敬老者も養老の滝で若返りを!

9月17日は敬老の日です。「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」として平成15年から毎年9月の第3月曜日を国民の祝日として制定しました。また9月15日から1週間を老人週間として各地でさまざまな行事や広報活動が行われています。

敬老の日

わが地元では自治体が中心となって、合同金婚式や卒寿(90歳)、白寿(99歳)などの最高齢者の方に、長寿を祈念して敬老記念品を贈呈しています。また自治会が開く敬老会の費用を一部助成したり、毎月1回高齢者の銭湯入浴を無料開放するなど、ふれあいサービスとして実施しているようです。
その日、自治体運営の入浴施設に行くと、おじいちゃん、おばあちゃんの天国です。友人知人との話に花が咲いています。先日たまたま入浴したその日が高齢者の無料開放の日。混み合っていました。洗い場も空席がなく、後ろで順番待ち。話に夢中になって、滑って転ばないようにしましょう。浴槽は滑りやすくなっていますから。

うちのお祖母ちゃんは生前、90歳の卒寿で市から金杯をもらっていました。最近の長寿祝いは市内のホテルを借りて食事会などに招待しているようですね。昨年は国立公園の景勝地、浄土ヶ浜のホテルで敬老の祝いが行われたようです。もち論高齢者全員というわけにはいきませんけどね。米寿(88歳)とか傘寿(80歳)、喜寿(77歳)の方限定ということになるようです。かといってあまり高齢になると歩くことすらおぼつかなくなってきますからね。(詳しくは過去記事→2011年9月15日「敬老の日、シニアは大切に」を参照)
宴もたけなわになると、自慢の歌が出たり、踊りが飛び出したり、お年寄りの「敬老宴会」は盛り上がるようです。

一般的には65歳以上を高齢者といっているようですが、65歳はまだまだ若々しいですよね。このような方を老人扱いすると怒られちゃいます。「俺はまだまだ年寄りじゃないぞ」と。後ろ姿を見ていると、どう見てもおじいちゃんなんですけどね。
えっ、私ですか? ハハハッ、何を仰いますか。私はまだまだお尻が青いヒヨッ子です(笑)。

ところで話は変わりますが、日本には名水百選という環境省の選定したきれいな水があります。湧水などで、ある程度水量を有する良質なものとして、日本全国に点在しております。その中の1つ、岐阜県の養老町に養老の滝・菊水泉があります。そこにはこんな孝子節婦(せっぷ)伝説があります。
ある時貧しい木こりが岩間から湧く、酒香のする水を老父に飲ませたところ、まさしく酒であり、老父はすっかり若返ってしまいました。この話が都に伝わり、やがて元正天皇(奈良時代の女帝)自身が飲浴したところ肌は滑らかになり、痛みも治り「老いを養う若返りの水」と喜ばれました。そして元号を「養老」と改め、老人親子に恩賜を授け、この地方の人々の税を免除したそうなんです。

私もそういう若返りの水があったら飲んでみたいです。しかも水というより、お酒だったんでしょう。お酒なら居酒屋の「養老の瀧」で時々飲んでいますが、一向に若返りませんね。飲みが足りないんですかね(笑)。

龍泉洞・地底湖
龍泉洞・石筍上の写真は龍泉洞の第2地底湖。下の写真は鍾乳石の石筍。
<2枚の写真は龍泉洞のパンフレットより借用しました>

名水百選といえば、私の地元にも名を連ねている名水があります。山口県の秋芳洞、高知県の龍河洞と並ぶ日本三大鍾乳洞に数えられる岩手県岩泉の「龍泉洞」。
洞の規模は2,500m以上あり、巨大な自然洞窟の中で複数の淵と地底湖が膨大な水を静かに称えています。この神秘的な龍泉洞には水深98mの透明度を誇る清水が湧き出ております。大自然の恵みであるドラゴンブルーと呼ばれる独特の輝きを保つ水は神秘的ですよ。洞内は豊富な湧水が轟音とともに流れ、水温は年間を通じて7~10℃に保たれています。また洞内では幾万年にもわたって作られた鍾乳石の石筍が数多く見られ、悠久の芸術品にうっとりしてしまいます。

龍泉洞の湧水は、養老の滝のようにアルコールは含まれていませんが「龍泉洞の水」として、地元には親しまれています。1度飲んでみましたが、カルシウムの含まれた龍泉洞の水は美味しかったですよ。酔いませんでした(笑)。


