雪まくりも見えはじめる雨水

国民的行事とも言えるバレンタインデーも終わりましたね。私は1個ももらえませんでした(笑)。楽しかった行事の後に控えているのが辛い辛い花粉症の時季です。今年も花粉が飛び始めています。都市に運ばれる花粉は大気汚染物質を吸い込んでいます。アレルギー症状を悪化させる物質<アシュバント>によって花粉症を引き起こすんですね。だから杉林に囲まれた自然に住む人たちは花粉症知らずなんだ、かな!(笑)。
かかったかな、と思ったらコンタック、じゃなかった、メガネとマスク忘れずに。
タイトルなしタイトルなし / tsuda

さてさて今月19日から、季節は雪が雨に変わり雪解けが始まるという、二十四節気の雨水となります。いやいやまだまだこちらは吹雪だよという地方も、これからは雪も融けだします。寒い日と温かい日が交互に繰り返す三寒四温を経て、徐々に温かくなってきますよ。もう暫くの辛抱です。長い人生の中の寒の期間なんて僅かなもんです。もうちょっと頑張りましょう(笑)。

とは言ったものの相変わらず寒いですね。豪雪に悩まされている方々には申し訳ないですけど、降り積もった一面一色の銀世界はきれいです。田んぼの畝や畦道に積もった雪は滑らかなおうとつを表現してくれます。木の枝に積もった雪は、まるで綿帽子を被ったような美しさを見せてくれます。雪が創り出す造形美には目が癒されますよね。
その美しい造形のひとつに「雪まくり」と呼ばれるものがあります。

雪まくりとは、風などで雪の表面がまくられて転がり、写真のようにアンモナイトかロールケーキか、と思われるように巻かれた状態の雪玉ができる現象のことをいいます。その姿から「雪まくり」と呼ばれており、固くしまった雪の上に積もったやわらかい新雪を芯に、強風や斜面など、雪が転がりやすい状態のときよく見られます。
なかには木の枝や電線などから落下した雪が、それを芯として斜面を自然に転がり、表層の湿った新雪を巻き取って大きく成長することもあります。転がる距離が長いほど成長し、大きいものでは直径が50cm以上、幅も数10㎝以上にまで達します。
山形県の庄内地方では、これを「雪俵(ゆきだわら)」と呼んで豊作の知らせとしているそうです。北海道でも春先の寒さが緩んだ日に見られるようですね。

私も子供の頃よく見かけました。小さな崖に降り積もった雪が滑り落ち、下に着く頃には10㎝位の大きさに成長しているんですね。見ているとおもしろいので、雪玉を投げつけて遊んでいました。落ちてくる雪玉は途中新雪を巻き添えにし、みるみる大きくなっていきます。途中で止まるもの、最後まで転がり落ちるものなど様々です。時には友達と一緒にどこまで落ちてくるか、競いあっていた頃もありましたね(笑)。

はじめは気にもとまらないほどの小さな雪が、雪面を転がることで人目をひきつける不思議な形へと様変わりしていくんですね。自然は、雪という材料を使って時に雪まくりのような美しい作品を見せてくれる偉大な芸術家ともいえそうですね。

◇二十四節気 雨水(うすい)のメモ◇
第2番目の節気。2月19日および啓蟄(3月5日)の前日まで。
暦便覧:陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となればなり
雪が雨に変わり雪解けが始まるという日で、忍び寄る春の気配に草木が蘇るという意味がある。春一番が吹き、鶯の鳴き声が聞こえ始める地域もある。昔から農耕の準備を始める目安とされてきた。
◆雨水の七十二候は次の通り。
初候(第四候)2/19~2/23土脉潤起(つちのしょう、うるおいおこる)
雨が降って土中にいくらか湿り気を含み出す時季。
次候(第五候)2/24~2/28霞始靆(かすみ、はじめてたなびく)
霞がたなびき始める時季、来る春への期待がふくらむ。
末候(第六候)3/1~3/5  草木萠動(そうもく、めばえいずる)
草木の芽が萠える時季。

参考サイト:Wikipedia日本文化いろは事典NPO PTPL、JAL天気情報バイオウエザーサービス日経TORENDYnet
画像提供:igosso画像検索

FC2ブログランキング・人気ブログランキング参加中!
 人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。↑
関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

