弔問服装とくとく雑学

いま、あなたの友人、知人の悲報が飛び込んだら、どうしますか?考えたくもないし、ありえないことでもあります。でも現実には突然前振れもなくやってきます。そんなとき悲嘆にくれ、失望ばかりもしておれません。いち早く気を取り直し、故人を供養することが残された者の務めでもありますよね。

親しい方の訃報に接したら
不幸を聞いたら、とりあえずご喪家まで駆けつけるべきです。出向くときは平服でかまいませんが、まずは供養を申し出ます。場合によっては、男性は通夜や葬儀の準備、女性は台所仕事を手伝うつもりで、その用意をして行く位の気遣いも必要です。

友人知人の訃報に接したら
故人との親しさの程度によって、それに相応しい行動をとります。親しい間柄なら前項の通り、さほど親しい間柄でなかったら通夜あるいは告別式に参列すればいいでしょう。

上司・同僚及びその家族の訃報に接したら
ご自分の会社の総務など、担当部署の決定に従って行動しましょう。上司、同僚なら葬儀手伝い要員として指名されることもありますから、その時は快く引き受け、指示に従いましょう。

服装はどうしたらいい
通夜や告別式にふさわしい服装は悲しみを表す「黒」が基調です。女性なら黒無地のワンピースか黒い長袖の上着を用意し、できるだけ肌を露出しない服装を選びます。和装で弔問するなら小紋に黒の帯、あるいは黒紋付きの 羽織を着ます。男性なら黒のダブルかシングルの礼服を着用します。
但し、通夜に駆けつけるときは、急で準備できなかったということで平服でもかまいません。

小物はどうしたらいい
バッグは金色の金具などがついていない黒のもの、靴も黒を選びます。
女性ならフォーマルな靴で、エナメルや爬虫類の皮革製のものは避けます。アクセサリーの1つとして真珠のネックレスは、涙を誘うとしてつけることが許されています。但し、2連に飾ることは、不幸が重なるということでよくありません。黒いネックレスはつけてもよいことになっていますが、黒水晶の場合、よく光るようにカットされているものがあり、光るものは華やかさを感じさせますので、葬儀にはふさわしくありません。また、結婚指輪はつけてもよいことになっています。エンゲージリングは石の部分を指の内側に隠すようにしてつければいいでしょう。その他のアクセサリーは極力避け、できるだけシンプルにすることが無難です。
男性は黒のネクタイを締め、ネクタイピンをはずすのが一般的。男女を問わずよく腕時計を気にされる方がおりますが、黒や茶といった地味な色の革ベルトや、金属でもさほど光らないものであればあまり気にすることはありません。ただし、カラフルな革ベルトや光るものは避けた方が無難です。心配な場合は、葬儀の時だけ時計を外しておくべきです。

ヘアメイクは
まずロングヘアの場合はひとつに束ねてすっきりまとめます。  ショートヘアもシンプルに仕上げます。メイクはノーメイクだと かえって失礼にあたります。鮮やかな色味のものは避け、薄化粧を心がけます。マニキュアはつけても、無色のものにするのがエチケット。香水はつけません。

実際、葬儀に会葬される方々を見ていると、女優さんが真珠のネックレスを2連に巻いていたり、上下色違いの服装をしている若者など、服装のマナーを欠いている姿を見かけます。但し、最近増えている「偲ぶ会」や「お別れの会」で、平服でのご来場を指定されている場合は、黒喪服にこだわることはないでしょう。だからといって、あまりくだけてTシャツにジーンズ姿というのも考えものですけどね。


関連記事

テーマ:とくとく生活情報
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

日めくりカレンダー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top