★岩手県岩泉「龍泉洞の水」★
龍泉洞の豊富な湧水にはカルシウムをはじめとしたミネラル成分が多く含まれています。
この水をボトリングしたミネラルウォーター「龍泉洞の水」は、さすが日本名水百選です。美味しさは他のミネラルウォーターにも引けを取りません。一口飲むと口の中がまろやかになりますよ、きっと。




参考サイト:暮らしと生活「行・食・作」環境庁選定・名水百選全国社会福祉協議会

FC2ブログランキング・人気ブログランキング参加中!
 人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。↑
関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

おはようございます。
9月14日(金)に敬老プレゼントという名目でウォーターサーバーを設置しました。
まだ、無料お試し期間なんですが、たぶん継続契約にふみきることになるでしょう。
  • |2012.09.16(Sun)
  • |龍midi
  • URL
  • EDIT

代替画像

実はワタシの父も喜寿です。
祝宴で親戚で取れる宿を探しているところなんですが、
11月予定だったけどなかなか空きがありません。

もしかしたらキャンプ場で、
コテージ泊でというのをやるかもしれません。
  • |2012.09.16(Sun)
  • |itchann
  • URL
  • EDIT

代替画像

おはようございます。

近年、「敬老の日」と聞くと微妙です。
自分ではバスに乗れば席を譲っても決して譲られる立場ではな
いと、まだまだ若い気でいるのですが・・・。
先日、エレベーターで母子連れと一緒になった時のこと、お母
さんに挨拶を促された幼児に「おじぃちゃん、こんにちは」と
言われた時は大ショックでした。(笑)
そろそろ覚悟が必要なところにさしかかったようです。
  • |2012.09.16(Sun)
  • |茶々
  • URL
  • EDIT

代替画像

こんにちは

『敬老』などという言葉と無縁だと思っていたわが両親ももう70歳を超えて立派な敬老世代にはなりましたが本人たちは「年寄りじゃない」というもので敬老の祝いはもう二年ほど先送りにしますw。

出来れば長生きをしたいのは山々ですが、寝たきりとか痴呆になって…と考えると背筋が寒くなります。
私たちの世代が「老人」になるころは今よりそこもかしこもジジババだらけに!?
でも国の生産人口とか何とかお思う時、もうちょっと若い世代もほしいものです。

理想はあの蟹江ぎんさんの娘さんがたのように80,90超えてもピンシャンしてることですね。あの方々は憧れですね。元気だしユーモアがありますものね。あんなお年寄りになれたらいいなあ~~。
  • |2012.09.16(Sun)
  • |見張り員
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 龍midi さんへ☆彡

敬老プレゼントにウォーターサーバーとは、ちょっとしゃれてますね。
美味しい水も飲めるし、お湯もすぐに飲めるんでしょう。
便利ですよね。一家に一台はほしいです。

水道の水はちょっと臭うから、そのまま直接は飲めないですよね。
自分はここ最近家庭の水道水を直接飲んだことないです。どうしても飲みたい時は一旦沸かして、冷蔵庫で冷ましたものにしてます。面倒ですよね。だから自販機のミニペットボトルを用意してるんですけどね。ウォーターサーバーもランニングコストがもう少し安くなればね。

  • |2012.09.16(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: itchannさんへ☆彡

喜寿ですか、おめでとうございます。
日本人の平均寿命が男79.44歳、女85.90歳といわれている時代ですから、まだまだこれからですよね。皆さん年齢を感じさせないほど、若々しいです。

11月でも予約が埋まってるんですか。多人数となると、いい日から埋まっていきますからね。
まだかくしゃくとされてるようでしたら、キャンプ場もいいかもしれません。外で皆さんと一緒に食事をされるとお父さんも若返るかもしれませんよ。ただ気候だけは注意しましょう。11月の標高が高いところは寒さが厳しいですからね。

  • |2012.09.16(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re:  茶々さんへ☆彡

こんにちは。

えっ、茶々さんもそういう年代なんですか。我々の年代は丁度、微妙な頃ですよね。
特に若い人に席を譲られると、嬉しいやら恥ずかしいやら、いやまだそんな年じゃない、なんて自分では思うんですがね。
以前東京に行った時、電車内で高校生くらいの女子学生に席を譲られたことがありました。恥ずかしかったですね。同時にそんな歳に見られてるのかと、落胆したこともありました。
まだおじいちゃんと呼ばれないだけましかな。迷えるおじさま族ですね(笑)。

