もう一つの花祭りを甘茶で祝う

入学や進学、就職や転勤など、新生活がスタートする季節ですね。新しい環境は新たな出会いの連続です。
でも、人の顔と名前を覚えるのは、意外と難しいですよね。私なんか覚えきれません。名前と顔が一致しないんですよね。
覚えきれない方のために、今すぐ使える「人の顔と名前を覚えるコツ」があるんだそうです。
まず、実際に相手の名前を呼んでみること。これは声を出して呼ぶことで印象が高まり、効果もバツグンだそうです。次に覚えた名前にその人の特徴を思い出しながら名前を口に出してみること。例えば「ショートヘアが似合ってよく笑う○○さん」とか。応用編としては名前からくるイメージと、本人のイメージを重ねてリンクさせることも覚えやすいコツの1つだそうです。
仕事上名前と顔を覚えなければならないスクールの講師やホテルのドアマンも、やはりまず顔の特徴に注目するそうなんです。年齢とともに記憶が曖昧になりがちな私には、必要不可欠なコツですね。

花祭り / Hana-matsuri花祭り / Hana-matsuri / chidorian

さてさて、覚えるコツをよそに、温かな春は各地に桜を開花させてくれています。美しく咲き誇った花々を愛でる花見は荒んだ気持ちを救ってくれますが、もう一つ隠れた花祭りがあります。こちらの花祭りは4月8日のお釈迦さまの誕生日を祝うお寺の灌仏会(かんぶつえ)です。仏教信者にとっては大切な行事の一つでもあります。
(詳しくは→2009年4月8日「甘茶で祝うお釈迦様の誕生日」の記事参照)

お釈迦さまの誕生は4月8日夜半とされますが2月8日説もあるようです。もともと旧暦の日付なので今は月遅れの5月8日に催す地方もあるそうです。農耕の始まりを祝ったり、甘茶を母乳と見たてて母性をたたえる日であったり、江戸時代には役所や寺子屋は休校と「国民の祝日」的な地位を持っていました。
7月15日と4月8日は日本の仏教のスタートでもあり、重要な日でもあったはずですが、クリスマスと復活祭を大切にするキリスト教の信者からは「なぜ釈迦の誕生祭はマイナーなのだろうか」という疑問も。互いの宗教の性格の違いや歩んだ歴史的な背景の違いなどがあるんでしょうね。

お釈迦さま(シッタルダ)の記念日には三つあり、一つはこの「お花祭り」即ち「灌仏会」、二つ目はお釈迦さまが悟りを開かれた日、即ち「成道会」(じょうどうえ)、三つ目はお釈迦さまがお亡くなりになった日の「涅槃会」(ねはんえ)でありまして、これはお釈迦さまの三大法会として重んぜられております。
お釈迦さまはインドの釈迦族の王子として生まれ、「釈迦族を代表する立派な方」ということで、釈迦の釈と尊い人の尊を合わせ、「釈尊」あるいは「お釈迦さま」といわれるようになったそうなんですね。

釈迦族の王を父とするお釈迦さまの誕生は、お母さまの磨訶摩耶(マカ・マーヤ)が出産のため里帰りの途中、美しい花が垂れさがるルンビニー園に立ち寄り、無憂樹の花を手で折ろうとしたところ産気づいたとされています。さらに、お釈迦さまは生まれるとすぐに七歩あるいて立ち止まり、右手を天に指し左手を大地に向けて「天上天下唯我独尊(てんじょうてんがゆいがどくそん・天にも地にも我一人)」と唱えたと言われています。宇宙間に自分より尊いものはないという意味で、人間一人ひとりが宇宙にただ一つしかない命をいただいている尊い存在だということなんですね。

「シッダルタ」と命名されたお釈迦さまが花園で誕生した時、竜王が空中より香水を灌(そそ)ぎ、産湯として身体をお洗いになったという伝説は前回も書きました。その後花祭りには「花御堂」と呼ばれる、きれいなお花で飾ったルンビニー園を模し、お釈迦さまの幼仏像を祀り、甘茶を灌いで供養を行うようになったんですね。
西暦606年推古天皇の時代、元興寺で行われていた灌仏会ですが、現在の花祭りという名で行われるようになったのは、明治45年4月8日に浅草公園の伝導会堂で、大正5年には日比谷公園でも行われ、それが年中行事の一つとなっているようです。

