喪中はがきは12月初旬までに

後1週間もすると12月。今年も押し迫ってきました。12月の声を聞くようになると年賀状の話題が出てきます。1年間のご無沙汰を1枚のはがきに託す。日本にはいい習慣がありますね。ところが今年不幸があった我が家では喪中です。年賀欠礼状組なんですよね(笑)。
年賀欠礼のもとともなったお葬式。そのお葬式マナーについての「大人度」をチェックしてみました。自信を持って臨んだのに、なんと2問も不正解(泣)。皆さんもチャレンジしてみてください。
数珠と白菊 - 写真素材

11月に入り、新聞折込みや店頭には「喪中はがき予約承ります」のポスターやチラシが目に付くようになりました。 もともと喪中はがきは「当方は現在喪に服しておりますので、新年のご挨拶をご遠慮させていただきます」という意味なんですね。作法上は12月13日の事始め以降に出すべきものなのですが、最近では、「相手様が年賀状を書かれないうちにお出し下さい」などといわれていますよね。

ではなぜ年賀欠礼状を出さなければならないんでしょうか。(過去記事2008年11月18日「年賀欠礼とくとく雑学」参照)
近親者が死亡したとき一定期間喪に服することを忌服(きふく)といいます。
「忌」とは、死者のけがれを忌むことで、死者を出した身内は一定期間、日常生活から遠ざかり、身を慎んでいました。この期間を特に「忌中」と呼び、遺族は喪服を着て家に閉じこもり、男はひげも剃らず、女は忌中髪を結って人と会うことなく、社会から遠ざかって過ごしたそうです。「服」とは、喪服のことで、身内に死者があったとき、けがれた体を喪服に包んで、一定期間、行動を慎み、身を清める意味があったんですね。「忌」と「服 」を含めて「喪」ともいい、その期間を「喪中」と呼んでいたんですね。現在では、慶事、祝事、祭典、祭礼への参加や、公的行事への出席などは控える期間とされています。翌年の正月行事はもちろん、年始回りもしません。喪中での結婚式も、当事者なら取り止めるべきですが、忌明け後であれば、双方に異存がなければ予定通り行なっても構わないでしょう。

忌服が制度化されたのは、西暦701年に、文武天皇の大宝律令の喪葬令が初めてで、その後、修正され江戸時代に受け継がれました。明治7年に、太政官布告で親等別に忌服の期間が定められたのです。一般的な忌服期間はこちらを参照。
現在では、一般的に「忌」の期間である「忌中」は、忌明けまでの期間。仏式では四十九日まで、神式では五十日祭まで、キリスト教式に忌明けはありませんが、一ヶ月の召天記念日までと考えられています。
そして、「服」の期間である「喪中」は一年間とされております。

その意味では年賀欠礼も死の穢れの一種であり、その範囲は実父母、配偶者の父母及び兄弟姉妹の2親等、もしくは故人と同居していた場合、喪中はがきは出しておいた方がいいでしょうね。この時、喪中メールは差し控えておきましょう。しかし、祖父母、配偶者の祖父母及び兄弟姉妹が亡くなった場合、故人と同居していなければ欠礼としないようです。また、配偶者側の喪であれば、仕事関係先へは例年通り年賀状を出すこともあるようです。

年末に入ってご親族にご不幸があった場合、年賀状は差し控え、ご不幸を知らずに年賀状を送られてきた方には、年が明けてから「寒中見舞い」として年賀状を頂いたことのお礼と共に、親族に不幸があったことを知らせたほうがいいでしょう。
ちなみに、先方様が喪中とは知らず年賀状を出してしまった場合、「存じ上げず失礼致しました。お寂しいことと拝察致しますが、どうぞ御身お大切に」などとお詫びの1通をお出しになれば、形だけでなく心と心の交流ができるんではないでしょうか。

