東日本大震災一周年を迎えて

東日本大震災①
平成23年3月11日、地震による大津波が宮古湾に押し寄せる(写真 市広報誌より借用)

3月11日は未曾有の東日本大震災から一周年を迎えます。あの衝撃的な災害により私たちは多くの尊い命や貴重な財産を奪われました。被災者にとって、まだその傷は癒えませんが、家族、仲間、地域、そして全国の方々との支えあう心の大切さ、人と人との絆を肌で感じる1年でした。
被災地各地では3月11日「東日本大震災一周年追悼式」を執り行ない、犠牲になられた方々を慰霊・追悼し、復興に向けた誓いを新たにします。同時に大震災の教訓を忘れることのないよう当日は津波避難訓練を実施する予定です。今後の津波に対する備えは日頃の意識が大切でもありますね。(当時の被災状況はこちらからご覧ください

通常の宮古湾 宮古市東日本大震災犠牲者合同慰霊祭
現在は平穏な宮古湾(左)、昨年6月26日に行われた宮古市東日本大震災犠牲者合同慰霊祭には遺族ら1,500人余りが参列した(右・広報紙より借用)

1年経って自治体の復興計画はまだまだ具体化されておらず、問題は山積しております。失業者の雇用問題、流失家屋の跡地問題、大量の瓦礫処分問題、行方不明者の捜索問題、災害補償問題、人口流出問題等々。さらには福島県の原発事故による放射能問題など解決の糸口さえ見つかっておりません。
まだまだ荒廃したままの被害地ではありますが、今は被災者も仮設住宅に住み、生活の安らぎを求めております。生活の不便さはありますが、プライバシーのない避難所暮らしから比べたら生活水準も高まってきていると思います。

家屋流失跡地 花束で供養
復興計画が決まらない今、住宅建設も制限されて荒廃したままの流失家屋跡地(左)。約50㎝程地盤沈下した後には犠牲者を供養する花束と線香が供えられていた(右)。

遅々として進まない復興計画は地方自治体だけではどうにもなりません。予算のある計画には限度があります。国自体の存亡がかかっている危急には国の対応が必要不可欠でもあります。重要なポストでもある閣僚の短期の辞任、死の町などと被災者を侮辱する軽率な発言をしている場合ではありません。

仮設住宅 震災見学ツアー
市内のあらゆる周辺には2年限定の仮設住宅が。電化製品は完備されてるが、プライバシーの問題も(左)。被災地見学ツアーも実施されていた(右)。

被災者はもう限界にきております。1日も早い復興に期待しております。閣僚の無責任な発言を聞いている場合じゃないんです。ある大学の実施した意識調査では、国の対応に不満を強く抱いている人が85%もいるんです。ただでさえ余震や二次災害におののき、健康、体調に不安を持ち、放射能の風評被害にじっと耐えているんです。国を代表する大臣が対岸の火事として被災地を見るような意識はやめてください。
被災者は仕事や住宅の不安を抱えながら生活しているんです。もう2度と海の近くには住みたくない、できることなら海の見える高台を希望するという中で、自宅を流失した被災者の約半数は持ち家に住みたいと希望されておられるんです。自分たちの政党論争をしている暇があったら、被災者への支援制度を確立してください。

海上保安庁(遺体捜索) 宮古市役所
海上保安庁による行方不明者の集中捜索はこの日も行われていた(左)。市役所も津波の影響で1階が浸水。仮設の玄関を設置し、営業している(右)。

閣僚の失態が続く中でも被災地の復旧工事は進んでおります。海岸の防潮堤復旧工事が開始され、住民から放射能汚染の反対もありますが、瓦礫の処分も自治体からの受け入れ体制が進んでいます。海上保安庁では岩手県沿岸一帯でも約1,250名いる行方不明者の海中捜索を行っています。数多くによる皆さんのボランティアによって被害地も整備されてきました。東京のNPO法人からは地元高校にゴムボートの救助艇が贈られるなど、義援金はもとより民間からの支援活動も数多くあります。

山田線鉄橋崩落 津波で押し流された車両
JR山田線の鉄橋が津波で崩落(左)。駅に停車中の車両が脱線転覆(右)。このため沿岸地帯を走るJR線は現在も不通。生活の足を奪われ、不便を虐げられている(2枚とも市広報誌より借用)。

東日本大震災を経験し1年を振り返ってみますと、先行きの見えない当時よりは活気、笑顔が取り戻されてきたようにも思えます。歴史の生き証人となった私たちは、あの悲しき史実を再び刻むことがないよう前向きに進んで行きたいものですね。

