3月3日はひな祭り、耳の日、曲水宴

いよいよ3月に入りましたね。関東では昨日久々の雪に見舞われたようですが、3月といえば季節はもう春です。一雨降るごとに気温があがり、春に近づいていきます。日差しも徐々に暖かくなり、萌えだす草々もさらに成長してくるでしょう。今年は例年になく厳しい冬だっただけに、小鳥のさえずる春が待ちどうしいですね。
【新作雛人形】【平飾り雛人形】【柿沼東光】曲水の宴【7人飾りひな人形】【木目込み雛人形】k3-1

さて3月弥生、といえば五節句の一つ、3月3日の上巳(じょうし/じょうみ)の節句で、ひな祭りですね。
「上巳」は上旬の巳の日の意味であり、元々は3月上旬の巳の日でありましたが、古来中国の三国時代より3月3日に行われるようになったと言われているようですね。
旧暦3月3日は桃の花が咲く季節であることから、桃の節句とも呼ばれていましたが、平安時代、貴族の子女が健康と厄除けを願ったのが始まりとされています。江戸時代になると庶民の人形遊びと節句が結びつき、紙製の形代(かたしろ)に穢れを移して川や海に流し、災忌を祓っていたんだそうですね。流し雛はその風習を受け継いだものです。(詳しくは過去記事→2010年3月1日「3月3日は無病息災を願った桃の節句」を参照)

女の子のいる家ではもう既にひな飾りを飾っておられるでしょうね。七段飾りのひな飾り、きらびやかでいいものですね。最近の住宅事情であまりお目にかかれなくなっているかもしれませんけどね。
早い方ですと2月の中旬頃から飾っているようですが、遅くともひな祭りの1週間前には飾りたいものですね。飾る位置は北の位置で、南向きに飾ります。向かって右に男雛、左に女雛を置くのは、京都などの伝統的なスタイル。関東などでは、向かって左に男雛、右に女雛を置くようですね。

ところで同じ3月3日、奈良時代の貴族の間で曲水の宴(きょくすいのえん)などという優美な行事が行われていたようですね。皆さんご覧になられた方もおられると思いますが、この曲水の宴、水の流れのある庭園などでその流れのふちに出席者が座り、流れてくる盃が自分の前を通り過ぎるまでに詩歌を読み、出来なければ罰として盃の酒を飲むという行事なんですね。なんともまあ優雅な宴なんでしょう。

一時廃止されていたようですが平安時代、嵯峨天皇が復活させ、宮廷や貴族の邸宅などの間で盛んに行われるようになったんだそうです。今でもこの行事が見られるのは福岡県の太宰府天満宮や山口県の赤間神宮で3月第1日曜日に、京都の城南宮では4月29日、岩手県平泉の毛越寺では5月第4日曜日に見ることができます。
私も1度見たいと思って平泉の毛越寺に行ったことがありますが、その日は終わった後で庭園には赤い毛氈が敷かれているだけでした。多分参加したなら酔いつぶれていたかもしれません(笑)。

酔いつぶれるといえば今日3月1日から7日まで春の火災予防週間が始まりましたね。春の兆しが見えてきたとはいえ、まだまだ寒さは冬のままです。気つけに一杯が乗じて酔いつぶれ、寝たばこなどで火災を起こさないでくださいよ。あっ、いえいえこれは私自身に対する教訓でした(アセ)。

消防庁の統計によると、火災は冬から春にかけて多く発生しているそうです。今がまさにその時期、気が抜けませんね。住宅火災による死者(放火自殺者等を除く)を発火源別に見ると、多いのはたばこ、ストーブ、コンロ、電気器具、マッチ・ライターの順となっています。どの発火源も日常生活に密着したものばかりですので、十分注意して火災予防を心がけたいものですね。

万が一火災が起きてしまったら、初期消火はもちろんですが、大声で知らせる、避難する、落ち着いて通報することだそうです。慌ててしまうと110番だったかな、119番だったかなと一瞬迷ってしまうそうですよ。正しくは119番です。折しも3月3日はひな祭りと同時に「耳の日」でもあります。中には耳が不自由な方もおられるかもしれません。周囲の皆さんには大声で知らせましょう。

参考サイト:Wikipedia、暮らしのミニ知識TEPORE
画像提供:ブログ画像ゲッター

FC2ブログランキング・人気ブログランキング参加中!
 人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。↑
関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

こんばんは

早いものでもう3月ですね。
ここ2年ほど、ひな人形を出せずにいましたので今年は思い切って2月の20日過ぎから出してみました。
基本に忠実に飾るとなんとまあ、しっくりときて美しいことか!
あと二日ほどでまたしまわれてしまうお雛人形ですが今年は長く外にいたのがうれしそうなお顔でいます。

