「織姫と彦星」天の川デートの七夕伝説

7月7日は七夕(たなばた)ですね。七夕は日本の信仰・行事と、中国の星にまつわる伝説や行事が混じって出来たものといわれており、「織女(しょくじょ)」と「牽牛(けんぎゅう)」のお話しはあまりにも有名ですね。

阿佐ヶ谷七夕祭り

天の川の西岸に、天を支配する天帝の織姫(織女)という機織(はたお)りの上手な娘が住んでいました。天帝はとてもかわいがり、年頃になった織姫に結婚相手を探してやろうと、東岸に住む働き者の牛使いでもあった彦星(牽牛)を引き合わせました。二人はお互いを気に入り恋におち、めでたく夫婦となりました。ところがあまりにも夫婦仲が良すぎ、織姫は機を織らず、彦星は牛の世話もせず、一緒に遊んでばかり。
これに怒った天帝は、天の川をへだててふたりを離れ離れにしてしまいました。今なら差し詰め、「愛ある別居生活」かな(笑)。
織姫と彦星 これで再び仕事に取り組むだろうと期待していましたが、二人は悲しみに明け暮れるばかりで仕事にもなりません。そこで天帝は、一生懸命仕事に励むことを条件に、七夕の夜に限って再会することを許したのです。こうして二人はカササギの翼にのって川を渡り、年に一度のデートをするようになったというのが七夕の伝説ですね。

また、古代中国に「乞巧奠(きっこうでん)」という行事がありました。手芸の神様とされる天上で機を織る織女に、針仕事や習字、詩歌などが上達するようにと願い、星を眺め、供え物などをしていたのです。この行事に日本古来からあった「棚機女(たなばたつめ)」という収穫行事が結びついたといわれています。「棚機女」は、7月13日から4日間の「盂蘭盆会」を迎えるための準備であったとされます。

旧暦の七夕の頃は稲の開花期で水害や病害などが心配されていた時期です。そこで棚機女(たなばたつめ)といわれた巫女(みこ)が、機屋(はたや)で棚機(たなばた)と呼ばれる機織(はたお)り機を使い、先祖に捧げる衣を織りあげ、それを祀って収穫の無事を祈りました。
やがてこの行事と「乞巧奠」が交じり、願い事を短冊に書いて笹に飾る行事に変化してきました。もともとは7月7日の夕方を表して七夕(しちせき)と呼ばれていたものが、棚機(たなばた)にちなんで七夕(たなばた)という読み方に変わっていったようです。

元々七夕は、「6日の夜から7日の朝」にかけて行われ、七夕飾りは6日の夕方に飾り、7日の夜に取り込むのが本来のしきたりともいわれていますね。現在の7月7日は梅雨時ですが、旧暦のこの日は梅雨も明け、星空もきれいに見えていたんでしょうね。今ではこの行事、旧暦、新暦、月遅れなど、地方によっていろいろな時期に実施されているようです。
日本三大七夕祭りで有名な仙台七夕まつりは月遅れの8月6日から、湘南ひらつか七夕まつり(神奈川県平塚市)は新暦の7月6日開催されます。さ~、三大七夕祭りのもう一つはどこでしょうね。皆さんご存知ですか。
愛知県安城市とか、千葉県茂原市、東京阿佐ヶ谷などで名乗りを上げているようですけど、明確な定義がないため残り1枠を巡って激戦が見られるようですね。最近では8月4日から開催される竹と光をテーマにした、あかりイベント「京の七夕」なども話題になっているようです。※それぞれの色文字の祭りをクリックすると開催要項がご覧になれます。

一昨年、カルピスが7月7日生まれの方を対象に「七夕に関する調査」を実施したところ、織姫や彦星の職業に「巫女」や「漁師」などの珍回答があったそうです。
七夕伝説を9割の方が知っておりながら、織姫と彦星の関係を8割の方は「恋人同士」と認識していたそうです。なかには兄妹、友達、姫と使用人などという回答もあったとか。また織姫の職業は巫女、舞姫、歌人、彦星は農民、神主、漁師などといった珍回答もあったようですね。

