いずれがあやめかかきつばた

日本列島を駆け巡った桜も北海道を最後に終息の模様です。自然がもてなす饗宴で癒された後には、自分の出番を待ちかねていたように、次々といろいろな花がその美しい花びらを解き明かしてくれます。近所の小高い山を切り開いた花園には、つつじという可憐に装った季節の花が、主役の座に。赤や白、珍しい薄紫の鮮やかな色を、見る人々の目に放っているようです。

つつじ園
つつじ(赤) つつじ(薄紫)

人間社会でも同じように、美しい花の世界にも瓜二つ、があります。さつきにつつじ、菖蒲(あやめ)に杜若(かきつばた)。なかなかその違いが分りません。
「いずれが菖蒲か杜若」とはよく言ったもので、似ていて見分けにくいところから言われた言葉ですよね。
その昔、源頼政が、鵺(伝説の怪獣)を退治した褒美として菖蒲前という美女を賜ることになり、12人の美女の中から見つけ出すように言われたんだそうです。そのときに頼政が選びかねて詠んだ「五月雨に択べのまこも水たえて“いづれあやめ”と引きぞわづらふ」と詠んだところからきているんだとか。
元々は、いずれ劣らぬ美人2人を例えたものですが、最近はいずれも優劣がつけ難いほど素晴らしいものを例えた言葉になっているようです。単にどちらもよく似ていて見分けにくいものを言うわけではなく、美しいという前提条件が必要なんですね。
しかし、12人も目の前に美女を並べられたら目が眩んでしまいますよね。その中から1人選びなさいと言われても源頼政でなくとも選びかねます。

ところでその違い、見分け方。もうご存知の方もおられると思いますが、正直言って私のような素人には難しいですね。5月5日の菖蒲湯に入れる菖蒲、菖蒲園などで見る花菖蒲、そしてあやめ。漢字にするとみな同じ「菖蒲」なんですね。それに似た花でもある杜若が混じって四つ巴。昔職場に近かった堀切菖蒲園で目にしてましたけど、違いが分りませんでした。皆さんご存知でしたか。
ちなみに下の2つの写真、どちらが菖蒲でどちらが杜若かお分かりになりますか。
菖蒲 《アートフォトフレーム》カキツバタ咲く〔自然写真・藤田稔〕
(ちなみに左が菖蒲で右が杜若だそうです)

そうなんです。植物学的には花菖蒲、あやめ、杜若はすべてアヤメ科の同じ仲間で極めて近い関係なんです。ところが菖蒲湯の菖蒲はサトイモ科で別。葉っぱが似ているだけで、花は蒲(がま)の穂みたいな黄色い花なんですね。
あやめ(菖蒲)は剣状の細い葉が縦に並んでいる様子が文目(あやめ)模様だという説と、花基部が網目模様だという説もあり、花菖蒲は葉が菖蒲に似ていて花を咲かせるからといわれています。一方のかきつばた(杜若) は色(青紫)を染み出させ染料として布などに書き付けたことから「書付花」と呼ばれ、それがなまったものなんだそうです。

アヤメ科アヤメ属に属す「花菖蒲」、「あやめ」、「杜若」。それぞれの特徴から見分ける方法は「咲く場所」。あやめは畑のような乾燥地で栽培するのに適し、杜若は水辺などの湿地帯に適し、花菖蒲はその中間で畑地でも湿地でも栽培できるというのが簡単な違いです。杜若は、花びらの根もとから1本、白く細いすじ(線)が、きりっと入っており、あやめは、杜若のように1本線ではなく、線がいくつもあるんだそうです。
背丈と花の大きさから違いを見ると、背が高くて(80~100cm)花がでかいのが花菖蒲、背が低くて(30~60cm)花が小さいのがあやめ。水辺に咲いている大輪の花で背が高い(80~100cm)のが花菖蒲。中輪で少し背が低い(50~70cm)のが杜若なんだそうですよ。
花菖蒲は「花弁の根元のところに黄色い目の形の模様」。杜若は「花弁の弁の元に白い目型の模様」。あやめは「花弁の元のところに網目状の模様」があるのが特徴だそうです。

万葉の頃から詠まれていた杜若に対し、花菖蒲は江戸時代の中頃より改良され、発達してきた日本が世界に誇れる伝統園芸植物なんですね。どうですか、見分けがつくようになりましたか。写真に収める時、間違わないように(笑)。

参考サイト:WikipediaことわざデータバンクRICHO Communication Club
画像提供:ブログ画像ゲッター

FC2ブログランキング・人気ブログランキング参加中!
 人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。↑
関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • |2012.05.16(Wed)
  • EDIT

代替画像

No title

花の咲く植物は、世界中で20万種もあるとか。

人の名前でさえ覚えるのが苦手な自分ですから、
花の写真を撮っても名前が分からなくて苦労しています。
況してやアヤメとカキツバタはもとより
サザンカとツバキ、モクレンとコブシなどなど
似たような花を見分けることなんかとてもできませぬ。

