収穫の感謝と悪魔を払うハロウィン

トルコ東部を10月23日に襲った大地震やタイのバンコクを襲った洪水被害、そして今春襲われた東日本大震災など、今年は未曾有の自然災害が世界を急襲しております。厳重な警戒が必要ですね。
そんな中でルポライターの石井光太さんが東日本大震災の被災地となった岩手県釜石市を訪れ、震災3日後から約3ヶ月間現地で寝食を共にして実情をルポした著書「遺体~震災、津波の果てに」が新潮社から発売されました。
各施設を瞬く間に埋め尽くす未曾有の犠牲者、遺体安置所をめぐる極限状態に迫る壮絶なるルポルタージュです。いま読んでいるところですが、その悲惨さ、壮絶さが手に取るように伝わってきます。興味のある方は下に著書「遺体」を紹介してあります。ぜひご覧になってください。
ハロウィン - 写真素材

さてさて明日31日で10月も終わってしまいますね。10月31日と言えば‥‥。そうです、ハロウィンですね。
ハロウィンはこの日、家々に灯りがともるころ、お化けかぼちゃのランタンを持ち、仮装した子供たちが近所を訪ねてまわり、家々でお菓子を貰います。このハロウィン、クリスマスやバレンタインデーと共に日本にも定着してきましたね。

もともとはヨーロッパを起源とする民族行事で、毎年10月31日の晩に行われていました。キリスト教の諸聖人の祝日「万聖節」(All Hallo /11月1日)の前夜祭(All Hallo Eve)で、収穫への感謝とともに悪魔払いをするお祭りだったんですね。All Hallo Eveが訛ってHalloweenと呼ばれるようになったんだそうです。
ハロウィンのシンボルでもあるかぼちゃをくり抜いて作ったジャック・オー・ランタンは、この灯りをたよりにやってくる悪霊や魔女が怖がって逃げるといわれており、人々は身を守るために仮面をかぶり、玄関や窓辺にランタンを灯して精霊を迎えたんですね。

アイルランドに「けちんぼジャック」と呼ばれた意地悪男がおり、悪魔をだましたために地獄に堕ちることもできず、死んだあとも明かりをともしながら暗い道を歩き続けたという伝説があるそうです。それが霊の代名詞になり、アメリカで「ジャック・オー・ランタン」と呼ばれるようになったんだそうですね。諸説あるようですけど。
この日、子供たちは幽霊、魔女、コウモリ、黒猫、ゴブリン、バンシー、ゾンビ、魔神などの民間に伝わる悪魔や、ドラキュラ、フランケンシュタインのような文学作品に登場する怪物などに仮装しますよね。これは仮装することによって、悪霊が驚いて逃げるからだとも言われているんですね。

そして仮装した子供たちが近くの家を1軒ずつ訪ねては「トリック・オア・トリート(Trick or treat. ご馳走をくれないと悪戯するよ)」と唱えます。やってきた子どもに、その家の人が「Happy Halloween !」と言ってお菓子を渡します。これはお菓子によって霊を鎮める、悪霊を追い払う、神様がお菓子を食べてくれるなどの意味があるんですね。子供たちは貰ったお菓子を持ち寄ってパーティーをします。お菓子がもらえなかったら報復の悪戯をしてもよいとされているようです。

日本ではご近所を練り歩くわけにはいかないでしょうが、仲間どうしで楽しんでみてもいいですね。おうちで仮装し、かぼちゃ料理やお菓子を準備して、ハロウィン・パーティーをしてもいいですよね。ハロウィンのモチーフをとり入れた飾付けや、オレンジと黒をテーマカラーにしたディスプレイなど、ミニかぼちゃをアレンジしてみるだけでも楽しいひとときになるでしょう。

最近のハロウィンは近所同士だけではなく、仮装パレードがあったり、各地遊園地では秋のイベントとして盛大に行われているようです。香川県丸亀市ではコスプレ好きが集まり、アニメやゲームのキャラクターに扮した若者らが多彩なイベントを楽しんだり、茨城県筑西市では真岡鉄道で「SLハロウィン号」を運行したり、愛知県安城市のテーマパークでは、ハロウィーン用に飾り付けられたトラクターが展示されるなど、今年もハロウィンは各地で商業化されてきているようですね。