こんばんは(^_^)
雪まくりとは初めて聞きました。
なるほどそうやって出来るのですね。そちらでは冬の風物詩といったところでしょうか。
今年は豪雪がニュースになっておりますが、こちらではほんの少し白くなった程度が一日でした。これから暖かくなると雪崩の危険もあるそうですね。
これ以上事故のないことを祈るばかりです。
  • |2012.02.15(Wed)
  • |AKIRA
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

九州では絶対に見ることのできない雪の造形ですね。
災難の元にもなりますが、こうやって自然美の骨頂のような悪戯もあるなんて素晴らしいですね。

雨水の日は亡き祖父の祥月命日です。あれから20年が過ぎ、あれから多くの人も旅立ちました。
雨水の日なのにあの年の終いの雪が美しかったのを思い出します。
  • |2012.02.15(Wed)
  • |まろゆーろ
  • |URL
  • EDIT

代替画像

No title

これ雪まくりと言うんですね。
こちらではほとんど見れない現象なので、
知りませんでした。

でも今年はまだまだ…
関東も降雪するのかもしれません。
自然に雪まくりが見られたりして…
  • |2012.02.16(Thu)
  • |itchann
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: AKIRAさんへ☆彡

いわば表層雪崩を小型化したようなもんですね。
降り積もって表面が氷状になったところに、湿った新雪が降ると
雪まくりが見られるようですね。
これからの季節は湿った雪が降りますから、各地で見られるかも
しれません。

雪の少ない地方ではあまり馴染みがないと思いますが、豪雪地帯
では屋根からの雪まくりも見られるようです。
この程度の段階であれば、雪が創り出す造形美を堪能できるんで
すが、規模が大きくなると被害も大きくなりますからね

  • |2012.02.16(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: まろゆーろさんへ☆彡

写真はあまりよく撮れてないんですが、うまく撮れてるのを見る
と、ほんとにバウムクーヘンを輪切りにしたように見えますね。
自然の造形美として見てる分には良いんですが、これが規模が
大きいものになってしまうと、ゆとりを持って眺めていられなく
なりますよね。
自然は美しいと同時に恐怖でもあります。

雨水の日がお祖父様のご命日でしたか。20年の間には状勢も大き
く変わります。美しいものはいつまでも美しく脳裏に焼き付けて
おきたいものですね。ご冥福をお祈りいたします。

  • |2012.02.16(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: itchann さんへ☆彡

うまく条件が合えばキャンプ場付近で見られるかもしれません。
ミニバウムクーヘンを見ようとするんであれば、山奥に入らな
くても民家付近で見られますよ。急傾斜地が必要ですけどね。
雪だるまを作る時の要領ですよね。人間が作るか、自然が創り
出すかの違いで、なかなか見てるとおもしろいもんです。
これからの季節、湿雪が多くなりますから、雪まくりの現象も
見られるケースが出てくるかもしれません。

もしそういう場面に遭遇したら写真撮って見てください。
きれいな雪まくりはバウムクーヘンそっくりですよ。

  • |2012.02.16(Thu)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

こんばんは

「雪まくり」ですか!
なんだかほんとにロールケーキみたいで自然の造形には驚かされますね。

実際を見てみたいですね~素敵です!!
  • |2012.02.16(Thu)
  • |見張り員
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

雪まくり、初めて聞きました。
雪の多い新潟で長く暮らしていましたが、
こういう現象は見た記憶がありません。
気温の関係もあるのでしょうか。
でも、雪の割にはホッコリとさせてくれる
光景ですね。

  • |2012.02.17(Fri)
  • |茶々
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re:  見張り員さんへ☆彡

きれいに巻かれた雪まくりをみると、ロールケーキを拡大したよう
に見えますよ。屋根とか裏山で見るような雪まくりだと、途中回転
がいろいろ変わりますんで、最後は団子状態になってしまうんです
けね。

地形、気温、気象条件などによっても変わるんでしょうけど、自然
が創り出す造形美は我々人間には想像もつかない芸術を見せてくれ
ますよ。
雪だるまを作る時の要領でやれば、人間の手でも作れるんですが、
やはり自然の力には敵いませんよね。

