お盆にも修業できなかった餓鬼大将

お盆も終わりましたね。皆さんのお盆休みはいかがでしたでしょうか。海外旅行や国内の温泉旅行に行かれましたか。それとも郷里に帰省し、皆さんと一緒にお墓参りや迎え火、送り火で花火でも楽しまれましたか。
私もブログ休暇をとりリフレッシュさせていただきました。とはいえ田舎のお盆はお墓参りをはじめ、盆棚の設営、親戚回りなどいろいろな習慣があって意外と多忙なんですね。結局ゆっくり休めませんでした(苦笑)。

盆踊り

お盆行事の一つに、施餓鬼会(せがきえ)があります。私の菩提寺でもお盆の最終日、施餓鬼会の法要がありました(曹洞宗では施食会(せじきえ)と言う)。本堂に施餓鬼壇を設け、五色の幡(はた)にそれぞれ如来の名前を書き、壇上には「三界万霊」と書いた大きな位牌を安置し、食べ物やお水をお供えしてあります。その年に亡くなられた方々の霊、いわゆる初盆を迎えた霊を供養するのだそうです。この菩提寺では年末の大晦日にも施餓鬼会が行われ、終わると境内の梵鐘で除夜の鐘を撞くのが習わしになってます。
この日はご住職の読経に始まり、お念仏が唱和されました。そして最後にご参加の皆さんに施食が施されます。これは飢えに苦しむ生類や弔う者もいない死者の霊に、飲食物を施し供養したことから由来したものなんですね。もともと、延命・長寿の法要であったものが、何時しかお盆と一緒に行うようになったんだそうです。

「まだ餓鬼のくせして、生意気な奴だ」などと、いたずら盛りの子どもをののしっていうことがありますよね。でも元来「餓鬼」というのは、生前の罪のむくいで、餓鬼道に落ちた亡者のことを言うのだそうです。
餓鬼道とは、仏教で説く、生死を繰り返す迷いの世界、地獄道・餓鬼道・畜生道・修羅道・人間道・天道の六道、あるいは悪行を重ねた人間が死後に「趣く」といわれる3つの下層世界(地獄道・餓鬼道・畜生道)を指す三悪道(さんあくどう)の一つで、ここに落ちた者は、不浄のところにおり、常に飢えと渇きに苦しんでいるそうなんです。餓鬼道に落ちた亡者は、しきりに水や食物を欲しがるが、腹ばかりふくれあがり、のどは針のように細く、物を飲み食いしようとするたびに、その水や食物は濃い血膿や炎と化してのどを通らない。まことに悲惨きわまる、やせひからびた姿として喘いでいるそうです。

餓鬼には「無財餓鬼」と「有財餓鬼」とがあり、前者は常に物を欲しがる類であります。後者は豊かな金品に恵まれながらもけちんぼで、一層欲心をつのらせ、そのためにかえって苦しむ類なんだそうです。子どもを「餓鬼」と呼ぶのは、無財餓鬼から来たものでしょうね。財産などなく常々お金がほしいと思っている私は当然無財餓鬼です(笑)。

施餓鬼会の教えにはこんな話があります。
お釈迦様(釈尊)の十大弟子の一人である阿難尊者(あなんそんじゃ)が、一人で瞑想している時、口から火を吐く一人の恐ろしい餓鬼があらわれ「お前は3日後に死んで、我々と同じ恐ろしい餓鬼道に落ちる」と言いました。恐れおののいた阿難尊者が、どうしたらそれを免れることができるかを釈尊に尋ねたところ、釈尊は、「その苦から免れたければ、三宝(仏・法・僧)に供養しなさい。また無数の餓鬼たちに食物をほどこして供養した功徳(くどく)により、餓鬼も救われ、その功徳によってお前も救われるだろう」とお答えになったそうです。
阿難の求めに応じて釈尊が示された修法が、今の施餓鬼会の始まりなんですね。

施餓鬼会はお寺の年中行事の一つとして、お盆の頃におこなわれることが多く、新亡の霊や先祖代々の諸霊を供養するとともに、無縁仏や餓鬼に施しをする法要であります。さらに自分自身の「餓鬼」の心を反省し、あわせて自分自身の福徳延寿(ふくとくえんじゅ)を願うありがたい法要なんですね。

