大切な正月行事は小正月に

1月15日は小正月です。1月1日を大正月というのに対して1月15日を小正月といって、小豆粥(あずきがゆ)を食べて無病息災を祈ったり、柳の木に紅白のお餅をつけた餅花(地方によってはまゆ玉ともいう)を飾って豊作を祈願していました。元服と言って現在の成人式にあたる儀式が行われたのもこの日なんですね。
昔、陰暦を用いていた頃、その年の初めの満月の日を正月としていましたが、太陽暦が用いられるようになり、年初が元旦に移ってからも重要な正月行事は小正月に残るようになったんですね。
小豆粥 Azukigayu
小豆粥 Azukigayu / nori_n

重要な小正月行事の一つに豊作祈願がありました。いわゆる餅花、まゆ玉がそうで、米の粉を団子状に丸め、ミズキ、ヌルデ、ヤナギなどの枝に花のように飾りつけました。もともと、餅花は稲の花を表してたんですね。これを綿作地帯では「餅花」、養一蚕地帯では「まゆ玉」と言い、それぞれ綿の実がよくなるように、蚕(かいこ)がよくまゆを作るようにと祈ったのだそうです。
東北地方などでは、田植えのまねごとをして稲の豊作を祈る「庭田植え」とか「さつき祝い」などという行事が行なわれていました。また、村の若者などが歌を歌い、踊りを踊りながら家々を訪問する田植え踊りの風習もかつてはあったようです。青森県に伝わる「えんぶり」もその一つなんですね。

重要な小正月行事の二つ目は吉凶占いです。
雑煮、七草粥と同じように、小正月には小豆粥を食べる風習があります。うるち米に小豆を混ぜて炊いた粥に、餅を入れて食べます。小豆粥を食べることによって、一年間、病気や災難から守られるといわれてました。また、粥の炊きあがり方によって、その年の農作物の作柄を占う粥占いも重要だったんですね。

そして重要な小正月行事の三つ目は悪霊払いでした。
悪霊払いには、いまでも全国的に行われており、前回の記事でも紹介した「どんど焼き」ですね。他にも「モグラ打ち」「鳥追い」などがあります。
その中の鳥追いは、村境いなどにある道祖神のそばにサイト小屋、ドンドン小屋、鳥小屋、鳥追い小屋などと呼ばれる正月小屋を作り、子どもたちがその中で鳥追いの歌を歌いながら、農作物を食べる悪い鳥を追い払っていたんですね。また地方によっては、祝い棒で地面をたたきながら、各家庭を回り、鳥追い歌を歌って鳥を追い払ったりもするそうです。七草粥を作るときの歌も鳥追い歌の一種なんですね。
モグラ打ちは、子どもたちがワラ鉄砲や棒で地面をたたいて回る行事で、田畑を荒らすモグラをモグラのきらいなナマコでおどし、モグラの害を取り除こうとするものだったようです。

また小正月は、お嫁さんが里帰りをしたり、男正月とも言われた大正月に忙しく立ち働いた女性たちをひと休みしてもらおうということで、「女正月」とも言われてるんですね。さらに、小正月のどんど焼きの火によって年神様を天に送り返すと解釈するようになり、これをもって正月の終わりという見方が生まれてきたようです。

私の地元では小正月が終わった翌日、檀那寺へ檀家のお母さんたちが集まり、お念仏を唱えてますよ。どういう意味があるんですかね。今度聞いてみよう。

この記事の内容は一般的事例であり、それぞれの地域のしきたりによって異なることもあります。疑問に思うことがありましたらその地域の慣習に従ってください。

参考サイト:暮らしのAll Aboutお話歳時記
画像提供:igosso

FC2ブログランキング・人気ブログランキング参加中!
 人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。↑
関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

No title

大分にはあまり小正月の風習がないようです。
ただ国東半島かどこかに女正月というのがあったような。秋田人の従弟も秋田の小正月を懐かしんでいます。
明日は神社で「古札焼納祭」が行われます。これは三つ目の悪霊祓いに起因しているのでしょうか。
不思議とこの時の炎がきれいなんです。浄火とでもいうのでしょうか。私も清めてもらうことにします(笑)
穏やかな小正月をお過ごし下さいね。
  • |2012.01.14(Sat)
  • |まろゆーろ
  • URL
  • EDIT

代替画像

こんばんは

早いものですねもう一月も小正月の時期になっちゃいましたか。
小正月での内容はこうしてみますと、やっぱりというか日本人は立派な農耕民族なんだなあと実感させられますね。
昔から先人が大事にしてきた小正月、この先も大事に継承したいものですね。