80歳で入滅されたと言われているお釈迦さま。桜の花見でお酒に溺れるより、花祭りの甘茶でお釈迦さまを偲んだ方が、ご利益があるかもしれませんよ(笑)。

参考サイト:天台宗公式サイト暮らしのミニ知識趣味の和菓子・喜屋
画像提供:igosso画像検索

FC2ブログランキング・人気ブログランキング参加中!
 人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。↑
関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

No title

今年は日曜日が8日ですね。
久しぶりにお寺に行ってみようかなと思ったりしています。
花の季節の好い時季にお釈迦様の誕生日とは。なんだか争いごとや禍々しいことを春の息吹で払しょくさせて下さるような力を感じます。穏やかな季節にとても良く似合うお祭りですね。
甘茶を庭にまくとヘビが寄り付かないと言います。ヘビが苦手な私は小学生の頃、お寺から甘茶をもらって庭に少しずつまいていました。ご利益のほどは忘れましたが……。
  • |2012.04.06(Fri)
  • |まろゆーろ
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

では、名前を覚える為、声に出して言いますね「すくすく育てよ、是朗太君!」・・・・
(ハンドルネーム覚えても仕方ないし) ★ミ
  • |2012.04.06(Fri)
  • |龍midi
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

新年度が始まり一週間が経ち、
ようやく新人たちの名前を覚えたかどうか…

昨日の会議では1人の名前が出てこなかったです。
空気を察して自分で名乗ってくれましたけど…(^_^;
  • |2012.04.06(Fri)
  • |itchann
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: まろゆーろさんへ☆彡

4月8日、まさに花に囲まれたいい季節にお生まれですよね。
実際にはこの誕生日、旧暦でしょうから、今の新暦なら5月にあた
ります。新緑が瑞々しい季節で命の誕生に相応しい時季ですよね。

アマチャヅルを煎じた甘茶。実際飲んでみると、ちょっと甘苦く、
とろりとした飲みごこちですけど、実は虫除けの効果もあり、昔は
甘茶ですった墨でおまじないを書き、子供のかんの虫封じやトイレ
など、虫のわきやすいところに逆さまに貼っていたそうです。
蛇も虫の1種に違いないですけど(笑)。
ご利益は自分もわかりません。

  • |2012.04.06(Fri)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

No title

職業柄、名前を覚えていなければだめなのですが、
どうしても、名前を覚えられない方っているのですよ・・

顔も良くしっているはずなのに、誰だったかしら?なんて(笑)

一度会っただけでも印象に残る人と、何度会ってもっても、
覚えられない人とか・・

何なのだろう??不思議です・・・

代替画像

Re: 龍midiさんへ☆彡

ハハハッ、これで何度か繰り返し呼んでいたら完璧に覚えますよ。
て言うか、僕の名付け親なんだから一発で覚えてくれって、孫の
是朗太君嘆いてますよ。

自分の孫はともかく、たまにしか会わない親戚の子供の名前なんか
覚えれきれないですよね。
ことに双子だったら二人の名前を教えてもらっても、どっちがどっ
ちだったかな~なんて、見分けがつきません。

  • |2012.04.06(Fri)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: itchann さんへ☆彡

そうですね。この時期、フレッシュマンで職場は華やかになるん
ですけど、名前を覚えるのが大変ですよね。1人や2人ならともかく
大企業ともなると大勢の新人さんが入社しますからね。
逆に新人さんも、大勢の先輩の名前は覚えきれないんじゃないんで
すか。役職者なら名前があやふやな時でも「課長」とか「主任」など
と名前を省いて呼ぶだけで通じますけどね。
自分なんか長い間一緒に仕事をしていた同僚の名前さえ、パッと
でてきませんでしたよ。ことに会議のように緊張した場面ではなか
なか名前が出てきません。焦れば焦るほどでないもんですよね。
空気を察して自分から名乗った新人さんは偉い。先輩思いです(笑)。

  • |2012.04.06(Fri)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: くろこ姫さんへ☆彡

そうですね、お店を経営されてますと顧客の名前を覚えることが
大切ですよね。いつも来ていただいてるお客さんは自然に覚える
んですけど、たまにしか来ないお客さんはなかなか覚えきれない
です。
道端で会って頭を下げられても、反射的に挨拶するんですけど、
はて、この人は何処のなんていう名前の方だったかな~、なんて
いうことがよくあります。記憶力が薄れてきているんですね。
一種の老化現象なんでしょうか(笑)。
スナックのママに名前を呼んでいただくとすごく気分いいですよ
ね。もう1度あのお店に行ってみようという気になります。
「人の顔と名前を覚えるコツ」、ぜひマスターしてください。