このお盆も私は自分への飲食しか施せない餓鬼でした。まだまだ修業が足りないんですね。餓鬼道に落ちないようしっかり修業しなくちゃ(笑)。





参考サイト:天台宗法話集浄土宗公式ホームページ
画像提供:写真素材足成

FC2ブログランキング・人気ブログランキング参加中!
 人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。↑
関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

拙作ブログ「http://bwv212.blog.so-net.ne.jp/2012-06-22」の記事にも似通ったことが書かれています。
あらら、6月にお盆なんて・・・時間錯誤もいいとこですね。 (笑)
  • |2012.08.18(Sat)
  • |龍Midi
  • URL
  • EDIT

代替画像

法要お疲れさまでした。

十界論でしたっけ…
以前聞きかじったことがあります。
餓鬼・畜生・修羅といった言葉はそこから出ていると。

ウチは旧盆でやるのでお盆休みはただの夏休みで、
キャンプ三昧でした。
  • |2012.08.18(Sat)
  • |itchann
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 龍midiさんへ☆彡

施餓鬼に関しては目蓮尊者の伝説と阿難尊者の伝説があるようで
すね。一般的には目蓮尊者の話が浸透しているようですが、
Wikipediaによると目蓮尊者の話の発祥となった経典は、後世中国
において創作された偽経であるという説が有力だそうです。
いずれにしろ我々凡人には餓鬼たちに食べ物を施す余裕すらない
でしょうけど(笑)。

今でこそ多くは盂蘭盆会に行われる施餓鬼会ですが、特定の日に
行われるという決まりはないようで、6月にあってもいいんじゃ
ないんですか。ましてブログ上のことですから。

  • |2012.08.18(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: itchannさんへ☆彡

お~、さすがお詳しいですね。
ご指摘のように十界とは天台宗の教義で、六道に四聖(ししょう)
と呼ばれる声聞、縁覚、菩薩、仏の四つの界を付け加えたものな
んだそうですね。六道を迷界とするのに対し、この四聖は悟界と
いって悟りを開いた状態なんだそうです。
いずれにしても我々凡人にはこの四聖の悟りを開くことは困難で
しょうね。せいぜい六道辺りで迷っているかもしれません(笑)。

その辺りは旧盆ですか。月遅れのお盆じゃなく、旧暦のお盆です
か。関東じゃ珍しいですね。今月末から来月にかけてですね。

  • |2012.08.18(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

こんばんは

この画像は盆踊りでしょうか?
今年は7年ぶりに実家に帰り、親父の墓に手をあわせてきました。
町内の公園では北海盆踊りが・・・
この北海盆唄を聞くと自然と体が動く北海道民です!!
  • |2012.08.18(Sat)
  • |釣るべー
  • URL
  • EDIT

代替画像

こんにちわ^^

こちらでも、そろそろ朝晩が涼しく
秋の足音が聞こえてきました^^

お盆といっても仏教徒でもないので
お墓参り以外は友達と逢って遊んでばかりで・・・
でも、楽しかったです^^b

施餓鬼会って初めて聞きましたけれど
そういう風習が残っているのですね?
興味深く拝見しました!いつも有難う御座います^^*/
  • |2012.08.19(Sun)
  • |たえ
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 釣るベーさんへ☆彡

お盆といえば盆踊りですよね。
北海盆歌にソーラン節。盆踊りの定番でした。
今年の盆踊りも各町会ごとに行われていましたが、年々参加者が
減ってきておりますよね。10年位前にはやぐらを中心にして二重
三重の踊り手さんが輪を作っていたもんですが、今や輪が作れな
いほど閑散としています。太鼓の打ち手さんも拍子抜けかもしれ
ません。