まだ年賀状書かれてる方は少ないと思いますが、喪中はがき急いで出さないと。あ~、忙しい忙しい(アセ)。

この記事の内容は一般的事例であり、それぞれの地域のしきたりによって異なることもあります。疑問に思うことがありましたらその地域の慣習に従ってください。

参考サイト:冠婚葬祭ネットgood-stone
写真提供:(c) そよかぜ写真素材 PIXTA

FC2ブログランキング・人気ブログランキング参加中!
 人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。↑
関連記事

テーマ:とくとく生活情報
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

No title

続々と喪中のはがきが届き始めました。
亡くなったことを知っている方のであれば良いのですが、喪中はがきではじめてご不幸を知ることも。慌ててお香典やお供えを送る始末です。それにしても年々、頂く枚数が増えていってるような気がします。
私は頂戴して一読したらはがきは破棄しています。
たまに亡き人を偲びすぎるような句まで書いて寄越す人がいますがあれは如何なものでしょうか。頂いたこちらまで気が重くなります。この方は亡くなった奥さんがバラが好きだったからと、忌明けにバラの大きなアレンジメントを送ってきました。忌明けに生花とはと正直、気味が悪くなりました。独りよがりというか、寂しいのは分かりますが行き過ぎたことだなぁと思いました。
偲ぶ心ってささやかでいいのではと思います。
  • |2011.11.25(Fri)
  • |まろゆーろ
  • |URL
  • EDIT

代替画像

こんばんは

「~大人度チェック」全問正解できました(ホッ)。

今年は3件喪中はがきが来ました。
そのうちの一枚は、下の子の小学校時代の同級生のお母さん。私と同い年の方でこれは大変ショックでした。
しばしはがきを見つめたままで、彼女のことや残された、娘と同い年のおじょうさんのことを考えていました・・・
  • |2011.11.25(Fri)
  • |見張り員
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

全問正解でしたよ!!
2択の問題ですから勘が当たり、まぐれですけど(笑)

matsuyamaさんのブログは本当にいつも勉強になります。
いつもありがとうございます。
  • |2011.11.25(Fri)
  • |青ち
  • URL
  • EDIT

代替画像

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • |2011.11.26(Sat)
  • EDIT

代替画像

No title

おはようございます!
いつも、どうもありがとうございます♪

うちは父親が5年前の12月12日に他界したとき
年賀状一部出した後ですし、葬儀や手続きなど終わったのが
20日過ぎだったので、いろいろ間に合わなかったです・・・
年末の押し迫った時の弔い事は大変でした。
今思えばいい経験させてもらいましたが、あんまこういう経験はしたく無いですね(苦笑)

まだ何も手付かずです自分は・・・
早くしないと

またよろしくお願いいたします♪
  • |2011.11.26(Sat)
  • |スーパーサイドバック
  • URL
  • EDIT

代替画像

昨日ちょうど…

つい先日、同僚のご母堂様が逝去され、
昨日職場で香典をどうしようかと、
他の同僚とこのあたりの情報を調べてました。

今の時期に亡くなられたので、これからかなり大変でしょうね。
  • |2011.11.26(Sat)
  • |itchann
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: まろゆーろさんへ☆彡

この時期になると年賀欠礼状多いですね。
自分のところにも毎年数枚送られてきますけど、それだけその年
知り合いの方がお亡くなりになっているということですものね。
送られてくる年賀欠礼状はほとんど定型文のもので、故人を偲ぶ
喪中はがきというのは見かけないですね。
確かに愛する故人を偲びたい気持ちは分りますけど、ご自分の悲
しみを人に押し付ける行為はいかがとは思います。また、忌明け
にアレンジメントを送ることも差しでがましく感じますね。
一般的に悲しみをいつまでも引きずらないということで、後に残
らないものを送るのがマナーと言われてますけどね。

  • |2011.11.26(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re:  見張り員さんへ☆彡

