用になりますよね。
宣誓をされた方は鹿児島出身と仰ってましたが、駐車場には鹿児島ナンバーは見当たりませんでした。おそらく飛行機を乗り継いできたんじゃないですかね。他に長野、千葉、旭川などの車がありましたが、いずれも1日がかりですよね。
それだけ遠路からご参加いただく魅力とは何なんでしょうね。自分にもよく分りません(笑)。

今朝の新聞にも出てましたが、復興とは名ばかりで復興とは縁遠い名目で予算を食い荒らしてるところもあるようです。国民の善意である寄付金も使途不明や剰余金が指摘されたり、信じられないことが多すぎますよね。
  • |2012.10.11(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: カノッチさんへ☆彡

見てるだけでも楽しそうでしたよ。
優勝を目指す方、記録を求める方にとっては過酷なレースになるのかもしれませんが、シニアや親子、夫婦でご参加の方はカヤックマラソンを楽しんでいる様子でした。

  • |2012.10.11(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

まだまだ爪痕はそのままなのに皆さん、前向きに頑張っておられるのですね。
絆の強さと本物を見る思いがしています。同じ日本人として私たちは見習わなきゃいけません。
皆さん、全国から駆けつけて素晴らしい。
  • |2012.10.11(Thu)
  • |まろゆーろ
  • URL
  • EDIT

代替画像

このようなスポーツの祭典を通じて
早く震災復興が成れば、結構な事ですよね^^。

∧_∧
│- -│     ))
|▼∴  ̄ ̄ ̄ ̄|  頑張れ東北!
└┬┬┐┌┬┐│
  凵 凵 凵凵
  • |2012.10.11(Thu)
  • |猪熊虎五郎
  • URL
  • EDIT

代替画像

おはようございます♪
いつもどうもありがとうございます♪

シーカヤックは観光用に以前、奄美大島のマングローブ公園で乗ったことありましたが、楽しかったです
かなり体力使いますよね、、こういうふうにまた盛り上がるのが素敵ですね、シーカヤックも人気が高いということが分かりますね♪
自分は、山中さん同様、陸のマラソン頑張りたいです(笑)

またよろしくお願いいたします♪
  • |2012.10.12(Fri)
  • |スーパーサイドバック
  • URL
  • EDIT

代替画像

そばで見ると、迫力あるのでしょうね・・

復興・・待ち望まれますね!

あと、何年、待てば、良いのやら??

代替画像

Re: まろゆーろさんへ☆彡

震災後の復旧度合いを確認しておきたいという気持ちもあるかもしれませんが、参加することで少しでも被災地を支援できればという強い協力体制があったものと思います。それにしても全国から駆け付けていただくということは、ありがたいことですね。これこそ本物の絆かもしれません。

当日の開会式には宮古市長からも歓迎のあいさつをいただきました。開会式会場が全壊したにもかかわらず、当市としていかにシーカヤックマラソンに力を注いでいるかという姿勢が窺われます。
引き続き来年も開催でき、コース、施設ともさらに充実した大会にしていただけますよう、一市民として願うところですね。

  • |2012.10.12(Fri)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 猪熊虎五郎さんへ☆彡

そうですね。祭典は神輿を担ぐだけではありません。屋台を開いて縁日を楽しむだけではありません。身体を張ってスポーツを楽しみながら願いを1つにすることも祭典の1つだと思います。
皆さんの思いが通じてくれることを願わずにはおれませんね。

それにしてもアスキーアートっていうんですか。上手ですね。こんなイラストを描ける人が羨ましいです。
頑張ります東北!(笑)。
ありがとうございました。

  • |2012.10.12(Fri)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: スーパーサイドバックさんへ☆彡

こんばんは。いつもありがとうございます。

そうですか。実際に乗られたんですか。うまく漕げましたか。
見ていると簡単そうですが、実際に漕いでみると難しそうですね。バランスを取るのが大変そう。それと見ていて分ったんですが、乗る時と降りる時にコツがいりそうですね。これも慣れなんでしょうが、皆さん上手でした。
シーカヤックは海のマラソンですが、陸のマラソンはスーパーサイドバックさんにお任せですよね。
山中先生同様、自分なりのマラソンを考えながら、長く続けてください。

  • |2012.10.12(Fri)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re:  くろこ姫さんへ☆彡

一番見応えのありそうなのが、スタート地点のように思いますが、残念ながら撮影地点からは大分離れており、迫力あるシーンを抑えることはできませんでした。超望遠レンズがほしかった(笑)。
それでもスタートして1km位のところで、湾内を一周するレースに最接近。やっと撮れたのが掲載の写真です。距離にして500m位の撮影ポイント。パドルを器用にさばいた接戦がしばらく続いていました。

開閉会式の会場となるところは、ご覧のように全壊です。おそらく復旧まではあと数年はかかるでしょうね。気が長い話ですが、絶やすことなくシーカヤックマラソン、長く続けてほしいですね。

  • |2012.10.12(Fri)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

こんばんわ^^

ノーベル賞、いつも京都大学ですよね^^
まあ、いいんですけど、研究体制が東大より
整ってるのかな??

シーカヤックは、やったことないのですよ~
海のカヤックは、波をかぶるかもしれないので
ちょっと怖くて・・・

湖のカヤックなら、波がほとんどないので
やったことがあります。
あの、水面との一体感はリラックスします^^*/
  • |2012.10.13(Sat)
  • |たえ
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: たえさんへ☆彡

そうですね。京大出身者が多いですね。
東大はどちらかというと官僚養成系の文系からスタートしてますから、生物化学等には立ち遅れているのかもしれませんね。
出身地から見ると愛知県が1番多く、京都、大阪がそれぞれ3人だそうです。なぜか西日本に偏ってますね。

確かにシーカヤックは波のある日などは、海水被っちゃいますよね。冷たいししょっぱいし。バランス崩したら転覆しちゃいそうですよね。湖のカヤック、乗ったことあるんですか。湖は波が少ないから漕ぎやすいでしょうね。何でもそうだと思いますが自然と一体感になると、自然と共存している気分になるでしょうね。

  • |2012.10.14(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

こんにちは

シーカヤック、前に奥多摩の御岳渓谷で見ましたね!
気持ち良さそうですが運動神経なしの私がやればすぐにひっくり返って迷惑をかけそうです…(-_-;)

それにしても遅々として進まない復興。一体政府はやる気があるのかないのか?
被災者一番でものを考え実行してほしいですね。
  • |2012.10.14(Sun)
  • |見張り員
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 見張り員さんへ☆彡

シーカヤック、男の人が担いで持ち歩ける重さなんですね。そんな軽い、そして幅の狭い艇に乗って思うように走らせるってことが信じられないですよね。知識や経験のない我々が乗ったら、一発で転覆してしまいそうに思えてならないです。

リアスハーバー宮古、海の真ん前に建ってますからね。全壊するのも当然なんでしょうが、よくぞ骨組みだけは残っていたという感じでした。再建するにも基礎から作り直しでしょうけどね。1年半経った今でもあの状態ですから、来年の大会にも間に合うかどうか分らないです。
被災地の完全復興には10年以上かかると思いますが、地元住民がそれまで復興への意欲を持続できるかどうかですよね。

  • |2012.10.15(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top