FC2ブログランキング・人気ブログランキング参加中!
 人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。↑
関連記事

テーマ:地震・災害対策
ジャンル:ライフ

コメントの投稿

Secret

代替画像

No title

政治屋の無力は今更で、それとは別に切り離して考えて下さい。
政府は、午後2時46分から1分間の黙とうを国民に対して「お願い」しているそうです。
「に~し~ろ~」ですから覚えやすい数字といえばそうとも言えますね。★ミ
  • |2012.03.11(Sun)
  • |龍midi
  • URL
  • EDIT

代替画像

おはようございます

もう一年、まだ一年。
被災地のひとびとにはいろいろな思いが去来していることでしょう。
しかし政府は何をしているのでしょうか。震災が起きた時からすべてが後手後手に回り結果がこれです。
復興は緒に着いたばかり。問題山積でどうにもなっていないというのが私の感想です。
当地のみなさんの焦燥いかばかりか。
その上とんでもない「風評」という名のいじめまがいのものまで流布するに至って、「がれき」引き取りを拒否して怒号を上げる市民団体や受け入れを承認した首長を非難する市民。
放射能の怖さより私は人間の自己中心主義のほうがよっぽど怖いです。

ともあれ一刻も早い真の復興を願うばかりです。
そして亡くなられたたくさんの方たちのご冥福をお祈りいたします。
  • |2012.03.11(Sun)
  • |見張り員
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

間違いなく太平洋戦争の悲劇に並ぶ出来事…
そしてまだ終結していない惨事です。
終わりはまだ遠い先なのでしょう…
  • |2012.03.11(Sun)
  • |itchann
  • URL
  • EDIT

代替画像

こんにちわ

少しづつだけれど復興しているのには何かホッとするのですが
その速度よりも、政府の対応のまずさだけが、如実に浮き彫りに
されていくという事実にいらだちを覚えます。

それは、まさに、阪神大震災の時と種類は違っても、対外的にも
悪いイメージを植え付け、日本自体の株を下げてしまう・・・
そんな構図と似ていますよね~

これから、原発を含め、負の遺産をどう処理していくのかが
我々世代がやり残してはいけない仕事だと思っています。
  • |2012.03.11(Sun)
  • |たえ
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

この一年間、被災地の真っ只中にお住いのmatsuyamaさんのことを折々に思って過ごしていました。ご無事であったというお報せに安堵し、それからの毎日がただただ穏やかであって頂きたいと祈る日々でした。
一年がやってきました。この日本に命の大切さや笑顔の深さを教えて下さったのは東北の人々でした。思い合いながら強く生きるということでした。
ですから両陛下ご臨席の追悼式を拝見し、共に黙とうを捧げた時に泣けて仕方がありませんでした。
まだまだ大変でしょうが、どうかお元気にお過ごし下さい。
九州から心を込めて応援しています。
  • |2012.03.11(Sun)
  • |まろゆーろ
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re:  龍midiさんへ☆彡

東日本大震災発生からもう1年経ちました。
紆余曲折の日々は今も続いておりますが、明るい未来を考え、
完全復興を見るまでは頑張って行きたいと思っております。
全国の皆さんから黙祷をいただき、犠牲となられた方々も極楽浄
土で往生されていることと思います。
各地の被災地でも追悼会を開き、供養させていただきました。
津波から難を逃れ、生き残った我々被災者は誰よりもどこよりも
「強し(246)」です。
力強く、前向きに生きて行こうと思います。
ありがとうございました。

  • |2012.03.11(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re:  見張り員さんへ☆彡

東日本大震災発生からもう1年経ちました。
紆余曲折の日々は今も続いておりますが、明るい未来を考え、
完全復興を見るまでは頑張って行きたいと思っております。

復興には10年といわれてますが、この1年の遅々として進まない
計画にイライラは募るばかりです。幸い大きな被害を免れた自分
のところの再起は早いものでしたが、家屋を流失した友人知人は
いまでも震災前の日常の暮らしに戻っていません。
町全体の復興の足かせになっているのが、瓦礫処理の問題です。
東京都からいち早く瓦礫の受入れを表明していただきましたが、
瓦礫全体からみればその一部。受入り自治体の住民の反対も分ら
ない訳ではないですが、昨年の「絆」の意味は何だったのかと不信
に思うのもしばしば。

問題山積の中に気持ちの問題も深く潜在しておりますが、力強く、
前向きに生きて行こうと思います。ありがとうございました。

  • |2012.03.11(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: itchann さんへ☆彡