お~、全問正解でしたか。おめでとうございます。
常識、マナーを兼ね備えた習熟度満点の大人ですね。

見張り員さんと同い年でしたか。お若いのにお気の毒です。
年上より、同い年あるいは年下の方の訃報は悲しみの度合いが
違いますよね。自分もそんな年になったのかと思うと、1人取り
残されてしまったように落胆してしまいます。
いつまでも長く引きづらないでくださいね。今度の正月で区切り
をつけましょう。
前向きに生きることが、亡くなったお友達への供養ともなります。

  • |2011.11.26(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 青ちさんへ☆彡

お~、全問正解でしたか。おめでとうございます。
やはり会社の社長をなさっていると、冠婚葬祭のマナーには
お強いですね。これは勘だけの問題じゃないです。特に社員
皆様への心遣いが繊細なんでしょうね。

>matsuyamaさんのブログは本当にいつも勉強になります。
このようなお心遣い、ありがとうございます。
従業員を雇用していると自然にでる優しい心遣いなんでしょうね。
逆に自分も勉強しなければならない、と思います。

  • |2011.11.26(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re:  鍵コメさんへ☆彡

今年ご尊父様を失われたんですか。うちと変わらない年賀欠礼組
ですね。一家の大黒柱を失うことは、生活の糧を失うようなもの
で、しばらくの間放心状態ではなかったですか。

ご長男かどうかは分りませんが、葬儀を取り仕切る身内としては
手落ちのない葬儀の進行やご会葬者への心遣いなどで細心の気遣
いをし、なかなか式の流れに気が回らないことが多くあるもんで
すよね。
あまり気落ちせず、これからもお父様の功績を引き継いでしっかり
生の道を極めてください。
  • |2011.11.26(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: スーパーサイドバッグさんへ☆彡

こんにちは。いつもありがとうございます。

そうですね。12月に入ってからのご不幸は何かと大変ですよね。
年賀状を出し終わっていたのでしたら仕方ないことです。大切な
ご親戚関係には電話でお詫びするか、その他の方々には年明けて
寒中見舞状でご事情をご説明するしかないでしょうね。
もっと差し迫って12月終盤にご逝去される方もおられます。正月
には火葬場もお休みしますからね。ご遺体は正月明けまで保存
されます。気のきいた病院ですと、正月が明けるまで延命処置
してくれるところもあるようですけどね。
いずれにしましても12月のご不幸は故人にとっても、ご葬家に
とっても大変なことです。

  • |2011.11.26(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: itchann さんへ☆彡

これからの寒い時季、ご不幸が続きますよね。
これだけはちょっと待ってくれ、という訳にはいきませんからね。

会社の社員関係のご不幸ですと、会社の服務規定に弔慰金等の規定
があると思いますので、それに従えば間違いないでしょう。ただ、
社員の同僚、後輩としてご会葬する時、個人で参列するか、所属部
署代表で参列するかで、香典額が違ってきますよね。所属部員で
まとめて包む場合、ある一定の金額を人数分で割って1人1人から
集金した方がいいかもしれませんね。端数はどなたか代表の方が
負担するとか。お名前は表書きに部署名一同、個人名が多い場合は
一覧にしたメモ書きを同封した方がいいかもしれません。
もう既にお調べになってるかもしれませんがご参考に。

  • |2011.11.26(Sat)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

こんにちわ^^

私も、お葬式は家族のやら知り合いのやら、何度もでたので
この「~大人度チェック」は、全問正解でしたが、なんだか
こういうの分かってるってちょっと寂しい気もしました^^;

結婚式に詳しい方が良いですね^^
でも、もうすぐ師走で、あっという間の1年だったです♪
  • |2011.11.27(Sun)
  • |たえ
  • URL
  • EDIT

代替画像

こんばんは

今年は女房の父親が他界し、
初めて喪中はがきを出しました。
経費をかけず、パソコンで作りました。
親父が好きだった庭の牡丹の花をイラストに入れて・・・
Photoshopで作って見ました。
  • |2011.11.27(Sun)
  • |釣るべー
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: たえさんへ☆彡