夢とロマンを託すミルキィウェイ。基本的な七夕伝説も正しく認識しておきたいものですね。


この夏はご家族ご一緒に浴衣を着て七夕まつり、と洒落こみましょう。


参考サイト:みんなの知識「ちょっと便利帳」キッズgooこども歳時記Walker plus

FC2ブログランキング・人気ブログランキング参加中!
 人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。↑
関連記事

コメントの投稿

Secret

代替画像

No title

お茶漬けさぁら さらぁ~ 軒端に揺れて~ お星様きらきらぁ~ 金銀すなご~♪
よく嚼んで食べる習慣が板に付いてきたのでお茶漬けにはとんとご無沙汰しています。(違)
  • |2012.07.02(Mon)
  • |龍midi
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

毎年二つ目のは行きますが、
3つ目はどこだったろう…
阿佐ヶ谷だったかな?

気付けば今週末なんですよね。
今年も平塚に行って来ます(^。^)
  • |2012.07.02(Mon)
  • |itchann
  • |URL
  • EDIT

代替画像

No title

おはようございます。

織姫と彦星、夫婦仲が良すぎるとは言え、年に一度のデートし
か許されないなんて酷な話ですねぇ。
仙台市民広場の一角には、『織姫の像』が建てられています。
織姫は、能動的横糸で秩序を求め、受動的縦糸でバランスを保
ちながら絶えざる成長を織っているということで、近代的で健
康な都市仙台の平和で豊かな発展を織りなす姿を表わしている
のだとか。
仙台七夕まで、あと一ヶ月とちょっとになりました。
  • |2012.07.02(Mon)
  • |茶々
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

こんにちは!
いつも、どうもありがとうございます♪

そう言う時期ですね~
湘南平塚の七夕祭りで使ったものが
そのまま、仙台に行くのは有名な話ですが
そういうのって良いですね♪

ちなみに、いま
カルピスのCMやってる女優さんと一緒に仕事してます(笑)

またよろしくお願いいたします♪
  • |2012.07.02(Mon)
  • |スーパーサイドバック
  • URL
  • EDIT

代替画像

こんばんは

今月は七夕ですね!
北海道の多くは一ヶ月遅れの8月7日です。
子供の頃ローソクだ~せだ~せよ~って歌いながら
町内を回った思い出があります。
  • |2012.07.02(Mon)
  • |釣るべー
  • URL
  • EDIT

代替画像

こんばんは

七夕というと幼稚園児だったころのことを思い出しますね。
幼稚園のクラスごとに大きな笹に飾りやら願い事の短冊を下げて、歌を歌って…楽しかったものです。
牽牛と職女の関係がきちんと把握できてないんですね、最近は。
よく知る大人もいなくなったのかもしれないですね、伝統行事ですからもっと大事にしたいですね^^。

今年もうちの小さな庭の笹に短冊を下げたいと思います・・・
  • |2012.07.02(Mon)
  • |見張り員
  • |URL
  • EDIT

代替画像

コメントありがとうございます

七夕、ロマンチックですよね
一年に一度しか会えないなんて・・・
つらすぎます
まあ、そのぐらいでないとロマンにならないですよね(笑)
  • |2012.07.02(Mon)
  • |豊年満作
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 龍midiさんへ☆彡

この歌が発表された昭和16年頃は、お米が配給制になったんです
ね。その頃のことはよく分りませんが、今の飽食時代はお米も自
由に買えるし、贅沢ですよね。
お茶漬けはササ~ッと手軽に食べれますけど、消化にはよくない
んでしょうね。子供の頃は親に「よく噛んで食べなさいよ」といわ
れてたもんですよね。
金箔入りのお酒や和菓子があるように、お茶漬けにも金箔砂子を
入れて食べたらどうなんでしょう。きっと良く噛んで食べるかもし
れません(笑)。
食事にも気をつけて、お大事に。