  • |2012.09.16(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

敬老の日は9月15日じゃなきゃ何となくしっくりとこない気分です。やはり昔ながらが良いなぁなんて身勝手なことを思ったりしています。
高齢者が3000万人を突破したとか。おめでたいことですが若者の数が減っていくのも事実で……。我々が高齢者になった時の日本はどうなっていることでしょう。

養老の滝の伝説は聞いたことがあります。親を思う子供の気持ちの表れですね。そういえば我が母も来年1月で傘寿でした。
養老の滝の水を存分に飲ませて祝おうかしら。
鍾乳洞は神秘的ですね。太古の時代がそのまま息づいているような空気も音も水も、透明感が何とも言えないです。
  • |2012.09.16(Sun)
  • |まろゆーろ
  • URL
  • EDIT

代替画像

リコメ、ありがとうございます。

> ウォーターサーバーもランニングコストがもう少し安くなれば

メンテ料:先方持ち,サーバー料:先方持ちっていう条件で探したところ、あったんですよ!
あとは「水の代金」だけ、ですよね。
同じような条件検索、なさってみてはいかがでしょう。
  • |2012.09.17(Mon)
  • |龍midi
  • URL
  • EDIT

代替画像

事務所にはウォーターサーバー おいてます
リースです  定期的に清掃とボトルの
交換に来て貰ってます  それなりに費用もかかるんですが
事務所の水道水 口に合わなくて・・・



  • |2012.09.17(Mon)
  • |こん☆
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 見張り員さんへ☆彡

自分の実母は92歳で大往生でした。それまでは自分の身の回りは自分で整えてましたが、さすが亡くなる1年位前からは足腰も弱り、半年前には入院せざるを得ない状況でしたね。実母は自分の年寄りを自覚し、かくしゃくとしていました。
子供にとって理想の母親像でしたが、果たして自分もそういう生き方が出来るかどうか自信がありませんね。出来ることならポックリ病にかかって生涯を閉じたいものです(笑)。

日本女性の特殊出生率は昨年1.39だったそうです。生涯に産む子供の数が2人に満たないですから、生産人口は減る一方ですよね。育児社会を万全にする必要もあるでしょうね。

  • |2012.09.17(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: まろゆーろさんへ☆彡

ハッピーマンデーのお陰で連休という恩恵は受けてますけどね。我々零細自営業者にとっては何の恩典もありません(笑)。
市制移行の条件は人口5万人以上だそうです。老人だけで600都市の王国を建設できますね。
会員制の老人王国は、収入もない代わりに納税の義務もない。生活は勤労時代の蓄えだけで暮らしていける、なんていう理想の老人王国があったらいいですね(笑)。
親を思う気持ちは年齢とともに強くなっていきます。親孝行したい時に親は無し、といいますが、自分にはもう親がいないので、最近強く感じます。何でいつまでも親に甘えていたんだろう、何で親の好きなことをさせてあげなかったんだろう。不老長寿の水があったら飲ませてあげたかった。
自然の造形美は人間の手では加えられない神秘的な美の世界がありますよね。

  • |2012.09.17(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re:  龍midiさんへ☆彡

メンテ料もサーバー料も先方持ちですか。そういうところもあるんですね。
サーバー屋さんは何で経営維持していくんでしょうね。

水道代もこちらの地方では月900円位ですが、サーバーが常時水道の水を蒸留してくれるとなると、水道代だけで済み「水の代金」が浮きますよね。
そんな理想のサーバーなんてあるわけないか(笑)。

  • |2012.09.17(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: こん☆さんへ☆彡

昔はコーヒーサーバーなんかも置いてましたよね。
設置した当初は物珍しがってよく飲んでましたが、そのうち足が遠のいてしまいました。
今でも置いてるところあるんでしょうか。
蛇足ですけど、女子社員向けに硬貨を入れると箱入れのキャラメルが出てくるというのもありましたよ(笑)。

水道水、どうしても臭いが合わないですよね。個人宅によっては浄水器を取り付けてるところもあるようですが、事務所のリースサーバーと比較してどっちがお得なんでしょうね。

  • |2012.09.17(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

こんばんは

おふくろも今年喜寿です。
岩手県にも鍾乳洞があるんですね。
私の家から20分ぐらいのところにも当麻の鍾乳洞があります。
湧水も町内の男山酒造で無料で汲んでこれます。
男山の湧水で入れたコーヒーは美味しいですよ!
  • |2012.09.17(Mon)
  • |釣るべー
  • URL
  • EDIT

代替画像

matsuyamaさんへ!!