東日本大震災発生からもう1年経ちました。
紆余曲折の日々は今も続いておりますが、明るい未来を考え、
完全復興を見るまでは頑張って行きたいと思っております。

自分も戦後派なので戦時中のことはよく分りませんが、まさに
津波の押し寄せたその瞬間は阿修羅の世界だったかもしれません。
逃げまどう住人を無感情のまま飲みこんでしまう自然の暴挙には
いたたまれませんね。
戦後は終わったと、どなたかが仰ってましたが、震災はまだまだ
終わりません。
これからも続く震災復興に力強く、前向きに生きて行こうと思い
ます。ありがとうございました。

  • |2012.03.11(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: たえさんへ☆彡

東日本大震災発生からもう1年経ちました。
紆余曲折の日々は今も続いておりますが、明るい未来を考え、
完全復興を見るまでは頑張って行きたいと思っております。

政府の対応は被災地だけの問題でもなければ、日本だけの問題
でもないですよね。そのニュースが世界に配信されれば、日本の
恥でもありますし、国の中枢機関が甘く見られれば他の産業にも
当然影響してくるでしょうね。幸い今のところ被災国として好意
的に接してくれてると思いますが、復興度によっては攻撃される
ことも考えられます。
今後、日本の財産をいかに保全していくかは若い人を始め、我々
の責務ではないかと思います。

これからも力強く、前向きに生きて行こうと思います。
ありがとうございました。

  • |2012.03.11(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

No title

幾度も繰り返された津波の映像、
最初僕は映画の1シーンか、と思ったのを覚えています。

しかし、もう1年が経つのですね、
時の流れは速いものです。
この時の流れの速さが、
震災の記憶を癒してくれるのかもしれませんが・・・
  • |2012.03.11(Sun)
  • |火酒
  • URL
  • EDIT

代替画像

こんにちは、matsuyamaさん

matsuyama さんの1年前のころの記事を少し開いて読ませていただきました。
本当にこの災害は大きくて、自分が何かを言うことなどできないのですが、
自分らはもっともっと寄り添って行くことが大切なのだと、反省するものです。
  • |2012.03.11(Sun)
  • |大阪の桐たんす職人
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: まろゆーろさんへ☆彡

東日本大震災発生からもう1年経ちました。
紆余曲折の日々は今も続いておりますが、明るい未来を考え、
完全復興を見るまでは頑張って行きたいと思っております。

お気遣いありがとうございます。
当時避難所を何ヶ所か回ってみましたけど、どこも雑魚寝状態で
一触即発の状態でした。大勢で過ごす難しさ、プライバシーの限
界は、僅かな思いやり、心遣いで和やかになるんですね。自衛隊
設置の臨時風呂から出てきた人たちは、皆さん笑顔が絶えません。
心無い人もいる中で、感謝の表現は団体生活の潤いでもあります。

体調は回復されたんでしょうか。慰問にお見えになられた両陛下
には感謝しながら、被災者一同、力強く、前向きに生きて行こう
と思います。ありがとうございました。
  • |2012.03.12(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

No title

こんにちは!
いつも、どうもありがとうございます♪

一年経ちましたね
早いか遅いかは人によってそれぞれ感じ方も違うでしょうね
自分はもう・・・と感じましたが。
震災に対する思いもそれぞれ人によって異なると思いますが、自分は早く皆様の心からの復興を願うだけです。
それに伴う協力は自分ができることならば惜しまないで協力したいです。
昨日、チャリティの一環でマラソン大会でてました。
ちょうどレース終了し、着替えて帰る途中で14時46分
自分はちょうど熱海の海岸で、海に向って黙祷しました
早く皆さんが心から笑える日が来ることを願って・・・
  • |2012.03.12(Mon)
  • |スーパーサイドバック
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 火酒さんへ☆彡

東日本大震災発生からもう1年経ちました。
紆余曲折の日々は今も続いておりますが、明るい未来を考え、
完全復興を見るまでは頑張って行きたいと思っております。

あの穏やかな海が豹変するとはとても想像できませんね。
鉛色の海が盛りあがり車や船を押し流し、木々を押し倒し、家々
は木の葉のように流されていくんですからね。
目の当りにされた方々は恐怖の一語に尽きなかったと思います。
1年経った今、ビデオの再現によって忘れかけていた記憶が甦っ
てきます。おそらく恐怖を体験された方は1年位では癒えないと
思います。それだけ死を覚悟した人もいたんでしょうね。

時の流れに身を任せる余裕はありませんが、これからも力強く、
前向きに生きて行こうと思います。ありがとうございました。

  • |2012.03.12(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 大阪の桐たんす職人さんへ☆彡