昨日の雪かきの後遺症の筋肉痛が出てきました…情けなやww
  • |2012.03.01(Thu)
  • |見張り員
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

こんばんは☆^^

曲水の宴のお雛様なんてものまであるのですね^^

日本のこういった行事を見るにつけ面白いと思うのは、男の子の行事はだいたいが武家のしきたり、女の子はそれとちがって公家のしきたりや様式が発祥?というかオリジナルになっているのですね。

桃の節句に大奥の局さんたちのスタイルを・・・というふうにならないのが面白いですね^^
  • |2012.03.02(Fri)
  • |三代目
  • URL
  • EDIT

代替画像

転嫁した娘のものがありますが

もう中学生の頃から興味が失せて飾らなくなりました。
飾らないと縁遠くなるというのが迷信であると確信しました。 (笑)
  • |2012.03.02(Fri)
  • |龍midi
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

ひな人形を飾る方位は知りませんでした。
今年はいつもと違う所に飾ってしまったのですが、
去年までの場所が当たりでした(^_^;

来年は気を付けます…
  • |2012.03.02(Fri)
  • |itchann
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re:  見張り員さんへ☆彡

最近ではひな人形に関心のあるお嬢さま方も減ってきてるんでしょ
うかね。
うちにはもともと女の子がおりませんでしたので、ひな人形を飾る
時のワクワク感というか、楽しみが分りませんけどね。
飾り終えた時の爽快感みたいなものは格別なんでしょうね。
人形一つ一つの表情、姿、形はその年その年によって毎年変わるも
んなんでしょうね。男には分らない繊細な心の動きですよね。

早速筋肉痛が出ましたか。年令によっては2~3日後にでるそうで、
翌日出たということはまだお若い証拠でありましょう(笑)。
どうぞお大事に。

  • |2012.03.02(Fri)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 三代目さんへ☆彡

そうですね。曲水の宴が盛んになったのが奈良時代の後半と
言われてますね。天皇が主催する宮廷の催しだったそうです。
だから天皇、皇后のお雛様が関連してるんでしょうね。

子供の成長を祈願する行事は昔からいろいろありますよね。
お食い初め、お宮参り、初節句、七五三、桃の節句、端午の節
句。代表的なものだけでもこれだけあります。
現代では子供をないがしろにしている訳ではないんでしょうが、
昔は子供の生存率が低かったようですからね。無事息災に成長
してくれるのが親の願いだったんでしょう。
男の子はたくましく、女の子は優しい心をという願いが武家の
しきたりや公家などの才女に託したのではないでしょうか。

大奥のお局さんですか。発想が鋭いですね。
何ででしょうね。あくまでも推測ですが、大奥自体閉ざされた
社会でしたから、庶民からの羨望が薄かったのかもしれませんね。

  • |2012.03.02(Fri)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 龍midiさんへ☆彡

やはりそうなんですか。
今の子たちはひな飾りよりひなあられを食べてる方がいいのかも
しれませんね。

お嬢さん方はもう嫁いでおられるんですか。
もともと縁遠くなるというのは、迷信でもあり語呂合わせでも
あったようです。
ひな祭りが終わったら早く片付けなければ婚期が遅くなるという
のは、娘を嫁に出すという「片づける」に重ねた意味を含んでいた
ようですね。

  • |2012.03.02(Fri)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: itchann さんへ☆彡

そうでしたか。
ひな人形を飾るのにいい方角とか悪い方位がある訳ではないんで
すね。強いて言えば、日の当る場所は雛人形の衣裳が日焼けして
しまうので北の位置に南向きにして飾るのがいいそうなんです。
それと、クーラーやファンヒーターの温風の当る場所は、雛人形
の顔のヒビ割れや、台、屏風の材木が乾燥しすぎて、反ったり、
割れたりの原因になるのでこういう場所は避けた方がいいようで
すよ。
ともあれ、旧家のように大きなお社ならともかく、最近の住宅事
情では飾る場所も限定されてきますけどね。

  • |2012.03.02(Fri)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

No title

月が変わったとたん最高気温が二桁に、
ホッとしていたら翌日はまた雪。
ひな祭りの朝は、車が雪に覆われています。
なかなか思うようにはいってくれません。

  • |2012.03.03(Sat)
  • |茶々
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re:  茶々さんへ☆彡

仙台にはそんな雪が積もりましたか。
こちらも降りはしたんですが、うっすらと白くなった程度です。
3月に入った途端、冬に逆戻りしたような感じですね。
ひな人形も寒さに震えているんじゃないですか。