釣るベーさんも7年振りのお盆いかがお過ごしでしたか。盆歌を
聞くと自然に身体が動くようじゃ、若い頃かなり鍛えましたね。

  • |2012.08.19(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: たえさんへ☆彡

朝晩めっきり涼しくなりましたね。
もうすぐ秋の虫の鳴き声も聞こえ出すんじゃないですかね。

お盆はその地方特有の慣習がありますからね。
お寺さんも昔はお盆の期間中、檀家さんの家を1軒1軒回っていま
したけど、今は逆にお盆の最終日、檀家さんがお寺に集まり、施
餓鬼会を行っているようです。この時読経料に代わる回向料を持
参し、お寺からは飲食を振舞われるわけです。餓鬼道に落ちてい
る我々に施しをして差し上げるということなんでしょうね。
変われば変わったものですね。

  • |2012.08.19(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

そう言えば、今年は盆踊りすらも見ていませんでした・・・(^_^;)

自分もお盆は何かと忙しく、正直仕事をしていたほうが楽かもしれませんね~!!
お盆が過ぎやっとノンビリできる休日を過ごしています
  • |2012.08.19(Sun)
  • |はやちゃん
  • URL
  • EDIT

代替画像

施餓鬼会(せがきえ)・餓鬼道・・
次々と新しい言葉が(笑)

色々、勉強になります。
なんにも、知らなくて・・・

ありがとうございます。

代替画像

Re: はやちゃんさんへ☆彡

昔は近くに空地があって、そこでやぐらが組まれ、盆歌や太鼓の
音色が耳に入っていたものですが、今は空地が無くなったせいも
あってか、盆踊りが見られません。
隣町ではまだやってるようですが、参加者も少なく閑散とした
盆踊りのようですね。

帰省してお盆をのんびり過ごすのと違って、地元にいると何かと
気忙しいですよね。田舎でも車社会が身につき、お盆ともなると
親戚へのあいさつ回りなのか、道は渋滞。思った以上に時間が
かかります。お盆が終わって今のんびりという感じ(笑)。

  • |2012.08.19(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: くろこ姫さんへ☆彡

仏教の世界は奥が深いですね。さすが世界三大宗教。
その教義は我々凡人にははかり知れないものがあるようです。
「餓鬼」もそうですが、以前にも記事にした「億劫」をはじめ「機嫌」
嘘も方便の「方便」などは仏教用語が端を発してるんですね。
自分も知るたびに新鮮な気持ちで勉強しています。

託鉢で修業するお坊さんの薄汚なそうな姿を見て、嫌悪感を持っ
ていたものですが、見る目が変わりましたよね。
さすが各宗派の本山で何年も修業を積んで来られただけはありま
す。

  • |2012.08.19(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

私も昨年初めて施餓鬼会に参加しました。
実は、その前にふるまわれる施食が一番の目的で……。
油揚げの煮たのとお味噌汁とご飯。本当に一汁一菜でしたが実に美味しく頂きました。禅宗は何もかもが潔くていいですね。
我が家は臨済宗ですが、曹洞宗はさらに厳しい修行だと聞いています。そういえば秋田人の従弟も曹洞宗ですが、東北は曹洞宗のお寺や門徒さんが多いのでしょうか。

お休みもゆっくり出来なかったでしょうが、お盆という風習に身を置くだけでも心が豊かになられたのではないでしょうか。お盆に人が集まり旧交を温めることが出来るのも仏様のありがたい導きかもしれませんね。
残暑も厳しいですがお疲れの出ませんように。
  • |2012.08.19(Sun)
  • |まろゆーろ
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: まろゆーろさんへ☆彡

菩提寺の施餓鬼会は参加された檀家さんにお持ち帰り用の弁当
を施食していたようですが、ご詠歌をされるご婦人方20名位の
皆さんにはお膳が配されていたようです。

曹洞宗は多いですね。地元市内にある14ヵ寺のうち9ヵ寺が曹洞
宗です。その中でも菩提寺は一番古く、617年の歴史があるよう
です。
住職は自分より2年先輩で、その息子、副住職が先日結婚された
そうです。お寺さんの結婚式ってどんな形式でするんでしょうか
ね。1度聞いてみたいです。

地元では老夫婦だけで家を守っているケースが多く、盆暮れにご
子息が帰省するのを楽しみにしているのかもしれません。自分な
んかも親戚回りで久し振りの旧交を温めることができました。
葬式で親戚をあらためて確認することがありますが、お盆におい
ても再確認の場になりますね。これもご先祖様の引き合わせなん
でしょうか。

  • |2012.08.20(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top