4月は新しい出会いが始まる季節

あなたの善意が被災者の笑顔を取り戻します
連日地元の新聞には東日本大震災に関わる記事が出ておりますが、ここ宮城県東松島市も津波の被害を受けた被災地です。海にほど近い満寶院も被害を受けた寺院。石川仁徳住職は母妹を失い、さらにお寺とお墓も流失してしまいました。茫然自失とする住職は、同じように身内を失い気力を失いかけたご年配たちに、亡くなった人を供養するのも生きがいになる、援助を待つより 自分達の未来は自分たちで考えようと説きました。仮設住宅1500人の明るい未来を築くため、石川住職はストラップ、折り紙、お守りなどを住民たちとともに制作。東松島のお土産として販売をはじめました。東松島の復興土産として皆さんのご理解ご協力を広く募っております。あなたの善意で仮設の人たちに笑顔が甦ります。
詳しくはみゆきんさんの「みゆきな日々」をご覧ください。


ビジネスマン
もうすぐ4月。桜の花も咲き綻ぶ季節になりますね。街には真新しいリクルートスーツに身を包んだフレッシュな姿が目についてきます。「頑張れよ」と思わず声をかけてみたくなりますよね。
皆さんの職場にも若い新卒の新入社員が入社してきませんか。私も毎年この時季になると、仕事もロクにできなかったのに先輩風を吹かせ、肩をいからせ歩いていた時がありました(笑)。

ご両親のもとには、高校や大学を卒業して就職されるお子様もおられるでしょう。新社会人となられる方は学校という1つの段階を終了した喜びとともに新生活への不安もあるかと思います。心からの祝福と激励を込めて祝ってあげたいものですね。ご両親にとっても子供の成長の節目に接し、感無量のことでしょう。

就職した会社では新入社員歓迎会などで祝福してもらえますが、各ご家庭でも祝い膳を囲んだり、レストランで会食したり、卒業祝いを兼ねてお祝いしたいものです。スーツ、靴、Yシャツ、ハンドバッグなどはご両親から贈ってあげましょう。
知人のお子さんに贈る場合は財布、高級ボールペン、腕時計、アクセサリー、スカーフなどもいいかもしれません。もちろん、物があふれている時代、本人の好みもありますから、商品券やギフト券、現金などはいっそう喜ばれますよね。
お返しは基本的には必要ありませんが、すぐに電話や手紙で丁寧にお礼の気持ちを伝えるか、初任給や賞与でお返しする気持ちは忘れないでいたいものです。それが社会人としてのマナーですからね。

社会人として第一歩を踏み出す職場では、まず何が必要なのでしょうか。
単純なことですが、出勤時間は定時の30分前に出社すること。時間に余裕を持って行動することはいろんな角度で職場や先輩を見ることができます。1日でも早く会社の特性を理解し、馴染むことです。
次に社内での挨拶です。元気良い「おはようございます」「ありがとうございました」「お先に失礼します」などの挨拶。この挨拶も慣れると怠慢になってきます。きちんと励行している時が先輩や上司から、新人さんとして高評価される時でもあるんですね。

経営の神様とも言われた松下幸之助さんは新入社員の心得として次のようなことを言ってるそうです。
『社員として会社に入ったら、まず何よりも「自分がこの会社に入社したのは、一つの運命である」というような覚悟をもつことが大切だと思います。‥‥俺の運命なんだ、という覚悟ができれば、そこに度胸がすわり、力強い信念が生まれます』。

新しい職場のイメージは想像してみても魅力的なものである半面、現実からかけ離れた場合もあります。それゆえ直ぐに諦めたり挫折し、入社数ヶ月で退職、あるいは数年で退社するような例がたくさんあります。給料面や人間関係で不満が出てくると思いますが、もう少し踏みとどまり、最低でも3年は勤めてみたいものですね。
「今の会社に入社したことが運命」と思えば、5月病などと揶揄されることもなくなるでしょうね。

書店やインターネットで調べると「新入社員の心得」などの本やサイトを数多く見ることができます。また、社内においては「新入社員研修会」など開いて、社会人としての職場のマナーを教えているところもありますね。
「最近の若い人は、礼儀を知らない」などと言われることがありますが、職場の潤滑油として礼儀、マナーを1日も早く身に付け、立派なビジネスマンとして社会に貢献していただきたいものです。