  • |2012.07.03(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: itchann さんへ☆彡

平塚は近いですからね。
以前横浜に住んでた頃は、良く見に行ってました。
期間中、夕方の東海道線は浴衣姿の若いカップルでいっぱいでし
た。浴衣姿の乗客を見て、七夕祭りを思い出させてくれるんです
よね。
仙台、平塚は別格として、3番目はというと明確なことがいえな
いみたいですね。安城、茂原、阿佐ヶ谷の他にも一宮、高岡、清
水なども参戦してるようですが、地元びいきもありますからね。
我が国トップを切ってスタートする平塚七夕祭り。6日からです
よね。ご家族で楽しんで来てください。

  • |2012.07.03(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 茶々さんへ☆彡  

そうですか。織姫の像というのも建っているんですか。
織姫は機織りの上手な女性だったようですもんね。織物の縦糸と
横糸を秩序とバランスにかけ、仙台の発展になぞらえたんですね。
なるほどね、さすが仙台。うまく都市構成を考えてますね。

そういえば仙台には正宗像やオデッセウス像など、彫刻が多くあります
ね。芸術の都、仙台を象徴しているんでしょうか。
美しく住み良い街なんですね。
日本屈指の仙台七夕まつり。これも1つの芸術になるんでしょうか。
後1ヶ月に迫りましたね。芸術と祭りの都仙台。楽しみにしてます。
  • |2012.07.03(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re:スーパーサイドバック さんへ☆彡

こんにちは。いつもどうもありがとうございます。

ネット上でそういう噂が流れることがあるようですが、どこまで
が真実か定かではありません。仙台市民の名誉のために断言した
くはないですね。
平塚市民の話では、使い終わった竹竿は市の施設に保管し、子供
たちに夏休みの竹細工に供与してるんだそうです。昔は使い回し
とかあったかもしれないけど、今は電飾とか仕掛けが個性的なん
で仙台に持って行ってもすぐバレバレになるだろうって。
仙台市民から言わせれば、平塚の飾りと基本的に作りが違うから
事実上使い回しはできないし、平塚に恩を受ける必要もない、と
ご立腹のようですね。
他の地方では平塚から寄贈を受ける等の恩恵はあるようですけど。

カルピスのCM女優というと、18歳の若々しいあの娘ですか。
爽やかそうですね。仕事もハツラツとしてるんでしょうね。

  • |2012.07.03(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 釣るベーさんへ☆彡

へ~、北海道にはそういう風習があるんですか。
ローソク出せよって、町内を回って歩くなんてね。なんかハロ
ウィンの行事と似てるとこありますね。
いまでも小さなお子さんは「ローソクもらい」の行事をしてい
るんですか。

北海道もやはり七夕は8月なんですか。七夕は盛夏の頃が似合い
ますよ。七夕を済ませて、その後にお盆を迎える。なんか自然
な夏の風物詩ですよね。

  • |2012.07.03(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 見張り員さんへ☆彡

自分も小学校の頃、笹飾りを作ったような記憶があります。
笹は男子生徒が近くの裏山に行って取ってきてましたね。
当時はよそん地の庭ににもいっぱいありましたし、今みたいに
黙って取っても誰も何も言いませんでしたからね。

七夕伝説、子供の頃先生に教わったかもしれないですけど、今
は全く覚えてないですね。資料を引っ張って来て、おぼつかな
い記憶を手繰り寄せてみました。こんな状態ですから、子供た
ちにも話できないですよね。
ご自宅の庭に笹が生えてるんですか。生きた七夕飾りですね。
晴れるといいですね。1年に1回のロマン、楽しみましょう。