  • |2012.02.17(Fri)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re:  茶々さんへ☆彡

ほう、雪の多い新潟でもご覧なってませんか。
記事にも書いてあるように山形県では「雪俵」と呼んで、その年の
豊作を占うところもあるようですね。
多分山の奥の方へ入ると見られるかもしれません。
自分も子供の頃はよく見てました。その頃は「雪まくり」という名
も知らずに遊んでましたけどね。
地肌の見える崖でしたから、転がって落ちてくるとき土も一緒に
巻き込んで汚らしいロールケーキになってしまうんですよ。
自然は恐怖ばかりではありません。ホッとさせてくれる一面もあ
るんですね。

  • |2012.02.17(Fri)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

No title

こんにちは!
いつも、どうもありがとうございます♪

まだまだ寒い日が続きますね~
バレンタインは一応嫁さんと、仕事現場で頂きました
まあ恒例といいますか行事みたいな物で(笑)

雪は近年東京では降っても積もらないので・・・ですし
雪のあるところも仕事で行ってないなあと。
ほんと早く暖かい春が待ち遠しいです

またよろしくお願いいたします♪
  • |2012.02.17(Fri)
  • |スーパーサイドバック
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

雪まくりっていうんですか?
始めて知りました。
本当にロールケーキみたいです。

でも、考えたら、こわいですね?
おおきな固まりがおちてきたら、恐怖ですよね?

どんどん、大きくなるのを、きれいと感じている間は、
良いですが・・・

代替画像

No title

「雪まくり」、に「雪だわら」ですか、自然の造形ですね!
一瞬雪まつりで、アンモナイトの雪像でも作ったのかと思いましたw
しかし、綺麗なものですね^^

  • |2012.02.17(Fri)
  • |火酒
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

matsuyamaさん、久しぶりのコメントです(笑)

「雪まくり」 知りませんでした、初めて見ました。
私は知らないでこれをいきなり見たら、ミステリーサークルの一種、もしくは超常現象とか考えてしまいそうです(笑)
自然が作る造形物、何だか神々しいですね。

花粉症が始まる季節です。いやですね~。
私は花粉症です(涙)
  • |2012.02.18(Sat)
  • |青ち
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: スーパーサイドバッグさんへ☆彡

こんにちは。いつもありがとうございます。

いただきましたか。よかったですね。
職場での贈り物は仕事への潤滑油みたいなものですから。
贈り物での心配りはスムーズな仕事、信頼関係などが深まります
から。悪しき慣習とばかり片付けられるものでもないですよね。

もうひと月もすればお彼岸です。暑さ寒さも彼岸までと言われる
ように、美しい花の咲き綻ぶ春がやってきます。もう暫くの辛抱
ですね。そのひと月が長く感じられるんですけどね(笑)。

  • |2012.02.18(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: くろこ姫さんへ☆彡

「雪まくり」地方によっては「雪俵」とも言うんだそうです。
子供の頃はよく見てましたが、こういう名前があったなんて
知らなかったですよ。
もちろん裏山で見てた頃の雪まくりは小型版ですから、ロール
ケーキなどというイメージは思いつきませんでした。これが本当
のロールケーキだったら、もう食べ切れないですよね(笑)。

危険と安全は隣り合わせですから。坂の上から雪まくりが転がっ
てきたら思わずよけちゃいますよ。群れになって落ちてきたら
どうしましょ(笑)。

  • |2012.02.18(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 火酒さんへ☆彡

ハハハッ、考えてみれば雪まくりも自然が造った一種の雪像ですよ
ね。
日本では江戸時代から知られていたようですが、大正時代気象学者
がこの用語を使ってから定着したんだそうですよ。ヨーロッパでは
早くから知られていてイギリスではスノーローラー、ドイツでは
シェネ―ウェルチェンなどと呼ばれているそうです。

子供の頃、雪だるまを作ろうと、雪の上に雪玉を転がしていました
が、自然に造られた雪まくりのようにきれいにはできませんでした
ね。直径30㎝位になると重くて転がせきれなかったですよ(笑)。