私らが小さかった頃はこんな行事なかったんですけどね。時代は変わったもんです。

参考サイト:WikipediaAll About
写真提供:(c) sykストック写真 PIXTA

FC2ブログランキング・人気ブログランキング参加中!
 人気ブログランキングへ
↑ポチッと、お願い。↑


遺体

遺体
著者:石井光太
価格:1,575円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

★2011年3月11日。4万人が住む三陸の港町釜石を襲った津波は、死者・行方不明者1100人もの犠牲を出した。各施設を瞬く間に埋め尽くす、戦時にもなかった未曾有の遺体数。次々と直面する顔見知りの「体」に立ちすくみつつも、人々はどう弔いを成していったのか?生き延びた者は、膨大な数の死者を前に、立ち止まることすら許されなかったー遺体安置所をめぐる極限状態に迫る、壮絶なるルポルタージュ。




関連記事

テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

Secret

代替画像

こんばんは

北海道でも和寒町がかぼちゃ農家が多く、
国道沿いの家にはかぼちゃをくり抜いて中にローソクを入れ、
まさにハロウィンの街ですね。
  • |2011.10.30(Sun)
  • |釣るべー
  • URL
  • EDIT

代替画像

こんばんわ^^

そう言えば毎年思うんですけど、どんどん自然災害の
規模が大きくなってきている気がします。

地球も数ある星の中の一つですから大きな変化が
有るのは当然なのですが、それに遭遇する人間にしてみれば
自然を相手に、なんと無力なのだろうか?と感じて
しまいますよね~

ところで、ハロウィン、楽しんできました^^
知り合いの外人さん達や近所の子供達も
仮装パーティーなんかして楽しんでるようです^^b
  • |2011.10.31(Mon)
  • |たえ
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

コスプレとハロウィン…
新しい流れになるかもしれませんね。

日本発の文化がまた生まれるのかも…(^。^)
  • |2011.10.31(Mon)
  • |itchann
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 釣るベーさんへ☆彡 

そうなんですか。その時季になったら壮観でしょうね。
かぼちゃの生産地なら収穫祭なども賑やかに実施するんでしょう。
ジャックオーランタンが国道沿いに並べられているだけでも、
まさにハロウィンを想定させてくれますよね。

今日はハロウィンの日ですが、和寒町の子供たちは仮装して近所を
回るんですか。子供たちにとっては楽しい思い出になりますね。
釣るベーさんのところにも子供たちが回ってくるんですか。
間違っても釣るベーさん自身が仮装して近所周りをしないように
しましょう(笑)。

  • |2011.10.31(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: たえさんへ☆彡

天災は予知できるものじゃないですからね。
記録に残っているのが少ないだけで天災は昔からあったんでしょ
うが、これほどまでに世界規模の被害が出てくると、地球滅亡が
取りざたされるようになりますね。
繰り返されてきた天災に対応すべく、その対策は講じられてきて
るんでしょうけどね。

ハロウィン楽しんでこられましたか。
最近では欧米諸国から伝わる伝統行事も、日本人好みに演出され
るようになってきたんですね。楽しいイベントなら日本中に広がっ
て行くのもいいことだと思います。

  • |2011.10.31(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: itchann さんへ☆彡

日本でも五穀豊穣を祈念した収穫祭は長い伝統の中で培ってきま
したが、海外でもやはり農耕への感謝祭には伝統がありますよね。
ハロウィンはケルト人が行ってきていた収穫感謝祭が元になって
いるようですが、本来の趣旨からかけ離れないイベントなら、時
代の変化によって変わるのも仕方ないことです。

日本でも各地でいろいろなハロウィンが浸透してきているようで
す。日本の文化に合わせたハロウィンが発生するのは、新しい文
化として歓迎すべきことなんでしょう。ただあまり商業ベースに
乗りすぎないような警鐘が必要なのかな。

  • |2011.10.31(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

No title

天変地異は誰にも予測不可能ですね。
私の工場では、タイの洪水被害による生産ストップが有りました。
地震の後、日本を逃れてタイに進出した会社もあるそうで、2重苦となっている会社もある様で大変です。
日本企業には頑張ってもらいたいです。

ハロウィンって、いつ頃から騒がれるようになったのですかね?
実は今日は私の誕生日なのですが、ちょっと前まではハロウィンなんて知りませんでしたよね。
  • |2011.10.31(Mon)
  • |青ち
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