  • |2012.07.03(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 豊年満作さんへ☆彡

そうですね。1年に1度のデートですからね。お互いに思いが
募ってるんでしょうね。
自分なんかだと電話もない時代ならもうとっくに相手の存在を
忘れてしまってますよ。特に引越しなんかでもしたら、もう行
方不明ですよ(笑)。
1年振りに会ったらどんな会話するんでしょうね。「お前老けた
な」「あなただって」、なんて夫婦喧嘩のもとを話してたり(笑)。

あっ、すみません。満作さんの夢を壊すようなこと書いちゃっ
て。天空の世界では歳は取らないんでしょうね。だからこそ
いつまでもロマンの伝説が伝わるんですよね。

  • |2012.07.03(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

No title

早いもので七夕が間近になりました。
matsuyamaさんはどんな願い事をなさるのでしょうか。私も近くの竹林に行ってこじんまりとした若竹を1本頂いて帰ろうかなぁ。願い事が人サマの数倍もあるので見事に短冊だらけになるかもしれません。
七夕が終わったら、8日の朝に笹(竹)を川に流す風習もあるようで、私が小さい頃に祖父がそうしてくれていたように記憶しているのですが。ここのところ雨が多くて川も大暴れ、近付かない方が賢明な大分かもしれません。
  • |2012.07.03(Tue)
  • |まろゆーろ
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: まろゆーろさんへ☆彡

1日も早い復興が願い事ですが、あまりにも大きな願い事なので、
聞き入れてくれるのかどうか心配です(笑)。
お聞きとどけいただけるなら何枚でも短冊を書きこみたいですね。

そうですね、先日のゲリラ豪雨で川も増水しているでしょうから、
近づかない方がいいかもしれません。そうでなくても最近では、
七夕飾りの川流しなど環境汚染が叫ばれ、監視が厳しくなってお
りますからね。無難なのはお近くの神社でお焚き上げしていただ
くのが賢明かもしれませんね。

梅雨も後半になり、その勢いを増してきているようですから、
十分ご注意くださいね。

  • |2012.07.04(Wed)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

三大七夕祭り・・・

それは我が商店街の七夕祭りですwwなんちゃって^^;;;

七夕の起源は古代東アジアの様々な習慣・信仰が織り混ざってできたものなのですね。

こういうことって、他の地域の特に古代では戦争とか支配とか国の交代とかでできあがっていったりすることが多いじゃないですか。

それが日本の場合はそういう物騒なこともあまりなく、美しい物語ができたのはめでたいことですね^^

  • |2012.07.04(Wed)
  • |三代目
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

そう言えば 駅とか公共施設で 近くの園児さん達が
飾り付けた 飾りが見られます
うちでは 月遅れ8月7日に 
最近は飾りとかは しないですが 畑の作物を
お供えしてます   飾り 昔は川に流してました  
今は そんなこと出来ませんから  
それでも 昔からの決まり事 一度流して 
下流で回収してます
  • |2012.07.04(Wed)
  • |こん☆
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

おはようございます!
いつも、どうもありがとうございます♪

失礼しました
書き方間違えました
ネット上のうわさではなく事実です
ですが、使用した物をそっくりそのままではなく
飾りの一部や、本体一部の骨組みなど使われるようですね
知り合いの運送業者が毎年運んでるそうです(笑)

ちなみ、カルピスのCMに出てる人は
もう25歳で身体にピースの人です(笑)

またよろしくお願いいたします♪
  • |2012.07.05(Thu)
  • |スーパーサイドバック
  • URL
  • EDIT

代替画像

おはようございます(=^ェ^=)

今週は、七夕ですね♪♪♪
今年は土曜日だから、いつも以上に
盛り上がりそうですね(#^.^#)

こんなに愛し合っているのに
1年に1度しか会えないなんて、
私には耐えられません。・゜・(ノД`)・゜・。

あと、クリアカップのお祝いコメント
ありがとうございました!!
お返事が遅れ気味ですみません(>_<)
  • |2012.07.05(Thu)
  • |いねむり姫
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 三代目さんへ☆彡