小豆粥。
食べてみようかなあ??
  • |2012.01.14(Sat)
  • |見張り員
  • URL
  • EDIT

代替画像

こしょうがつ

「胡椒がつ」いた、それもたっぷり付いた海苔巻きお餅を醤油で食べるのも結構イケますね。★ミ

りうどん@ミエミエのネタ
  • |2012.01.15(Sun)
  • |龍midi
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

ウチのほうは小豆粥は食べたことがなかったです。
七草がゆまででした。

父の実家は農家でしたけど、
三男坊だったからかなぁ…(^_^;
  • |2012.01.15(Sun)
  • |itchann
  • URL
  • EDIT

代替画像

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • |2012.01.15(Sun)
  • EDIT

代替画像

Re: まろゆーろさんへ☆彡

大分には小正月の風習はないですか。
どんど焼きは全国で行われている小正月の行事ですね。地方によって呼び方が違うようですが「古札焼納祭」もおそらくどんど焼きの一種ではないかと思います。どんど焼きの煙を浴びると病気が治るとも言われているようですから、1度悪いところに煙を浴びせていただいたらどうでしょう(笑)。
悪霊払いの一つ「鳥追い」や「モグラ打ち」などは山梨や長野などで伝承されており、「庭田植え」は岩手で見られるようです。秋田県にかほ市には、子供たちが新妻を囲んで棒で畳を突く「嫁つつき」「嫁たたき」という風習もあるそうですね。お嫁さんに早く子供が出来るようにと願いが込められているようです。従弟さん、この行事ご存知でしょうか。
こういった行事をつつがなく送って正月を過ごしたんですね。

  • |2012.01.15(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re:  見張り員さんへ☆彡

新暦に移行した時点においても、こうした行事は小正月の行事と
して今でも継承されてるんですね。行事の内容をみていると、やは
り日本は農耕民族なんだなと、あらためて認識させられますね。

小正月の行事の1つに小豆粥を食べる風習がありました。
小豆の赤は邪気を払い、万病を防ぐ意が込められ小豆粥に鏡開きの
お餅を入れて食べていたそうです。
ぜひ食べて見てください。悪い病気が治るかもしれませんよ(笑)。

今年は小豆粥で健康を維持しましょう(笑)。

  • |2012.01.15(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 龍midiさんへ☆彡

胡椒が付いた餅ですか。
一風変わった味わいのするお餅みたいですね。

小正月には別名女正月、あるいは小年という名前があるそうです。
「呼称がツー」。
お後がよろしいようで。
  • |2012.01.15(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: itchann さんへ☆彡

小正月には小豆粥を食べる風習があったようです。古くは土佐日記
や枕草子に記されているみたいですね。
昔から解毒やむくみに効く薬として利用されており、小豆が邪気を
払い、万病を防ぐんだそうですね。
七草粥同様、新年会や正月料理で疲れた胃腸を休めるためには、
いいレシピだと思います。

ただ現在では小豆粥を食べる習慣は、どちらかというと東北など、
北国の農村に多いとも言われてますね。七草粥に比べてその地方の
特色なのかもしれません。

  • |2012.01.15(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 鍵コメさんへ☆彡

お心遣いに感謝いたしますとともに、
情報ありがとうございました。
今後の記事の参考として保存させていただきます。

またお気づきの情報がありましたら、お寄せくださいますよう
お願いします。

  • |2012.01.15(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

No title

こんばんは!
いつも、どうもありがとうございます♪

何年か前までは15日は
成人の日でしたよね♪
今ではハッピーマンデー政策でばらばらですが
小正月・・・そういえばこのときに
お年玉付年賀状の当選番号発表もありましたが
今はこれも23日・・・
15日って薄れてました(笑)

またよろしくお願いいたします♪
  • |2012.01.16(Mon)
  • |スーパーサイドバック
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: スーパーサイドバッグさんへ☆彡

こんにちは。いつもありがとうございます。

かつては1月15日の小正月に元服いわゆる成人式が行われてました
よね。自分なんかも成人式は1月15日という固定観念がありますか
ら、ハッピーマンデーによる第2月曜の成人式と言われてもピンと
きませんよね。
まして地方によっては出席者の便宜を図り、5月連休とかお盆に行
われるところもあるようですからね。1月15日の役割が薄れてきた
ようにも感じられます。
年賀状の抽選会も毎年変わるようですしね。

  • |2012.01.17(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top