全問正解でしたか。おめでとうございます。
お若いのによくご存知でしたね。

お葬式に関して言えば、晴れの舞台とは違って裏舞台ですからね。
皆さんが避けて通りたいケの部分ですから。ただ昔は穢れのケには
流血や死ばかりではなく、出産も含まれていたそうですね。

結婚式や盆、正月などのハレには、赤飯、おせち、酒、晴れ着、踊
りなどさまざまな物が用いられ、楽しめる一方で、死の穢れは敬遠
されがちですよね。表面的に論じられませんが、人生の中でケの部
分は大切なことでもあると思いますよ。

今年の1年は例年になく早かったような。大震災があったせいですか
ね。

  • |2011.11.27(Sun)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

No title

喪中欠礼のお知らせをいただくと、いつも、どう対応すべきか、悩むことが多いんです。
基本的な悩みは、送って下さった相手に年賀状を送るかどうか…
マナー集のようなものでは、喪中欠礼は、出す側が欠礼を詫びるという意味で、受け取った側に年賀の挨拶を寄越すなという趣旨ではないので、送ってOKとしているものが多いようですが、逆に送るのは非常識とするものもあって…
さっきネットで調べたら、最近は後者の意見もあるとしてあって、「送っちゃダメ派」は最近台頭してきた立場みたいに書かれてあったのですが、この見解は、別府の感覚とは逆なんですよね。
子供のころ、親からは「喪中欠礼をもらったら、その方には年賀状は送らないように」と教えられたのですが、大人になるに従って、「こちらからは送っていいのだ」とが多数派を占めてきたって感じなんですよ。
悩ましいです。
  • |2011.11.27(Sun)
  • |別府葉子
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

私は (あなたは、世渡り上手なちょい大人) でした
世間の常識には 私の常識は通用しないようで・・・

  • |2011.11.27(Sun)
  • |こん☆
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 釣るベーさんへ☆彡

ご愁傷さまでございました。
自分も今年は義母を亡くし、喪中はがきのお世話になるところで
す。ここ数年で何回年賀欠礼状を出したことか。

自分もそのたびパソコンで喪中はがきを作成しました。
経費をかけず、オリジナルの喪中はがきを作れますから便利です
よね。
photoshopでイラストを挿入できるっていいですよね。
それこそ世界に1つしかない喪中はがきですよ。
お義父さんお喜びになってるんじゃないですか。

  • |2011.11.28(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 別府葉子さんへ☆彡

そうですね。その方の見解の相違もありますので、一概に年賀状を
送るべきではないとは言いきれません。
年賀欠礼は親族側の立場から見た喪に服する期間を言い、その間に
ハレの祝い事を避けることだと言います。いわゆる死の穢れから一
時的に地域社会の慶事を避けることでもあるんですね。
親族以外の方は喪中でもなく、民俗学的にみれば日常生活の褻(ケ)
ですよね。考えようによっては普通に年賀状を出されても何の差し
障りはないと思います。
ただ心情的な面から言えば、お身内が亡くなって悲嘆しているとこ
ろに、敢えておめでとうの年賀状を出すこともないのではないかと
自分は思います。あくまでも個人的な見解ですけどね。
正月が明けた頃、寒中見舞状で年始の挨拶とご遺族への哀悼を述べ
るのも方法ではないでしょうかね。

  • |2011.11.28(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: こん☆さんへ☆彡

>あなたは、世渡り上手なちょい大人

お葬式の大人度チェックですね。なるほど、世渡り上手なちょい
大人ですか。お葬式に対するマナー、常識をお持ちなんですね。

最も自分の常識と世間の常識とは食い違うところが多々あります。
世間の常識が正解だとは言い切れないところが、冠婚葬祭の常識
ですから。
その地方によっていろいろ相違点がありますからね。冠婚葬祭の
記事を書く上で、一番頭を悩ますところです。

  • |2011.11.28(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top