1月7日朝食は胃腸に優しい七草粥を

時が経つのは早いもので、明日は7日、正月松の内も終わってしまいますね。もっとも関西方面では15日までだそうですけど、仕事が始まると正月が終わったような気にもなりますね。実際は1月15日の小正月で一連の正月行事が終わるということなんですけど、だからといって着物を着て出勤するわけにもいきませんよね(笑)。
「松がとれる」という意味で松の内の明ける7日には正月飾りを外しましょう。地域によっては15日の小正月のところもあるようですからご注意くださいね。

The seven harbs of spring.The seven harbs of spring. / yuko_okuy

今日6日は寒の入りです。冬の寒さが始まる時期で、これから日増しに寒さが厳しくなってきます。実際この寒さ、何枚重ね着しても凌げませんね。これからまだまだ寒さが厳しくなってくると思うと、うんざりしてしまいます。空気も乾燥し、インフルエンザが流行し始めました。気をつけてくださいね。
この日からは寒中見舞いを出し始めます。

1月7日は七草ですね。旧暦正月7日の別称で、七草の節句とも言われています。
古来、中国では、正月1日を鶏の日、2日を狗の日、3日を猪の日、4日を羊の日、5日を牛の日、6日を馬の日、そして7日を人の日とする風習があり、それぞれの日にはその動物を殺さず、7日の人日(じんじつ)には犯罪者に対する刑罰を行わなかったんですね。この日は無病を祈り、七種菜羹(しちしゅさいのかん-七種類の野菜の吸い物)を食べる風習がありました。また、この日の天候でその年の運勢を占い、もし晴れなら幸があり、曇りなら災いがあるとされていたそうです。

日本でも昔、朝廷で米(こめ)、麦(むぎ)、稗(ひえ)、粟(あわ)、黍(きび)の五穀に小豆(あずき)、胡麻(ごま)を加えた穀物を神前に供え、五穀豊穣を祈願して七種粥を食べていました。また、古くから年の初めに雪の間から芽を出した若菜を摘む「若菜摘み」という風習もありました。それを14世紀の南北朝時代に「四辻の左大臣(四辻善成(よつつじのよしなり))」が、源氏物語の注釈書「河海抄(かかいしょう)」の中で七草のことを記載しています。それが「せりなずな 御形はこべら 仏の座 すずなすずしろ これぞ七草」としてよく知られ、定着したといわれています。その後「七種粥」は「若菜摘み」と結びつき、7種類の若菜を入れた「七草粥」になったんだそうです。江戸時代には、人日が幕府の公式行事となり、将軍以下が七草粥を食べて祝い、大変に重視された祝日だったようですね。
1月7日は新しい年の始まりと考えられ、この日から1年の無事を願い七草粥として食べる習わしができあがったんですね。同時に魔除けを願う気持ちも込められていたようです。

ご存知のように春の七草は次の7種をいいます。(写真は→ここから
(せり)→現在の名称「芹」→消化を助け黄疸をなくす
(なずな)→現在の名称「薺(ぺんぺん草)」→視力、五臓に効果
御形(ごぎょう)→現在の名称「母子草(ははこぐさ)」→吐き気、痰、解熱に効果
繁縷(はこべら)→現在の名称「繁縷(はこべ)」→歯ぐき、排尿に良い
仏の座(ほとけのざ)→現在の名称「田平子(たびらこ)」→歯痛に効く
(すずな)→現在の名称「蕪(かぶ)」の葉っぱ→消化促進、しもやけ、そばかす
蘿蔔(すずしろ)→現在の名称「大根(だいこん)」の葉っぱ→胃健、咳き止め、神経痛
これらは今では野菜として栽培されているものもありますが、もともと野野菜(のやさい)です。最近は小豆粥と同じように、餅を入れる場合もあるようです。