こんばんは☆彡
おっしゃるように自分が小さい頃はハロウィンのイベントなどはなかったように思います。でもここ最近はあちこちでかぼちゃを見かけるようになり、定着しつつありますね。
「ハロウィン=かぼちゃ&仮装」くらいのイメージしかなかった僕にとっては、またまた勉強させていただきました♪
ありがとうございます!(^^)!
  • |2011.10.31(Mon)
  • |AKIRA
  • URL
  • EDIT

代替画像

No title

ハロウィンも、大分、浸透してきてますね!
色々な処で、催しをみるように、なりました。

日本は,子供より、大人かな?(笑)

タイに工場あるので、電気製品も、じわじわと、
影響、でてきてますよ・・・

代替画像

No title

店頭に展示されてる ハロウィンの飾り付け小物 見てるだけでも
いろんな物があって 面白いんです 今年の展示も今日までかな
代わりにクリスマス用品になるんですよね
そう言えば 我が家も カボチャ料理一色でした 
  • |2011.10.31(Mon)
  • |こん☆
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: 青ちさんへ☆彡

今日がお誕生日でしたか。おめでとうございます。
何もプレゼントがありませんので、言葉だけのプレゼントを(笑)。
タイの洪水被害は大手製鉄会社でも生産調整を余儀なくされている
ようですね。青ちさんの工場でも影響があったんですか。
地震の後、日本を脱出しタイに進出した会社も大変な被害ですよね。
よくよく運のない方で、なんと慰めていいやら。
世界では自然災害に苦悩しているのに、日本ではハロウィンのコス
プレで浮かれている。収穫の感謝祭ですから自然に感謝するのは
いいんですが節度を持ってほしいもんです。日本では15年前川崎で
仮装パーティがあったのが先駆けではないかと言われてますね。
子供の頃の習慣がない私らには違和感を感じる行事ですね。

  • |2011.10.31(Mon)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

No title

アイルランド時代のハロウィンはカボチャじゃなくて蕪だったらしいですね。それがアメリカに渡って蕪の値段が高いものでカボチャで代用したのが今に至っているとか。
欧米の賑やかな祭りが日本にも増えてきましたが、日本にはもっと素敵な祭りがあるのになぁといつも思います。失ってから気付いても遅いのですが。

ご紹介の本、ぜひ読んでみたいです。自分に足りないものを教えてくれるかもしれませんね。
それにしても限界をはるかに超えた自然災害の多くなったこと。どうしたものでしょうか。
  • |2011.10.31(Mon)
  • |まろゆーろ
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: AKIRAさんへ☆彡

こんにちは。ご無沙汰しております。

クリスマス、バレンタイン、ハロウィンが欧米から日本に伝わっ
た三大イベントだそうです。なかでもハロウィンは最近ですよね。
15年ほど前、神奈川県川崎市で仮装パレードがあったそうですが、
その前あたりに日本に伝わってきたんではないでしょうか。
ですので子供の頃にはハロウィンという行事はなかったと思いま
す。
確かに「ハロウィン=かぼちゃ&仮装」というイメージが強いで
すよね。単に海外から輸入したイベントに終わらせることなく、
その云われも憶えておきたいものですね。

  • |2011.11.01(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: くろこ姫さんへ☆彡

日本各地でもハロウィンのイベントが開催されるようになって
きましたね。
仮装パレードや仮装パーティはもとより、コスプレのコンテスト
も開かれているようです。本来の内容が失われ、商業ベースに
乗せられているような気もしないでもないですが。もっともクリ
スマスにしろ、バレンタインデーにしろ日本では商業化され過ぎ
てるかもしれませんね。

タイの洪水被害は現地ばかりではなく、日本の基幹産業にまで
影響が出てきてるようですね。消費者価格に影響なければいい
のですが。

  • |2011.11.01(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: こん☆さんへ☆彡

そうですね。時期物の販売は難しいところがありますね。
仮装グッズを大量に仕入れて売れ残ったらどうするんでしょう。
メーカーに返品するんでしょうが、メーカーも処分に困りますよ
ね。来年用に在庫として保存するのでしょうか。
その点、食べ物ならクリスマスケーキのように値段を下げてセー
ルすることもできるんでしょうけど。
まっ、その辺は我々が心配することもないんでしょうが(笑)。