ん、12人の美女ですか?、どなたでもけっこうです。

  • |2012.05.16(Wed)
  • |茶々
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

こんにちは!
いつも、どうもありがとうございます♪

どんぐりのせいくらべとか、五十歩百歩なんていうことわざも
ありますが、
良い意味で使うときにはこっちなんですね(笑)

勉強になりました

またよろしくお願いいたします♪
  • |2012.05.16(Wed)
  • |スーパーサイドバック
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 鍵コメさんへ☆彡

入院中も応援メッセージをいただきありがとうございます。
加療中にもかかわらず応援いただいたことに感謝いたします。

退院が決まりまして良かったですね。
これからはご自宅でフリーでブログに精をだしてください。
  • |2012.05.16(Wed)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re:  茶々さんへ☆彡

そうでなくとも人の名前は覚えにくいですよね。
人間に限らず、花、動物、鳥、魚。名前と付くものは何でも苦手
です。例えその場で教えてもらっても、悲しいかな数日後には忘
れてしまう記憶力の乏しさです。

双子、三つ子の名前を聞いても覚えきれないのと同じように、
パンダの子供たちの名前を聞いても見分けがつかないでしょうね。
まして世界に20万種あるという位ですから、頭脳には記憶スペー
スが残ってません。ただケーキは別腹といわれるように、頭脳に
スペースがなくとも、美女の記憶だけはたっぷり残ってます(笑)。

  • |2012.05.16(Wed)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: スーパーサイドバッグさんへ☆彡

こんばんは。いつもありがとうございます。

同じような意味で似たものカラスというのがありましたけど、こち
らもまたいい意味では使われませんね。

いずれが菖蒲かかきつばた。
容姿端麗にして才色兼備とでもいいましょうか、女性を称賛するに
相応しい慣用句ですね。
余計なことですが、男性には眉目秀麗、知勇兼備というそうですね。
失礼しました。

  • |2012.05.16(Wed)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

No title

【にたり~よったり~】も文章化すれば一つの論文に~
楽しい話でした。
  • |2012.05.16(Wed)
  • |四季
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

色とりどりの美しいツツジの山ですね。
それこそ12人の美女が艶やかに佇んでいるような風景です。

菖蒲と杜若の違い、なかなか難しいと思っていましたが今日はしっかりと学習させて頂きました。端午の節句は終わりましたが、アヤメたちの季節はまだまだ続きそうですね。
いきなり夏日がやってきました。どうぞご無理をなさいませんように。
  • |2012.05.16(Wed)
  • |まろゆーろ
  • |URL
  • EDIT

代替画像

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • |2012.05.17(Thu)
  • EDIT

代替画像

No title

見分け方、勉強になりました。
職場の近くに菖蒲が名物の場所があります。
最近行ってませんでしたが、機会があれば確かめたいところです。

このところ仕事も忙しく、なかなか余裕がありませんけど…(^_^;
  • |2012.05.17(Thu)
  • |itchann
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re:  四季さんへ☆彡

似た者同士は仲良くなりやすいそうですが、素敵な美貌を誇る
女性同士が仲良くなったら、そこだけが人気スポットになるで
しょうね。光り輝きオーラを放っているかもしれません。
源氏ボタルのオスが光を放ってメスを探し求めるのと同じように
男たちが才色兼備の女性に群がるのは世の常。

いずれが菖蒲かかきつばた
似た者同士を見分けるだけではなく、美しいものをより美しく
見分ける。なかなか菖蒲とかきつばたを見分けるようにはいきま
せんね(笑)。お暇な時にでもまたご訪問ください。

  • |2012.05.17(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: まろゆーろさんへ☆彡

自分の山に生えていたツツジを少しずつ増やし、今や山の急斜面
にツツジの山を成したんだそうです。何本あるのか分りませんが、
遠くからも色とりどりのツツジが眺望できます。
これから見頃を迎えますが、近くの老人ホームなどからも見学者
が絶えないそうです。一昨年、地元のTVで放映されてからは、
見学料無料も手伝って客足が絶えないようです。
見ようによってはこんもり手入れされたツツジが、美女の顔にも
見えますね(笑)。
自分だけだと思ってました。菖蒲と杜若の見分け方。良かった安
心しました。これからは菖蒲の季節。この初夏が勝負ですね(笑)。

  • |2012.05.17(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 鍵コメさんへ☆彡

いよいよ明日は待ちに待ったd-dayですね。
今は翌日遠足に行く小学生見たいに、気もそぞろでしょ。
落ち着いた我が家でゆっくりと静寂な暮らしをお楽しみください。

  • |2012.05.17(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: itchann さんへ☆彡

自分も以前の職場の近くに堀切菖蒲園がありました。
もう少しした時季になると毎年菖蒲園は賑わってましたね。
無料だったもんですから同僚と一緒に昼休み時間とか、退社後
見て回っていましたよ。
広い庭園ですから、休み時間に行ってもそんなに回れません。
見るだけで精一杯、名前も覚えきれませんでした(笑)。

お近くに菖蒲の名所があるようでした、ぜひ行って見てください。
忙中閑ありで、昼休み時間にとはいいませんが(笑)、見てるだけ
でも心が癒されますよ。

  • |2012.05.17(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

こんにちわ^^

花が一杯咲く季節になって、ほんと幸せ^^b

アヤメ科の花は分かりにくいですよね~
ツツジとサツキも似てますよね!
これは確か咲いてる場所が違ったような???