  • |2012.04.06(Fri)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

No title

花祭りというと、小さい時に飲んだ甘茶の味を思い出します。
その後は、とんとお目にかかりませんが、懐かしい味のひとつです。

人に限らず名前を覚えるのは苦手な方です。
それでなくとも、年のせいで物忘れが酷くなってきている昨今、困ったものです。

  • |2012.04.07(Sat)
  • |茶々
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

新入社員や、新しい人の顔と名前を覚えるのに
苦労する時期ですよねw

しかし、灌仏会ですか、
今年は甘酒に溺れてみようかな(ぇ
  • |2012.04.07(Sat)
  • |火酒
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re:  茶々さんへ☆彡

今日スーパーを覗いてみたら陳列棚に甘茶のパック詰めが売られ
ていました。お寺で出す甘茶もスーパーで買ったものなんでしょ
うか。今ではどこでも甘茶を飲めるんですね。何だか甘茶の権威
が落ちたような気がします。

年とともに素直さと忘れっぽさが際立ってきますね。
素直に人の意見に同調しなくなるし、昨日の出来事さえ思い出せ
なくなっています。これが可愛くない老人の姿なんでしょうかね。
その癖、何十年前のことは手に取るように覚えているし。
若い人の行動を批判するのは控えよう(笑)。

  • |2012.04.07(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 火酒さんへ☆彡

人の名前を覚えるって簡単そうですけど、難しいですよね。
ことに似たような新入社員が何人かおられると、名前を呼ぶって
ためらっちゃいます。間違って読んだら本人に悪いな、って。
本人も間違われると気分いいもんじゃないですよね。
昔、どっかの首相が」読み違えて答弁していた事がありましたが、
言葉一つでも大きな問題になることがあります。

甘酒って正月に飲んだことありませんか。酒っていう位だから
飲んだら酔うのかなって、子供心に思ってましたけど、意外と飲
み心地良かったですよね。だからといってあまり溺れすぎないよ
うに(笑)。

  • |2012.04.07(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

こんにちは

子供の時お釈迦様の話を聞いて驚きました。
生まれてすぐに立ち上がって歩いて、「天上天下唯我独尊」なんてむすかしいことをおっしゃる人。
ただものじゃないな(笑)と思いました。

花まつり、甘茶で祝いましょう。
  • |2012.04.08(Sun)
  • |見張り員
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re:  見張り員さんへ☆彡

すごい人物ですよね。
さすが世界三大宗教の一つ、仏教の開祖者でもありますね。
お釈迦さまはキリストのように磔けの処刑に処せられた、などと
いう暗い話はあまり聞かないですよね。

日本の今の仏教はこのお釈迦様の仏教観でもある、輪廻と解脱が
元になり、各宗派に分離したんでしょうけど、世界を席巻するほ
ど大宗教の先代なんですね。説話とはいえ、生まれてすぐ立ち歩
き「天上天下唯我独尊」を叫ぶなんて、なるほどただ者じゃなかっ
たんですね。

  • |2012.04.08(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

ご無沙汰してます

そうなんですよね~  年齢とともに  人の名前に限らず
どうでも良いことは 良く覚えてるんですけど
大切なことは 覚えてないんですね
私は 小さな個人事業主ですが、元請けさんの指示もあって
従業員やバイトさんには 名札をつけて頂いてます
勿論私も、 名前と顔を覚えて頂くには 名札は有効適かと
オリジナルでちょっと こだわりのある名札です
  • |2012.04.08(Sun)
  • |こん☆
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: こん☆さんへ☆彡

人の名前っての覚えにくいです。顔は分るんだけど名前が出て
こないってのがよくありますよね。
セミナーの参加者とかイベントの応援スタッフには必ず名札を
着用するようにしていました。もっともセミナーで後部座席に
いる人の名前までは読み取れませんでしたけどね。

こん☆さんの場合は得意分野でしょうから、オリジナルネーム
プレートを作られるんでしょうね。
今では一流企業の社員も首から下げた写真入り社員章を使用し
てますからね。セキュリティの問題もあるんでしょうか。

  • |2012.04.09(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top