参考サイト:冠婚葬祭ネット
画像提供:パクタソ(susi-paku)

FC2ブログランキング・人気ブログランキング参加中!
 人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。↑
関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

No title

若いうちから、そんな小手先のテニックを覚えるのはどうかとは思いますが、謝る気持ちも社会生活では大切ですね。
「申し訳ありませんでした。」のお詫びのひとことが、相手の敵対心を少なくとも和らげてくれるという某新聞社の記事にありました。★ミ
  • |2012.03.26(Mon)
  • |龍midi
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

いよいよ新年度もすぐそこですね。
ワタシの部署にも2人新人が来るとのこと。

事前に一度だけ会いましたが、
なかなか頑張ってくれそうな感じでした(^。^)
  • |2012.03.26(Mon)
  • |itchann
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

フレッシュパーソンを迎える時期となりましたね。
その昔は、ツメエリ姿の新入社員も珍しくない時代もあり
ましたが、見た目は違っても希望に満ちた彼等彼女等にエ
ールをおくりたいと思います。

  • |2012.03.26(Mon)
  • |茶々
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 龍midiさんへ☆彡

営業のテクニックは謝罪からといいますから、いかに謝罪をうまく
こなし、取引関係に支障がでないようにするかが一流の営業マン
なんでしょうね。
自分も何度かクレーム処理に行ったことがありますが、早急に謝罪
し相手にいかに冷静になっていただくかですね。クレーム処理ほど
苦痛なものはありません。ごね得だからといって、例え自分に非が
あっても、最後の最後まで自分の主張を変えない人もおります。
精神的に自分が参っちゃいますね。
商取引もそうですが、プライベートのお付合いも、相手を思いやる
気持ちが大切だと思いますよ。

  • |2012.03.26(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: itchann さんへ☆彡

新人が2人も同じ部署に入社されるんですか。
何かその部署が明るくフレッシュに感じられますね。

自分のいた部署の新卒採用はあまりなく、ほとんど中途採用でし
たから、新鮮味には欠けましたね(笑)。
中途採用でも新しいメンバーが加わるということは、迎える側も
わくわくしてきますよね。同時にうまく教育しないと僅か数ヶ月
で辞められても困るし、辞められたら自分の責任になるのかな、
などと緊張感でいっぱいでした。
  • |2012.03.26(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re:  茶々さんへ☆彡

そうそう詰襟姿で入社されていた時代もありましたね。
特に「金の卵」ともてはやされていた中卒の子たちは、まだスー
ツ姿も似合わず、そのまま学ラン姿で入社してましたよね。
就職が決まり、東北から急行列車で10数時間かけて上京する友達
を駅まで見送りに行ったことがありました。
当時東北の玄関口だった上野駅には雇用主の社長などが迎えに来
ていたんですよね。懐かしいな。
思い出しました、井沢八郎の「あゝ上野駅」。自分が社会に出て
暫く経ってからのヒット曲でしたけど、毎日のように口ずさんで
いました(笑)。

  • |2012.03.26(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

こんばんは

会社をすぐやめてしまう人が多く困るという話を聞いたことがあります、最近の若い人はこらえ性がなく、ちょっとのことでやめてしまうと。
やはり「石の上にも三年」ではないですがどこも3年我慢できれば勤まると思いますね。
なんせ「我慢あるのみ」だと思いますね。
  • |2012.03.26(Mon)
  • |見張り員
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

こんにちは!
いつも、どうもありがとうございます♪

自分は個人事業なものですから、進入社員言う感覚は無いのですが、現場でのクライアントさん、一緒になったスタッフの方々
以前若手だった人が中堅になったり、中堅の人がベテランになったり、また若い人が入ってきたりで、新しい風が吹いているのは感じます♪
これもまた、新鮮だったりする反面、今までの流れまで持っていくのも一苦労ありそうです(笑)

運命・・・たしかに(笑)
自分も独立したのは運命だと任を感じてがんばらないとです

またよろしくお願いいたします♪
  • |2012.03.27(Tue)
  • |スーパーサイドバック
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re:  見張り員さんへ☆彡