東日本大震災発生からもう1年経ちました。
紆余曲折の日々は今も続いておりますが、明るい未来を考え、
完全復興を見るまでは頑張って行きたいと思っております。

過去の記事ご覧いただきましたか。ありがとうございます。
阪神淡路大震災をご経験されたかどうか分りませんが、あの時の
教訓を生かせなかったのは、津波という点で大きな違いがあった
からだと思いますね。今回はこの津波で多くの被害や犠牲者を出
してしまいました。津波を甘く見てたのは自分だけではないと思
います。たまたま自分は津波に遭遇しなかったので、今こうして
過去を述懐しておりますが、震災に対する甘さがあったと反省し
ております。実際家屋を流失した被害者、犠牲となった方のご遺
族には何もして差し上げられませんでした。
本来なら気持ちにゆとりのある自分が、悲愴に苦しむ立場の方を
慰問すべきなんでしょうけどね。

これからも被災者と同様、力強く、前向きに生きて行こうと思い
ます。ありがとうございました。

  • |2012.03.12(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

No title

2万人近くの死者・行方不明者を出した東日本大震災から1年を
迎えた11日、震災発生時刻の同日2時46分にあわせ黙祷を捧
げ、犠牲となった方々へのご冥福をお祈りしました。
このたびの震災は、国をはじめあらゆる分野、そして私たちにい
ろいろな教訓を与えてくれたと思っています。
多くの被災者のご苦労を無駄にしないよう、改めるべきは改め今
後に活かしてゆきたいし、活かしていってほしいものです。
  • |2012.03.12(Mon)
  • |茶々
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: スーパーサイドバッグさんへ☆彡

東日本大震災発生からもう1年経ちました。
紆余曲折の日々は今も続いておりますが、明るい未来を考え、
完全復興を見るまでは頑張って行きたいと思っております。

そうですね。震災に対する思いはそれぞれの立場、それぞれの
感じ方によって違いますね。だからあのような「死の町」などと
いう発言が出るんでしょうね。 被災者にとって国から見捨てら
れたような気になってしまいます。
スーパーサイドバックさんからはこれまでにもチャリティなどに
よる支援協力をいただいてます。今回もチャリティマラソンで
ご支援いただいたこと、感謝にたえません。

熱海の海で黙祷いただいたように、自分たち被災者も犠牲者を悼
みながら、これからも力強く、前向きに生きて行こうと思います。
ありがとうございました。

  • |2012.03.12(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re:  茶々さんへ☆彡

東日本大震災発生からもう1年経ちました。
紆余曲折の日々は今も続いておりますが、明るい未来を考え、
完全復興を見るまでは頑張って行きたいと思っております。

自分も追悼会の会場に足は運びませんでしたが、自治体の拡声
スピーカーから流れる案内放送に従って黙祷させていただきまし
た。去来する当日の悲惨な光景が目に浮かび、辛い1分間でした。
茶々さんも被災されておりますので、被災者の気持ちはよくご存
知だと思います。プライバシーの無い避難所で1週間も暮らし、
先行きの見えない生活が続くと、人はパニックに陥ります。
それが1年も立って復興計画が具体的にならないと、自治体や国
に矛先が向けられます。矢面に立つ市職員にとっていい迷惑なん
でしょうが、最終決裁をすべき国にこの実情が届いているのか。
議員、大臣、官庁職員、ぜひこの実情を教訓に危機管理してもら
いたいものです。

そうは言ってもこの現状、被災者一同、力強く、前向きに生きて
行こうと思います。ありがとうございました。
  • |2012.03.12(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

No title

Ⅰ年ですね!1年たっても、何も変わらない・・・
悲しい事ですね・・

いつになっても、復興はすすまず・・

放射能問題は、皆の心に黒い影をおとしている・・・

何とか、解決の糸口を作ってほしいですね!

代替画像

Re: くろこ姫さんへ☆彡

1年経ちましたね。
被災地は当時とそれほど変わっていません。流失した家屋から
出た瓦礫は片付けられましたが、山積みされた瓦礫は処分に困り
果ててます。この瓦礫が復興の邪魔になっているようです。
復興計画案も具体化されず、建設にも着手できない状態です。

放射能問題に至ってはなんら解決策も提示されず、被曝者は他県
から阻害されているのが現実です。民間人が立ち入れる問題では
なく、地方自治体や国がもう少し積極的に対応策を打ち出して
ほしいと願っております。

  • |2012.03.17(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top