七草粥を作るとき、前日の夜、包丁やすりこ木、箸など細長い調理器具を準備し、まな板を7回たたいて「七草なずな、唐土の鳥が日本の土地にわたらぬ先に‥‥」というような七草囃子を唱えながら、まな板の上で七草を刻んだといいます。刻んだ七草は一晩神様にお供えし、翌7日朝に粥を炊くのだそうです。
近年では、ご馳走づくしのお正月料理で疲れた胃腸の調子を整える意味合いを持つようになりました。ただ、明治までの旧暦におけるこの日は、春の七草がかなりたくさん生えていましたが、新暦になってからは自然の七草を集めるのが難しくなってきました。旧暦の七草(今年は1月29日)に七草粥を食べるところもあるようです。多くはスーパーなどのお店で売られておりますね。

七草の日は初めて爪を切る日とも言われ、芹などを浸した水に指を入れてから爪を切れば、一年の間爪の病からのがれると言われているそうですよ。ささくれとかスジ爪などの症状も予防できるんですかね(笑)。

この記事の内容は一般的事例であり、それぞれの地域のしきたりによって異なることもあります。疑問に思うことがありましたらその地域の慣習に従ってください。

◇二十四節気 小寒(しょうかん)のメモ◇
第23番目の節気。1月6日および大寒(1月21日)の前日まで。
暦便覧: 冬至より一陽起こる故に陰気に逆らふ故、益々冷える也
小寒は「寒の入り」つまり寒さのはじまりという意味であるが、実際この頃になると寒さは厳しくなる。寒中見舞いはこの日の小寒から出し始める。
◆冬至の七十二候は次の通り。
初候(第六十七候) 1/6~1/10芹乃栄(せり、すなわちさかう)
空気が冷え、澄み切るようになり、芹(せり)がよく生育する時季。
次候(第六十八候)1/11~1/15水泉動(しみず、あたたかをふくむ)
地中では凍った泉が動きはじめる時季。
末候(第六十九候)1/16~1/19雉始雊(きじ、はじめてなく)
きじが鳴きはじめる時季。
京都二十四節気
京都には二十四節気のいろいろな表情を見せてくれます

参考サイト:All About日本文化いろは事典NPO PTPL、冠婚葬祭ネット暮らしのミニ知識
igosso画像検索 - 無料で商用利用可能なフリー素材/写真
http://www.igosso.net/


FC2ブログランキング・人気ブログランキング参加中!
 人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。↑
関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

こんばんは

明日は七草粥を食べる日ですね。
私は明日福島県に出張に行ってきます!
  • |2012.01.06(Fri)
  • |釣るべー
  • URL
  • EDIT

代替画像

今年も

今年もよろしくお願いいたします。

ようよう世間も普通になってきたようですね。おせちを食べ飽きた胃袋には、七草がゆのような優しい食べ物が欲しくなる時ですね^^。

さあ、さっぱりして今年もがんばります。
  • |2012.01.06(Fri)
  • |見張り員
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

こちらでは 今の時期に七草集められないです
スーパーでセットが売ってありますから
そちらで・・・  
これから益々寒さが厳しくなります  
路肩に積み上げられた除雪の雪が日中に溶けて
夜間 路面が凍るんです  朝の出勤 それだけで疲れます
寒さに負けないように お風邪など召されませんように
  • |2012.01.06(Fri)
  • |こん☆
  • URL
  • EDIT

代替画像

りうどんの小寒も...

りうどんの小寒( こかん )も、縮み上がってまふ。★ミ
  • |2012.01.07(Sat)
  • |龍midi
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

寒の入りですか。
この冬は例年に比べ寒くて雪も多いようなので
印象としてはとっくに寒に入っているような気がしていました。
そろそろ正月気分から脱却して
シャキッとしないといけませんね。
今日は七草粥、カミさんにリクエストしてみようか
などと考えています。

  • |2012.01.07(Sat)
  • |茶々
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re:  釣るベーさんへ☆彡

どうですか。七草粥食べられましたか。
こってりした正月料理を食べた後の七草粥はサッパリしていいです
よね。健康にもいいみたいですから、7日に限らず食べたくなった
ら食べて見てください(笑)。

雪国から雪国への出張ですか。
福島といっても被害の甚大な地域は沿岸一帯だと思いますが、時間
に余裕がありましたら海岸地帯の視察をしてみてください。被害状
況が少しは分ると思います。原発付近はまだ立ち入り厳禁だと思い
ますので、十分ご注意を。

  • |2012.01.07(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re:  見張り員さんへ☆彡

