初節句おもしろ雑学

初めての子供の誕生には喜びと子育ての不安がつきまといますね。
また、ご年配の方にとって初孫の誕生に、目尻が下がりっぱなしのお祖父ちゃん、お祖母ちゃんになってませんか。目に入れても痛くない赤ちゃんも、日増しに成長していきます。赤ちゃんの健やかな成長と将来の幸せを祈って祝う行事が「初節句」です。
女の児は3月3日の「雛の節句」(桃の節句とも)、男の児は5月5日の「端午の節句」があり、祖父母や親戚、仲人がひな人形や武者人形を贈ってお祝いします。

内裏雛をはしりに年とともに買い揃えましょう
3月3日のひな祭りにはお母さんの実家から、男女一対の内裏雛を贈るのが昔からのしきたりといわれています。市販の雛壇は5段、7段など豪華で、また高価でもあります。例え生活にゆとりのあるお祖父ちゃん、お祖母ちゃんでもなかなか手が出ませんよね。いいんです。初めから無理をして全部揃える必要はありません。年ごとに増えていくのが良いとされているので、初節句は内裏雛、2年目は3人官女というように、何年かで買い揃えてもかまわないんです。もっとも現代の住宅事情では、雛壇を飾るスペースがない家庭も多くあるでしょう。

2週間前から飾り、終わったらすぐに仕舞いましょう
ひな人形は1~2週間前に飾り、節句が終わったらすぐに片付けます。俗説ですが、いつまでも飾っておくと娘が縁遠くなるといわれてますよ。天皇を表す内裏雛の飾り方は、男雛を向かって左に、女雛は右と言われてますが、地方によって違いがあり、決まりごとはないようです。その前の階段に3人官女、5人囃子を飾ります。ひな壇には桃の花、菱餅、草餅、白酒、雛あられなどを供えます。ちなみに菱餅の3色は桃の花、白酒、草餅の色の象徴なそうです。白酒や草餅は、病気や邪気を払うといわれています。

長男誕生には武者人形、次男には鯉のぼりの贈り方も
ところで、5節句(1月7日人日「七草」、3月3日上巳「桃の節句」、5月5日端午「菖蒲の節句」、7月7日七夕、9月9日重陽「菊に節句」)の中の端午の節句は、男の児の節句です。端午の端は最初で、午は午(うし)の日であり、5月の最初の午の日ということです。
この日は里方から武者人形、兜、鎧、鯉のぼりを贈るのが慣わしですが、長男の初節句に五月人形一式、次男の時は鯉のぼりを贈ることもあるようです。武家社会の江戸時代に、男の児としての立身出世やたくましい成長を願って贈られていたんでしょうね。

菖蒲湯で子供の無病息災を願いましょう
端午の節句は別名「菖蒲の節句」とも呼ばれていました。昔中国では、菖蒲は不思議な力を持つ薬草として知られており、それが日本では魔よけとして菖蒲湯に入ったり、軒下に差したり、枕の下に敷いて菖蒲枕にしていました。現在でも菖蒲湯に入って災いを払う習慣があります。
また、鯉のぼりは中国の登竜門の故事からきたもので、日本でも出世魚とされ、子供の立身出世を願ってたてられました。順序は上から吹流し、真鯉、緋鯉と並べ、子供が生まれたら鯉の数を増やします。最近では住宅事情のことも考えミニサイズも売られているようです。


「おめでとう、新米パパさん。頑張んなさいよ」などと声を掛けてあげたいものですね。初孫だったら嬉しそうにお祖父ちゃん、お祖母ちゃんとしての自慢話に花が咲くかもしれませんね。

関連記事

テーマ:とくとく生活情報
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

遊びにきましたぁ、う~ん凄く勉強になります、
毎日来る価値あり。
  • |2008.03.05(Wed)
  • |ひろみん
  • URL
  • EDIT

代替画像

また来てくださ~~い。
  • |2008.03.08(Sat)
  • |matsuyama
  • URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top