店内は今日から一斉に模様替えでしょうね。
かぼちゃの安売りが始まるのかな(笑)。

  • |2011.11.01(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: まろゆーろさんへ☆彡

確かに当時はカボチャではなく、蕪だったそうですね。
それがどういういきさつでカボチャになったかはわかりませんが、
おそらく仰る通り、アメリカに渡ってからカボチャになったのかも
しれません。
ただ現在のあの小さな蕪からは、穴をくりぬいて中にローソクを灯
すというイメージが湧いてきませんね。別の使い方をしていたんで
しょうか。文献でその辺は調べきれませんでした。

外国の伝統文化で賑わうのもいいですが、商業ベースに乗せられず、
日本人であるなら日本古来の伝統文化を継承していってほしいもの
ですね。

紹介の本では、震災によって運行不能になった火葬場や埋葬、安置
所など苦悩する関係者の心の葛藤が繊細に描かれています。惨状を
克明に描いたルポは、被災住民だけではなく心に深く伝わると思い
ます。ぜひお読みになってください。

  • |2011.11.01(Tue)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

No title

こんにちは!
いつも、どうもありがとうございます♪

早いものでもう11月ですね
ハロウィーンは、なんだかあっという間に終わってました(笑)
自分もブログで数年前ハロウイーンを調べてUPしましたが
なんだか忘れてました、いかんですね(苦笑)

しかし日本はこういうのをビジネスモデルで取り入れるのが巧いなあと
いつの間にか普通になってますね(笑)

またよろしくお願いいたします♪
  • |2011.11.03(Thu)
  • |スーパーサイドバック
  • URL
  • EDIT

代替画像

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • |2011.11.03(Thu)
  • EDIT

代替画像

こんばんは

最近のハロウィーンの商業化はものすごいですね・・・
本来のハロウィーンの意味をわかってしてる人がいったいどのくらいいるのかいな??とちょっと意地悪な見方をしちゃう昨今であります。
カボチャ、といえば12月には冬至が来ますね。カボチャはまた大活躍します!!
  • |2011.11.03(Thu)
  • |見張り員
  • URL
  • EDIT

代替画像

遺体

遺体この本を一度手にとってみようと思います。
自分の弟が、災害救助でみてきた宮城の被災地。

津波と、地震で壊された現地の光景は、テレビでは見ていましたが、弟が、本当の地獄といった、被災地はどのようだったのか、現地にいけないので、是非とも手に取り、震災を考えたいです。
  • |2011.11.03(Thu)
  • |maharasa
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: スーパーサイドバッグさんへ☆彡

こんにちは。いつもありがとうございます。

ハロウィンも終わってしまいましたが、このイベントも日本に
定着しつつあるようですね。
ただ仮装&カボチャだけが先行して、ハロウィン本来の目的が
忘れ去られているような気もしますけど。
仏教徒の多い日本では、ハロウィン本来の伝承を理解するには
困難な所があるんでしょうね。
クリスマス、バレンタインのように、生活の中の1つのアクセン
トして活気づいてくれればいいのですが。

  • |2011.11.04(Fri)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re:  見張り員さんへ☆彡

この数年で日本中を席巻したような勢いで、今やそのイベント
も定着化しつつありますね。
日本は古来から伝わる文化をうまく商業ベースに取り込んでいま
す。特にお祭り好きの若年層にはこのイベントが賛同され、年々
その規模も拡大化しているように思います。
ただ日本伝統の祭りと違って、それを取り仕切る年長者がいない
ものですから、飲めや歌えの部分だけが拡大解釈されているよう
な、そんな危惧を持ってしまいます。
日本では冬至にカボチャが大活躍しますけど、ハロウィンの定着
によって消費量もさらに一段と増大するでしょうね。

  • |2011.11.04(Fri)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: maharasa さんへ☆彡

お身内の方が災害救助に当られたということですが、本当にご苦
労様でした。被災地の一市民として深く感謝いたします。
当時は自衛隊をはじめ、各県警、消防署の方々からも大変なご尽
力をいただき、復旧作業にあたっていただきました。
現在も家屋を流失した町は無人化状態が続き、廃墟同様になって
ます。犠牲となったご遺体の収容もはかどらず、悲惨な状態が目
に焼き付いております。
この本は自分もまだ読み終えてないのですが、被災者の生の部分
における生きていくための、心の葛藤を繊細に描写しているよう
に思えます。生と死を見つめる被災者の動揺。
ぜひご一読いただきたいと思います。

  • |2011.11.04(Fri)
  • |matsuyama
  • |URL
  • EDIT

日めくりカレンダー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

QRコード

CREDIT

top