正月も一段落ついて、気が付けば体重超過になってませんか。
胃に優しい七草粥、暴飲暴食に開け暮れた正月の体調を整えて
くれます。ぜひ七草粥を一口召し上がって胃袋の洗浄を試みてくだ
さい(笑)。

正月はいかがお過ごしでしたか。
風邪との交際を断って、年神様と談笑できましたか。
自分のところは喪中でしたので、松飾りも飾らず、年神様のご訪問
もありませんでした(笑)。
お陰様で静かな正月を過ごさせていただきました。
寒の入りを迎えてこれから寒さも本格化します。どうぞお身体に
お気をつけて、無事に厳冬を乗り切ってください。

  • |2012.01.07(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: こん☆さんへ☆彡

この時季まだまだ若菜摘みには早いですよね。
旧暦が主体だった昔の七草の節句は今の新暦から見れば2月の中旬
から下旬頃だったそうです。その頃になって早いところで若芽が
見れるようになるかもしれませんね。
今年は1月29日が旧暦の七草ですけど、雪国ではまだまだ雪に覆わ
れ若芽など見当たらないでしょうね。

山陰地方の積雪も多いですから、会社勤めの方々にとって通勤の
足は一苦労するんでしょうね。
湿気の多い日本海側と違って乾燥している太平洋側は、インフル
エンザの菌が我が物顔に飛び交っているようです。
風邪にも負けない年寄りになるよう頑張りたいと思います(笑)。

  • |2012.01.07(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re:  龍midiさんへ☆彡

新年早々の小咄ありがとうございます。

小寒で縮み上がってるようじゃ、大寒になったらどうするんです
か(笑)。
大寒になったらどこかお城に居城し、王冠(大寒)でも被って冬眠
しますか。

  • |2012.01.07(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

No title

こんにちは!
いつもどうもありがとうございます♪

暦どおり寒さも一入で東京も厳しいです
そちらほどでは勿論ないですが(笑)
自分はいまだに年末から仕事が続いてるので
正月気分にはなかなか慣れませんが
外に出るとわかりますね~

早くも七草粥、そして週明けは成人式
また例年のように、成人式での・・・が報道されるのかな
特に沖縄あたり(笑)

またよろしくお願いいたします
  • |2012.01.07(Sat)
  • |スーパーサイドバック
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re:  茶々さんへ☆彡

昨年暮れ降った雪が日陰にまだ残っている寒冷地です。
北海道や日本海側の豪雪地帯と比べたら、まだまだましな方かも
しれません。先日は仙台にも雪のお見舞いがあったようですね。
それにしても寒いです。連日氷点下の朝は布団から起き出すのに
難儀しています。

今日は七草の節句、人日の日ですね。人を殺めてはいけない日だ
そうです。当たり前のことですが、今日に限らず命あるものは
大切にしなければなりませんね。
七草粥を食べて生きている喜びを味わいたいものです。

  • |2012.01.07(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

No title

七草粥、見事に忘れていました。年末からこのかた、暴飲暴食暴眠の流れなので、七草粥の効能にはすがっておきたかったのですがw

寒の入り、にしては十分寒いですよね、
春の七草がどこで手に入るのか、と思っていたら旧暦。
あれ?旧暦だともっと寒い時期になる気がします・・・?
  • |2012.01.07(Sat)
  • |火酒
  • URL
  • EDIT

代替画像

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • |2012.01.08(Sun)
  • EDIT

代替画像

Re: スーパーサイドバッグさんへ☆彡

こんばんは。いつもありがとうございます。

相変わらず肌を刺すような寒さが続いてますね。
動きも緩慢になってしまいます。
松の内も明け、家々の玄関からは松飾りが消えました。
地方によってどんど焼きが行われているところもあるようです。
徐々に正月気分から普通の生活に戻りつつあるようですね。