そうですね。ことに若年層の離職率は高いようですね。
その理由として20~24歳では「労働条件が悪い」や「収入が少な
い」が多いそうです。まっ、新人当初はどうしても使いっ走りが
多いですからね。期待と夢を持って入社した職場がこれじゃ、と
いう気持ちになるのかもしれません。
気持ちは分りますけど、企業も最初から新人に期待してるわけじゃ
ないですからね。将来ある優秀な人材に育成する段階ですから。
その辺に会社と新人との間にギャップがあるのかもしれません。
確かに「石の上にも三年」ですよ。最近は切れやすい青年、開き
直る若年層が多いですからね。我慢を養うことも大切ですよね。

  • |2012.03.27(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: スーパーサイドバッグさんへ☆彡

こんにちは。いつもありがとうございます。

自営で事業なさってると新卒者の入社という節目に出会うことっ
てあまりないでしょうね。新しい風を感じるのは取引会社を訪問
したときかもしれません。
個人事業の場合、どうしても刺激が少ないですからマンネリに
陥るケースが出てくると思います。新しいフレッシュな新入社員
を間近に見た時、心を新たにするのもいいかもしれませんね。
それこそご自分が独立した時の心境を振り返り、「運命」を再認
識し、ご自分を鼓舞してみてください。

  • |2012.03.27(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

No title

家も自営ですが、社員も何人か、入れ替わりましたよ・・
失礼ですが、どこへいかれても、ダメだ・・という方が、
何人もいました。
逆に、今の社員君は、打たれ強いというのでしょうか?
何度、断られても、修正をかけてたちあがってきました。
その根性が認められて、今、家に勤めております。

若さとかではないですよね・・きっと・・・
どこでも、そんな根性のある若者が、これからの世の中を、
形成していってほしいと思います。

代替画像

Re: くろこ姫さんへ☆彡

今勤めておられる社員さん定着されてるんですね。
良かったですね。定着率が悪いと、社員の方のお辞めになる理由
もさることながら、会社の雰囲気や労働条件でも悪いからなのか
な~、などと自問自答してしまいますものね。

特に自営でやられてますと、1人の社員でも貴重なスタッフですか
らね。大事に育てないと、っていうか、家族的な雰囲気でコミュニ
ケーションを蜜にとって行くことも必要かもしれません。
もっともそういう雰囲気を嫌う方もおられますから。人を雇用す
るって難しいですよね。

  • |2012.03.28(Wed)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

こんばんわ^^

私は大学の時から働いていたので、特に新入社員としての
扱いは受けていなかったのですが、確かにこの頃は
教育しないと社会的に通用しない人がたまにいますね~

今は私も経営者というか・・・その妻なので、受け入れる側の
難しさを痛感することがあります。
今年は新人さんは入らないので、ちょっと楽ですけどね^^*/
  • |2012.03.29(Thu)
  • |たえ
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: たえさんへ☆彡

自営で会社を経営されてますと、何から何まで全て自分でやらなけ
れば成りませんから、大変ですよね。それをフォローしてくれるの
が、奥さんの手腕です。
まだ人を雇うほど余裕がないという時、奥さんの補助はすごく助か
ると思いますよ。
例え余裕が出来て新人さんを雇うとなっても、経営者の足を引っ張
るような経験不足の新卒者じゃ困るでしょうしね。
以前勤めていた会社では中途採用が多かったですから、その都度面
接をしてました。海千山千の方々が集まってきますから、選別する
のに大変だったようです。いい人材を発掘するのは難しいです。

  • |2012.03.30(Fri)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

こんにちは

別府のコンサートの受付をやってくれたこともある、知り合いの息子さんが、この春からフレッシュマンとして社会人の第1歩をしるします。最近メキメキしっかりして来て、頼もしい限りです。
お祝いしてあげようっと。
心配をおかけしました。復活です。
  • |2012.04.01(Sun)
  • |別府葉子
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 別府葉子さんへ☆彡

別府さん復活! 良かった良かった。
再び別府さんの歌声が聞けて安心です。
これからも一息入れながら頑張ってください。

若い人の成長は目を見張るものがありますね。
社会人としてデビューした彼を温かく見守ってあげると同時に
先輩として良きアドバイスと祝福の言葉を欠けてあげたいですね。

  • |2012.04.01(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top