  • |2012.02.18(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 青ちさんへ☆彡

青ちさん、こちらこそご無沙汰しておりました。
ときどきお邪魔はしてたんですけど、お忙しそうだったので
年甲斐もなくコメント遠慮しておりました(笑)。

雪まくりってなかなか都会では見る機会も少ない自然現象ですよ
ね。地形、気温、降雪などの条件が揃わないと、田舎でもめった
に見れない自然の造形美です。自然が創り出す芸術は、人間には
到底思いもつかないものを発見させてくれます。
花粉症もまた自然が創り出した文化です。いち早く取り入れた青ち
さんは文化人です(笑)。自分はまだ文化人になりきれません(笑)。

  • |2012.02.18(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

こんばんわ^^

今日はこちらも寒くて朝、雪が積もってました。
まだまだ、寒い日が続くのでしょうね?^^

雪まくりって初めて聞きました。
見た事はもちろん無いですが、不思議な物ですね^^

花粉症は自然治癒したのですが、治るポイントは
乳酸菌ですね!!この所、随分研究が進んでる見たいですね♪
  • |2012.02.18(Sat)
  • |たえ
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

花粉症 幸い私は花粉アレルギーないようで
平気なんです   
雪だわら 面白いですね 
こちらでは 鳥取砂丘の斜面で見られますよ
  • |2012.02.18(Sat)
  • |こん☆
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: たえさんへ☆彡

雪が積もってましたか。まだまだ寒いっスね。
雪まくり、スキー場などに行かれた時ご覧なりませんでしたか。
地形、気温などの気象条件によっても違いはあるんでしょうけど、
時にはロールケーキ状の雪まくりをご覧になれる時もありますよ。

巷にはもう花粉が飛び交っているようですね。
花粉症を治すポイントは乳酸菌ですか。
常時ヨーグルトは飲んでるんですけど、ヨーグルトなら何でもい
いという訳じゃないんですよね。花粉症予防に効く乳酸菌入りの
ヨーグルトが必要なんでしょうね。

  • |2012.02.19(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re:  こん☆さんへ☆彡

花粉症持ちの方には辛い季節がやってきますね。
こん☆さんは花粉症知らずですか。いいですね。
自分も今のところは花粉知らずなんですけど、いつ罹るか分らな
いそうなんで、予防だけはしておこうと思ってます。

鳥取砂丘当りならきれいな雪まくりが見れるでしょうね。
山形県辺りでは雪俵って言うそうです。地方によっていろいろ呼
び方が違うんでしょうね。寒い季節の中でホットな話題でした。

寒さの第2波、第3波が来てますが、そちらの豪雪大丈夫ですか。
  • |2012.02.19(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

No title

バレンタインデー、私は奥さんから珍味をもらいました。チョコよりビールにあいます(^o^)
  • |2012.02.20(Mon)
  • |カノッチ
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

「雪まくり」ですか…
名前を聞くのも、写真で見るのも初めてです。
自然の造形の不思議さを感じさせますね。
別府は一昨日の夜、高松で、うっすらと雪景色となったのが、今年見たほとんど唯一の積雪です。豪雪地帯の皆さまには申し訳ないようですが…
  • |2012.02.20(Mon)
  • |別府葉子
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: カノッチさんへ☆彡

珍味のプレゼントですか。
酒好きの方にとってはいい贈り物ですね。

お酒はよく飲まれるんですか。
暖かいお部屋で冷えたビールをゴクゴク飲るのもいいですよね。
最近ではいろんな珍味が出てますから、
酒の肴には事欠かないでしょう。

飲み過ぎにご用心。

  • |2012.02.21(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 別府葉子さんへ☆彡

高松にも積雪しましたか。
その辺りにはめったに降雪することもないでしょうからね。
こちらも2月上旬に降ったきり、雪の気配が全くありません。
やはり同じ東北でも日本海側と太平洋側の違いなんですね。
東北を縦断する奥羽山脈が雪雲を遮断してくれるようですが、
寒さだけは一丁前にスルーしてきてます。

雪まくりは雪国特有の自然現象のようで、豪雪地帯に行くと
よく見られます。閉ざされた雪国では何をすることもできず、
自然がくれた造形美を堪能するだけです(笑)。

  • |2012.02.21(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top