3月に入ってツキが変わったんでしょうか。
茶々さんも運を使い果たさないようにお気をつけください。
遅いか早いかは別にして春は必ず巡ってきます。
小鳥のさえずりや可憐な花々の咲き乱れる春に期待し、もう少し
だけ冬とお付合いしましょう。

  • |2012.03.03(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • |2012.03.03(Sat)
  • EDIT

代替画像

No title

おはようございます!
いつも、どうもありがとうございます♪

うちは息子2人なもんで特に女の子の節句は・・・でしたが
一応嫁さんも女ですので(笑)
次男が保育園で書いた、雛人形の絵を肴に
雛あられとケーキ食べました(笑)

しかし、曲水の宴って面白いですね
なんか、いまでいう、新人歓迎コンパで
なんか一つ芸見せろという先輩の前で
できなかった時に飲まされるのに
似てるなあって思いました(苦笑)

またよろしくお願いいたします♪
  • |2012.03.04(Sun)
  • |スーパーサイドバック
  • URL
  • EDIT

代替画像

こんにちわ^^

ひな人形は長く出しておくと縁遠くなるとか言いますが・・・
私はもう結婚してるので関係ないですが、さっさとしまいました^^;
今度のイベントはホワイトデーですね。
男性は色々頭を悩ませているのでしょうか??
  • |2012.03.04(Sun)
  • |たえ
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: スーパーサイドバッグさんへ☆彡

こんにちは。いつもありがとうございます。

お子さんの書いたひな人形の絵、どこにもない世界でただ一つの
ひな人形です。いいひな祭りになったんじゃないですか。

曲水の宴、確かにそういう受け取り方もありますね。
できなかった時の罰ゲームでお酒を飲まされる。そう考えると、
昔も今も変わらない遊びをしていたんですね(笑)。
お酒に弱い方や飲めない方には魔の宴ですけどね。当時も先輩諸氏
の権限は絶大なものがあったんでしょうかね。

  • |2012.03.04(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: たえさんへ☆彡

これまでにもひな祭りが終わった後、さっさとしまっていたから
幸せな結婚が出来たのかもしれませんよ。
おひな様さまですね(笑)。

そうですね。もう一つの楽しみがホワイトデーですね。
後10日程しかありません。男性の皆さんも、楽しみにしてるのか、
頭を痛めてるのか。
まっ、バレンタインデーに貰えなかったおじさんの僻みじゃない
ですけど、ある意味冷たい視線で世の男性諸君を見ています(笑)。

  • |2012.03.04(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

No title

雛祭りも終わってしまいました。さてお次は我々男子の節句ですね。当家も早々に今朝、兜飾りを出しました。何となくですが部屋が締まったようにも感じます。
ひと雨ごとに春が近づいてくれているのが分かります。日中の気温も二桁前後になりましたし。
東北の春ももう間もなくですね。

来週の追悼の日は心静かに過ごしたいと思っています。
  • |2012.03.04(Sun)
  • |まろゆーろ
  • |URL
  • EDIT

代替画像

No title

曲水の宴、酒飲みたさに、わざとしくじってしまいそうな私(^o^)
  • |2012.03.05(Mon)
  • |カノッチ
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: まろゆーろさんへ☆彡

兜飾りも床の間に飾ると引き締まりますよね。
親バカですが息子が凛々しくも見えてくる時もあります(笑)。
以前買った兜飾りも数年前の引越しで処分しちゃいました。
今考えるともったいないことをしたな、と悔いております。
そのためかどうか、息子も泣かず飛ばずの生活をしております
(笑)。

今日から啓蟄となり、冬眠していた小動物も目覚めてくるかも
しれません。と言いたいところですが、今日のこちらは雪。
まだまだ春の姿を見せてくれないようです。

  • |2012.03.05(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: カノッチさんへ☆彡

貴族社会の優雅な遊びとはいえ、日本人の心をくすぐる行事です
よね。昔からお酒との結びつきは切っても切れないものだった
ようです。
「漢人(からひと)も筏(いかだ)浮かべて遊ぶてふ今日そ我が
背子(せこ)花縵(はなかづら)せな」などと万葉集で大伴家持
が曲水宴を詠んでいるそうです。貴族の私的な遊びだったんです
ね。我々庶民にはなかなかこのような句は詠めません。詠む前に
酔い潰れてしまうでしょうね。
会社の慰労会などでも、川柳を詠めなかった人には罰ゲームで酒
を飲んでもらうってのはどうでしょう。皆、詠まないか(笑)。

  • |2012.03.05(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top