そうか、弘明寺商店街の七夕祭りもあったんですね。
写真で見る限りでは見事ですよね。見学者も多いようですし。
商店主様たちの一致協力があってのことなのでしょうね。

日本の国情ということもあるんでしょうかね。多民族の集合体
と違って、民族間の争いの少ない由緒ある大和民族の、物への
執着心かもしれませんね。
発祥は他国とはいえ、長い間培った歴史で日本特有の文化を創
り出しております。それが夏の風物詩となり、伝統文化として
現代に伝承されてきているんでしょうね。

  • |2012.07.05(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: こん☆さんへ☆彡

商店街などの七夕祭りとは別に人の集まるところには、よく七夕
飾りが見られますよね。夏の風物詩の一つとして癒されます。

そちらには農作物を神殿にお供えする風習があるんですか。
短冊などの願い事は炎で浄めて、天まで届けるという意味もあっ
て、七夕終了後に神社でお焚き上げ供養していただけるところも
あるようですね。
笹や他の飾りものは神力が宿っていないから自由に処分しても
構わないそうですが、現状では環境保全のために川に流すのは
禁止されてるところもあるようですね。
流した飾りものを下流で回収するのも涙ぐましい努力ですね。

  • |2012.07.05(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: スーパーサイドバック さんへ☆彡

こんにちは。いつもありがとうございます。

平塚七夕の歴史を辿って見ると、約60年前第1回開催当時の市長が
新暦開催の注目度と旧暦開催地への譲渡利点があるということで、
平塚七夕を7月実行に踏み切ったそうです。ということは仙台に限
らず、旧暦開催地には譲渡されてる可能性はありますね。
使い回しとは語弊がありますが、平塚に限らず仙台においても七
夕飾り作成の業者がおり、終了後は七夕の習慣のない海外や七夕
期間に拘らない地方など各地に移されているのも事実のようです。
巨額の費用がかかりますからね。費用捻出のために仕方ないんで
しょうけど。
こういうところであまり裏工作を暴露したくはないんですけどね。
「華麗なる歳時記」は暴露ブログではないもんで(笑)。

  • |2012.07.05(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: いねむり姫さんへ☆彡

わざわざ休日に平塚まで見に行くのは大変でしょうから、6日の
仕事帰りに東海道線で立ち寄ってみたらどうですか。
七夕飾りで賑わう平塚の地で、1年に1度しか会えない織姫と彦星
のデートの様子が見られるかもしれませんよ(笑)。

クリアカップの入賞おめでとうございます。
本当に良かったですよね。いねむり姫さんのデザインセンスが
買われたんだと思います。
商品化されたら、またブログアップしてくださいね。楽しみに
待ってます。

  • |2012.07.05(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

こんばんわ^^

仙台の七夕祭りいいですよね^^
一度行きたい物だと思っているのですが・・・

日本在住の台湾人の方に聞いたのですが
あちらでは、七夕はバレンタインデーと同じような物らしく
恋人同士がプレゼントを交換し合うのだそうです^^

国によって色々違うのだなあと思いました^^*/
  • |2012.07.05(Thu)
  • |たえ
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: たえさんへ☆彡

仙台七夕祭りは、踊る祭りのような熱気はありませんが、ゆっ
くりと七夕飾りを観賞できるお祭りですよね。
ぜひ東北三大祭りをご覧いただき、東北の祭りの意気込みを肌で
感じとって見てください。

台湾の七夕はお互いにプレゼントの交換で楽しむんですか。日本
みたいに笹飾りや願い事の短冊なんかは飾らないんですかね。
七夕伝説の発祥は中国とはいえ、お隣の台湾には伝わってないん
でしょうかね。いろいろ国情もおありなんでしょうけど、お国柄
の違いもあるんでしょうね。

  • |2012.07.06(Fri)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top