遅れていたバラの花がそろそろ満開になりそうです^^*/
  • |2012.05.17(Thu)
  • |たえ
  • URL
  • EDIT

代替画像

今晩は

初めての出稼ぎで親父の土産に茨城県でサツキの鉢物を購入!
冬は玄関フードのなかに入れていたんですが、
凍ってしまい親父も諦めていたのですが春先に庭にダメ元で植えた所、
次の年の春に花を咲かせてくれました。
それからは毎年春にきれいな花を咲かせてくれます。。
  • |2012.05.17(Thu)
  • |釣るべー
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: たえさんへ☆彡

あちこち見渡しても様々な花が咲き誇ってますね。
今が一番いい季節なのかな。
花も数多くの種類があって覚えきれないですよ。
サツキにツツジ、似てるんですが、これに西洋ツツジといわれる
アザリアが入り込んでくると、益々分りにくくなってしまいます。
よくツツジは街路樹の植え込みで見かけますね。大気汚染にも強
いタイプなんでしょうか。
バラもそろそろ見頃を迎えますね。咲きそろうと一段と華やかさ
が伝わってきます。バラのお好きなたえさんにとってこれからが
楽しみですね。

  • |2012.05.18(Fri)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 釣るベーさんへ☆彡 

サツキをお父さんのお土産に買われたんですか。
釣るベーさん、お母さんに対してもそうでしたが、親思いの
優しい方なんですね。

茨城県で買ったサツキを北海道でとなると、環境の違いで咲き
そびれていたんですかね。北海道の冬の寒さはサツキにも耐え
られなかったんでしょうか(笑)。
環境に慣れた翌年、花を咲かせてくれたサツキには感激ですね。
何でもそうですが、毎年その美しさを見せてもらうためには、
愛情を込めた手入れが大切なんでしょうね。

  • |2012.05.18(Fri)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

No title

これjは一目で区別つきました 見慣れてるんです
近くに 大きな湿原がありまして 杜若が群生してます
ちょうど これから見頃を迎えます 
天延記念物に指定されてて 沢山の撮影機材担いで
写真家? 観光の方がくるようになります
  • |2012.05.18(Fri)
  • |こん☆
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

こんばんは☆^^

あやめと杜若、由来や違いをはじめてじっくりと知ることができました!

それでもまだまだ違いをパッと答えられる自信がありません^^;; 

源頼政の鵺退治から来ていたんですね~。

どこかに鵺がいないかな~w あやかりたいものです☆
  • |2012.05.19(Sat)
  • |三代目
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: こん☆さんへ☆彡

杜若は湿原に群生しますからね。見慣れてるなら一目で見分け
がつくでしょうね。
天然記念物に指定されてるんですか。
それじゃカメラマンや観光客は絶えないですね。

冬鳥が越冬するという湿原ですか。冬鳥が見られたり、杜若を
見られたり、自然が残っている湿原なんでしょうね。
汚染されたり、心無い観光客のいたずらによって野鳥も寄り付
かなくなりますし、植物も生えなくなりますからね。大切に保
存したいものですね。

  • |2012.05.19(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 三代目さんへ☆彡

人でさえ勘違いする位ですから、まして鳥や植物となると一朝一夕
には覚えきれないですよね。
由来や違いが分っただけでもご立派。後はご自分の目を肥やすだけ
です。

自分も歴史には疎い方ですが、源頼政の鵺退治からこの言葉が生ま
れたとは知りませんでした。鵺とは伝説上の怪獣だそうですが、想
像もつかない姿形ですね。そのような怪獣を退治したということは
一躍脚光を浴びたんでしょうね。女性にはモテモテだったでしょう。
源頼政にあやからなくても三代目さん十分持てそうですよ(笑)。

  • |2012.05.19(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

No title

詳しいご説明ありがとうございます。おかげで見分けが、うーん、付くかなあ~(笑
  • |2012.05.19(Sat)
  • |カノッチ
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: カノッチさんへ☆彡

見分けるポイントを頭に入れたつもりでも、なかなか実際の花を
見るといろいろシーンによって違いますから、見分けがつかない
もんですよね。

菖蒲は庭に咲きますから目に触れることはあるんですが、湿地に
咲くケースの多い杜若はなかなかお目にかかれません。比較する
花もないと確信が持てないですよね。そこに畑でも湿地帯でも
咲くという花菖蒲が入り込んできたら、どれがどれか分らなくなっ
てしまいます。
後はもう見る機会を増やして、目を肥やすしかないですね。

  • |2012.05.20(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top