今日は、コメントいただき、大変光栄に存じます。いつも素晴らしいブログと感銘していました。!

どこも最近は敬老の日は盛んなようで、主催者もご苦労様なこととおもいます。!特に最近の老人は若く威勢が良いので、扱いも大変でしょうね~^^。
私のところは人が集まらず、金一封ということになりました。
私も、あまり行きませんでしたが・・汗)
風呂が無料なものでそちらの方に・・・
本当に、高齢社会になりましたねー。若い人から見ればどのように映るのか心配です。笑)

養老に滝には行けまえんので、「養命酒」を飲んでいます。笑)
不老不死ともなれば困ったものだとは思いますが・・・汗)
まずはお礼まで、!
  • |2012.09.17(Mon)
  • |荒野鷹虎
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 釣るベーさんへ☆彡

お母さんの喜寿おめでとうございます。
釣るベーさん、いつまでも健康で長生きいただけるよう親孝行してください。

日本三大鍾乳洞の龍泉洞。車で1時間位のところにあります。子供の頃から慣れ親しんだ鍾乳洞です。近くに総延長23700mの日本一長い安家洞(あっかどう)があります。まだ洞内探索が済んでないので、一般見学者には途中までしか解放されてません。
男山って全国あちこちにあるんですね。我が地元宮古にも千両男山の酒造会社があります。昨年の津波で会社が流されるという被害に会い、今は復興中です。完全復興まではあと数年かかりそうですね。

  • |2012.09.18(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

家の自治会のおとしよりは、増え続けて、今は、75歳以上しか、
お祝いの席によんでもらえないそうです。(笑)

すごいですよね・・
大丈夫なのかしら?
お年寄りばかり増え続けて(笑)

代替画像

Re: 荒野鷹虎 さんへ☆彡

ご丁寧にありがとうございます。
一般的に65歳以上の高齢者が総人口の21%を超えた場合、超高齢社会と定義づけられているそうですが、日本では平成19年に21.5%を超えたそうですね。ということは国民の5人に1人は高齢者ということになりますよ。すごい老齢日本ですよね。
超高齢社会といっても昔みたいに腰が曲がり、杖をついてあるく老人はあまり見かけなくなりました。変わって洒落たシャツに明るめのスラックス、女性も化粧をし、おしゃれになりました。若々しいご老人が増えましたよね。老人パワーは社会をも変える勢いです。
各自治体での敬老の催事は、長い間社会に貢献した方々への恩典でもあります。健康の後退を養命酒でカバーし、胸を張って授与したいものです(笑)。

  • |2012.09.18(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: くろこ姫さんへ☆彡

以前、町内会のゲートボールクラブには参加者が多く、練習の順番がなかなか回ってこないから、年齢制限を加えたという話を聞いたことがあります。それが70歳以上だったかどうか忘れましたが、高齢者が多くなったという証ですね。
亡母は生前ゲートボールをしていました。各地を転戦し大会を総なめにしていたそうです。その時の賞品が数多く残っています。その後を継ごうとは思いませんけどね(笑)。

団塊の世代がピークに達するこの1,2年は今の傾向が続くでしょうね。その後は徐々に沈静化してくると思いますけど。まっ、当分の間は老人天下が続くでしょう(笑)。

  • |2012.09.18(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

おはようございます
いつも、どうもありがとうございます♪

敬老の日
これから、超高齢化社会ですから
いろいろな催しもの、高齢化ビジネスが出てきそうです・・・
うちでは、嫁の祖母がまだ92歳で頑張ってます
しかもヘビースモーカーです(笑)
そろそろ玄孫ができそうですが今でも親戚一同で
お祝いが出来るのがありがたいです
名水というのは結構ありますね
千葉にも養老渓谷に滝がありますが(笑)

またよろしくお願いいたします♪
  • |2012.09.20(Thu)
  • |スーパーサイドバック
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: スーパーサイドバックさんへ☆彡

こんにちは。いつもありがとうございます。

92歳とはご長寿ですね。うちの亡母は92歳で大往生でした。
そのお年でヘビースモーカー、健康なんでしょうね。
玄孫が出来ても不思議ではない年令です。血縁の皆さんが一堂に集まったら、壮観でしょうね。曾お祖母ちゃんが玄孫を抱いて写真をとるのもいい記念になりますよ。
千葉県には熊野清水という環境庁選出の日本の名水がありますね。千葉県には数多くの湧水があるようです。養老渓谷の滝も平成の名水として地元には親しまれているんでしょうね。

  • |2012.09.20(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top