昨日は七草粥を食べ、明日は成人式。今年も荒れるのでしょうか。
いつまで経っても学習能力のない若者には困ったものです。

  • |2012.01.08(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 火酒さんへ☆彡

暴飲暴食が続いていた方には、胃に優しい健康的な七草粥。
無理にとはいいませんが、今からでも胃腸を整える意味でも
召し上がってみてください。
七草粥を食べたら調子が良くなったからといって、またお酒を
飲み出したりしないでください(笑)。
春の七草、もうスーパーでも特設コーナーから姿をけしてしまっ
たかな。機を逸したら農家でもなかなか手に入れにくいですから
ね。自然界から七草を摘んでくるとなったら、雪融けを待たなく
ちゃなりません。立春を過ぎた2月の中旬以降にお探し下さい。
今年は1月29日が旧暦の七草です。この分だと旧暦でも七草粥食べ
れそうにありませんね。

  • |2012.01.08(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

No title

七草にまな板を7回叩く倣わしがあるとは知りませんでした。

今回キャンプで初・外七草粥でしたけど、
温まるしヘルシーだし、最高でしたよ♪
またやってもいいかもしれません。
  • |2012.01.08(Sun)
  • |itchann
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

今年は飲まないし、食べなかったので、
大丈夫でしたが・・・
毎日、食べたり飲んだりした正月が、何年か前にありました。

七草粥はそんな人達のyために、
胃を休ませなさい・・って、事なのでしょうね(笑)

代替画像

No title

コメントしたら、不正なコメントとでました。
何か、だめだったのかな??

代替画像

Re: itchann さんへ☆彡

地方によってその習慣はいろいろあるんでしょうね。
まな板を7回叩くという習慣は三重県宮川村で行われていました。
この方法はいま70代の方の親の代にお父さんたちが歌って、粥を
作っていたんだそうです。昔この地方では、お父さんたちが七草
粥を作っていたんですね。

キャンプで試されましたか。今は七草もセットされたものを売っ
ていますから。米と塩を持参すれば気軽にできる料理ですからね。
たまにはいいもんでしょう。
癖にならないようにしてください(笑)。

  • |2012.01.08(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re:  くろこ姫さんへ☆彡

なんですか、今年は食べず飲まずの寝正月だったんですか。
年神様にもお節やお餅のご馳走差し上げなかったんですか。
そりゃ、年神様もお怒りになるでしょう(笑)。
年神様にご馳走出さなかったから、神様から禁酒命令が出された
んじゃないですか。もともと正月は年神様も公認ですから、お酒
飲んでも良かったんですよ(笑)。

飲まず食わずで正月中胃を休めていたら、今年の七草粥は出番が
なかったでしょうね。でもお腹が空いた時の胃を労わるためにも
七草粥を食べても良かったんですよ(笑)。

  • |2012.01.08(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: くろこ姫さんへ☆彡

不正なコメントですか。
どんなコメントだったかは分りませんが、先程送っていただいた
コメントとは違いますよね。当然こちらに届いてますから不正な
ことはないと思いますけど。

ご自分の管理画面の環境設定で禁止ワードを調べて見てください。
該当する語句が含まれてると不正として受け付けてくれないよう
ですよ。
やはりこれも年神様を歓迎しなかった祟りかも(笑)。

  • |2012.01.08(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

matsuyama さんへ

おお、七草がゆでコラボしちゃいましたね^^b
私も毎年食べていますが、こういう食習慣て
いわば、一つの文化だと思うので、やっぱり
これからも大切にしていきたいですよね^^*/

えと、それから、不正コメントって私も良く出るのですが
ちょっと時間帯を変えるだけで出なくなるので、Fc2 の
不具合なのかも知れませんね。
一応書いておきますね^^
  • |2012.01.09(Mon)
  • |たえ
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: たえさんへ☆彡

コラボっちゃいました(笑)。
シーズンですからね、日本の食文化でもありますから。
お茶漬けとかお粥、日本人にはなくてはならない食習慣です。
洋食のこってりしたメニューになれた食生活には、このような
サッパリした和食もたまにはいいもんです。

不正コメントって時間帯を変えると出ないこともあるんですか。
自分もよく出ることがあって、そのたびに文章を変えて見たり、
どうしても変えたくない場合は環境設定の禁止ワードを削除して
ました。自分で設定した禁止ワードとはいえ、面倒くさいんです
よね。これからはちょっと間をおいてチャレンジしてみます。
ありがとうございました。

  • |2012.01.10(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top